マイケル・ジャクソン、今週のビルボード・チャートで3つのナンバーワンを獲得

マイケル・ジャクソンの「Thriller」はただの大ヒットシングルではない。この曲は決して死ぬことはなく、毎年ハロウィンが近づくとよみがえるのである。数週間前、恐怖の祝日が近づくにつれてビルボードの各チャートに復活し始めた。今ではピークは過ぎているが、この週間ランキングはアメリカで起きているこの曲の大量消費を反映したものだ。

死後10年以上経っても、この大ヒットのお陰で、1つでも2つでもなく3つのビルボード・チャートでナンバーワン・ヒットとなっている。

今回、「Thriller」はR&B/Hip-Hop Streaming Songs とR&B Streaming Songsのチャートでナンバーワンとなった。この2つのチャートは、どの曲が何位にランクインしているかという点で同じことが多いが、前者はより多くの曲が対象となっている。複数のジャンルにフォーカスしているからだ。

「Thriller」はこれらストリーミングのみのチャートでトップに這い上がった。数百万人のアメリカ人がハロウィン前後にジャクソンのヒット曲のプレイボタンを押したからだ。多くの人々のプレイリストに加えられ、パーティーを席巻した。こうした注目が雪だるま式に膨らみ、より多くの人々がこの曲でどれほど楽しんだか思い出すことに繋がり、もう一回聴こうとストリーミング・サイトへ向かわせたのだ。

「Thriller」はR&B Digital Song Sales でもナンバーワンの座についた。このランキングは前2つとは違い、ストリーミングが一切含まれておらず純粋に売り上げ全体にフォーカスしている。「Thriller」は一週間前にこのチャートのトップに立ち翌週も王座を維持している。

「Thriller」はアメリカの今週のベストセラーR&Bではなかったが、あらゆるスタイルにおいて最も売れているシングルの一つだ。全ジャンルのDigital Song Salesチャートでは8位まで上昇し、トップ10に返り咲いた。ルミネートが公表しているデータによれば、「Thriller」は前回の集計期間で4875枚を新たに売り上げている。

231118.jpg


■Michael Jackson Scores Three No. 1 Hits On The Billboard Charts This Week

Michael Jackson’s “Thriller” isn’t just one of his biggest hit singles, it’s one that just won’t die, reanimating every year when Halloween comes around. The tune started to return to the Billboard charts a few weeks ago as the scariest holiday of the year neared, and now that it’s in the rearview, the weekly rankings reflect the massive uptick in consumption of the cut that’s taking place in America.

All that attention to Jackson’s smash has helped him hit No. 1 on not one, not two, but three different Billboard charts this week–more than a decade after his death.

This time around, “Thriller” sits at No. 1 on both the R&B/Hip-Hop Streaming Songs and R&B Streaming Songs charts. The two tallies are usually similar to one another in terms of which tunes appear where, with the former including more tracks, as it focuses on more than just one genre.

“Thriller” crawls to the top spot on both of the streaming-only lists as millions of Americans pressed play on Jackson’s hit around Halloween. It was added to many playlists and blasted at parties and all that attention can snowball, leading others to remember how much they enjoy it and head to their streaming site of choice to hear it again.

The same single also sits at No. 1 on the R&B Digital Song Sales chart. That ranking, unlike the aforementioned two, doesn’t include streams at all, but rather focuses entirely on pure purchases. “Thriller” rose to the summit on that list a frame earlier, and it holds on the throne for another turn.

“Thriller” is not just the bestselling R&B track in America this week, it’s one of the top-selling singles in the nation of any style. Jackson’s smash rises to No. 8 on the all-genre Digital Song Sales chart, returning to the top 10 yet again. According to data shared by Lumniante, the hit sold another 4,875 copies in the past tracking frame.

Source: Forbs

マイケル・ジャクソンがビルボード・チャートに帰還

一年で最も怖い時期。そう、音楽業界では。つまり特別なヒットシングルがよみがえるのだ。マイケル・ジャクソンの「Thriller」が今週のビルボード・チャートのいくつかで帰ってきた。この曲は一部のチャートで再度ナンバーワンに返り咲いた。数十年を経てもなお、アメリカ人たちにはこの怖いヒット曲が足りていないのだ。

今回は「Thriller」はビルボードのR&B Digital Song Salesの最高位へ戻ってきた。この週間ランキングはR&Bに分類されるアメリカのベストセラー曲が提示されている。ルミネートによると、「Thriller」は対象期間内で2400枚以上を売り上げたという。

今週、「Thriller」はR&B Digital Song Salesの3位からトップにランクアップした。これまでトータル6週間トップに在位しており、ハロウィン・シーズンが来るごとに増えていっている。

「Thriller」が躍動するのはR&B Digital Song Salesチャートだけではない。他の多くのチャートでも同様だ。Digital Song Salesでは今週11位まで上昇した。このチャートは一つのジャンルに絞っているものではない。今後の集計週にはハロウィンが含まれており、まだトップには立っていないこのチャートでの「Thriller」の上昇は続くだろう。

「Thriller」はR&B Digital Song Salesでナンバーワンになったジャクソンの2曲のうちの1曲だ。ジャクソンの人気を考えれば少ないと驚かれるかもしれないが、このランキングは彼の全盛期を過ぎた後に導入されたもので、彼の大ヒット曲がiTunesやAmazonのようなプラットフォームの登場前に登場して去っていったであろうことは当然だ。もう1曲は「Don't Matter to Me」で、ラッパーのドレイクが蘇らせたジャクソンの死後のシングルである。このチャートではジャクソンには6曲のトップテン・ヒットがあり、「Thriller」はそのうちの1曲である。

960x0.jpg


■Michael Jackson Is Back At No. 1 On The Billboard Charts

It's the spookiest time of year, so in the music world, that means one particular hit single is in the process of being resurrected. Michael Jackson's “Thriller” is back on several Billboard charts this week. In fact, the track has risen to No. 1 once again on a specific list showing that even though it's been out for decades, Americans still can't get enough of this creepy smash.

This time around, “Thriller” returns to the highest spot on Billboard's R&B Digital Song Sales chart. The weekly ranking tracks the bestselling tunes in America that can be classified as R&B specifically. According to Luminate, “Thriller” sold just over 2,400 copies in the past tracking period.

This week, “Thriller” lifts from No. 3 to the penthouse on the R&B Digital Song Sales chart. It has now spent a total of six weeks at the top spot throughout its years of availability, regularly adding to that sum each Halloween season.

“Thriller” is not just performing well on the R&B Digital Song Sales chart, but also on a number of other lists as well. This week it's up to No. 11 on the Digital Song Sales ranking, which doesn't focus on just one style of music. This coming tracking week includes Halloween, so chances are that “Thriller” will continue to rise on the charts where it doesn't already sit at No. 1.

“Thriller” is one of only two No. 1 hits Jackson has scored on the R&B Digital Song Sales chart. That low sum might sound a bit surprising, given how popular the singer is, but the ranking was introduced long after his heyday, so it makes sense that most of his biggest hits would've come and gone before the introduction of platforms like iTunes and AmazonAMZN -0.7%. His other chart-topper is “Don't Matter to Me,” which was fronted by rapper Drake and was a posthumous single release. “Thriller” is also one of Jackson's six top tens on this specific tally.

Source: Forbs

Thriller 40 日本へ

マイケル・ジャクソン・ファンのみなさま
ICYMI-Thriller 40を待つ日本の皆さんへの放送局と放映日時の発表です!
ドキュメンタリー「Thrller40」はWOWOWで放映されます。初放送は12月9日です。この情報を皆さんとシェアできることを大変うれしく思います。

皆様がThriller製作過程に触れ、マイケル・ジャクソンのランドマーク・アルバムを称える機会となることを願っています。


■Thriller 40 Coming to Japan
Thriller 40 Documentary in Japan
Dear Michael Jackson Fans,

ICYMI – It was just announced - the broadcaster and the premiere date for those of you in Japan who want to see the Thriller 40 Documentary! We are excited to share with you that it will be aired on Japanese broadcast network WOWOW and will premiere on Saturday, December 9th.

We hope you have the chance to watch, learn more about the making of the Thriller, and celebrate this landmark Michael Jackson album.

Source: MJOnline The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

オフセットのMJトリビュート 「Thriller」にインスパイアされた「Fan」のミュージック・ビデオ



なぜ彼がキング・オブ・ポップと呼ばれるのか。マイケル・ジャクソンの計り知れない影響力は、その理由を何度となく我々に再認識させる。グラミー賞ノミネート歴のあるラッパーのオフセットとおふざけ系ユーチューバーのカイ・セナトは、新曲「Fan」(彼の芸術的視点やダンスの能力、全体的な創造的ビジョンを誇示している)のミュージックビデオを配信するにあたりジャクソンのイメージに頼っている。

この新作ビデオはニュースキャスターが「暴動直後」の生中継を報じているところから始まる。セナトtに似た男が「何が起こってるのかわからない!暴動だ」と叫んでいる。すると、カオスの真っただ中に置かれたマットレスで目を覚ますオフセットのカットに切り替わる。このシーンは、見出しを飾った8月4日のマンハッタンの景品配りに関連しているようだ。景品配りが無秩序な暴動に変貌しけが人や建物への被害が発生。セナトは、暴動、暴動と非合法の集会の扇動の容疑でニューヨーク市警察の留置所に収容されるという結果となった。

セナト自身はオフセットのインスタグラムのページでのプロモーション・クリップに木曜日(8月14日)に登場した。続いて公式ミュージック・ビデオにもカメオ出演している。

しかしながら、このビデオのビジュアルのほとんどはジャクソンの厚意によるものだ。"Thriller"からインスピレーションを得たというプロットである。オフセットと彼のガールフレンド(演じるのは"Everybody Hates Chris"のペイジ・ハード)は近所を歩いている。彼女が関係を終わらせると、彼の動揺が自身を狼男へ返信させる。ジョン・ランディス監督によるジャクソンの画期的ビデオ「Thriller」と同じように、実はオフセットとガールフレンドが観ているビデオの一場面だったとシーンは転換する。だが二人が映画館を出ると、オフセットはゾンビに化ける・・・ジャクソンがやったビジュアルと同じだ。

MJ関連はこれで終わりではない。カメラがズームアウトして、オフセットが暴動のなかでマットレスに横たわるシーンを捉えると、彼はジャクソンを象徴するラインストーンのグローブを片方だけはめているのだ。"Off the Wall"のレコードで飾られたベッドルームも登場する。ビデオ「Fan」の後半ではジャクソンの"Smooth Criminal"を思わせるものが登場する。白いスーツに帽子を被ったオフセットが登場し、逆ムーンウォークなどの滑らかなダンス・シークエンスも披露している。

今回の新作ビデオは、オフセットとグラミー賞受賞の妻カーディ・Bの世界でのMJにまつわる論争の直後に発表された。9月8日のHot97でのインタビューでカーディは、オフセットの腹部のマイケル・ジャクソンのタトゥーについて笑いながら嘆いた。「私はそんなところに彫りたいとも思わないわ。そこに彫るけれど、でもあれは、みんな見るべきって感じなのよ。ヤル時いつも、それが私のことを見てるんだもの。神に誓って言うわ。あのタトゥーがどうしても目に入るのよ。"Yeahhhh"って感じであのタトゥーが私を見てるのよ」。オフセットは"絶対"消さないと応じている。

木曜日(9月14日)、オフセットは2枚目のソロ・スタジオアルバムの公式タイトルとアートワークを公開した。"Set It Off"と題された新作は、終末的なアルバムカバーを採用し、10月13日に発売される予定となっている。"Set It Off"は2019年のデビュー・ソロアルバム"Father of 4"に続く作品だ。"Father of 4"はビルボードHOT100で"Red Room"(49位)、"Clout"(カーディ・Bと共演、39位、グラミー賞ノミネート)がランクインした。ミーゴスのメンバーとしてオフセットは4枚のスタジオ・アルバムをリリースしているが、そのうちの2枚はビルボード200でトップに立っている。

■Watch Offset Pay Tribute to Michael Jackson With New ‘Thriller’-Inspired Music Video for ‘Fan’

The new single and video come on the heels of his album announcement.

Time and time again, Michael Jackson’s immeasurable influence reminds us why he’s called the King of Pop. Now, Grammy-nominated rapper Offset is leaning on Jackson’s iconography, as well as the antics of social media personality Kai Cenat, to deliver a music video for new song “Fan” that shows off his artistic eye, dancing ability and overall creative vision.

The new video begins with a newscaster reporting live from “the aftermath of a riot,” while a Cenat lookalike screams, “I don’t know what’s going on! It’s a riot” before the scene cuts to Offset waking up on a mattress placed in the center of the chaos. The scene appears to be in reference to Cenat’s headline-making Manhattan giveaway on Aug. 4; the giveaway-turned-unruly riot injured several people, damaged property and resulted in Cenat being taken into NYPD custody and charged with rioting, inciting a riot and unlawful assembly.

Cenat himself appeared in a promotional clip via Offset’s Instagram page on Thursday (Aug. 14); the streamer subsequently made a cameo in the official music video.

The bulk of the video’s visual identity, however, comes courtesy of Jackson, with the plot taking inspiration from “Thriller.” Offset and his girlfriend — played by Everybody Hates Chris actress Paige Hurd — take a walk around the neighborhood, and after she ends the relationship, his immediate emotional turmoil transforms him into a werewolf. Similar to Jackson’s boundary-pushing John Landis-helmed video, the scene turns out to be part of a movie that Offset and his girlfriend are watching in the present day. Nonetheless, once the couple steps outside of the movie theater, Offset morphs into a zombie — just as Jackson did in his visual.

The MJ references don’t stop there. When the camera zooms out to capture the full scene of Offset lying on a mattress in the middle of a riot, the “Clout” rapper is wearing a replica of Jackson’s iconic singular rhinestone-encrusted white glove. In another part of the video, an Off the Wall vinyl decorates the couple’s bedroom. The second half of the “Fan” video takes some cues from Jackson’s “Smooth Criminal,” with Offset wearing a similar white suit and hat as he smoothly executes a dance sequence that includes a reverse Moonwalk.

The new video comes on the heels of some MJ-adjacent controversy in the world of Offset and Grammy-winning wife Cardi B. In an interview with Hot 97 on Sept. 8, Cardi hilariously lamented about Offset’s unfortunately placed Michael Jackson stomach tattoo. “I don’t even wanna take it there. I will take it there, but it’s just like, y’all really have to see it,” Cardi said. “Because every single time I, you know like, [mimes oral sex], it just be looking at me. I swear to God. You gotta see that tattoo. The tattoo really be looking at me like, ‘Yeahhhh.’” Offset responded that he’s “never” removing the tattoo.

On Thursday (Sept. 14), Offset revealed the official title and artwork for his forthcoming sophomore solo studio album. The new record, titled Set It Off, features a semi-apocalyptic album cover and is slated for an Oct. 13 release. Set It Off is the follow-up to Father of 4, his 2019 debut solo studio album which spawned Billboard Hot 100 hits such as “Red Room” (No. 49) and the Grammy-nominated “Clout” (No. 39, with Cardi B). As a member of Migos, Offset has released four studio albums — two of which have topped the Billboard 200.

Source : billboard.com

フリードマン:ポップ・レガシー マイケル・ジャクソンは今年度ここまでで100万枚のセールス ビートルズの後、イーグルスを上回る

たぶん、マイケル・ジャクソンの65歳の誕生日だった先週にこの記事を書くべきだった。

HBOがネガティブなドキュメンタリーを放映した時、皆が彼のことを悪く書いたことを思い出してほしい。批評家たちは彼のレガシーに傷がついたと主張した。

ルミネイトによると、亡くなって13年後から2023年現在でジャクソンはアルバムにして97万7000枚相当を売り上げた。今年末までに100万枚を超えるだろう。あるいは150万枚まで到達する可能性もある。

今年は、ブロードウェイのミュージカル「MJ」以外はマーケティング活動はしていない。そしてもちろん、彼はいないしプロモーションなどしていない。亡くなったポップスターでは彼はナンバーワンだ。
ジャクソンの人気ということで言えば、彼はビートルズ(120万枚)後、イーグルス(72万2000枚)の前を走っている。これらのグループは一年を通してプロモーションが行われている。イーグルスはファイナル・ツアー直前だ。ポール・マッカートニーとリンゴ・スターはずっとFab Fourの旗を振っている。

これら2大グループの他には、クイーンがマイケルの直後にいる。エルヴィス・プレスリーがこの後である。フリートウッド・マックはビートルズの直後である。

2大女性シンガーはかなり後ろだ。マドンナは圏外ギリギリの35万枚あたりである。マライア・キャリーは55万枚でおもに「All I Want is Christmas」のお陰である。

だがマイケル・ジャクソンの音楽は進み続けている。今年これまでに、彼のストリーミング再生は12億回である。街中で「Don’t Stop Til You Get Enough」や「Billie Jean」を聴いた回数を思い出してほしい。エンドレスである。

マイケル、誕生日おめでとう。

michael-jackson-700x352.jpg


■Pop Legacy: Michael Jackson Sales Around 1 Million Year to Date, Ahead of the Eagles, Behind the Beatles (Exclusive)

I probably should have written this last week for Michael Jackson’s 65th birthday.

Remember how everyone wrote him off when HBO aired their negative documentary? His critics claimed his legacy was ruined.

According to Luminate, thirteen years after his death Jackson has sold the equivalent of 977,000 albums so far in 2023. He will surpass 1 million and could get as high as 1.5 million before the year is out.

That’s with no active marketing this year other than his sold out Broadway musical, “MJ.” And, of course. he’s not here to do any promotion. Among deceased pop stars, he’s number 1.
To put Jackson’s popularity in context. he’s running behind The Beatles (1.2 million) but ahead of The Eagles (722K). Each of those groups is promoted all year long. The Eagles are about to go on a final tour. Paul McCartney and Ringo Starr keep the Fab Four’s flag waving all the time.

Adding in two big legacy groups: Queen is just behind Michael. Elvis Presley is behind both of them. Fleetwood Mac is just behind the Beatles.

Probably the two biggest female acts are far behind. Madonna is nowhere near this range — only around 350K. Mariah Carey is around the 550K mark mostly thanks to “All I Want is Christmas.”

But Michael Jackson’s music just keeps going. So far this year he’s been streaming 1.2 billion times. Think of all the times you’ve been somewhere in public and heard “Don’t Stop Til You Get Enough” or “Billie Jean.” It’s endless.

Happy birthday, Michael.

Source:showbiz411.com

オースティン・ブラウン:感謝の思い出

グラミー賞ノミネートの実績のあるプロデューサーでシンガーソングライターのオースティン・ブラウンが、彼の亡き叔父から得た、目標や献身、レガシーについての深い教訓についてエッセイを記している。

選ばれるということは興味深い複雑さだ。人が実践すべき一つの知識がある。アイディアの種とその種がそうあるべきものに成長することを許容する環境での定期的な水やり。そのプロセスにおいて、繊細であればあるほど植物はより深く根を張らなければならない。その軌道に影響しかねない自然の現実を生き延びるために。

叔父マイケルはそうなるように選ばれた。

ごく初期から、歴史やアートそして境界を拡大することへの彼の愛はとても献身的だった。それは、彼の存在を超える目的を知ることによってのみ推進された。彼が亡くなって14年、私たちはいまだ、彼の芸術表現のすべての側面を通じて、彼が遺したものを研究し分析し学んでいる。

祖父ジョーがその旅路の終わりに差し掛かった時、私たちは人生や原動力や連携についてたくさん会話をした。祖父はとても複雑な人だった。彼はその環境のせいで、真の貧困から彼自身と家族を成功へと押し上げて人類の富を超えるという、ほとんどの人が経験することのない物事の両面を見た人だった。ある日彼は私にこう言った。「オースティン、お前の意見のいいところが何かわかっているか?物事は全体を見なければならないんだよ」。

青写真や前例がない状態で瞬時に舵取りしなければならないということ、そして、多くの人々が頼みにし、後を追おうとする前例を打ち立てなければならないということを考えた時、それはとてもシンプルかつパワフルなものだった。 もしマイケルのソロアルバムを通じてジャクソン・ファイヴの音楽とエンタテイメントがない現実を考えてみると、そこにはエンタテイメントの見方や解釈について大きな違いがあるだろう。

だから、人がどうやってその存在以上の足跡を残すのか。それは熱心さと愛だ。マイケル叔父さんは、キッチンのカウンターでした夜更けのたくさんの会話の中で一度、思うことの力とひとが何を生み出せるのかについて私に説明してくれたことがある。その時はあまり理解しなかったが、目的を追うことの重要さと何でも可能であるということを彼は私に説明してくれた。本当に何でも可能だと。

ごく初期のころから、叔父はプレッシャーにさらされていた。それが、醸成される彼の天賦の才に水をやっていた。彼の人生を振り返ると、彼はプレッシャーに感謝していた。なぜなら、プレッシャーは彼を史上最大の偉人へと成長させる手助けとなったからだ。彼は世界の共通言語というものを違う理解の仕方をしていた。そして、説明はできないが、彼は湧き出る泉だった。彼はレガシーを理解していた。そして常に自分の存在を超えるレガシーを残すと表明していた。「オーギー(祖母がつけた僕の家族のニックネーム)、君のおじいさんは天才だ。彼が僕たちを押さなければ何一つ起こっていなかったよ」と彼はかつて私に言った。

私はその時は知らなかったが、この稀な出来事において、彼は自分を現代の音楽の王者とする一助となったそのプロセスというものへの感謝を表明していたのだ。私はある日彼に質問した。何か変えられるとしたら、変えるかと。即答した彼の答えは、「いいや、僕は、生み出され、選ばれた自分を愛している。常に誇りに思うんだ、オーギー。自分が誰であるか、自分たちがどこから来たのか」。

だから、65歳おめでとう、と言いたかったこの日、私はマイケルが残したアートの中にある愛について振り返り、考える。研究し分析し創造し続けるために。そして、私たちが彼のマジックを最初に目撃した時に彼が植えた種について考える。

私たちの多くには、マイケルの音楽を初めて聴き、目撃し、練習した時の、そして彼の音楽に合わせてダンスをした時の物語がある。私たちの多くには記憶がある。その記憶は感謝である。だが、それをもっと意味深いものにしているのは、それはすべて一つの考えをもとに始まっているということだ。そのことは私たちに思い出させる。どのようにして目的を追うか。大小は問題ではない。そのことが、周囲もそれぞれの目標を追うよう促すということに繋がりうるということを。

mgid_arc_imageassetref_bet_20230904013043b4e.jpg

Source:BET.com