エステートvsクインシー・ジョーンズ:"CONTRACT MONTRACT"

マイケル・ジャクソン・エステートに対し、契約違反として3000万ドルを支払うよう求めて訴訟中のクインシー・ジョーンズによる7/20の証言は大々的に報じられた。しかしエステートの弁護団は、ジョーンズの証言が始まる以前の数週間の報道はわずかであったと指摘している。彼らによれば、裁判は契約に基づいておらず、事実無根の説明がなされているという・・・ジョーンズはエステートの成功について大きな取り分があるはずであるという感情的なアピールを絡めて。

エステート(ジフレン・ブリテナム法律事務所のジョン・ブランカとジョン・マクレーンが筆頭)は、マイケル・ジャクソンが2009年の死去時に残していた5億ドルの負債を大きな利益へと転換し、ジャクソンの相続人らにとっての巨大な富の基盤を生み出した。

複数の観測筋によると、ジョーンズは、その富について契約で取り決められた取り分よりも多くを得る資格があると考えており、おそらくは金銭欲というよりも偉大な貢献をしたという主張が背景にあるという。「私はマイケルを訴えているのではありません。あなたたち(エステート)を訴えているんです」とジョーンズは証言台で語った。

ジョーンズはジャクソンのプロジェクトで1億ドルは得ており、彼の死後に限ると1900万ドルである。彼がこれ以上受け取ると陪審員に認定された場合、その分はジャクソンの子供たちの取り分から回されることになる。

「(エステートによって)もたらされたものはマイケルの子供たちにとって奇跡に他なりません」とエステートの弁護士ハワード・ワイツマンは主張する。「そして突然思いがけないところから思いもよらぬ人物がこの訴えを起こしているのです」。

証言の間、ジョーンズ(「Off The Wall」、「Thriller」ではプロデューサー、「Bad」ではジャクソンとの共同プロデューサー)は、ジャクソンのアルバムに対する自分の貢献を強調した。しかしながら、自らサインした契約書のある条項に話が移った際、ジョーンズは否定的な語調となった。「合意事項が何を言っているのか気にしていませんでした」と彼は述べた。別のある点については、「contract, montract」と述べた。ワイツマンとのやりとりで、ジョーンズはそのほかにも契約用語の重要性を軽く見るような発言を行った(そして契約書を読んでいないと認めている)。

「クインシーの訴訟は契約違反(を訴えている)、一方で彼は契約書が問題ではないと言っている。興味深い論理だ」とブランカは指摘した。

ジャクソン側としてもジョーンズの創造面での貢献を低く見ているものは誰もいない。「彼は今も昔も優秀なプロデューサーです」とブランカは言う。「クインシーを見損なっている者などだれもいません」とワイツマンが続く。「彼はプロデューサーとして誰よりも優秀ですが、マイケルが彼のレベルを引き上げたという側面があることも真なりです。そして彼は、控え目に言っても極めて成功したのです」。

ジョーンズは30年以上の間、変わらぬ処遇を変わらぬ人々から受けてきた・・・すなわちブランカだ。その間、ジョーンズの代理人はドン・パスマンであった。「ドンはその30年間、今回の裁判で主張されているようなことは何一つ言っていませんでした」とブランカは述べている。「唯一変わったことは、彼の法律チームが変わったということです」。ブランカによれば、ジョーンズの法律チームは「多くののことをでっち上げ、陪審員の前に提示しました。混乱させ、まごつかせることを願って」。

ジョーンズはテキサスの弁護士マイク・マックールを雇った。彼の法律チームが新たな多くの主張を行っている。ジョーンズはダウンロード楽曲についても報酬が支払われる資格がある、それは販売というよりはライセンスである、というのが一つ。ドキュメンタリー「This Is It」やジャクソンをテーマとしたシルク・ドゥ・ソレイユのショーについては、これはマスター使用のライセンスというよりはビデオ製作だからジョーンズが製作に関わるべきである、というのが一つ。さらに、彼の契約中の基準となる条項(新たに企画されたアルバムのための「再編集」にはジョーンズがまず対応するという権利を彼に与えている)は、曲の一切の再編集を行う永遠の独占的権利であると解釈されるべきだ、というものもある。

エステートはこれらの主張に異を唱えるための専門家証人として、音楽業界の契約の専門家、アイスナー・ヤッフェ事務所のオーウェン・スローンを呼んだ。スローンは、たとえばチケットのロイヤリティに対する要求は「理不尽」かつ「不合理」であると評した。

ジャクソンがジョーンズに対し、契約でない、謝礼金のような形で支払っていた、そしてエステートはこの慣習を守ってきたということも併せて記しておくべきだろう。「厳密に解釈すれば、彼はレコードの売り上げやダウンロードに基づいて報酬を受けることになっています」とブランカは指摘する。「とは言うものの、エステートは支払ってきました。80年代以来の私の、そしてもちろんマイケルの指示によるものです。契約にそういう条項があるかのように」。

「マイケルがどう思うと思いますか?彼が事の次第を知ったら」とワイツマンは考え込んだ。ワイツマンによる最終弁論は7・24である。

■"CONTRACT MONTRACT"
Quincy Jones, who is suing the Estate of Michael Jackson for $30m for alleged breach of contract, earned major press coverage with his testimony on 7/20. But Jackson’s team points out that the trial had been going on for weeks, with minimal press, prior to Jones taking the stand. They say the case is not based so much on standing contracts as unfounded interpretations—coupled with an emotional appeal that Jones should have a greater share of the Estate’s success.

The Estate team, led by Ziffren Brittenham’s John Branca and John McClain, has transformed the $500m in debt the singer left after his 2009 death into big profits, thanks to a series of innovative record, film, stage and other projects, creating a huge base of wealth for Jackson’s progeny.

Jones, some observers say, feels entitled to a greater share of that pool of money than his contracts stipulate, perhaps motivated by a claim to greater credit more than greed. “I’m not suing, Michael,” he said on the stand. “I’m suing you all [the Estate team].”

Jones has earned some $100m overall on Jackson projects and $19m just since the artist’s death. Any monies he might be awarded by the jury in this case would come out of the Jackson children’s share.

“What’s happened [with the Estate] is nothing short of a miracle for Michael’s kids,” insists MJ Estate attorney Howard Weitzman of Kinsella Weitzman Iser Kump & Aldisert. “And all of a sudden, out of left field, a guy you would never expect this from makes these claims.”

During his time on the stand, Jones—the producer of Off the Wall and Thriller and co-producer (with Jackson) of Bad—underlined his contributions to Jackson’s albums. When pressed on the points of the deals he’d signed, however, Jones was dismissive. “I don’t care what the agreement says,” he said at one point; at another, “contract, montract.” He made several other remarks minimizing the importance of contractual language (and admissions that he hadn’t read his contracts) throughout his exchange with Weitzman.

“Quincy’s lawsuit [alleges] breach of contract and yet he says the contract doesn’t matter,” notes Branca. “An interesting theory.”

No one on the Jackson team underestimates Jones’ creative contribution. “He is and was a phenomenal producer,” says Branca. “Nobody is trying to take anything away from Quincy,” adds Weitzman. “He is as good as anyone who ever was as a producer. But it’s fair to say that Michael took him to another level too. And he’s done quite well, to say the least.”

Jones has been compensated in the same way—and by the same people, namely Branca—for more than 30 years. During that same period, the producer was repped by Don Passman. “Don never made any of the major claims that are being advanced in this case in 30 years,” Branca relates. “The only thing that’s changed is Quincy’s legal team.” That team, he says, has “trumped up a bunch of stuff and thrown it in front of the jury in the hopes of them getting confused and something sticking.”

“Quincy’s lawsuit [alleges] breach of contract and yet he says the contract doesn’t matter,” notes Branca. “An interesting theory.”

Jones has hired Texas contingency lawyer Mike McKool of McKool Smith, whose new legal team is making a number of fresh claims. One is that the producer is entitled to be paid on song downloads as though they are a license rather than a sale; another is he should participate in productions like the documentary film This Is It and Cirque du Soleil’s Jackson-themed shows as though they were videos, rather than master use licenses; and still another is that a standard clause in his deal that gave Jones first crack at requested “re-edits” from newly submitted albums should now be construed as the exclusive right to do any reworkings of the tracks, in perpetuity.

The Estate called music-biz contract specialist Owen Sloane of Eisner Jaffe as an expert witness to dispute these claims. Sloane described the demand for ticket royalties, for example, as “outrageous” and “absurd.”

It should also be noted that Jackson paid Jones monies not owed contractually as a sort of honorarium, and that the Estate has maintained this tradition. “Technically he only gets paid on the sale or download of records,” Branca points out. “Nevertheless, we have paid him, at my instruction—and, of course, Michael’s, since the ’80s—as if he had a clause in the contract.”

“What do you imagine Michael Jackson would think,” muses Weitzman, who gives his final argument to the jury today (7/24), “if he knew what was going on?”

Source: MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson™ / hitsdailydouble.com / MJJFANCLUB.JP

新プロジェクトの発表は、7月11日(現地時間)

■ Announcement Confirmed for Tuesday, July 11

新プロジェクトの発表は、7/11午前9:00PST(日本時間12日深夜2:00)に決まりました。

Hello again, MJFam!

I can now confirm that the Estate's announcement has been rescheduled to tomorrow, July 11, at 9 a.m. PST/12 p.m. EST/8 p.m. GMT.

Thanks for your patience!

Source: MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

新プロジェクトの発表は延期

Hello MJFam!

マイケルの最も熱心なファンのみなさんにいち早くニュースをシェアすることを私たちは大変うれしく思っています。残念ながら、私たちのプランは常に予定通りとは限りません!予想外の事態により、エステートの新プロジェクトの発表は少し遅れます。再調整され次第、みなさんにはお知らせします!

■ Estate Announcement Delay
Hello MJFam!

We love to give you, Michael’s most engaged fans, some advance notice when there is news to share. Unfortunately, our plans don’t always stay on schedule! Due to some unforeseen circumstances, the announcement about the Estate’s new project is delayed slightly. We will notify you as soon as it is rescheduled!

Source:MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP

エステートが声明、LifetimeとNetflixのプロジェクトは許可していない

マイケル・ジャクソン・エステートが声明を発表し、Lifetime TVとNetflix(最近ある脚本を入手)が計画している2件のマイケル・ジャクソン・プロジェクトについて、エステートは許諾していないと明言した。同声明では、計画中で未発表のプロジェクトがいくつか存在していることも示唆している。

先週Lifetime TVが、"Michael Jackson: Searching For Neverland"のトレーラーを発表した。これは、マイケル・ジャクソンの元ボディガードのビル・ホイットフィールドとジャヴォン・ベアードによる2014年の著書「 Remember The Time: Protecting Michael Jackson In His Final Days」を元にした番組だ。マイケル・ジャクソンのインパーソネーターのNaviがマイケル・ジャクソンを演じており、今月末にも放映されることになっている。

そしてNetflixが、ペットのチンパンジー、バブルスの目から見たマイケル・ジャクソンの生涯という脚本について権利取得間近との報道がなされた。アイザック・アダムソンによる従来とは異なるこの伝記はハリウッドのザ・ブラックリスト(映像化が望まれる脚本)の2015年度のトップとなっており、「ソー:ラグナロク」の監督タイカ・ワイティティがマーク・グスタフソンと共同でこのストップ・モーション・アニメーションの指揮を執ることになっている。関係者がハリウッド・レポーターに語ったところによると、契約額は2000万ドルに迫るもので、世界中への配信の権利も含まれているという。

声明でエステートは、発表されている内容はジャクソンの「音楽と写真、ビデオ、映像」の無断使用でありジャクソンのレガシーを不当に利用しようとするものだとして告訴も辞さないと暗示している。さらに「数多くの計画中のプロジェクト」があり、それらは上記の作品とは異なり、「マイケルの生涯とレガシーを敬い、讃え、祝う」ものだとしている。遺言執行人らによると、これらのプロジェクトについては発表する段階ではないという。

マイケル・ジャクソン・エステートからの声明全文
「最近報道されている無許可のマイケル・ジャクソン・プロジェクト(Liftetime TVのテレビ映画およびNetflixが入手したアニメーション映画の脚本を含む)に関する混乱と誤解を解消するために・・・・マイケル・ジャクソン・エステートは、マイケルの音楽や写真、ビデオ、映像を含むエステートが保有する権利について、マイケルのレガシーを利用しようとする無許可のプロジェクトにおいては、一切の許諾、許可を与えておりません。エステートは多くのプロジェクトを進行しておりますが、それらはすべて、マイケルの生涯やレガシー、世界中のファンの皆さんを感動させた類まれなる芸術性を敬い、讃え、祝うものであります。発表する準備が整い次第、遺言執行人から発表されます。マイケルが自らの作品について何度も言っていた様に、自らの名を冠するには十分なクォリティが必須なのです」。

■Michael Jackson Estate Issues Statement Not Sanctioning Lifetime and Netflix Projects

The estate also said it has "numerous projects in development.'

Michael Jackson's estate today released a statement saying it did not sanction two upcoming Michael Jackson projects, one by Lifetime TV and another for which a script was recently purchased by Netflix. At the same time the estate indicated it has several unannounced Jackson projects in development.

Last week, Lifetime TV released a trailer for its film Michael Jackson: Searching For Neverland based on Remember The Time: Protecting Michael Jackson In His Final Days, a 2014 book written by Jackson’s bodyguards Bill Whitfield and Javon Beard. Michael Jackson impersonator Navi stars as the late pop icon. The film is slated to be released later this month

News also broke that Netflix was nearing a deal for a script on the life of Michael Jackson as told from the perspective of his pet monkey Bubbles. Isaac Adamson penned the non-traditional biopic, which was the top title on the 2015 Black List. Taika Waititi, who directed the upcoming Thor: Ragnarok, was slated to co-helm the stop-animation feature with Mark Gustafson. Sources told The Hollywood Reporter that the deal neared $20 million and included worldwide rights.

The statement from the estate implied that litigation could follow for what it is claiming is unauthorized use of Jackson's "music, images, video and films" that seek to exploit Jackson's legacy.

The estate also claimed it has "numerous project in development" which, presumably unlike the aforementioned projects, "respect, honor and celebrate Michael’s life and legacy." The executors said they were were not yet ready to announce these projects.

Full statement from the Michael Jackson Estate:

"To clear up any confusion or misperceptions about unsanctioned Michael Jackson projects currently in the news -- including a Lifetime television movie and an animated film script recently purchased by Netflix -- the Estate of Michael Jackson does not license or permit the use of any rights it owns, including to Michael’s music, images, video and films, for use in unauthorized works seeking to exploit Michael's legacy. The Estate itself has numerous projects in development, all of which respect, honor and celebrate Michael’s life and legacy along with his extraordinary artistry that touched fans throughout the world. When the executors are ready to announce them, they will. As Michael said countless times about his own work, the quality goes in before the name goes on."

Source: billboard.com

エステートvs国税局 国税局側の証人が偽証か?

マイケル・ジャクソンの遺産の評価額をめぐる租税裁判所での審理で、マイケル・ジャクソンの遺産相続人らの代理人弁護士団は、国税局(IRS)側の証人が偽証していると主張している。

専門家のウェストン・アンソンは2月、エステートとIRSの長期に及んでいる法廷闘争においてIRS側の証人として証言した。IRSは、マイケル・ジャクソンのレコード・カタログや肖像権の権利、その他資産について、エステートが大幅に過少評価しており、5億ドルの相続に対する税を支払うべきだと主張している。

アンソンの証言はIRSの立場を支持するもので、亡くなった時点でのマイケルの名前とイメージは、エステート主張の2105ドルではなく、1億6100万ドルであるとしている。入手した裁判書類によると、アンソンはこれまでIRSに依頼されたことなく、また歌手の故ホイットニー・ヒューストンについての知的財産評価も行ったことはないと反対尋問で述べた。

これに対しエステート側弁護士は、アンソンとアンソンの評価会社は2009年にIRSの依頼を受けてヒューストンの知的財産報告書の作成を行っており、偽証であると申し立てている。さらに、ヒューストンの件では、IRSの依頼で仕事をしたことはない、税金について明かすことは自身にとって違法だからだと後の証言で自ら認めていると主張している。

以上から、エステート側はアンソンの証言を除外することを求めている。

エステートの弁護士はこう書いている。

「ウソをついている部分は、ミスター・アンソンの宣誓下での真の意図を暴いています。すなわち、IRSのために自身の先入観を隠すこと、そしてかなりの金額でIRSから契約を得ているという事実を隠すことです」。

ハリウッド・リポーターによると、IRSはホイットニー・ヒューストンの件に関する質問は不適切であるとし、アンソンは「機密情報」であり記録から削除すべきだと述べているという。

租税裁判所のマーク・ホームズ判事はアンソンの証言について何らかの裁定を間もなく下すと見られている。裁判の最終的な裁定はさらに時間がかかる見通しである。

コメントを求められたアンソンは今のところ反応していない。

■IRS Expert Lied On Stand

Lawyers representing Michael Jackson’s heirs are claiming that an expert for the IRS perjured himself in Tax Court during testimony over the value of Michael’s estate.

The expert, Weston Anson, testified on behalf of the IRS in February, which was part of a long-running dispute between the estate and the IRS. The service claims that the estate vastly undervalued Michael’s record catalog, the rights to his image and likeness, and other assets and that it should pay as much as $500 million more in estate taxes.

Anson’s testimony supported the IRS position, including that Michael’s name and image at the time of his death was approximately $161 million, rather than the figure of $2,105. According to court filings obtained, under cross-examination, Anson said that he had never worked for the IRS previously and that he had not written an intellectual property valuation of late singer Whitney Houston.

In their filing, lawyers for the estate allege that Anson and his valuation company had actually prepared an IP report on Houston’s estate for the IRS back in 2009 and therefore committed perjury. Also that he acknowledged as much in later testimony, claiming that he had said he hadn’t worked for the IRS because he believed it would be illegal for him to reveal tax information that wasn’t related to Michael’s case.

Given the above, they are seeking to have Anson’s testimony removed entirely from the record.

The estate’s lawyers wrote;

“The context in which the lies began reveals Mr Anson’s true intent in lying under oath was to disguise his bias in favor of the IRS and to hide the fact he had been awarded multiple contracts from the IRS for substantial sums of money.”
According to The Hollywood Reporter, the IRS responded that the questions about the Whitney Houston case were improper, that Anson’s responses contain “confidential information,” and that they should be stricken from the record.

Tax Court Judge Mark Holmes is expected to rule on Anson’s testimony soon, though his final ruling in the case is expected to take much longer.

Anson did not immediately reply to a request for comment.

Source: Accounting Today, Hollywood Reporter & MJWN

元マネージャーらの提訴、エステートが勝訴

マイケル・ジャクソンの元ビジネス・マネージャーらが、彼の会社の1.6%を取り分として得るとの契約を口頭で結んだと主張して、2009年の彼の死去後にその巨万の富の分け前にありつこうと画策していたが、裁判所によって棄却された。

4人の原告のうちの3人は、2006年6月1日に東京のホテルでマイケルとミーティングを行い、マイケルは彼らに会社の取り分を約束したと主張している。2005年の裁判による個人的ないざこざの中、そばに控えていたその忠誠心に報いたいとマイケルは望んでいた、と原告らは主張している。

原告にはマイケルの元広報担当レイモン・ベインとボーイズⅡメンの元マネージャーのクォッドリー・エル=アミンが含まれている。口頭契約しかないということから判事は原告らの話は信憑性に欠けるとし、また提訴も遅すぎであり、マイケル・ジャクソンの存命中に提訴できたはずであると指摘した。

エステートの弁護士ハワード・ワイツマンはTMZに対しこう語った。

「根拠のない悪意のある裁判でした。原告らにとってはふさわしい判決でしょう。すなわち、何もないのです」

原告らはマイケルの死去の5年後の2014年になって提訴した。判事は、このような申し立ての期限は2010年であったことはもちろんだが、そもそも彼らが本当に契約を結んだのならなぜ存命中にその権利を行使しなかったのかと述べた。

■Michael’s Estate Wins Court Case

Michael’s former business partners tried to get a multi-million dollar slice of the pie after his death in 2009 by claiming they made a verbal agreement with him in 2006 that they would get 1.6% of his company. However a judge has rejected their claim.

Three of the four plaintiffs claim they had a meeting with Michael in a Tokyo hotel room on June 1st, 2006, and Michael promised them shares of his company. They claim Michael wanted to reward them for their loyalty for standing by him whilst he went through a lot of personal strife with the 2005 trial.

The plaintiffs include Michael’s former publicist Raymone Bain and Quadree el-Amin, a former manager for Boyz II Men. As it was only a verbal agreement a judge in Los Angeles said their story lacked credibility and they were too late to file it, noting they could have done so whilst he was alive.

Howard Weitzman, lawyer for the Michael Jackson Estate, told TMZ,

“This was a frivolous and outrageous case and these claimants got what they deserved, which was nothing.”

The plaintiffs didn’t file their claim until 2014, five years after Michael’s passing. The judge said if they really did strike the deal with him, why not try to get it while he was still alive? Not to mention the deadline for such a claim was 2010.

Source: TMZ & MJWN
≪PREVNEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ