シンプソンズのイヤードリー・スミスがマイケルについて語る

人気長寿TV番組「ザ・シンプソンズ」でリサ・シンプソンの声を演じているイヤードリー・スミスが、1991年のエピソード「Stark Raving Dad」の収録にマイケル・ジャクソンがやってきた時のことを振り返っている。

マイケルの様子を振り返り、彼女は
「あのフェドラをかぶり、あのすその短いパンツをはき、そして白いソックスを履いていたのを覚えています」
と述べている。



さらに、彼がいかに礼儀正しかったか、彼が彼の台本の上の明かりを消してしまい彼女がまごついてしまったこと、でもなんとか見えていたことなども語った。

そして、マイケルが書いた曲「Lisa It’s Your Birthday」のボーカルのレコーディングにキップ・レノンが来たことを振り返っている。契約の問題でキング・オブ・ポップが自ら歌うことができなかったのだ。そのためレノンは、マイケルの目の前でマイケルの真似をしなければならない羽目になったという。

■Simpsons Star Talks About Michael

Yeardley Smith, who pays Lisa Simpson on the long running hit TV show The Simpsons, has reminisced about the time Michael Jackson came to record for the episode ‘Stark Raving Dad’ in 1991.

Remembering what he looked like, the voice actress said;

“I remember he wore his fedora and he wore his high water pants and his white socks.”

She also spoke about how polite he was and how she was baffled that he turned his light off over his script, yet could still see.

Smith also recalled the moment Kipp Lennon came in to record the vocals for the song ‘Lisa It’s Your Birthday,’ a track penned by Michael but due to contractual issues the King of Pop couldn’t sing himself. Lennon had to therefore imitate Michael right in front of the man himself.

Source: Archive of American Television & MJWN

マイケル・ジャクソン専属写真家の思い出

世界中の多くの人々がマイケル・ジャクソンをキング・オブ・ポップと思っているころ、世界の片隅のある写真家は、30年以上にわたる専属写真家としてこのアイコンの違う面を見られる立場にいた。

ハリソン・ファンクはジャクソンがティーンのアイドルから正真正銘のスーパースターに成長していくさまを見ていた。ジャクソンは完ぺき主義者として知られるようになるが、その人となりはかなり複雑だった。

「複雑でない天才なんているんですか?」とファンクは問う。「ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ベートーベン、ピカソと同じ地位にいると私は思っていますよ」。

ファンクは伝説のポップ・シンガーの生涯を記録するという任務を負った男だ。ファンクによれば、ジャクソンは「マジックが生まれた」かどうか、毎晩のように尋ねていたという。

「彼は写真が待ちきれなかったんです。マジックを見たいと思っていたからです」とファンクは振り返る。

アルバムを見返しながら、ファンクは、大観衆の中でジャクソンが行ったパフォーマンスのそれぞれの瞬間を振り返った。

「これが彼の圧倒的な衝動でした」とファンクは説明する。「観客のためにパフォーマンスをすることがね。彼のショーは圧倒的に完璧でした」。

ジャクソンは不思議さに感動する気持ちというものを片時も忘れなかったという。

「彼は自分の中の子供の部分がわかっていました。そしてそれを失いたくないと強く思っていました。それが彼のマジックを成していたのです」。

ジャクソンは1984年にハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに刻まれた。ファンクによれば、ジャクソンにとってその日は最高の日だったという。彼はキャリアの絶頂にいた。

だがジャクソンのキャリアを決定付けたのは、英国ウェンブリー・スタジアムのステージでムーンウォークを披露した時だった。

ファンクによれば、ジャクソンはそのムーヴをシャラマーのメンバーだったジェフリー・ダニエルから教わったという。ダニエルは英国のテレビ番組「Top of the Pops」でこれを披露していた。彼は単にバックスライドと呼んでいた。

ジャクソンはこのムーヴを学び、仕上げ、そしてムーンウォークと呼んだ。

「マイケルがこれをやった時、人々は吹っ飛びましたよ」とファンクは言う。「そんな反応をもらったアーティストを私はいまだかつて知りません」。

ジャクソンにとってのもう一つの大きな瞬間は、ネルソン・マンデラと会った時だ。だがファンクによれば、それはマンデラにとっても大きな瞬間だった。彼はジャクソンに会わせるため家族全員を南アフリカから連れてきたのだ。

ジャクソンとマンデラはエリザベス・テイラーを交えてビバリーヒルズのペントハウスで会った。ファンクによると、彼が撮った3人のアイコンの写真はその日のうちに200以上の新聞に掲載されたという。

「マイケルは世界を変えようとしていました。彼は何の気なしに『We are the World』や『Man in the Mirror』を作ったわけではありません。彼が音楽を作っていたのは人々にインパクトを与えたかったからなんです」とファンクは言う。

2009年6月25日にマイケルが亡くなった時、ファンクにとっては彼が行ってしまったことを理解するのが難しかったという。

「言葉にするのは難しいですが、私は世界全体が変わったと思います。一つの時代が終わったのです」。




■MICHAEL JACKSON'S PERSONAL PHOTOGRAPHER REVEALS HIS FAVORITE MOMENTS

While millions around the world know Michael Jackson as the King of Pop, a local photographer was able to see a different side of the icon as his personal photographer for 30 years.

Harrison Funk watched as Jackson evolved from teen idol to a bona fide superstar. Jackson became known as a perfectionist whose personality was very complex.

"What genius isn't complex?" Funk asked. "I would put him up there with Da Vinci and Michelangelo and Beethoven and Picasso."

Funk was the man tasked with documenting the life of the legendary pop singer. Funk said Jackson would ask him every night if he had "made magic."

"He couldn't wait to see the pictures because he wanted to see the magic," Funk recalled.

Looking over albums of photographs, Funk pointed to the moments in which Jackson performed in concerts with massive crowds.

"That was his overwhelming drive," Funk explained. "To perform for people. His show was absolute perfection."

Funk said that Jackson always maintained a sense of wonder.

"He knew the child within and he never wanted to lose that," he said. "That was part of the magic."

Jackson received his star on the Hollywood Walk of Fame in 1984. Funk said it was a huge day for Jackson as he was at the height of his career.

But a defining moment in Jackson's career came when he did the moonwalk on stage at Wembley Stadium in England.

Funk said Jackson actually learned the move from Jeffrey Daniel, who was in the group Shalamar. Daniel had performed it on the British show "Top of the Pops," only he called it the backslide.

Jackson learned it, perfected it and re-branded it as the moonwalk.

"When Michael came out with it, people were just blown away," Funk said. "I've never seen any other artist that got that response."

Another big moment for Jackson was when he met Nelson Mandela. But, according to Funk, it was equally as big a moment for the world leader, who brought his entire family from South Africa just to meet Jackson.

Jackson and Mandela met in a penthouse in Beverly Hills along with actress Elizabeth Taylor. Funk said by the end of the day his photograph of the three icons appeared in more than 200 newspapers.

"Michael was looking to change the world. He didn't just record 'We are the World' or 'Man in the Mirror.' He recorded music because he wanted to make an impact on people," Funk said.

When Michael died on June 25, 2009, Funk said it was hard to grasp that he was gone.

"It's hard to articulate," he said. "I think the whole world changed. It was the end of an era."

Source: abc7.com

ボーイ・ジョージ:マイケル・ジャクソンと会えなかったのは「大きな後悔」

ボーイ・ジョージの「大きな後悔」の一つは、マイケル・ジャクソンと会えなかったことだという。

彼は、パリ・コレクションでパリス・ジャクソン(故キング・オブ・ポップの娘)に会った時のことについて語ったが、あのアイコン的ミュージシャンが2009年に早すぎる死を迎える前に会う機会がなかったことについて悔やんでいると認めた。

「Watch What Happens Live」に出演した彼は司会のアンディ・コーエンに対してこう語っている。

「僕は彼女にとても君は美しいよと言ったんだ。お父さんはすばらしい、でも会うことはなかったよって。彼に会うことがなかったことは僕の大きな後悔の一つなんだ。彼女はかわいらしい、とてもかわいらしい子だったよ」。

このニュースに先立って、先日パリスは父親との生活について打ち明け、彼女が受けた躾は「ごく普通」で、教育には厳格で行儀が悪いことを許さなかったと力をこめて語っている。

「私たちの生活はとても普通でした。毎日授業があり、行儀良くしていなければなりませんでした。お行儀良くしていれば、週末には映画へ行くか、動物を見に行くとかいうことになっていました。でも行儀が悪いと全部お預けでした」。

以前、マイケル・ジャクソンの甥のTJ・ジャクソン(パリスやプリンス(19)、ブランケット(14)の法定後見人)は、マイケル・ジャクソンが子供たちに「大事な倫理観や価値観」をきちんと教えていたと褒め称えている。

「僕が(マイケルの)子供たちに教えるべきことなどなにもありませんよ。必要なことはすべて叔父が教えていたのですから。子供たちの倫理観や価値観の芯はとても強いです。叔父の声が子供たちから聞こえることもあります。人々に対する愛とか、純真さとかを感じた時にね」。


■Boy George: My 'big sorrow' was not meeting Michael Jackson

Boy George says one of his "big sorrows" was not meeting Michael Jackson.

The 55-year-old singer has opened up about the time he met Paris Jackson - the daughter of the late King of Pop - during Paris Fashion Week but admits he regrets not having the chance to meet the iconic musician himself before his untimely death in 2009.

Speaking to Andy Cohen on 'Watch What Happens Live' on Tuesday (01.24.17), he said: "I told her that she was very beautiful and I told her that her dad was amazing, said that I never met him.

"It was one of my big sorrows that I never got to meet him. She was lovely, she's such a lovely girl."

The news comes after Paris recently opened up about life with her father, insisting her upbringing was "normal" and recalled how strict the 'Thriller' musician was with their schooling and never allowed any bad behaviour.

She said: "We actually had a pretty normal life. Like, we had school every single day, and we had to be good. And if we were good, every other weekend or so, we could choose whether we were gonna go to the movie theatre or see the animals or whatever. But if you were on bad behaviour, then you wouldn't get to go do all those things."

Meanwhile Michael Jackson's nephew TJ Jackson - who is the legal guardian of Paris as well as her brothers Prince, 19, and Blanket, 14 - previously praised the 'Bad' singer for instilling "core ethics and values" in his children.

He said: "I don't think there's anything I had to teach them because my uncle taught them everything they need to know.

"All the important things - their core ethics and values are so strong, and there's moments where I just hear my uncle's voice come out of them because [of] their love for people and their innocence."

Source: journalstar.com

スカイアーツ、「Urban Myths」のMJのエピソードの放送を中止

スカイアーツはシリーズ「Urban Myths」で予定されていた、マイケル・ジャクソンのエピソード(主演:ジョセフ・ファインズ)について、マイケルの家族やボイコットのネット署名を受け、放送中止とすることとした。ネット署名は20000人以上が集まった。

スカイアーツの声明は以下の通り

「スカイアーツの"Urban Myths"シリーズにおけるエリザベス、マイケル、マーロンについて描いた30分のエピソードについて、マイケル・ジャクソンの家族の懸念表明を考慮し、放送しない事を決定いたしました。私たちは、事実だとされている出来事について面白おかしく見てみようと企図したものであり、怒りを買うようなことをするつもりは毛頭ありません。ジョセフ・ファインズもこの決定を全面的に支持しております」

マイケルの娘パリスは、本エピソードの予告映像を見て「吐き気がした」とツイートしている。

「私の父ばかりではなく、ゴッドマザー(エリザベス・テイラー)にまで向けられた明らかに故意の無礼を見て怒りがこみ上げました。尊敬の念はどこに?父たちは、深く卓越したものを生み出し残すために、血と汗と涙にまみれて仕事をしてきたのです。恥ずべき人物描写です」

マイケルの甥のタジはこう述べている。「残念なことにこれは僕たちファミリーも黙っていられない問題だ。このあからさまな侮辱に対し、言葉が見つからない」。

このテレビシリーズは様々な都市伝説を取り上げドラマ化するものだ。今回とりあげたエピソードは、911テロの数日後、ニューヨークで足止めされたエリザベス・テイラー、マイケル、そしてマーロン・ブランドがレンタカーを借りてオハイオへ500マイルの旅をするというエピソードが元となっている。出発して早々、マーロンが、バーバーキングやKFCを見つけるたびに立ち寄ると譲らず、他の2人が苛立ち始める。元々、テイラーの元個人秘書が広めた話である。

お断り
マイケルに扮したファインズの予告映像や写真がネットで閲覧できるようになっていますが、MJWNでは、マイケル自身と家族を尊重し、それらを掲載しないこととしました。

(参考)ジョセフ・ファインズがマイケル・ジャクソンを演じる

■Sky Pulls ‘Urban Myths’ MJ Episode

Sky Arts will not screen the forthcoming episode of its new series ‘Urban Myths’, featuring Joseph Fiennes playing Michael Jackson, following complaints from Michael’s family and an online petition calling for the episode to be boycotted, which got over 20,000 signatures.

A statement from the broadcaster read:

“We have taken the decision not to broadcast Elizabeth, Michael and Marlon, a half-hour episode from the Sky Arts Urban Myths series, in light of the concerns expressed by Michael Jackson’s immediate family. We set out to take a light-hearted look at reportedly true events and never intended to cause any offence. Joseph Fiennes fully supports our decision.”

Michael’s daughter Paris said that the trailer for the comedy had made her “want to vomit”. Through her Twitter account she added:

“It angers me to see how obviously intentional it was for them to be this insulting, not just towards my father, but my godmother [Elizabeth Taylor] as well. Where is the respect? They worked through blood sweat and tears for ages to create such profound and remarkable legacies. Shameful portrayal.”

Michael’s nephew Taj added: “Unfortunately this is what my family has to deal with. No words could express the blatant disrespect.”

The series takes and dramatized a range of urban myths. This episode was centered around Elizabeth Taylor, Michael and Marlon Brando finding themselves stranded in New York, hiring a car and driving 500 miles to Ohio in the days after the 9/11 attacks. However, Brando soon began to irritate his fellow road trippers by insisting on stopping at every Burger King and KFC along the way. The story was originally spread by Taylor’s former personal assistant.

Please note that though the trailer and images of Fiennes as Michael are regularly available online, MJWN has chosen not to share these out of respect to his family and Michael himself.

Source: Yahoo! News & MJWN

AIDSの烙印と闘った青年、ライアン・ホワイトを偲ぶ

今日はエイズとの戦争のヒーローの一人を讃えよう。寡黙で謙虚、そして勇敢な若者、その名をライアン・ホワイトという。1990年4月8日にこの病気で亡くなった時、彼は18歳だった。

ライアンは生まれつきの血友病A患者であった。稀な遺伝性疾患で、主要なメカニズムをそのまま命名されたたんぱく質「凝固因子8」が作れないために血液が凝固しないというものだ。ささいな傷でも体に負うと皮下出血が頻繁に生じ、それが原因で臓器にダメージを受け、命にかかわることもある。特に危険なのは膝、足首、肘の関節内の内出血で、長い時間をかけて深刻なダメージとなる。

血友病に治療法はなく、医師は出血に対し、「凝固因子8」を注射して血液の凝固を補助するという治療を行う。しかしHIV/AIDSの脅威が広く理解されるようになる以前の長い間、この薬剤は、名前も記録せず検査もされなかったドナーの血液から分離されたものだった。当時は誰も知らなかったのだが、命を救うための薬剤を小児科医(私もその一人)が処方することが、HIVに汚染された薬物を使用してしまうという真の危険だったのだ。それゆえに、我々医師たちは知らずの内に自分の血友病患者たちにHIVウィルスを投与していたのである。私が80年代中ごろに治療した血友病患者は実質全員がAIDSで亡くなったのである。ライアン・ホワイトはこうして、70年代の終わり、あるいは80年代の初めころにHIVに感染した。

ライアンの歩んだ道のりは容易いものではなかった。84年の12月に診断を受け、彼は余命6カ月と診断された。最初の深刻な状態を克服した彼は、インディアナ州ロシアビルのウェスタン・ミドル・スクールへの復学を希望した。悲しいことに、ウェスタン・スクール・コーポレーション(彼が住んでいたインディアナ州ココモも管轄している)の責任者は復学を認めず、ライアンは7年生の授業を電話で受けることを余儀なくされた。学校関係者や教師、保護者、生徒らの中には、握手をしたりトイレを使ったり、あるいは彼が新聞配達で配達する新聞からHIVが感染するという誤った(そして残酷な)主張をする者もいた。

裁判によりクラスへの復帰を勝ち取った後も彼は級友から罵られ、そして仲間はずれにされた。ライアンの自宅の窓ガラスを割る者が現れ、スーパーマーケットではライアンの母親が小銭を作ろうとしたところレジ係がその手に触ることを拒否したということもあった。もちろん、ココモの住人全てが非難したわけではなく、学校へ通うというライアンの希望を手助けしようとした家も多くあった。

1987年、一家はインディアナ州シセロ近郊へ引っ越した。ライアンはハミルトン・ハイツ・ハイスクールへ入学した。校長は彼を握手で迎え、生徒たちにはHIV/AIDSに対する正確で役に立つ議論に実際に加わるよう奨励した。

国として、同性愛嫌悪の問題、ウィルス感染経路に関する根拠のない恐怖感、増え続ける患者に対する数々の先入観などの対策に取り組んでいる間、ライアン・ホワイトの事例は国家的解毒剤のような効果をもたらしていた。この時期ライアンは、級友たちやジャーナリストらに、そしてテレビを通じて全国民に対してAIDSに関するスポークスマンのような役割を果たしていた。ライアンは、AIDSがゲイや薬物使用者ら(当時、この病気に罹患する2大グループだった)に対する天罰であるという偏見の大群に対し勇敢に戦った。そして彼は、すべての献血者にHIV検査を課すために国による輸血用血液供給が必要であるということを身をもって示した。AIDSは一つの伝染病でありそれ以上のものではない、不幸にして誰にでも伝染し傷つける力がある、ということを彼は宣言した。

「The Ryan White Story」というテレビ番組が製作され、1989年に全米で放映された。エルトン・ジョンやマイケル・ジャクソン、レーガン夫妻、ドナルド・トランプなどの多くの著名人が彼に敬意を表した。だがライアンはしばしば、有名になることで健康証明書が買えるなら喜んでそうする、「普通の子供」になることが希望だ、と語っていた。

1990年初頭、彼の健康状態は急変する。1990年3月、彼はロサンゼルスで開催されたアカデミー賞に出席した。しかしその数日後、彼は嚥下障害(飲み込むことが困難になる)を悪化させ、インディアナポリスのライリー小児病院へ搬送された。彼の呼吸状態は悪化し、4月8日に亡くなった。卒業まであとわずか1ヶ月であった。

1990年8月18日。ジョージ・H・W・ブッシュ大統領は重要かつ党派を超えた法案に署名した。「The Ryan White CARE Act」として知られている。この法律の制定により、特にHIV/AIDSと戦う貧困層のアメリカ人を対象とし、組織的包括的診断・診療・治療システムを構築・維持するために市や州、そして地域に根ざした諸団体を援助するために20億ドル以上が拠出された。

今日、患者が長く生産的な生活を送ることができる抗レトロウィルス剤の投与によって、HIV/AIDSの治療において現代医学は大きく進歩した。医師や研究者らは、よりよい診断方法や感染予防の手段の開発を行っている。それによると、アメリカでは120万人がHIVに感染しており、その8人に1人は自身のHIVの状態について知らないという。

世界で3600万人以上の人々がHIVとともに生きている。世界規模の流行が始まって以来、7900万人近くがHIVに感染し3400万人以上がAIDSによって死亡した。この問題の恐ろしい事実は、AIDSがいまだに世界の主要死亡原因の一つであるということであり、今現在も、多くのAIDS患者が非難されたり精神的に傷を負うほどの偏見を受けるという経験をしている。

しかし、少なくとも今日ばかりは、このような醜い行為を減らすことに貢献した、勇気ある若者を讃えるべきだ。血友病、そしてその治療のためにHIVに感染するという2つの不運にもかかわらず、ライアン・ホワイトは世界に永続的かつ高潔な変革をもたらしたのだ。

(原文) http://www.pbs.org/newshour/updates/remembering-ryan-white-the-teen-who-fought-against-the-stigma-of-aids/

フリードマン:独占情報、マイケル・ジャクソンのテレビ映画、監督はスザンヌ・ド・パッシー

マイケル・ジャクソンの最後の数年を、子供を溺愛する親として描くテレビ映画が製作中。プロデューサーはマイケル・ジャクソンをキャリア初期からよく知っている上に、今でも彼を尊敬しているというのは朗報だ。

ジャクソンのボディガードのビル・ホイットフィールドとジャヴォン・ベアードの著書を原作としたLifetimeの映画に関するキャスティング情報が公開されている。原作「Remember The Time: Protecting Michael Jackson In His Final Days」は2014年に出版されたもので、2006年の海外避難から戻った以降のジャクソンの生活について正確に記述されている。

今回のキャスティング情報に関して最も興味深いことは、プロデューサーが元モータウンのボス、スザンヌ・ド・パッシーであるということだ。彼女はベリー・ゴーディの下で60年代後半からモータウン売却まで働いていた。文字通り、ド・パッシーはモータウンについてあらゆることを知っている。ジャクソン・ファイヴが発掘された頃、彼女はその場におり、その後の40年間にわたりジャクソン・ファミリーやモータウンのタレントたちと極めて良好な関係を維持していた。テンプテーションズとジャクソンズの誕生から成功までを描き高評価を得た2本のミニ・シリーズなど、エミー賞を2度受賞し、ノミネートは3度ある。ジャクソンのレガシーはド・パッシーの手腕に任せておけば安心、確実だ。(偶然だが先週、私はテンプテーションズの方の映画をケーブルテレビで観た。これは本物だ!)

私はこの映画に大変興味を持っている。ジャクソン・ファンもそうだろう。(ド・パッシーの事務所は電話取材に対し昨日の時点では返答していない。)だが、元ボディガードの本は、ネバーランド後の住処を見つけて苦闘し、金銭問題を処理し、3人の子供たちを育てるジャクソンの最後の数年を描くには良質の根拠だ。ジャクソンが素晴らしい父親だったことは疑いようがない。彼の死後の3人の子供たちの様子を見て欲しい。子供たちはよく育っている。彼が良いことをしていたことは疑いようがないことだ。

続報を待たれたい。「Remember The Time」は映画を通じたジャクソンの復興の第一歩となるかもしれない。エステートも喜ぶだろう。

■Exclusive: Michael Jackson TV Movie Coming from Emmy Winning Motown Veteran Who Knew King of Pop Well

EXCLUSIVE A Michael Jackson movie that will show him as a doting parent in the final years of his life is coming to TV. And the good news is, the producer is someone who knew Jackson well from the beginning of his career, and still reveres him.

Casting notices have gone out for a Lifetime movie based on the book by Jackson’s bodyguards, Bill Whitfield and Javon Beard. “Remember The Time: Protecting Michael Jackson In His Final Days,” was published in 2014 and was pretty much on track about Jackson’s life after he returned from his self imposed exile abroad in 2006.

The most interesting thing about the casting notice is that the producer of the film is former Motown chief Suzanne DePasse, who worked for Berry Gordy from the late 60s until the company was sold. DePasse literally knows everything about Motown. She was there when the Jackson 5 was discovered, and has maintained excellent relations with the Jackson family and all the Motown acts over the last four decades. She has two Emmy Awards, and three other nominations– including nods for two highly regarded mini-series about the Temptations and the Jacksons’ rise to fame. The Jackson legacy should be in good hands with DePasse, that’s for certain. (By coincidence, I just caught that Temps movie on cable last week, and it really holds up!)

I’m obviously curious about the movie, and Jackson fans will be, too. (DePasse’s office didn’t return phone calls yesterday.) But the bodyguards’ book is a good resource for the last couple of years of Jackson’s life as it shows his struggles to find a new place to live after leaving Neverland, dealing with his mounting financial crisis, and parenting his three young children. There’s no doubt that Jackson was an excellent father– just look at those kids seven years after his death. They’re thriving. He was doing something right without a doubt.

So stay tuned. “Remember The Time” sounds like it might be the first step in rehabilitating Jackson’s legacy via film. Jackson’s estate should be happy about that.

Source: showbiz411.com
≪PREVNEXT≫
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ