エステートより(更新)

Hello MJFam:
今夜、エステートはHBOに対し、彼らの行為がひどいものであるということを分からせます。エステートとマイケルのファンの皆さん、そしてまもなく全ての人々が、それを正しく見通すこととなるでしょう。

以下は、たった今、マイケルのSNSに投稿されたものです。

https://www.facebook.com/michaeljackson/photos/a.108910151472/10157054288146473/?type=3&theater

https://twitter.com/michaeljackson/status/1085728064808484865

シェアしてください。

Update from the Estate of Michael Jackson

Hello MJFam:

Tonight, the Estate let HBO know its behavior is appalling, and the Estate, Michael’s fans, and soon the general public will see right through it.

The following has just been posted on Michael’s socials:

https://www.facebook.com/michaeljackson/photos/a.108910151472/10157054288146473/?type=3&theater

https://twitter.com/michaeljackson/status/1085728064808484865

Please share.

Thank you,
The MJ Online Team

Source: MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™/ MJJFANCLUB.JP

エステートからのメッセージ

Hello MJFam:
エステートにとって、先週は大変な一週間でした。皆さんも同様のことと思います。来るサンダンス映画祭での例のドキュメンタリーについて、その上映を止めるべくエステートが公に行動を起こすことをファンの皆さんが望んでいることは承知しておりますが、二人の嘘つきと取り巻きの策謀家たちのアクションに対する対抗措置として、それは最善でも唯一でもありません。エステートはマイケルの遺したもの(レガシー)を守り、育てるために存在しています。守り、育てるとは、ファンの皆さんだけでなくそのほかの皆さんの心を捉え、関心を持ってもらえるようなプロジェクトを通じ、彼の音楽と私たちが知る本当の彼に関心を持ってもらうことです。

今後数週間のうちに、エステートは、マイケルの生き方、アート、影響力を称えるようないくつかのパートナーシップについて皆さんに発表する予定です。一部はすでにお伝えしているもの、一部は検討中でまだ公にはしておりません。その一つ目は、パリ・コレクションでのヴァージル・アブローのコレクションへの招待状で、それはマイケルにインスパイアされた片方だけの輝くグローブに書かれたものでした。詳しくはヴォーグ誌を参照したいただきたいのですが、記事ではこう書かれています。「偉大なる故マイケル・ジャクソンが今週木曜日にパリで称えられる・・・ジャクソンは2019年秋のメンズウェア・ショーにおいて、一人の注目度の高いポップ・カルチャーのデザイナーによって称えられる。ヴァージル・アブローは、彼がアート・ディレクターを務めるルイ・ヴィトンの男性用コレクション第二弾は、Thriller,Smooth Criminal,ムーンウォークを私たちに贈ってくれたあの男にインスパイアされたものとなると12月に発表した」。

詳しくはこちらをお読みください。HBO、チャンネル4、サンダンス映画祭、そして卑劣なあのドキュメンタリーの製作者たちを糾弾することに加え、マイケルのレガシーに焦点を当てたニュースを広めることが、悪意ある行動に対する戦いを有利にし、本来あるべきマイケルへの関心を高める手助けとなるでしょう。エステートもこれに取り組んでいきます。

Hello MJFam:

The past week has been a difficult one for the Estate just as we know it has been for you. We understand that the fans want to see the Estate take public action to stop the documentary screening at Sundance in the coming days but doing so isn’t necessarily the best or only way to counter the actions of these 2 admitted liars and their co-conspirators. The Estate is here to protect and grow Michael’s legacy, and that also means keeping the public focused on his music and the true Michael that we know through projects that will capture the hearts and attention of both fans and the general public.

In the coming weeks, the Estate will be sharing information about several partnerships that celebrate Michael’s life, art, and enduring influence – some are partnerships that the Estate has already told you about and others that have been in development and not yet acknowledged publicly. The first is the reveal of the invitation to Virgil Abloh’s Paris Fashion Week show, which was a single, sparkly glove, inspired by Michael. Read more about it in this piece on Vogue, which also says "The late, great Michael Jackson is set to be honored this Thursday in Paris…Jackson will be honored by one very high-profile, very pop culture–obsessed designer at the Fall 2019 menswear shows. Back in December, Virgil Abloh announced that his second collection for Louis Vuitton as artistic director of men’s would be inspired by the man who gave us Thriller, “Smooth Criminal,” and the moonwalk.”

Read the rest of the story here. In addition to your efforts to publicly shame HBO, Channel 4, Sundance, and the filmmakers for making such a vile documentary, spreading news focusing on Michael’s legacy will help combat the impact and help shift the focus where it should be. The Estate is working to do the same.

Best,

The MJ Online Team

Source: MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™/ MJJFANCLUB.JP

エステートからのファン向けの声明

下記は、昨日のサンダンス映画祭に出品された映像についてのファン・コミュニティーに向けて出されたエステートからの声明です。
ファン・コミュニティーの皆さんへ:
何よりもまず、マイケル・ジャクソンは私たちの友人です。私たちにはマイケルとともに歩んだ長い歴史があります。そして、彼の優しさやスピリチュアルで途方もない才能を世界に理解してもらいたいという情熱が私たちにはあります。アーティストとして、一人の人間としての彼について世界が楽しんでいただく、また正しい知識を持っていただくという私たちの努力の推進力はマイケルへの愛です。

マイケルの友人として、ファンとして、友人である彼の評判を貶め、彼との些細なかかわりに拠って利益を得ることを目的とした彼に対する誤った非難に対して私たちが嫌悪感を抱くのはマイケルへの愛のためです。

昨晩メディアに対して発表した声明(第三者による確認済み)で指摘したように、このいわゆる"ドキュメンタリー"はウェイド・ロブソンとジェームズ・セイフチャックを取り上げています(恨みを抱いたこの二人は嘘つきであり、不適切な行為は一切なかったと法廷で宣誓証言まで行っています)。彼らはこのプロジェクトに参加していますが、それはエステートから金品を得ようとした試みが失敗したあとのことです。そして、エステートの弁護団の尽力により、エステートに対する彼らの訴えは棄却されています。これは、注目を集め金銭的利益を得ようする人々による、マイケルの巨大なレガシーと巣晴らしい人柄に対する日和見主義的な攻撃の一つです。哀れなことです。

皆さんと同じように、私たちも、攻撃的なストーリーやドキュメンタリー、書籍、中傷的非難を全て無くしたいと思っています。しかしながら、エステートは順法的行動をとらなければなりません。裁判所に訴えうる主張でなければならないのです。法律はマイケルの肖像権をある程度守ってくれますが、残念ながら、ドキュメンタリーや映像までその保護は及びません。エステートはマイケルに対する誹謗・中傷を訴えることはできないのです。なぜなら、法は死去した人物を中傷する民事訴訟について規定していません。彼に関する嘘がいかにひどくても、です。

エステートが保有する素材に対する権利の侵害を止めることはほとんどの場合可能です。今回の創作物についてこれに該当する事案を発見した場合、ディズニーを訴えたABCの番組に対して行った様に、エステートは同様の要求を行います。法によって認められていない訴訟を起こし、したがって勝つ見込みがない場合、私たちがすることは、こうした嘘を公の場にさらし、法廷ですでに棄却された誤った主張であると繰り返すことではないでしょうか。

遺言執行人として、私たちは出来ることは全て行うということを続けていきます。ファンの皆さんもそうするべきであると思います。サンダンス映画祭に関わる人々、監督兼プロデューサーのダン・リード、HBOと英国チャンネル4(金銭目的のこの映像の製作を後押ししている)に対し、怒りの声をぶつけてください。皆さんの考えた想いを表明してください。ドキュメンタリーと自称する創作物で偽証の場を設けるというのは不名誉なことです。

エステートの提案に則り電子メールを送りたいファンの皆さん、下記がメールアドレスです。

Sundance – programming@sundance.org and Institute@sundance.org
HBO – general@hbo.com
UK Channel 4 – Tweet to director of programming Ian Katz @iankatz1000
Or contact team coordinator Ethel Mercedes: emercedes@channel4.co.uk
Dan Reed – jojo@amospictures.co.uk


■Additional Statement from the Estate of Michael Jackson

The following is an additional statement from the Estate to the fan community about the film that was added to the Sundance Film Festival yesterday:

To the fan community:
First and foremost, Michael Jackson is our friend. We each have a long history with Michael and are passionate about making sure that the world sees the compassionate, spiritual and extraordinarily talented man that we know. It is our love for Michael that fuels our efforts to both entertain and educate the world about him as an artist and a human being.

It is also why we, as Michael’s friends and fans, are disgusted by the false accusations that continue to be repeated in an attempt to denigrate the reputation of our friend and to cash in on some small interaction with his life.

As we pointed out in our statement to the media last night and which has now been confirmed by others, this newest so-called ‘documentary’ features Wade Robson and James Safechuck – two disgruntled individuals who are admitted liars and who have testified under oath that Michael Jackson never did anything inappropriate to them. They are participating in this project only after their veiled attempts to extort monies from the Estate failed and, thanks to the efforts of the Estate’s legal team, their lawsuits against the Estate were dismissed. This is one more opportunistic attack on Michael’s vast legacy and stellar character by people looking to gain attention and benefit financially. It is pathetic.

Just like you, we want to shut down every single offensive story, documentary, book, and scurrilous accusation. However the Estate has to base its legal actions on what kind of claim it can make in a court of law. The law offers certain protections for Michael’s right of publicity but unfortunately, those protections do not extend to documentaries or other films about him. The Estate cannot sue for these libels and slanders of Michael because the law does not provide for civil lawsuits defaming a deceased person, no matter how malicious the lies about him are.

In most cases, we do have the ability to stop the infringement of copyrights in the materials owned by the Estate . If we find that is the case with this production, then as we did with the program that recently aired on ABC-TV where we filed a suit against Disney, the Estate will pursue those claims. If we file a lawsuit that is not permitted by law and thus we have no chance of winning, all we would be doing is giving these liars a public forum to repeat the false claims that have already been dismissed in court.

We will continue to do everything in our power as executors of the Estate. And fans should too. Voice your outrage to the people that run the Sundance Film Festival, the director/producer, Dan Reed, and/or HBO and UK Channel 4 who helped create this exploitive film . Share your thoughts and feelings. It is a disgrace that they are giving a platform to these to perjurers in a production that calls itself a documentary.

For any fans looking to send emails as suggested by the Estate, here are email addresses for you:


Sundance – programming@sundance.org and Institute@sundance.org
HBO – general@hbo.com
UK Channel 4 – Tweet to director of programming Ian Katz @iankatz1000
Or contact team coordinator Ethel Mercedes: emercedes@channel4.co.uk
Dan Reed – jojo@amospictures.co.uk

Sincerely,

The MJ Online Team

Source: MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™/ MJJFANCLUB.JP

エステートからの声明

こんにちは

今日早く、一部のメディアが、サンダンス映画祭にラインアップされている映画に関係するある映像を放映しました。これに関連してエステートはメディアに対し、下記声明を発表しています。

「これもまた、マイケル・ジャクソンを利用して金儲けをしようとする悪意ある哀れな試みによる創作物の一つです。ウェイド・ロブソンとジェームズ・セーフチャックの両人は、マイケルは彼らに対しいかなる不適切な行為もしていないと宣誓証言をしています。自称"策略家”のセイフチャックとロブソンはマイケル・ジャクソン・エステートに対して訴訟を起こし、大金を要求しました。両者の訴訟はそれぞれ棄却されています。このいわゆる"ドキュメンタリー”は、古くて疑わしい主張の焼き直しにすぎません。信頼できる映画製作者が関わるとすれば、それがなぜなのか不可解です」。

残念ながら、ドキュメンタリーを発表することは自由ですし、許可を得る必要もありません。ドキュメンタリーや映像にエステートが保有する音楽やビデオといった知的財産が使用され、かつ"公正な使用"という申し立てがなされていない場合でなければエステートは対抗措置をとることができません("公正な利用"であってもエステートは当然監視は行います)。今年に入って、知的財産権を侵害しているとしてエステートがディズニーを訴えた件について覚えておられる方もいるかもしれません。

声明で述べている通り、このドキュメンタリーに関わっている人物らによる訴えは法廷で棄却されています。
さらに言えば、マイケルは被告となった刑事裁判において無罪判決を受けています。どのようなドキュメンタリーであってもそれを変えることはできません。

Hello:

Earlier today certain media ran an item relating to a film included in the lineup of the Sundance Film Festival. The Estate issued the following statement to media reporting the story:

“This is yet another lurid production in an outrageous and pathetic attempt to exploit and cash in on Michael Jackson. Wade Robson and James Safechuck have both testified under oath that Michael never did anything inappropriate toward them. Safechuck and Robson, the latter a self-proclaimed ‘master of deception’, filed lawsuits against Michael’s Estate, asking for millions of dollars. Both lawsuits were dismissed. This so-called ‘documentary’ is just another rehash of dated and discredited allegations. It’s baffling why any credible filmmaker would involve himself with this project.”

Unfortunately, anyone can release a documentary and they do not have to secure permission to do so. The only time the Estate has any potential recourse is when a documentary or other film uses intellectual property such as music or video that is owned by the Estate and is not protected under “fair use” claims, which of course the Estate is monitoring. You may recall the Estate filed litigation against Disney earlier this year for violating its intellectual property rights.

As the Estate said, the individuals featured in this documentary have had their claims rejected in court.

Furthermore, Michael was declared innocent in the criminal case against him. No documentary can change that.

Sincerely,

MJ Online Team

Source: MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™/ MJJFANCLUB.JP

BADのジャケットが29万8000ドルで落札

11月10日、ニューヨークのハードロック・カフェで開催されたジュリアンズ・オークションで、マイケル・ジャクソンのBADツアーのジャケットが落札された。落札額は驚きの29万8000ドル(およそ3400万円)だった。事前の予想では、10万ドルでの売却が想定されていたが、この価格自体が希望落札額の3倍だった。

bad-jacket.jpeg


■‘BAD’ Jacket Sells For $298,000
Michael Jackson’s ‘BAD’ tour jacket, which was being sold on Saturday, November 10th by Juliens Auctions at the Hard Rock Cafe in New York, has sold for an amazing $298,000. Prior to the auction the jacket was expected to sell for $100,000, which means it almost reached three times more than the asking price.

Source: Reuters & MJWN

マイケル、著名故人長者番付でトップを維持

マイケル・ジャクソンは昨年度4億ドルを稼ぎ、フォーブスの著名故人長者番付で再びトップに立った。そのほとんどは、EMIミュージック・パブリッシングに対する持分の売却によるものだ。その他、彼個人のMijac Musicのカタログからの収入に加え、ソニーとのあらたなレコード契約やプロジェクト、テレビスペシャルのMichael Jackson’s Halloween(昨年に引き続きCBSで10/20に放映)も寄与している。

これは、マイケルは昨年、トップ10のその他の著名人をすべて合わせた額の2倍を稼いだということを意味している。2009年の死去以降、マイケルは24億ドルを稼いでいる。

驚くべきことに、昨年マイケルは存命著名人を含めてもトップである。2位はアスリートのフロイド・メイウェザー(2億8500万ドル)、3位は俳優のジョージ・クルーニー(2億3900万ドル)だった。

エルヴィス・プレスリーは著名故人長者番付で2位(4000万ドル)だった。その他トップ10にはピーナッツの創作者チャールズ・シュルツやミュージシャンのボブ・マーリー、ジョン・レノンらが入っている。

■Michael Stays Top Of Highest-Paid Dead Celebrities

Michael has once again topped Forbes list of the highest-paid dead celebrities list after earning a massive $400 million over the past year, mostly from the sale of his EMI Music Publishing stake. Additional income came from his Mijac Music catalogue, a new Sony record deal and projects like TV special Michael Jackson’s Halloween, which returned to CBS on October 20 for the second consecutive year.

This also means that Michael generated double the amount of money in the past year than all the rest of those in the top 10 earned altogether. Since his passing in 2009, Michael has earned $2.4 billion.

Amazingly, this also puts Michael in the far lead of any celebrity alive or dead in the past year, with athlete Floyd Mayweather in second place with $285 million and actor George Clooney in third place with $239 million.

Elvis Presley came in second in the highest-paid dead celebrities list with a mere $40 million in comparison. Others in that top 10 included Peanuts creator Charles Schulz and musicians Bob Marley, Prince and John Lennon.

Source: Forbes & MJWN
≪PREVNEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター