vs IRS: 著名人の遺産に対するIRSの方針

マイケルが遺したものは複雑で、ファンに対しても税務署に対しても様々な問題を提起した。その法律上の余波はまだ続いている。

彼の死去時の状況はファンらの同情を集め、そしてこのためにマイケルの遺産については、彼の名前や肖像の価値をめぐるIRS(アメリカ国税庁)との法的闘争に巻き込まれることとなった。

遺産税のためのマイケルの遺産評価において、遺言執行人のジョン・ブランカとジョン・マクレーンはマイケルの名前と肖像について200万ドルに過ぎないと算定し、傷ついた名声について言及した。IRSはこれを過小評価であると反論し、マイケル・ジャクソンの名前と肖像の価値は4億3400万ドルであると主張、税と罰金で7億ドル以上であると評価した。

マイケルの名前と肖像の価値をさらに複雑なものとしているのは、死後に遺産に加わる収入だ。遺言執行人による綿密なビジネス上の判断の結果、マイケルの遺産は拡大した。ドキュメンタリー「This Is It」は全世界で2億9000万ドルの収益、10枚のアルバムリリースの条件でソニーと2億5000万ドルの契約の合意、シルク・ドゥ・ソレイユとの2作品は興行収入3億6000万ドル以上、そしてソニー/ATVの株式のうちのマイケルの権利をソニーが買い取ることで7億5000万ドルの収入。

遺産税算定のための遺産の価値の評価は死去の時点でなされるべきものである。しかしながら、マイケル・ジャクソン・エステートの成功は、名称と肖像の当時の評価額が過少であるとの疑念を抱かせることとなった。IRSは、エステートが行った契約はどれも予見可能なものであり、評価に入れるべきであったと主張した。これに対しエステートは、成功は遺言執行人らのビジネス的先見の明によるものであると反論している。

エステートが遺産税とその結果としての罰金を支払うべきかどうかを決定する裁判は2017年2月に結審した。2017年12月、租税裁判所は、手続きの不備を理由にIRSが当初求めた罰金全額を請求することを禁じた。遺産評価と罰金についての租税裁判所の判断が残されているが、本裁判の結果は著名人の遺産管理について重大な影響を及ぼすだろう。

■What The IRS Means For Celebrity Estate Planning

When Michael died, he left behind a convoluted legacy that has presented issues for fans and tax collectors alike. The legal repercussions are ongoing.

The circumstances of his death have heightened fans sympathy and because of this, Michael’s estate is embroiled in a legal dispute with the IRS over the value of his name and likeness.

In valuing Michael’s estate for estate tax purposes, executors John Branca and John McClain valued his name and likeness at just over two million dollars, citing his tarnished reputation. The IRS has taken issue with this low value, arguing that his name and likeness should be valued at $434 million and assessing more than $700 million in taxes and penalties against the estate.

Further complicating the valuation of Michael’s name and likeness is the post-mortem influx of revenue to his estate. As a result of the shrewd business decisions bu the executors, Michael’s estate has flourished. The ‘This Is It’ documentary grossed $290 million globally; Sony agreed to a $250 million deal to release ten albums; two Cirque du Soleil tribute shows have gained over $360 million in box-office revenue; and the Sony Corp.’s acquisition of Michael’s stake in Sony/ATV Music Publishing earned the estate $750 million.

The value of assets for estate tax purposes should be determined as of the date of death. The success of Michael’s estate, however, calls into question the estate’s low valuation of his name and likeness at that time. The IRS claims that each of the estate’s deals was foreseeable and should have been taken into account. Conversely, the estate argues that its success was a result of the business acumen of the executors.

The trial to determine whether Michael’s estate owes estate taxes and the resulting penalties concluded in February 2017. In December 2017, the Tax Court determined that the IRS was barred from seeking the full amount of penalties initially sought because of failure to comply with certain procedural requirements. It remains to be seen how the Tax Court will value the estate and penalties, though the conclusion of this trial could have significant repercussions for how celebrities plan their estates.

Source: Greensfelder Hemker & Gale PC & MJWN

2002年VIBEマガジンより

「人々は歴史が始まって以来ずっと黒人音楽を敬ってきたのだと思う。黒人霊歌に立ち戻りたいというのであればね。今、音楽市場はそれがそのサウンドだという事実をまさに受け入れている。ブリトニーからインシンクまで、彼らはR&Bをやっている。ビージーズのバリー・ギブですら、"(英国なまりを真似て)俺たちはR&Bだよな"って言っていたよ。僕は言った。バリー、僕は分類分けはしないけど、凄い音楽だよって。彼が言いたいことはよくわかるよ。僕は偉大な音楽を愛している。それには色はないし、境界もないんだよ」-マイケル・ジャクソン、VIBE誌2002年3月号でインタビューに答えて

(原文)
“I think people have always admired black music since the beginning of time, if you want to go back to Negro spirituals. Today, the market is just accepting of the fact that that's the sound. From Britney to 'N Sync, they're all doing the R&B thing. Even Barry Gibb of the Bee Gees he always tells me [imitating a British accent], "Man, we do R&B." I say, Barry, I don't categorize it, but it's great music. I understand where he's coming from. I love great music - it has no color, it has no boundaries.” – Michael Jackson in an interview with VIBE, March 2002

Source: The official facebook page of Michael Jackson / facebook.com

MJインパーソネーター・ドキュメンタリー「Moonwalkers」

マイケル・ジャクソンのインパーソネーターたちを描いたドキュメンタリー「Moonwalkers」のためのクラウド・ファンディングがキックスターターで立ち上げられた。

「Moonwalkers」は英国アカデミー賞受賞の受賞歴のある製作チームによるドキュメンタリーで、ハリウッドで名声と富を追い求めるマイケル・ジャクソンをトリビュートするアーティスト3人を追ったものだ。マイケル・ジャクソンを象徴するあのダンス・ムーヴの35周年を記念して、ロンドンの2つの映画製作会社が、マイケルに献身のあまりマイケルのトリビュート・アクトになった3人のファンの物語となる長編ドキュメンタリーの最終シーンの撮影を行うべく、キックスターターでのキャンペーンを開始した。

このドキュメンタリーは、3人のマイケル・ジャクソン・トリビュート・アーティスト(クインティン、マラカイ、シャヴェイル)が、プロのパフォーマーとなる夢を実現する旅へと足を踏み出す北カリフォルニアからハリウッドまでの旅を追う。お互いを助けつつ、成功を収めるためには何でもやる彼らの旅を通じて、私たちは彼らの立ち上がる力を実感することになる。彼らは、ハリウッドで成功を収めるための厳しい現実に直面する。絶頂もどん底も経験し、そのことで自分たちのモチベーションを見つめなおすことを余儀なくされる。

監督のトム・ゴーズミットはこう述べている。
「初めて会った時、私は、彼らのエネルギーや熱意、MJに対する愛に釘付けとなりました。彼らと話をした後、私はこの旅をともに進められたらと感じました」。

プロデューサーのトリスタン・アンダーソンは、「私はマイケル・ジャクソンのファンですが、彼らの無鉄砲さに魅了されました。ある意味、シャヴェイル、クインティン、マラカイは夢を追おうとしたすべての人々なのです。それこそがキックスターターなのです」と述べている。



このプロジェクトは製作チーム自ら資金を出し、サンフランシスコとロサンゼルスで撮影された。キックスターターを通じて集められる資金は、今年迎えるムーンウォークの記念日を前にドキュメンタリーを完成させるための最後の撮影と編集作業に当てられることになっている。


マイケル・ファンへ向けては、謝礼としてドキュメンタリー映像や3人のマイケルによるメークのチュートリアル、デジタル・ダンス・レッスン、さらには作品へのクレジットなどがある。ロンドンの映画製作者に向けては、本プロジェクトに参加している高名な映画製作者からの映画製作講座、ロンドンでのレッドカーペットへの出席の機会、そしてエグゼクティブ・プロデューサーのクレジットなどがある。

キックスターターのページはこちら

■‘Moonwalkers’ – MJ Impersonator Documentary

A documentary about Michael Jackson impersonators called ‘Moonwalkers’ has launched on Kickstarter.

‘Moonwalkers’ is a documentary by a BAFTA-winning team following three Michael Jackson tribute artists as they search for fame and fortune in Hollywood. In the run up to the 35th anniversary of Michael Jackson’s signature dance move, two London filmmakers have launched a Kickstarter campaign to shoot the final footage for a feature documentary, the story of three fans so dedicated to their hero they have become a Michael Jackson tribute act.

The documentary follows three Michael Jackson tribute artists – Quintin, Malachi and Chavail – from their homes in Northern California as they embark on a road trip to Hollywood to realise their dreams of becoming full-time performers. Throughout the journey we are reminded of their resilience as they stop at nothing to find success, supporting each other along the way. We see them face the harsh reality of trying to make it in Hollywood, experiencing high and lows which force them to look within and examine their motivations.

Director Tom Goudsmit says;

“When I first met them I was stuck by there energy, enthusiasm and love for MJ, after talking to them I knew we would go on a journey together.”

“I’ve always been a Michael Jackson fan,” said Producer Tristan Anderson, “and I was instantly spellbound by the extremes that these guys go to. In some ways Chavail, Quintin, and Malachi are everyone who has ever attempted to follow a dream, and that’s what Kickstarter is all about.”

The project has been self-financed by the team and filmed in San Francisco and Los Angeles. Funds raised through Kickstarter will fund for one final shoot and post-production complete the film before the anniversary of the Moonwalk later this year.

For Michael Jackson fans, rewards include a copy of the film, a make up tutorial or a digital dance lesson from one of the Michaels and a chance to appear in the credits of the film. For London filmmakers, there’s also a documentary filmmaking masterclass from the award-winning filmmakers behind the project a chance to attend the red carpet premiere in London and executive producer credits.

Visit the Moonwalkers Kickstarter page

For more information visit their website at www.moonwalkers-film.com

Source: Kickstarter & MJWN

ゲイリー・ヤングのガーディアン紙への寄稿より

「単なるアメリカン・ポップ・スターではなく世界的なアイコンであり、ソロではなくファミリーの一員だった。一つのブラック・ファミリー。70年代初頭のイギリスでは決してお目にかかれないものだった。それぞれが独自の文化を持っていたオズモンズやパートリッジ・ファミリーとは好対照だった。我が家のリビングでは、私と兄弟たちは彼のようにスピンやシャッフルをやっていた。出かける時は母親が私たちの髪をクシでといてくれた・・・頭皮が熱くなるほどに・・・そうすると彼らのようになったんだ」-ゲイリー・ヤング、公民権運動の時代の黒人スーパースターとしてのマイケルの立ち位置についてのガーディアン紙への寄稿より

(原文)
"Not just an American pop star but a global icon; not just an individual but part of a family. A black family - the kind you never saw in Britain during the early 70s. A counterpoint to the Osmonds or the Partridge Family that made sense on its own cultural terms. In our living room, my brothers and I would spin and shuffle to dance like him. When we were going out our mother would comb our hair high - until our scalps were on fire - so we could look like them." - Gary Young, writing for the Guardian, on Michael's position as the first Black superstar of the Civil Rights Era.#BlackHistoryMonth

Source: The official facebook page of Michael Jackson / facebook.com

"Thriller"のジャケットはどのようにして生まれたか

"Thriller"の設定とマイケルの体型が、彼を象徴する赤いレザーのジャケットに影響を与えていた。衣装デザイナーのデボラ・ランディスが語った。

「誰かにこう言ったんです。『私、マイケル・ジャクソンの"Thriller"をデザインしたんだけど、それが信じられない』って」とランディスは語る。「自分がウソをついているような感じでしたよ」。

ランディスはテレビや映画の衣装デザイナーである。彼女が関わったものには、「レイダース/失われたアーク」、「星の王子 ニューヨークへ行く」、「ブルース・ブラザース」、「アニマル・ハウス」などがある。

彼女は、マイケルの"Thriller"のジャケットの外見があのようになった理由をリダクティブ・デザインによるものだと考えている。「『リダクティブ・デザインとは何ですか?」ではないんです。『リダクティブとはどういう意味ですか』といのが的確です」と彼女は説明する。「リダクティブという言葉が適当なのは・・・衣装とはなり得ない衣装とは?ということなんです。

彼は映画館にいる。彼はデート中だ。そして映画館を出る。彼は暗闇の小道でダンスする。その瞬間を真に捉えるのは何色か?ホラー・フィルムの真髄を捉える色とは?ゾンビに囲まれた中では、本当にそれらしいのは何か?
それこそがそれらしい、です。物語るもの、視覚に訴えるものとして私たちが最も使うものさし。これがリダクション・デザインです。私は、あの赤と、そして赤いルックスを思いつきました。隅から隅までこれが機能していると私は思います。

当時は80年代で、私は彼の体を作り上げたい、そんな風に思っていました。彼はそれほど大きくはありません。私に言わせれば、彼の体重は99ポンドだった。ウェストは27~28インチ。肩幅はとても狭かった。体重は実質ゼロでした。体を作ることを検討しました。

彼らが映画館を後にし、そして彼は彼女にいちゃつく、ダンスをする。彼女が踊って前へ、そして二人はチェーンでつながれたフェンスまで来る。私はビデオのこのシーンをとても気に入っていました。彼はとても魅力的でした。シルエットと集団でのダンスは、特に先頭部分を際立たせました。彼は矢の先端にいました。ゾンビを従え、三関係の隊形で墓地の裏のストリートを進みます。V字の隊形であること、そしてヘソから型にかけてがV字になっていたこと、グラフィックです!アクティブです!緊張感があります!これらは、彼を際立たせるあの色と組み合わされました。ダンス中のカメラの動きさえも。BOOP BOOP BOOP BOOPの部分も。すべてが組み合わされました。外見、スタイル、形、シルエット、音楽、そして才能が組み合わされ、そしてあの振り付けがマイケルに絶対的正当性をもたらしているのです。あなたの鼻の先で」。

■How Michael’s ‘Thriller’ Jacket Came To Be

Costume designer Deborah Landis has explained how the setting for ‘Thriller’ and Michael’s physique, influenced the style of his iconic red leather jacket design.

“There are moments when I say to someone, ‘Oh yeah, I designed Michael Jackson’s ‘Thriller,’” and I don’t believe it,” Deborah Nadoolman Landis said. “I feel like I’m lying!”

Landis is a TV and film costume designer. Her credits include ‘Raiders of the Lost Ark,’ ‘Coming to America,’ ‘The Blues Brothers’ and ‘Animal House.’

She attributes the look of Michael’s ‘Thriller’ jacket to reductive design.

“It’s not, ‘What is reductive design?’ The right question is, ‘What do you mean by reductive?'” She explained. “Where the word reductive comes in is…what cannot the costume be?

He was in a movie theater. He was on a date. Then he left the movie theater. He danced in a dark alley. What was a color that really captured that moment, that captured the spirit of a horror film? Surrounded by zombies, what would really, really make sense. And that’s the making sense is the criteria we use the most narratively and visually. That’s reductive design. I came up with that red, and that red look, I think it just works on every level.

It was the ’80s and I really felt like I wanted to build out his body. He was not a very big person. I like to say he was 99 pounds ringing wet. He had a 27-28 inch waist. His shoulders were extremely narrow. He weighed practically nothing. There was some deliberate bodybuilding on my part.

When they’ve first left the theater and he’s flirting with her and dancing around her and she’s dancing forward and they’re by that chain link fence, I love that part of the video. He’s so appealing and attractive. The silhouette and the mass, especially up top, really work in the dance. He’s the tip of the arrowhead, that triangle pushing forward on that street in the back alley by the cemetery with all the ghouls. The fact that he has that V, the fact that his body is a V from his navel out to the edge of his shoulders, it’s graphic! It’s active! There’s a tension there! That combined with the colour just pulls him forward. Even the camera movements in that moment in the dance. When it goes BOOP BOOP BOOP BOOP. Everything combined. The look, the style, the shape, the silhouette and the music, and the talent were combined, and the choreography is bringing Michael absolutely right at the tip of your nose.”

Source: Newsy & MJWN

1993年NAACPイメージ・アワードの受賞時に

「NAACPが闘っていることが二つあります。それは僕の人生で最も大切なものです。自由と平等。誰の心の中にも秘密の歌があります。その歌は『私は自由だ』と語り、『私はひとつ』と歌っています。風のように自由であること、子供たちはみんなで一つであること。これはどの子供にとっても自然な感覚です。世界中の争いはこの感覚を忘れたことにより引き起こされています。そして僕が歌う時、僕は人々とつながっています。そして改めて思うのです。自由であり一つであることを」-マイケル・ジャクソン、1993年、NAACPイメージ・アワードの受賞時に

"There are two things that the NAACP stands for which are the most important things in my life; freedom and equality. In every person there is a secret song in their heart it says "I am free" it sings "I am one" this is the natural feeling of every child to be free as the wind, to be one with every other child. All the troubles in the world are caused by forgetting this feeling and when I perform my connection it's with people and it's just to remind me of that -- to be free and to be one." - Michael Jackson upon receiving the NAACP Image Awards in 1993. #BlackHistoryMonth

Source: The official facebook page of Michael Jackson / facebook.com
≪PREVNEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター