フリードマン:独占情報、マイケル・ジャクソンのテレビ映画、監督はスザンヌ・ド・パッシー

マイケル・ジャクソンの最後の数年を、子供を溺愛する親として描くテレビ映画が製作中。プロデューサーはマイケル・ジャクソンをキャリア初期からよく知っている上に、今でも彼を尊敬しているというのは朗報だ。

ジャクソンのボディガードのビル・ホイットフィールドとジャヴォン・ベアードの著書を原作としたLifetimeの映画に関するキャスティング情報が公開されている。原作「Remember The Time: Protecting Michael Jackson In His Final Days」は2014年に出版されたもので、2006年の海外避難から戻った以降のジャクソンの生活について正確に記述されている。

今回のキャスティング情報に関して最も興味深いことは、プロデューサーが元モータウンのボス、スザンヌ・ド・パッシーであるということだ。彼女はベリー・ゴーディの下で60年代後半からモータウン売却まで働いていた。文字通り、ド・パッシーはモータウンについてあらゆることを知っている。ジャクソン・ファイヴが発掘された頃、彼女はその場におり、その後の40年間にわたりジャクソン・ファミリーやモータウンのタレントたちと極めて良好な関係を維持していた。テンプテーションズとジャクソンズの誕生から成功までを描き高評価を得た2本のミニ・シリーズなど、エミー賞を2度受賞し、ノミネートは3度ある。ジャクソンのレガシーはド・パッシーの手腕に任せておけば安心、確実だ。(偶然だが先週、私はテンプテーションズの方の映画をケーブルテレビで観た。これは本物だ!)

私はこの映画に大変興味を持っている。ジャクソン・ファンもそうだろう。(ド・パッシーの事務所は電話取材に対し昨日の時点では返答していない。)だが、元ボディガードの本は、ネバーランド後の住処を見つけて苦闘し、金銭問題を処理し、3人の子供たちを育てるジャクソンの最後の数年を描くには良質の根拠だ。ジャクソンが素晴らしい父親だったことは疑いようがない。彼の死後の3人の子供たちの様子を見て欲しい。子供たちはよく育っている。彼が良いことをしていたことは疑いようがないことだ。

続報を待たれたい。「Remember The Time」は映画を通じたジャクソンの復興の第一歩となるかもしれない。エステートも喜ぶだろう。

■Exclusive: Michael Jackson TV Movie Coming from Emmy Winning Motown Veteran Who Knew King of Pop Well

EXCLUSIVE A Michael Jackson movie that will show him as a doting parent in the final years of his life is coming to TV. And the good news is, the producer is someone who knew Jackson well from the beginning of his career, and still reveres him.

Casting notices have gone out for a Lifetime movie based on the book by Jackson’s bodyguards, Bill Whitfield and Javon Beard. “Remember The Time: Protecting Michael Jackson In His Final Days,” was published in 2014 and was pretty much on track about Jackson’s life after he returned from his self imposed exile abroad in 2006.

The most interesting thing about the casting notice is that the producer of the film is former Motown chief Suzanne DePasse, who worked for Berry Gordy from the late 60s until the company was sold. DePasse literally knows everything about Motown. She was there when the Jackson 5 was discovered, and has maintained excellent relations with the Jackson family and all the Motown acts over the last four decades. She has two Emmy Awards, and three other nominations– including nods for two highly regarded mini-series about the Temptations and the Jacksons’ rise to fame. The Jackson legacy should be in good hands with DePasse, that’s for certain. (By coincidence, I just caught that Temps movie on cable last week, and it really holds up!)

I’m obviously curious about the movie, and Jackson fans will be, too. (DePasse’s office didn’t return phone calls yesterday.) But the bodyguards’ book is a good resource for the last couple of years of Jackson’s life as it shows his struggles to find a new place to live after leaving Neverland, dealing with his mounting financial crisis, and parenting his three young children. There’s no doubt that Jackson was an excellent father– just look at those kids seven years after his death. They’re thriving. He was doing something right without a doubt.

So stay tuned. “Remember The Time” sounds like it might be the first step in rehabilitating Jackson’s legacy via film. Jackson’s estate should be happy about that.

Source: showbiz411.com

ガーナ大統領、国連でMJの曲について触れる

ガーナのジョン・マハマ大統領が水曜日、世界のリーダーたちに対し、キング・オブ・ポップから学び、そして彼の歌「Heal The World」を実現すべきであると述べた。

年末に再選を目指しているマハマ大統領は、アフリカ人出稼ぎ者たちの窮状から、世界で広がる外国人排斥の動き、権力にしがみつく指導者らといった、アフリカ大陸が抱える深刻な諸問題について言及した。

しかし、故マイケル・ジャクソンと同年代(1958年生まれ)のマハマ大統領としては、年一回の集まりで様々な難局を次から次へと議論してこの一週間を過ごしてきた世界のリーダーたちを前に歌詞で訴えたいという思いを抑えることはできなかった。

「彼の1991年のヒット曲『Heal The World』の言葉は、彼の墓から響き続けています。マイケル・ジャクソンの歌、『Heal The World』の"make the world a better place for you and me, and the entire human race"が現実になったと、ここ、この会場において私たちの時代が歴史に刻まれることを、私は希望しています」。

マハマ大統領は、ベルリンの壁の崩壊がグローバル化と交易、相互作用という新たな時代を開いたとした上で、よりよい生活を求めてもがいている難民たちがスケープゴートにされていると不満を表明した。

砂漠と戦争地帯を横断するという「死の行程」を経てより良い暮らしを得ようとする若者たち。定員オーバーのボートでヨーロッパを目指し、拘置所に拘留される若者たち。大統領はアフリカ西部の若者たちの悲惨な旅について語った。

「レーガン氏(ロナルド・レーガン元大統領)がベルリンの壁は破壊すべきと述べてから30年後、新たな壁がいたるところに出来上がってしまったということは、私たちの世界の矛盾です」。

ガーナはアフリカで最も安定した民主国家の一つであり、ガーナの有権者は選挙で二度、政権交代を成功させたこともある。

大きな権力者にとっては民主化を変節させることはいとも簡単ではあるが、アフリカ大陸のベテラン指導者の中には、新たな対立を避けるため、権力にしがみつく者たちに対しその座を降りるよう説得できる者もいるとマハマ大統領は述べた。

「適切に機能する監視し合うシステムであれば、私たちがアフリカで直面している、いつまでも執務室に居たいという欲望が引き起こすある種のメルトダウンを防ぎうるのです」とマハマ大統領は述べた。

■Ghana leader tells UN to dance to tune of Michael Jackson

UNITED NATIONS: Ghana's President John Mahama told global leaders on Wednesday they should learn a thing or two from the King of Pop Michael Jackson and finally turn his song "Heal the World" into reality.

Mahama, who is to seek re-election later this year, touched on some of the more serious issues affecting his continent ranging from the plight of African migrants to growing xenophobia across the world and regional leaders clinging to power.

But having been born the same year as the deceased Jackson, in 1957, Mahama could not resist a lyrical appeal to the annual gathering of world leaders who have spent the week shuffling from one crisis to the next.

"The words of his 1991 hit song 'Heal the World' continue to echo from his grave. It is my wish that history will record our time here in this hall as one that gave reality to Michael Jackson's song, heal the world, make the world a better place for you and me, and the entire human race."

Reminding the world that the fall of the Berlin Wall had opened a new era of globalisation, trade and interaction, Mahama bemoaned that refugees trying to make a better life for themselves were being made the scapegoats.

He described the harrowing trip for young West Africans seeking a better life after taking the "trek of death" across the deserts and war zones of the continent and embarking on overloaded boats to Europe only to be held in detention centres.

"Hate speech is becoming common. People complain of being tired of being politically correct. In many places xenophobia has taken over rational thinking.

"It's a paradox of our world that nearly 30 years after (President Ronald) Reagan called for the Berlin Wall to be torn down, new walls are springing up everywhere."

Ghana is one of Africa's most stable democracies and voters have twice turfed the government of the day out of power at elections.

Mahama said it was too easy for bigger powers to proselytize democracy, but that some of the continent's older leaders could work to convince those clinging to power to step down to avoid new conflicts.

"A properly functioning peer system can avoid some of the meltdowns we are experiencing in some African countries due to the desire to remain in office interminably," he said.

(Reporting By John Irish; editing by Stuart Grudgings)

- Reuters

Source: channelnewsasia.com

フォーブス長者番付にはソニー/ATV売却が貢献

マイケル・ジャクソンの「Thriller」は、よく知られているように、墓場から這い出た悪霊たちが描かれ、そしてまもなく訪れる主人公の末路が決定づけられている。同様に、本物のキング・オブ・ポップも墓場から起き上がり、そして今回は8億2500万ドルの収入という記録を打ち立てた。

この額は、今年の故人長者番付のトップにジャクソンを押し上げるもので、単年度の収入としては生存者、故人を合わせたフォーブス史上最高額でもある。今年のジャクソンの収入の大部分は、ビートルズやテイラー・スウィフト、エミネムらの著作権を保持するソニー/ATVの音楽カタログの半分の権利の売却によるものである。この売却は3月に発表され先月末に完了している。

「この取引によって、マイケルの子供たちのためにマイケルの遺産の価値を最大限に高めるという私たちの努力をこれまで以上に続けるということが可能となります」と、声明の中で遺言執行人のジョン・ブランカとジョン・マクレーンは述べている。「今回の買収によって、ソニーとしては音楽出版ビジネスの変化にすばやく対応することが可能となります」とソニーの重役マイケル・リントンが付け加えている。

今回の動きが画期的な合意であることを感じているのはエステートとソニーの関係者だけではない。

「歴史に残る取引になると思います」と語るのは、ジム・モリソンやジャニス・ジョプリンの遺産を管理するジェフ・ジャンポールだ。「このような大金を得る・・・所有物を処分していく、そして他の投資にまわしていくことが可能になる。これは賢いやり方だと私は思います」。

過小評価されたジャクソンのビジネスセンスであるが、これがなければこのような売却劇は決して起こらなかっただろう。彼は1985年に4750万ドルでATVカタログを購入した。当時、ジャクソンが信頼するアドバイザーたち・・・ウォルター・イェットニコフやデヴィッド・ゲフィンら・・・は疑問を呈し、大多数が酷評した判断だった。

しかしATVの価値は急上昇、ビートルズの著作権カタログによって高められ、10年後にソニーはジャクソンに1億1500万ドルを支払ってソニー/ATVのパートナーとなったのだ。その後、ソニー/ATVは数十億ドルを稼ぐ巨大企業となり、200万以上の楽曲の著作権を擁するまでになった。

「とても儲かる投資だったことがわかりました」とイェットニコフは拙著「Michael Jackson, Inc」のインタビューで語っている。「彼のビジネスに対する判断力は私以上と言ってもいいでしょうね」。

ソニー/ATVを売却してもなお、ジャクソンは死後の王国から音楽出版界の大物であり続けている。すなわち、彼自身の楽曲の著作権を管理するMijac Musicはエステートが保持しているのだ。Mijac Musicのカタログには、ソニー/ATVとは別に手に入れた彼のお気に入りのアーティストが含まれている。

「彼は子供の心を持っていましたが、精神は天才でした」とモータウンの創設者のベリー・ゴーディは言う。「彼は何でもやりたがり、そしてその能力がありました。普通は一生かけてもそれほど多くのことはできませんよ」。

天国でも新しい記録を打ち立てる道筋を発見していたことは、キング・オブ・ポップにとって幸運であった。

■Michael Jackson's Sony/ATV Sale Gives Him Largest Celeb Payday Ever

Michael Jackson’s “Thriller” famously depicts grisly ghouls from various tombs closing in to seal the doom of the song’s protagonists. Similarly, the real-life King of Pop has risen from the grave, this time to clock a record $825 million payday.

The figure places Jackson atop this year’s Highest-Paid Dead Celebrities list—and also gives him the largest single-year payday by any entertainer, living or dead, ever recorded by FORBES. Most of that cash came from this year’s sale of Jackson’s half of the Sony/ATV music publishing catalogue, home to valuable copyrights of the Beatles, Taylor Swift, Eminem and others. The sale was announced in March and closed late last month.

“This transaction further allows us to continue our efforts of maximizing the value of Michael’s Estate for the benefit of his children,” said estate co-executors John Branca and John McClain in a statement. Added Sony Entertainment chief Michael Lynton: “This acquisition will enable Sony to more quickly adapt to changes in the music publishing business.”

Those in charge of Jackson’s estate and Sony weren’t the only ones who felt the move was a landmark agreement.

“It was certainly a deal that will go down in history,” says Jeff Jampol, who manages the estates of Jim Morrison, Janis Joplin and others. “I think to take a big payday like that … and divest their holdings, and be able to spread it out across other investments, is smart.”

The acquisition wouldn’t have happened if it weren’t for Jackson’s own underrated business savvy. He purchased the original ATV catalogue for $47.5 million in 1985, a move questioned at the time by some of Jackson’s most trusted advisers—including music executives Walter Yetnikoff and David Geffen—and initially lambasted by many observers.

But ATV’s value burgeoned rapidly, strengthened by the enduring value of the catalogue’s Beatles copyrights, and a decade later Sony paid Jackson $115 million to become partners on Sony/ATV. In the years that followed, the publisher turned into a multibillion-dollar behemoth, accumulating north of 2 million copyrights in total.

“Turns out that it was a very lucrative investment,” Yetnikoff told me in an interview for my book, Michael Jackson, Inc. “So I would have to say that his business acumen is better than mine.”

Even after the Sony/ATV sale, Jackson will continue to be a publishing mogul from beyond the mortal realm: his estate retains control of Mijac Music, the entity that contains his own copyrights. That catalogue also includes some of his favorite songs by other artists, acquired over the years separately from Sony/ATV.

“He had a kid’s heart, but a mind of a genius,” Motown founder Berry Gordy once explained to me. “He wanted to do everything, and he was capable. You can only do so much in a lifetime.”

Fortunately for the King of Pop, he’s found a way to keep setting new records, even in the afterlife.

Source: forbes.com

ロッド・テンパートン死去(MJWN)

マイケル・ジャクソンの「Thriller」で有名な英国人ソングライターのロッド・テンパートンがガンとの闘病の末に亡くなった。66歳だった。

マイケルへの楽曲提供は全部で8曲(下記)で、そのうち7曲が発売されている。

Rock with You
Off the Wall
Burn This Disco Out
Baby Be Mine
Thriller
The Lady in My Life
Someone in the Dark
Hot Street

テンパートンは70年代に活躍したバンド「Heatwave」のメンバーとしても知られ、「Boogie Nights」や「Always and Forever」というヒット曲を生み出している。

バンドを脱退した1978年までには彼はクインシー・ジョーンズの目に留まり、マイケル・ジャクソンのソロ・アルバム「Off The Wall」用の楽曲製作に起用された。彼の類まれなるソングライティングの才能は、「Thriller」の史上最大の売り上げ枚数世界総計1億枚の達成に貢献している。



「Thriller」の着想についてテンパートンはこう語っている。

「『Thriller』のデモを作ったとき、もともと僕はそれを『Starlight』と呼んでいたんです。クインシーがこう言いました。『最新作のタイトルがどうにか出来上がったね。このアルバムに向けてがんばってくれよ
』。私は『それはすばらしい』と返事をしてホテルに戻り、200か300くらいのタイトルを紙に書いてみました。そして、『Midnight Man』というタイトルを思いついたのです。ところが次の朝目覚めると、あの単語が口をついて出たのです・・・私の頭の中の何かがそう言ったのです。これがタイトルだと。ビルボード・チャートのトップにこの単語があるのが見えた。すごい売り上げ記録とともにこの単語が見えたのです。目に飛び込んできたその単語が『Thriller』だったんですよ」。

自身の曲作りについてはこうまとめている。

「まずは自分が好きなものを書くこと。手の甲に鳥肌が立つような感覚があれば、世界に通用するんです」。

■‘Thriller’ Songwriter Rod Temperton Dies
The British songwriter Rod Temperton, who is probably best known as the writer for Michael’s ‘Thriller’ song has died, aged 66 after a short battle with cancer.

In total he wrote eight songs for Michael Jackson, seven of which have been commercially released. They are:

Rock with You
Off the Wall
Burn This Disco Out
Baby Be Mine
Thriller
The Lady in My Life
Someone in the Dark
Hot Street
Temperton is also well known for being part of the 1970s band Heatwave, which produced hits like ‘Boogie Nights’ and ‘Always and Forever’.

By the time he left the band in 1978 he had caught the attention of Quincy Jones who brought him on board to write tracks for Michael’s 1979 solo album ‘Off The Wall’. His huge songwriting talents helped make ‘Thriller’ become the best-selling album of all time with over 100 million copies sold worldwide.

On coming up with the title track for ‘Thriller’, Temperton said:

“Originally, when I did my Thriller demo, I called it Starlight. Quincy said to me, ‘You managed to come up with a title for the last album, see what you can do for this album.’ I said, ‘Oh great,’ so I went back to the hotel, wrote two or three hundred titles, and came up with the title ‘Midnight Man’. The next morning, I woke up, and I just said this word… Something in my head just said, this is the title. You could visualize it on the top of the Billboard charts. You could see the merchandising for this one word, how it jumped off the page as ‘Thriller'”

He once summed up his approach to songwriting:

“The first criteria is write something you love first, and once you feel those hairs standing up on the back of your hand, you can go to the world.”

Source: BBC News & MJWN

ロッド・テンパートン死去

マイケル・ジャクソンの「Thriller」や「Rock With You」で知られる英国人ソングライターのロッド・テンパートンが亡くなった。

音楽出版社Warner/Chappellのチェアマン、ジョン・プラットは声明で、ロッド・テンパートンは先週末ロンドンで「ガンとの果敢な戦い」の末に亡くなったと述べた。66歳だった。

ロッド・テンパートンは上記の他、マイケル・ジャクソンの「Off The Wall」、彼が所属していたバンド「Heatwave」の「Give Me The Night」も手掛けている。

「彼の家族はショックを受けており、静かにしておいて欲しいと願ってます」とプラット氏は述べている。

内輪の葬儀はすでに執り行われた。彼は控え目な性格から「The Invisible Man」とのニックネームで呼ばれていた。

[update]
シックのギタリスト、ナイル・ロジャースはツイッターで、「あなたの才能のおかげで私たちはよりファンキーな世界を手に入れました」と追悼している。

ノースイースト・リンカンシャー州クリーソープス生まれのテンパートンは、自身の曲作りの才能は父親の影響だと振り返っていた。

「私の父は、眠りにつく前にお話しを読んで聞かせるような人ではありませんでした。父はベッドのそばにトランジスタラジオを置き、私はラジオ・ルクセンブルクを聴きながら眠りにつくのです。それが影響したのだと思います」。

グリムズビーの冷凍食品工場で働いた後、彼はメロディ・メイカー誌のキーボード奏者募集に応募した。彼が加入したバンドはディスコ・グループの「Heatwave」で、彼が書いた「Boogie Nights」、「Always & Forever」、「Groove Line」は同バンドの70年代の大ヒットとなった。彼は1978年に同バンドを脱退したが、彼の楽曲が、マイケル・ジャクソンの新作LPのソングライターを探していたプロデューサー、クインシー・ジョーンズの目に留まった。

テンパートンは、マイケル・ジャクソンの飛躍のきっかけとなったソロ・アルバム「Off The Wall」用に、同名の曲と「Rock With You」、「Burn This Disco Out」の3曲を書いた。

続くアルバム「Thriller」用にさらに3曲を提供した。マイケル・ジャクソンを代表するヒット曲の一つの「Thriller」、そして「Baby Be Mine」、「The Lady in My Life」だ。これらテンパートンの楽曲は、アルバム「Thriller」の米国での売上3200万枚というベストセラーに貢献している。

ジョージ・ベンソンの「Give Me The Night」、マイケル・マクドナルドの「Sweet Freedom」も彼の作品だ。

その他、アニタ・ベイカー、アレサ・フランクリン、ブラザーズ・ジョンソン、ハービー・ハンコック、ルーファス&チャカ・カーンらも彼の楽曲をレコーディングしている。

1990年にはクインシー・ジョーンズのアルバム「Back on the Block」に収録された「Birdland」の編曲に対しグラミー賞を受賞している。

1986年にはジョーンズとの映画「カラーパープル」のサウンドトラックでオスカー2部門にノミネートされた。

studio-2.jpg


■Thriller songwriter Rod Temperton dies

Rod Temperton, the British songwriter best known for Michael Jackson's Thriller and Rock With You, has died.

In a statement, Jon Platt, chairman of music publisher Warner/Chappell, said Temperton died in London last week at the age of 66 following "a brief aggressive battle with cancer".

Temperton's other hits included Off The Wall and Rock With You for Jackson and Boogie Nights for his band Heatwave.

"His family is devastated and request total privacy," Mr Platt said.

Temperton, whose private funeral has taken place, was nicknamed The Invisible Man because of his low profile.

Those paying tribute include Chic guitarist Nile Rodgers, who tweeted: "Your genius gave us a funkier world!"

Born in Cleethorpes, North East Lincolnshire, Temperton traced his songwriting ability back to his father's influence.

"My father wasn't the kind of person who would read you a story before you went off to sleep," he once said.

"He used to put a transistor radio in the crib and I would go to sleep listening to Radio Luxembourg, and I think somehow that had an influence."

After a spell working in a frozen food factory in Grimsby, he answered an advert in Melody Maker magazine for a keyboardist.

The band he joined was disco group Heatwave, and his songs like Boogie Nights, Always & Forever and Groove Line became big hits for the band in the 1970s.

He left the band in 1978. By then, his tunes had caught the attention of producer Quincy Jones, who was looking for songwriters for a new Michael Jackson LP.

Temperton penned three songs for Off The Wall, which became Jackson's breakthrough solo album - the title track, Rock With You and Burn This Disco Out.

He went on to write three more for follow-up Thriller - the title track, which became one of Jackson's signature smashes, plus Baby Be Mine and The Lady in My Life.

They helped make Thriller the best-selling album of all time in the US, with 32 million copies sold.

Temperton's other compositions include Give Me The Night, performed by George Benson, and Michael McDonald's Sweet Freedom.

His tunes have also been recorded by artists including Anita Baker, Aretha Franklin, The Brothers Johnson, Herbie Hancock and Rufus and Chaka Khan.
Temperton won a Grammy Award in 1990 for his work on Birdland, from Quincy Jones's album Back on the Block.

He was nominated for two Oscars in 1986 for his work with Jones on the soundtrack for The Color Purple.


Source: bbc.com

ケヴィン・ベーコンはマイケルに向けてバラードを書いていた

ケヴィン・ベーコンは11歳の時、最初の曲、失恋のバラードを書いていた。マイケル・ジャクソンがレコーディングしてくれることを願って。彼はマイケルのセンチメンタルな曲の大ファンだった。

彼は、1984年のミュージカル映画「フットルース」の主演や「ミスティック・リバー」への出演などの俳優活動で高評価を得てきた。しかし、彼は自分の音楽のルーツを決して忘れていない。兄マイケルとともにバンド、「ザ・ベーコンブラザーズ」としての活動を定期的に行っている。

このデュオはフォーク・カントリー・サウンドなのだが、ケヴィンは、少年時代に最初に書いた曲は「All the World Looks Lonely Through Lonely Eyes」という悲しい曲調のものだったと明かした。

「僕はジャクソン・ファイヴの大ファンだったんだ!僕が最初に書いた曲は、マイケル・ジャクソンに、と思って書いたのさ」と、彼は「The Tonight Show」への出演時に語った。「11歳だったからね、マイケルには届かなかったよ」。

ケヴィンはマイケルとは歳が近いが、例えば「Ben」のようなセンチメンタルな曲のファンだったという。

「僕はとてもロマンチックな子供だったんだ。小さいころからいつも失恋していたような気がするよ」と彼は笑う。「同級生の女の子、先生、隣の子。僕は恋をしていたのさ。(コメディ・ドラマ「かわいい魔女ジニー」の)魔法の壺の中にいるバーバラ・イーデンとかね。四六時中恋していたのさ。だから僕が書いていたのはいつも失恋ソングだったんだよ」。



■Kevin Bacon Penned Ballad For Michael

Kevin Bacon wrote his first song, a heartbreak ballad, at the age of 11 in the hopes of having Michael Jackson record it. He was a big fan of Michael’s more sentimental songs growing up.

The movie star has garnered praise for his acting work over the years, starring in hits such as 1984 musical-drama ‘Footloose’ and ‘Mystic River,’ but Kevin Bacon has never forgotten his musical roots and regularly performs alongside his brother Michael in their band The Bacon Brothers.

While the duo has a folk-country sound, Kevin reveals the first song he wrote as a young boy was actually a sad tune titled, ‘All the World Looks Lonely Through Lonely Eyes.’

“I’m a giant Jackson 5 fan! The first song I ever wrote, in my mind, I wrote it for Michael Jackson,” he said during an appearance on ‘The Tonight Show.’ “I was 11, so it didn’t make its way to Michael.”

Kevin was close in age to Michael and he was a big fan of Michael’s more sentimental songs growing up, including ‘Ben.’

“I was a very, very romantic child. I mean, I remember always being heartbroken from the time I was little…,” he laughed. “Being in love with the girl in school, the teacher, the girl next door, (I Dream of Jeannie’s) Barbara Eaton in a bottle…I was always in love, so the songs I wrote were always heartbreak songs.”

Source: Contact Music & MJWN
≪PREVNEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ