エステートvs国税局 国税局側の証人が偽証か?

マイケル・ジャクソンの遺産の評価額をめぐる租税裁判所での審理で、マイケル・ジャクソンの遺産相続人らの代理人弁護士団は、国税局(IRS)側の証人が偽証していると主張している。

専門家のウェストン・アンソンは2月、エステートとIRSの長期に及んでいる法廷闘争においてIRS側の証人として証言した。IRSは、マイケル・ジャクソンのレコード・カタログや肖像権の権利、その他資産について、エステートが大幅に過少評価しており、5億ドルの相続に対する税を支払うべきだと主張している。

アンソンの証言はIRSの立場を支持するもので、亡くなった時点でのマイケルの名前とイメージは、エステート主張の2105ドルではなく、1億6100万ドルであるとしている。入手した裁判書類によると、アンソンはこれまでIRSに依頼されたことなく、また歌手の故ホイットニー・ヒューストンについての知的財産評価も行ったことはないと反対尋問で述べた。

これに対しエステート側弁護士は、アンソンとアンソンの評価会社は2009年にIRSの依頼を受けてヒューストンの知的財産報告書の作成を行っており、偽証であると申し立てている。さらに、ヒューストンの件では、IRSの依頼で仕事をしたことはない、税金について明かすことは自身にとって違法だからだと後の証言で自ら認めていると主張している。

以上から、エステート側はアンソンの証言を除外することを求めている。

エステートの弁護士はこう書いている。

「ウソをついている部分は、ミスター・アンソンの宣誓下での真の意図を暴いています。すなわち、IRSのために自身の先入観を隠すこと、そしてかなりの金額でIRSから契約を得ているという事実を隠すことです」。

ハリウッド・リポーターによると、IRSはホイットニー・ヒューストンの件に関する質問は不適切であるとし、アンソンは「機密情報」であり記録から削除すべきだと述べているという。

租税裁判所のマーク・ホームズ判事はアンソンの証言について何らかの裁定を間もなく下すと見られている。裁判の最終的な裁定はさらに時間がかかる見通しである。

コメントを求められたアンソンは今のところ反応していない。

■IRS Expert Lied On Stand

Lawyers representing Michael Jackson’s heirs are claiming that an expert for the IRS perjured himself in Tax Court during testimony over the value of Michael’s estate.

The expert, Weston Anson, testified on behalf of the IRS in February, which was part of a long-running dispute between the estate and the IRS. The service claims that the estate vastly undervalued Michael’s record catalog, the rights to his image and likeness, and other assets and that it should pay as much as $500 million more in estate taxes.

Anson’s testimony supported the IRS position, including that Michael’s name and image at the time of his death was approximately $161 million, rather than the figure of $2,105. According to court filings obtained, under cross-examination, Anson said that he had never worked for the IRS previously and that he had not written an intellectual property valuation of late singer Whitney Houston.

In their filing, lawyers for the estate allege that Anson and his valuation company had actually prepared an IP report on Houston’s estate for the IRS back in 2009 and therefore committed perjury. Also that he acknowledged as much in later testimony, claiming that he had said he hadn’t worked for the IRS because he believed it would be illegal for him to reveal tax information that wasn’t related to Michael’s case.

Given the above, they are seeking to have Anson’s testimony removed entirely from the record.

The estate’s lawyers wrote;

“The context in which the lies began reveals Mr Anson’s true intent in lying under oath was to disguise his bias in favor of the IRS and to hide the fact he had been awarded multiple contracts from the IRS for substantial sums of money.”
According to The Hollywood Reporter, the IRS responded that the questions about the Whitney Houston case were improper, that Anson’s responses contain “confidential information,” and that they should be stricken from the record.

Tax Court Judge Mark Holmes is expected to rule on Anson’s testimony soon, though his final ruling in the case is expected to take much longer.

Anson did not immediately reply to a request for comment.

Source: Accounting Today, Hollywood Reporter & MJWN

元マネージャーらの提訴、エステートが勝訴

マイケル・ジャクソンの元ビジネス・マネージャーらが、彼の会社の1.6%を取り分として得るとの契約を口頭で結んだと主張して、2009年の彼の死去後にその巨万の富の分け前にありつこうと画策していたが、裁判所によって棄却された。

4人の原告のうちの3人は、2006年6月1日に東京のホテルでマイケルとミーティングを行い、マイケルは彼らに会社の取り分を約束したと主張している。2005年の裁判による個人的ないざこざの中、そばに控えていたその忠誠心に報いたいとマイケルは望んでいた、と原告らは主張している。

原告にはマイケルの元広報担当レイモン・ベインとボーイズⅡメンの元マネージャーのクォッドリー・エル=アミンが含まれている。口頭契約しかないということから判事は原告らの話は信憑性に欠けるとし、また提訴も遅すぎであり、マイケル・ジャクソンの存命中に提訴できたはずであると指摘した。

エステートの弁護士ハワード・ワイツマンはTMZに対しこう語った。

「根拠のない悪意のある裁判でした。原告らにとってはふさわしい判決でしょう。すなわち、何もないのです」

原告らはマイケルの死去の5年後の2014年になって提訴した。判事は、このような申し立ての期限は2010年であったことはもちろんだが、そもそも彼らが本当に契約を結んだのならなぜ存命中にその権利を行使しなかったのかと述べた。

■Michael’s Estate Wins Court Case

Michael’s former business partners tried to get a multi-million dollar slice of the pie after his death in 2009 by claiming they made a verbal agreement with him in 2006 that they would get 1.6% of his company. However a judge has rejected their claim.

Three of the four plaintiffs claim they had a meeting with Michael in a Tokyo hotel room on June 1st, 2006, and Michael promised them shares of his company. They claim Michael wanted to reward them for their loyalty for standing by him whilst he went through a lot of personal strife with the 2005 trial.

The plaintiffs include Michael’s former publicist Raymone Bain and Quadree el-Amin, a former manager for Boyz II Men. As it was only a verbal agreement a judge in Los Angeles said their story lacked credibility and they were too late to file it, noting they could have done so whilst he was alive.

Howard Weitzman, lawyer for the Michael Jackson Estate, told TMZ,

“This was a frivolous and outrageous case and these claimants got what they deserved, which was nothing.”

The plaintiffs didn’t file their claim until 2014, five years after Michael’s passing. The judge said if they really did strike the deal with him, why not try to get it while he was still alive? Not to mention the deadline for such a claim was 2010.

Source: TMZ & MJWN

エステート vs 国税局、トーメ・トーメの証言

マイケル・ジャクソンの元マネージャーのトーメ・トーメがIRS税金裁判で証言台に立ち、マイケル・ジャクソン・エステートとの間の緊張感があらわとなった。

コロニー・キャピタルの元コンサルタントのトーメ・トーメは2008年にマイケルとの仕事を始めた。ネバーランドの債務買取について調整したことがきっかけだ。トーメによれば、マイケルは、コロニーのCEOトム・バラックとの関係から彼を引き入れた。そして仲介手数料として債務の総価値の10%を受け取ることになっていたという。当時、彼はコロニー側からコンサルタント料として月に2万ドルに加え、関与した取引の取り分を受け取っていた。

2300万ドルで債務を買い取ってもらうことにより、マイケルはネバーランドの抵当権実行を阻止し、そしてトーメをマネージャーとした。2012年以降、彼は報酬をめぐるマイケル・ジャクソン・エステートとの法的闘争に関わっている。

彼はIRS側の証人として呼ばれた。マイケルには死去する直前までビジネスの申し出があったことを示すことが目的と見られる。具体例を挙げると、ナイキとのムーンウォーカー・シューズやマイケルの楽曲を使ったブロードウェイ・ミュージカルの可能性があったという。

エステート側弁護士のハワード・ワイツマンは反対尋問でトーメに対する尋問の手を緩めなかった。

トーメが挙げた、可能性のあったリストについて議論し、それらが何一つ実現していないことを指摘すると、ワイツマン弁護士は、トーメが2009年の春に辞めさせられたことを示唆する一連の書類に話を向けた。トーメはマイケルが亡くなるまで仕事をしていたと主張しているが、エステートはその数ヶ月前には解雇されていたと主張している。

彼はドクター・トーメの名でマイケルの元マネージャーとして通っているが、ワイツマンは彼の経歴について質した。医学部に通っていたのかどうか、経済学のPhDを授与されたのかどうかについて問われ、トーメは両方ともNoと答えた。

するとワイツマンは、それならばなぜ、これまでに証言した法廷でそれらの学位を有していると述べたのかと質した。

「あなたはメディアで私を貶めています」とトーメは述べ、エステートは私立探偵を雇って悪いうわさをかき集め、数十年前に一時的に婚姻関係にあった女性宅に押しかけるなどしていると主張した。「理由はあなた方に知られたくはありません。私は高い教育を受けました。多くの言語を話せます。そのほかにはあなた方に話すべきことはありません」。

IRS側からの異議を受け、宣誓証言の筆記録は議事に加えられた。

実現しなかった舞台「Thriller」について証言するために演劇プロデューサーのジェームズ・ネダーランダーが証言したあと、ワイツマンは再びトーメを証言台に呼んだ。

ブルネイのジェフリ王子の邸宅を購入してラスベガスからロサンゼルスへ転居するようマイケルに勧めた計画についてトーメは語った。

するとワイツマンはトーメに対し、フランク・ディレオがその計画を覆したことについて尋ねた。トーメは、「一体この裁判で裁かれているのは誰なんだ?私か?エステートか?」と怒声で答えた。

そしてワイツマンはエステートとトーメの間で係争中の裁判を取り上げ、「あなたはエステートを訴えましたね?」と尋ねた。トーメは「イエスだ」と答えた。そしてワイツマンに対し、この数年間ずっと法廷で会っているとした上で、「私はあなた方が大好きなんでね」と述べた。租税裁判所判事マーク・ホームズはこの軽口を、「あなたは宣誓しているのですよ」と返した。

その数分後、ワイツマンの最後の質問の時にホームズ判事が発したさらなるウィットに法廷では笑い声が聞かれた。

ワイツマン:なぜドクターと呼ばれるのですか?
トーメ:そう呼ぶ人になぜ聞かないんです?私をドクターと呼ぶ人に聞くべきですよ。
ワイツマン:ドクター・J(NBAのジュリアス・アービングの愛称)とかドク・ホリデイ(西部劇時代のガンマン。歯学博士号を持っていた)と同じですか?
ホームズ判事:ドク・ホリデイは本物の医者ですよ。
ワイツマン:判事はお答えになる必要はありません。
トーメ:この問題は「またの機会」にしましょう。

ワイツマンの質問の後、IRS側の弁護士セバスチャン・ヴォスはトーメに対し、エステートとの関係について尋ねた。
「あなたとエステートは激しく衝突している関係というのが正しいですね?」
「イエスです」とトーメは答えた。

■Tohme Tohme’s Testimony In Tax Trial

The tension between Michael Jackson’s estate and his ex-manager Tohme Tohme was on full display yesterday, as Tohme Tohme took the stand in the current tax trial.

Tohme, a former Colony Capital consultant, began working with Michael in 2008 when he coordinated the buyout of a loan for Neverland Ranch. He says Michael brought him on because of his relationship with Colony CEO Tom Barrack and, as a finder’s fee of sorts, he was to receive ten percent of the total value of the loan. At the time, he says he was receiving $20,000 a month in consulting fees from Colony, plus a share of the deals he was involved in.

The $23 million loan buyout allowed Michael to avoid foreclosure on the ranch and sealed Tohme’s position as his manager. Since 2012 he has been involved in a contentious legal battle with Michael’s estate over his pay.

He was called as a witness by the IRS, presumably, to show that Michael had business suitors in the time leading up to his death. Specifically, he said there had been prospects of a ‘Moonwalker’ shoe deal with Nike and a Broadway musical based on Michael’s songs.

Estate attorney Howard Weitzman pulled no punches during his cross-examination of Tohme.

After going through the potential list of deals Tohme had mentioned and pointing out that none had come to fruition, Mr Weitzman turned his attention to a series of documents that suggest Tohme was terminated in the spring of 2009. Tohme claims he worked with Michael up until his death, but the estate has said he was fired several months before that.

Michael’s ex-manager was known to go bythe name Dr. Tohme, which led Mr Weitzman to ask him about his resume. He asked if he attended medical school and if he had a PhD in economics. Both were answered “No.”

Mr Weitzman then asked why Tohme had said during a deposition in a previous case, in which he was a witness, that he held those degrees.

“You tortured me in the media,” Tohme said, claiming that the estate hired a private investigator to dig up dirt on him and that PI visited a woman he was briefly married to decades ago. “The reasons for these answers is I don’t want you to know. I’m a very highly educated person. I speak many languages. I don’t know what else to tell you.”

The transcripts of that deposition were admitted to the record following an objection from the IRS.

Theater producer James Nederlander then took the stand to discuss a ‘Thriller’ play that never happened then Mr Weitzman called Tohme back to the stand.

Tohme discussed plans to buy the home of Prince Jefri of Brunei and convincing Michael to move back to L.A. from Las Vegas.

Mr Weitzman then asked Tohme about being replaced by Frank DiLeo. Tohme’s angrily responded with; “Who’s on trial here, me or the estate?”

Eventually, Mr Weitzman brought up the estate’s pending litigation with Tohme asking; “Did you ultimately file a lawsuit against the estate?” “Yes,” Tohme replied. He then noted to Weitzman that he’s been seeing him in court for several years and added; “I like your company.” U.S. Tax Court Judge Mark Holmes took full advantage of the lighter moment and said; “You’re under oath.”

Chuckles echoed through the courtroom, as they would a few minutes later when Holmes had another burst of wit after Mr Weitzman’s final question.

Weitzman: Why do they call you Doctor?
Tohme: Why do they call me a doctor? You have to ask whoever calls me a doctor.
Weitzman: Is it in the same vein as Dr. J (Julius Erving) or Doc Holliday?
Holmes: Doc Holliday was a real doctor.
Weitzman: You don’t have to answer.
Tohme: decided to leave the matter “for another time.”

After Mr Wietzman finished, IRS attorney Sebastian Voth pointedly asked Tohme about their relationship. “Is it fair to say that you and the estate have a very contentions relationship?” Tohme answered: “Yes.”

Source: Billboard & MJWN

エステート vs 国税局、ジョン・ブランカが証言

マイケル・ジャクソン・エステートと内国歳入庁(IRS)の間で争われている数百万ドル規模の税金の裁判が初日を向かえ、ジョン・ブランカが証言台に立った。

30年近くにわたって断続的にマイケル・ジャクソンの代理人を勤めてきたブランカ氏は昼食後の証言台に立ち、4時間近くにわたってエステート側弁護士ハワード・ワイツマンの質問に答えた。

本裁判は3週間程度続くと見られており、エステート側、IRS側双方は、マイケル・ジャクソンの死去時の肖像権の価値について、それぞれの主張が正しいと判事に訴えかけることになる。

租税裁判所のマーク・ホームズ判事と弁護士、ジョン・ブランカ氏は、マイケルの財政問題というシリアスな議論の合間に冗句をはさむこともあった。

リラックスした雰囲気の中で、ワイツマン弁護士の質問に対する返答でブランカ氏はいつもと違う様子を見せ、普通の民事法廷では判事が制止するだろうシーンも見られた。

ブランカ氏はこう述べた。
「泣いてしまいますよ。マイケルは天才でした。彼はすばらしい男でした。彼についての話をする時、私はいつも愛情を込めて話をするんです」。

数年のブランクを経て、ブランカ氏はマイケルの死の1週間ほど前に彼と会った。その時、彼はマイケルに対し、実現できそうなプランについていくつか提示した。「Thriller」の映画化や舞台化、お化け屋敷アトラクション、アルバムとDVDの再発売などが含まれていたが、マイケルの名前や画像のライセンシングは含まれていなかった。

アーティストの名前や写真を商品に使用する許諾を与えるという意味での総合的マーチャンダイジングでミュージシャンは大金を得るものなのかどうかというワイツマンの問いに対し、ブランカは「いいえ」と答えた。「ほとんどのミュージシャンにとってそのような収入は、音源や楽曲、ツアーなどから得られる収入に比べれば微々たるものです。レコードを出すというのは名前に対する権利や肖像権とは違うのです」。

マイケルの死後、エステートは未発表のリハーサル映像を使って「This Is It」を製作したが、この作品はコンサート映画としては史上最高収益の一つである。シルク・ドゥ・ソレイユと共同でラスベガスのショーも開演した。ブランカによれば、こうしたことは肖像権の取引とは見なさないという。

生前の彼のキャリアの中での衣料品に対するライセンシングの試み2件あった。その後の、マイケルの死後の価値を示唆しうるライセンシング相手はティーン向け衣料品会社Supremeである。ブランカによると、同社のシャツは子供に「クレイジーな人気」を誇っており、若年オーディエンスへのマイケルのイメージの再ブランド化に向けた取り組みであるという。

「これで収益があるわけではありませんが、いつか、新たなファンを獲得することができるでしょう」とブランカは述べた。

IRS側の弁護士は、IRS側の弁論の際にブランカに再び証言させるとして、今回の証言に対する反対尋問は行わなかった。

証言を終える際、判事はブランカに対し、マイケルの歌詞の一つを説明するよう求めた。「あなたは『Thriller』をよくご存知ですが、『the funk of 40,000 years』とはどういう意味ですか?」

「カルマ(業)です」とブランカは答えた。

■John Branca Speaks At IRS Trial

John Branca took the stand Monday on the first day of trial in a potentially billion-dollar tax fight between Michael Jackson’s estate and the IRS.

Mr Branca, who has represented Michael on and off for nearly three decades, took the stand after lunch, spending nearly four hours being examined by Michael’s estate attorney Howard Weitzman.

The trial is expected to last three weeks, as attorneys for the estate and the government each work to convince a judge that their value of Michael’s likeness at the time of his death is the correct one.

American Tax Court Judge Mark Holmes, the attorneys and John Branca, routinely cracked jokes amid a very serious conversation about Michael’s financial issues.

The more relaxed atmosphere gave Mr Branca license to be more ex-positional with his answers to Mr Weitzman’s questions, which would have likely been cut off by a judge in a standard civil law courtroom.

Mr. Branca said;

“I’m going to tear up. Michael was a genius. He was a great guy. When I tell these stories, I actually tell them with affection.”

After several years of not working together, Mr Branca met with Michael a little more than a week before his death. During the meeting he brought with him a list of potential ideas which included a ‘Thriller’ film, play and haunted house attraction, as well as album and DVD re-releases, but none of his ideas involved licensing Michael’s name or likeness.

Mr Weitzman asked if musicians make a lot of money in general merchandising, which he described as licensing an artist’s name and image for merchandise. “No,” replied Mr Branca. “That income for most musicians is dwarfed compared to the money they make from recordings, their songs and especially the tours. Putting out a record is not a name and likeness right.”

Since Michael’s death, the estate has used unreleased rehearsal footage to make ‘This Is It,’ which is one of the biggest-grossing concert films ever. They also launched a lucrative Las Vegas show in partnership with Cirque du Soleil. Mr Branca said neither of those qualify as likeness deals.

After two clothing line licensing attempts during the course of his living career, the one likeness deal that shows potential after Michael’s death is with a teen clothing company called Supreme. Mr Branca explained that kids are “crazy” for the company’s shirts and the deal is an effort to re-brand Michael’s image with a younger audience.

“We make no money from it, but maybe someday we’ll get new fans,” he said.

The IRS attorneys declined to cross-examine Mr Branca in favour of calling him back to testify when they present their case.

Before letting him leave the stand, the judge took the opportunity to ask him to explain one of Michael’s lyrics. “You’re familiar with ‘Thriller,’ ” said Judge Holmes. “What exactly does ‘the funk of 40,000 years’ mean?”

“Karma,” answered Mr Branca.

Source: The Hollywood Reporter & MJWN

エステート vs 国税局、遺言執行人らが証言を命じられる

ポップ・シンガーの故マイケル・ジャクソンが2009年に亡くなった時点での価値が焦点となる世紀の税金闘争が2月に開始される。マイケル・ジャクソン・エステートとアメリカ国税当局(IRS)は10億ドル以上を争点として、公判前手続きを争っている。公判前にすべての情報を掴むためだ。

連邦租税裁判所のマーク・ホームズ判事は、激しく争った、ジョン・ブランカ(遺言執行人の一人)、マイケル・ケーン(元ビジネス・マネージャー)、カレン・ラングフォード(弁護士補助人、ジャクソンのイメージの査定に参加し未発表曲についての詳しいとされる)に証言させるというIRS側による申し立てを許可した。

もう一人の遺言執行人のジョン・マクレーンは証言を行わない。

マクレーンはジャクソンのトレードマークを使った衣料品のマネジメントを担当しているされているが、ホームズ判事の裁定によれば、申立書ではマクレーンは「体調不良が大変深刻であり、ストレスに耐えられない」とされ、「このことは、商業活動が平穏に行われているためあまり知られていない複雑な事業について、それを管理する能力とは矛盾する」と判事はコメントしている。

体調不良のためにマクレーンは証言しないが、両者による協議が行われ、IRSが主張すれば、判事はマクレーンの証言を除外しない可能性もある。

さらにホームズ判事は、無許可でジャクソンの肖像権を使用しているとみなした者にエステートが送付した停止通告書やソニー/ATVの持分をソニーに売却する際のメモ、その売価の評価書(7億5000万ドルとされる)など、さまざまな書類をIRSに対し開示するよう命じた。

この裁判での目玉は・・・そしてこの裁判が芸能界で特に注目される理由は・・・、死後のジャクソンの肖像権の評価がなされるということだ。IRSはその価値が4億3400万ドル以上だと主張している。証拠として2009年のドキュメンタリー「This Is It」はシルク・ドゥ・ソレイユのショー、死後にリリースされたアルバム、ビデオ・ゲームや高価な記念品などを挙げるかもしれない。エステート自身による評価額は2105ドルで、彼が亡くなった時点での、そして遺言執行人らが着任してキング・オブ・ポップが復活する以前の、ジャクソンの商業的展望が児童虐待や薬物中毒による影響を受けていた時点での評価が重要だと主張している。

評価額分析や諸々の結論には、許諾者が権利に対してどう考えているか、ということがポイントとなる。このため、エステートはUCLA法科大学院のユージーン・ヴォロック教授に委託した。ヴォロック教授は合衆国憲法修正第1条の第一人者である。ジャクソンのような著名人の価値が死後のパブリシティー権の法律的制限にどれほど拠っているかという問題についての報告書を準備するためだ。

IRSは、結論を下すのは判事であり、ヴォロックの報告書は許容できないとして除外する動議を提出した。専門家のみが、事実に基づいた意見を述べるということだ。

「裁判前の問題が法律と事実が入り混じったものであったとしても、これは真実です。本裁判においては論点は評価だからです」とIRSの動議に対してホームズ判事は返答している。「ヴォロック教授の証言は、ジャクソンの肖像に対するエステートの権利の範囲の線引きをする上で有益なものとなるでしょう。しかし、国内法の内容についての証言を除外するという裁定は本法廷においては重要なものです。ヴォロック教授の高度な法律的知識は、裁判前の調査の準備に、そして裁判後の議論において、エステートの手助けとなるものです。しかし、裁判中に証言として受け入れることは困難であるというのが私たちの結論です」。

■Michael Jackson's Executor, Manager Ordered to Testify in Billion-Dollar Tax Battle

The tax trial of the century -- one focused on the worth of late pop singer Michael Jackson when he died in 2009 -- is set to begin this February. With more than $1 billion at stake, the Internal Revenue Service and Michael Jackson's estate are scrambling in these final pre-trial days to discover everything they need to know before heading into battle.

This week, U.S. Tax Court Judge Mark Holmes granted a heavily contested motion by the IRS to depose John Branca, one of the two co-executors of Jackson's will; Michael Kane, the singer's former business manager; and Karen Langford, a paralegal said to have participated in the valuation of Jackson's image and knowledgeable about unreleased music.

But John McClain, the other co-executor of Jackson's will, won't be giving a deposition.

Although McClain currently manages an outfit that exploits Jackson trademarks, Holmes writes in his order that McClain is described in court papers as "very seriously ill and subject to very poor reactions to stress," commenting that this "would seem inconsistent with the ability to manage a complex enterprise in an industry not widely known for the placidity with which its commercial activity is carried out."

To protect his health, McClain won't have to testify just yet, but the judge isn't ruling out that he may have to do so at trial if the IRS insists and after potential briefing by the parties.

Judge Holmes has also ordered a variety of documents to be shared with the IRS including cease-and-desist letters the estate has sent to those it thought might be exploiting Jackson's likeness without authorization, the minutes of the estate's sale of its interest in Sony/ATV to Sony, and appraisals of that sale reported to be worth about $750 million.

The big ticket item at the current trial -- and the reason why the case is of special interest throughout the entertainment industry -- will be valuating Jackson's posthumous right to his likeness. The IRS has insisted it's worth more than $434 million and may point as evidence to the 2009 documentary This Is It, a Cirque du Soleil tribute show, and post-death albums, video games and other lucrative memorials. The estate's own valuation is just $2,105, arguing that what's important is the value when he died, when Jackson's commercial prospects were suffering from charges of child molestation and drug abuse, before executors worked their magic, and the King of Pop experienced a resurgence in popularity.

The coming valuation analysis and conclusions will be informed by what licensors theoretically would be willing to pay for rights. To this end, Jackson's estate commissioned UCLA Law School professor Eugene Volokh, one of the leading scholars of First Amendment law and torts, to prepare a report on the subject of how the value of a celebrity like Jackson depends on the legal limits of the posthumous right of publicity.

The IRS brought a motion to exclude Volokh's report as inadmissible since it's the judge deciding conclusions about the law. Experts only render opinions informed by facts.

"This is true even when issue before the Court is a mix of law and fact, as it is in the valuation questions in this case," writes Holmes in response to the IRS' motion. "Professor Volokh's proffered testimony would be helpful in drawing the bounds of the estate's rights in Jackson's image. But the rule excluding testimony about the content of domestic law is a strong one in this Court. His legal expertise can help the estate to prepare for examination before trial and in argument after the trial, but we find it inadmissible as testimony during the trial."

This article was originally published by The Hollywood Reporter.

Source: billboard.com

Dangerous25: マイケルのアルバム「デンジャラスの思い出」募集!

マイケルのファンコミュニティのすばらしいところはその多様性です。マイケル・ジャクソン・エステートとソニー・ミュージックは、"Dangerous"にまつわるファンの皆さんの思い出を特集する次のニュースレターでその多様性を紹介することを検討しています。そこで、あなたのコミュニティのメンバーに下記のリクエストをシェアしていただけるようお願いします。

マイケルの"Dangerous"を最初に聴いた(あるいは買った)時、その場所がどこであったか覚えていることでしょう。いつ最初に聴いたかは覚えていなくても、"Dangerous"の楽曲を聴けば特別な思い出がよみがえるかもしれません。 MichaelJackson.comのニュースレターでより大きなマイケル・ジャクソン・ファミリーにシェアしたいストーリーをお持ちの方はどなたでも、MJOnline Team(alicia@mjonlineteam.com)に直接メールしてください。ファン・ストーリー特集のスペシャル・ニュースレターへの掲載を検討します。なおメール文中にて、ニュースレターに掲載することをエステートとソニーに承諾する旨を明記してください。なお、ニュースレターには、ファーストネームとお住まいの場所のみが掲載されます。

あなたのストーリー、あなたの思い出をお聞かせいただけることを楽しみにしています!

※英語でお送りください。もし英語で送るのが大変な方はMJJFANCLUB JAPANまで日本語でお送りください。翻訳してお送りします。

One of the great things about Michael’s fan community is the diversity of its members. The Estate of Michael Jackson and Sony Music are considering showcasing some of that diversity in an upcoming newsletter dedicated solely to the fans’ memories about Dangerous and are asking you to share the below request with all of the members of your community:

Perhaps, you remember where you were when you first heard (or bought) Michael’s Dangerous album. Maybe you don’t remember when you first heard it, but the songs bring up specific special memories for you when you listen. Anyone who has a story that he/she would like to share with the larger Michael Jackson family in a MichaelJackson.com newsletter, please email the MJOnline Team (alicia@mjonlineteam.com) your story directly to be considered for inclusion in this special edition of the newsletter dedicated to fan stories. In addition, anyone sending me their story should also confirm in their email that he/she is granting The Estate and Sony permission to share their stories in the newsletter. No more than a first name and location will be included in the newsletter as to protect the privacy of the fans.

We look forward to hearing your stories and sharing your memories!

ソース:MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP
≪PREVNEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ