Dangerous 25

Do you remember the time?
マイケル・ジャクソンの「Dangerous」がリリースされて、11月で25周年となります。ソロ・パフォーマーとしての4枚目のこのアルバムによってキング・オブ・ポップの統治は続き、また彼の垣根を越えたエンタテイメントは90年代に突入しました。そのテレビ放映を世界27カ国5億人が同時に観た「Black Or White」のショートフィルム、3大陸を訪問したワールド・ツアー(加えて、その後の流れを決定付けたスーパーボウルのハーフタイム・ショーも)など、「Dangerous」は、マイケル・ジャクソンという音楽の天才が、スタイルやトレンドの変化においてさえ永遠であることを証明しました。
今月は、「Dangerous」25周年を祝うさまざまな趣向を用意しています。MichaelJackson.comのチェックをお忘れなく。
あなたはその時代を覚えていますか?(Do you remember the time?)

"Do you remember the time?"
November marks 25 years since Michael Jackson's Dangerous was released. As Michael's fourth album release as an adult solo performer, this album continued the King of Pop's reign and took his boundary-smashing entertainment into the 1990s.
From the show-stopping "Black Or White" short film-which aired simultaneously in 27 countries to a record-breaking audience of 500 million around the world-to the world tour that visited three continents (plus a trendsetting performance at the Super Bowl halftime show), Dangerous proved that musical genius remains eternal even as styles and trends change.
This month, there will be some exciting ways to celebrate the 25th anniversary of Dangerous, so stay tuned to MichaelJackson.com.

ソース: The official facebook of Michael Jackson / facebook. com / MJJFANCLUB.JP

ロッド・テンパートンについてのMJエステートの声明

ロッド・テンパートン氏の逝去に際し、マイケル・ジャクソン・エステートは深く悲しんでおります。マイケルがレコーディングした楽曲などを通じて、彼が遺したものは生き続けるでしょう。私たちの想いと祈りは、悲しみの中にいる彼のご家族やご友人の方々とともにあります。

(原文)The Estate of Michael Jackson is deeply saddened by the passing of Rod Temperton. His legacy lives on through his songs, including those recorded by Michael. Our thoughts and prayers are with his family and friends in their time of loss.

ソース:The official facebook of Michael Jackson / facebook.com /MJJFANCLUB.JP

MJエステートより(2016年6月25日)

今日、この日、7年前にマイケル・ジャクソンを失った悲しみを思う時、今なお世界中の人々をインスパイアし続けている彼の終わることのないレガシーやスピリットのインパクトを私たちは改めて実感せざるを得ません。この一年に限ってみても、「Thrilller」はアメリカ国内のみでの売り上げが史上初めて3000万枚を越えたアルバムとしてRIAAよりトリプル・ダイヤモンドの認定を受けました。時間を越えた傑作「Off The Wall」は、幅広く称賛された新作のドキュメンタリーによって讃えられ、世界中の評論家や一般から再評価をされました。でもマイケル・ジャクソンは単なるマルチな才能を持ったエンタテイナーにとどまりません。暴力と不寛容にあまりにたびたび悩まされる不確かなこの世界において、マイケルの普遍の愛と情熱、希望、そして連帯のメッセージは今日こそより意味を持っているのです。彼の名において・・・彼の子供たちのため、そして、今と未来のために「よりよい場所を作る」という彼の慈悲の心にインスパイアされたすべての人々のために・・・マイケルのことをずっと心にとどめておいて欲しい。私たちはそう思っています。-マイケル・ジャクソン・エステート

As we take time today to reflect with sadness on the loss of Michael Jackson seven years ago, we can’t help but also acknowledge the enduring impact of his legacy and spirit that continues to inspire people in all corners of the world. In the past year alone, Thriller became the first album in history to be certified triple Diamond by the Recording Industry Association of America for sales in excess of 30 million in the US alone. Michael’s timeless masterpiece Off the Wall was celebrated through a new documentary which received widespread accolades while sparking a renewed appreciation for his genius from both critics and the public worldwide. But Michael Jackson was far more than a multitalented entertainer. In an uncertain world too often plagued by violence and intolerance, Michael’s messages of universal love, compassion, hope and unity are even more relevant today. In his name — for his children, and for everyone inspired by his compassion to "make a better place" for the present and the future — we ask you to keep Michael in your heart. - The Estate of Michael Jackson

ソース:The Estate of Michael Jackson / facebook.com / MJJFANCLUB.JP

多額の税金法廷闘争

エンタテイメント・ビジネスにおける複雑な法律問題の中で、故マイケル・ジャクソンは遺産税をいくら支払うべきか、ということをめぐってマイケル・ジャクソン・エステートと国税庁(IRS)の間で繰り広げられている争いほど弁護士を悩ますものはないだろう。

死後数年のうちに、マイケルは、資産を管理してくれる有能な執行人のおかげでビジネス面で復活した。2009年のドキュメンタリー「This Is It」は2億6100万ドルを稼ぎ、シルク・ドゥ・ソレイユのショーは大勢のファンを集めた。そして、アルバムのリリース、ビデオゲームやその他実入りの良い記念品を販売してきた。そしてIRSはその分け前を要求し、死後のマイケルの名前とイメージの価値は4億3400万ドル以上であると主張している。一方エステート自身による評価は2105ドルである。あまりに大きな食い違いであるが、この差でさえも控えめな数字である。

2017年にロサンゼルスの国税不服審判所で争われることになる今回のケースについて、利子と罰金は10億円以上になる可能性があると法律家は見積もっている。税の専門家の中には、脱税の刑事告発に発展するのではないかとする声もある。この裁判の結果によっては、著名人の遺産管理に影響を与える可能性がある。「私が見た中では最大の遺産税裁判です」と、弁護士で税の専門家のゲーリー・ウルフは言う。

IRSとの争いについて初めて公に語ったエステートの主任弁護士ハワード・ワイツマンによると、両サイドとも意見を交換しておらず、IRS側の独立監査人がその巨大な価値を判断した根拠についてのIRS側からの説明はないという。遺言執行人ジョン・ブランカとジョン・マクレーンは、異例のV字回復と負債の一掃を監督し、すでに1億ドルも納税するほどの収入を生み出している。しかしワイツマンは、マイケルの生前、全盛期の「Thriller」のころでさえ、名称とイメージの許諾による利益は5000万ドルに過ぎなかったと見積もっている。「この10倍という結論にIRSが至ったのだとしたら、それは非常識だ。奇想天外です」とワイツマンは言う。

課税において最も重要なことは、遺言執行人が魔法のような仕事をした後の現時点ではなく、死去時点でのマイケルの名前と肖像の価値である。「当時マイケル・ジャクソンはマーチャンダイジングの契約はひとつもありませんでした」とワイツマンは言う。「私たちが再建に取り組み、『This Is It』が状況を変え始めた後のことなのです。IRSは、『そのドキュメンタリーについてはわかっていたはずだ』と言いますが、それは、彼が亡くなることがわかっていたはずだ、と言うようなものです」。

IRS側はこの件に関してコメントを拒否している。

遺言検認専門の弁護士でレイ・チャールズやマーロン・ブランド、マリリン・モンローといった著名人の遺産管理に携わったアダム・ストレイサンドの観測では、IRSが他の著名人の死後の稼ぎを課税評価の一部として指摘できるとは思えないという。IRSが名称と肖像に関して遺産税を求めるという最初のケースであるということを考えると、「ジム・クロース効果」のようなものを主張するのは困難だ。1973年に飛行機事故で亡くなった歌手のジム・クロウチは、多くのエンタテイナーは生きているより死んだほうが値打ちが出るという説の代表例として引き合いに出される。

マイケル・ジャクソンの死後6年間で、エステートは彼の名称と肖像だけで5000万ドルを稼いだと見られている。しかしワイツマンによると、IRSの資産は、エステートがこの時点で2億6000万ドル稼いでいるはずだとみなしているという。IRSがマイケルの楽曲を評価した価値を上回るものだ。ワイツマンは、IRSは、査定額が間違っていても返金なしの「前払い金」を求めているに等しいと述べている。

ワイツマンは本件を「生涯に一度」のケースであると考えているが、他の者にとってどうなるかは不確かだ。もしIRSが勝訴すれば、価値が増加した他の著名人の遺産も追及することになるだろう。著名故人のビジネスは、パブリシティー権が拡大され、また生前のように見せるホログラムはCGの技術の進歩によって近年急成長しているからだ。

■Billion-Dollar Tax Court Battle

Of all the befuddling legal matters in the entertainment business, there’s perhaps none that causes attorneys to scratch their heads like the battle between Michael Jackson and the Internal Revenue Service over what the late entertainer should be paying in estate taxes.

In the years since his death, Michael has experienced a commercial rebirth thanks to the savvy executors who have managed his assets. The 2009 documentary ‘This Is It’ grossed $261 million, a Cirque du Soleil tribute show packs in fans, and there have been albums, video games and other lucrative memorials. Now the IRS wants its share, claiming the value of Michael’s name and image upon death amounted to more than $434 million. The estate’s own valuation is just $2,105. This is a huge discrepancy and even that difference undersells the stakes.

With interest and penalties, lawyers estimate the case, which is set for trial at a Los Angeles tax tribunal in 2017, could be worth more than $1 billion. Some tax specialists even wonder if it could lead to criminal tax evasion charges. The outcome could impact celebrity estate planning. “This is the biggest estate tax case I’ve ever seen,” says attorney and tax specialist Gary Wolfe.

Speaking publicly about the IRS battle for the first time, Howard Weitzman, the estate’s lead attorney, says both sides haven’t exchanged much information and the IRS hasn’t explained how its independent auditor determined the huge valuation. Executors John Branca and John McClain have overseen a remarkable turnaround, wiping out Michael’s debt and making enough revenue to generate about $100 million in tax payments already. But Weitzman estimates that Michael earned no more than $50 million from the licensing of his name and image when the pop star was alive, even during Michael’s ‘Thriller’ heyday. “It seems preposterous that the IRS would arrive at a value ten times this amount,” he says. “This is bizarre.”

What matters most for tax purposes is the value of Michael’s name and likeness at the time of his death, not now, after his executors have worked their magic. “Michael Jackson had no merchandising deals then,” says Weitzman. “Only after we began the resurrection and ‘This Is It’ did things begin to change. The IRS says, ‘You should have known about the documentary.’ That’s like saying we should have known he was going to die.”

The IRS declined to comment on the issue.

Adam Streisand, a probate attorney who has worked with celebrity estates including those of Ray Charles, Marlon Brando and Marilyn Monroe, says he doesn’t expect the IRS to be able to point to other celebrities’ post-death earnings as part of the valuation process. Then again, given that this is the first time ever that the IRS is pursuing estate taxes for name and likeness, it’s hard to say for sure how something like the “Jim Croce effect.” This is in reference to the singer who died in an airplane crash in 1973 and standing for the proposition that many entertainers are worth more dead
than alive.

It’s estimated that the Michael Jackson Estate has earned another $50 million in name and likeness earnings in the six years since his death, but according to Weitzman, the IRS’ calculation assumes the Estate should have earned in this time $260 million, which is more than the value the tax agency ascribed to Michael’s songs. Weitzman says that the IRS is essentially seeking an “advance” on future payments with no refunds given if its valuation is wrong.

Weitzman thinks this is a “once in a lifetime” case, but others aren’t sure. If the IRS wins, it likely will pursue other celebrity estates that have increased in value. The business of commercialising dead stars has boomed in recent years as publicity rights have expanded and technology such as holograms and CGI has allowed the dead to live on in entertainment.

Source: Billboard & MJWN

エステート vs トーメ :: トーメの訴状修正が認められる

亡きキング・オブ・ポップの元マネージャー、トーメ・トーメによれば、彼にはマイケルの収入の分け前と、ネバーランドの銀行ローンの仲介手数料を受け取る権利があるという。

マイケル・ジャクソン・エステートとトーメ・トーメは再び法廷で相まみえることになる。エステートによる削除の申し立ては全て認められたが、訴状を修正するための10日間がトーメ側に与えられたためだ。エステート側の削除の申し立ての中心は弁護士費用であり、これについてトーメは、マイケルとの損失補償契約による権利があると主張している。一方エステートは、この条項は、委任状に関連した第三者による請求に対抗し、あるいは調査する場合にのみ適用されるとの立場を貫いている。

「トーメは、自分がジャクソンに対して提供したとする業務に対する補償を求めているが、ジャクソンあるいはその相続人、遺言執行人と争って弁護士費用を補うためにこの損失補償契約を用いることはできない」とハワード・ワイツマン弁護士は申立書で述べている。

ロサンゼルス郡上級裁判所のミッチェル・L・ベックロフ判事はエステートの主張の大部分に同意し、削除の申し立てを許可したが異議申し立てについては却下した。この争いは2012年に訴訟として勃発、マイケル・ジャクソンの生前最後の日々のトーメの仕事が、マイケルのためか、あるいはトーメ自身のためなのかという点について争われている。

トーメは、死後にエステートが稼いだ分も含め、マイケルの総収入の15%を受け取る権利があり、また、ネバーランドに関連するローンの売却に対する10%の仲介手数料を受け取る権利があると主張している。一方エステート側はトーメを経験不足かつ利己的だと評し、マイケルは亡くなる数カ月前にトーメを解雇していると主張している。

訴訟手続きは、カリフォルニア州労働委員会が、トーメはタレント・エージェンシー法に違反してマネージャーとしてではなくエージェントとして活動していたとの主張を調査する間中断していた。2015年2月、ベックロフ判事は一部の手続きを再開し、ネバーランドに関する審理に着手した。7月には労働委員会が、マイケルとトーメのマネジメント契約の一部が違法で、契約のうち違法の分を取り除けばトーメの手数料は半分になるとの判断を下している。

裁判は5月3日に開始されることとなった。

■Judge Allows Ex-Manager To Amend Complaint

The late King of Pop’s former manager, Tohme Tohme says he’s owed a share of gross receipts and a finder’s fee for a Neverland Ranch bank loan.

Michael Jackson’s estate and his former manager Tohme Tohme will see another day in court, after a judge granted the estate’s motion to strike in its entirety but gave Tohme’s attorneys ten days to amend their complaint. The motion to strike centers on attorneys fees, which Tohme argues he’s entitled to under an indemnity agreement with Michael. The estate holds that clause only applies to Tohme defending against or investigating third-party claims relating to powers of attorney.

“Tohme cannot possibly use the Indemnity Agreement to recover attorneys’ fees in a dispute with Jackson or his heirs or executors wherein Tohme seeks compensation for services he allegedly rendered to Jackson,” writes Howard Weitzman in the motion.

Los Angeles County Superior Court Judge Mitchell L. Beckloff largely agreed with the estate and granted the motion to strike, but denied a demurrer on the issue. The legal battle began in 2012 with duelling lawsuits debating whether Tohme’s work in the final years of Michael’s life was for the King of Pop’s benefit or his own.

Tohme contends he is entitled to fifteen percent of Michael’s gross receipts, including money the estate earned after the performer’s death, and also a ten percent finder’s fee for a loan buyout connected to Neverland Ranch. Michael’s estate paints Tohme as inexperienced and self-serving and claims Michael fired him months before his death.

Proceedings were put on hold while the California Labor Commission investigated claims that Tohme was acting as an agent, not a manager, in violation of the Talent Agencies Act. In February 2015, Beckloff partially lifted the stay and put the proceedings concerning Neverland Ranch back in motion. In July the Labor Commission found the management agreement between Michael and Tohme is partially illegal and severance of the illegal portion of the agreement would cut Tohme’s commissions in half.

Trial is scheduled to begin May 3.

Source: The Hollywood Reporter & MJWN

イギリスの法律事務所がエステートを訴える

ロンドンの法律事務所が、亡くなる2年前から行っていたとするマイケル・ジャクソンに関する業務に対する料金が支払われるべきだと主張している。ハリウッド・リポーターが報じている。

カリフォルニア州で月曜日に提出された申立書によると、アトキンス・トムソン法律事務所は料金として20万ドルが支払われるべきだと主張し、エステートの遺言執行人のジョン・ブランカとジョン・マクレーンを契約違反で訴えている。

2007年から2009年までの業務について、「ジャクソン関連の十数件の案件について数百時間の業務を行った」と同事務所は主張しており、伝えられるところでは、2009年に20万4204ドル36セントの債権者請求をしているという。被告は12月に支払いを拒否し、請求書を受け付けなかったと同事務所は主張している。そして報道によれば、多数の請求書とともに利息と訴訟費用をも求めている。

エステートはこの主張に対し争う姿勢を見せており、エステートのハワード・ワイツマン弁護士は、「エステートは、マイケル・ジャクソンのための仕事だという彼らの主張が有効だとは考えておらず、この訴訟については争う意向です」と述べている。

■UK Law Firm Claims Estate Owes Money

A London law firm claims it is yet to be paid for work they carried out for Michael Jackson in the two years leading up to his death, reports the Hollywood Reporter.

According to a state claim filed on Monday in California, Atkins Thomson solicitors, says it is owed over $200,000 (£142,000) in fees and is suing entertainment attorney John Branca and music executive John McClain, executors of Michael’s estate, for breach of contract.

Covering services from 2007 through to 2009, Atkins claims the firm “provided hundreds of hours of services to Jackson across nearly a dozen matters”, and reportedly filed a creditors claim for $204,204.36 in 2009. Atkins claims defendants refused to pay and rejected the invoice in December
2015. They now want the amount reportedly invoiced plus interest and the costs of the suit.

The Estate is disputing this claim with Howard Weitzman, the attorney for the estate saying, “The estate doesn’t believe the attorney’s claim for work allegedly done for Michael Jackson is valid and we intend to contest this lawsuit.”

Source: The Guardian & MJWN
≪PREVNEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ