キャプテンEOのキャストが撮影を振り返る

(要旨)2010年7月2日、キャプテンEOが期間限定でフロリダ州オーランドのウォルト・ディズニーワールドへ帰ってくる。キャプテンEOのエプコットへの復活は、元々1986年に開演したこのフィルムの多くの関係者に、たくさんの愛情のこもった記憶を甦らせた。

最近のインタビューで、キャプテンEOのオリジナルダンサーの一人であるレニー・コレットはマイケル・ジャクソンとの仕事について振り返っている。

「テーマパーク用だとは思ってなかったの」と彼女は言う。「マイケル・ジャクソンの大3-Dショーだということしか知らなかったのよ」
「マイケルは偉大な先生だったわ。彼は自分がしたいことがわかってたし、頑固だった・・・傲慢ということは全くなく・・・彼は自分がしたいことに頑固だったの」と彼女は言う。「私たち、何度も何度もやったのよ」

キャプテンEOでギークスの半分を演じたデビー・リー・キャリントンにも、フィルム製作で仕事をしていたときの愛情のこもった思い出がある。

「私はギークスという3本の足と2つの頭を持ったキャラクターの半分だったの」とキャリントンは言う。「私たちは、キャプテンEOマイケル・ジャクソンのナビゲーター兼パイロットなのよ」

彼女ともう一人のアクターそれぞれに、彼女らが横たわった状態で全身ギブスが作られ、おしりのところで「連結」された。そこから、この毛むくじゃらの衣装の中に入っている間、彼女らをお互いにくっつけておくためにハーネス(帯)が作られたのだと、彼女は続けた。

「とても着心地が悪かったわ」とキャリントンは語る。「もう一人のアクターと連動したり一緒に歩いたりするのが本当に難しかったの。一人として演じなければならなかったから」

監督のフランシス・フォード・コッポラは、マイケル・ジャクソンやアンジェリカ・ヒューストンを含むキャストとのリハーサルの最初を、お互いに打ち解けて一つのチーム、まさにEOの中でのチームのように演じられるよう即興をすることに費やした、とキャリントンは言う。

「マイケルは初日の後、自分の殻から出てきたの」と彼女は言う。このことが、ジョークが飛び交う楽しく陽気な雰囲気をセットに作ったとキャリントンは言う。

今年早くにカリフォルニアのディズニーランドにキャプテンEOが帰ってきた時、コレットとキャリントンは2人とも、久しぶりにこの映画を見る機会があった。

「もう一度見たら泣いちゃったわ」とコレットが言う。「本当に感情がこみ上げてきちゃって」。それは、彼女や他の者たちにジャクソンが与えた影響を思い出させることとなった。

「彼は周囲を刺激する人だったのよ」と彼女は言う。

コレットはディズニーランドでキャプテンEOを数回、ずっと昔にそして2010年になって再び観た。

「観てる間ずっと微笑んでたわ」と彼女は言う。「観るととてもいい気分にしてくれるのよ、だって感動の集中砲火だから」 - 以下原文。
captain_eo.jpg ■ Captain EO Cast Remembers Video Shoot
(30-6-2010) On July 2, 2010 Captain EO will return to Walt Disney World in Orlando, Florida (USA) for a limited engagement. The return of Captain EO to Epcot has brought back many fond memories for many involved in the film, which originally opened in 1986.

In a recent interview, Renee Collette, one of the original dancers in Captain EO, recalled her memories of working with Michael Jackson.

“I had no idea it was for a theme park,” she said. “I just knew that it was Michael Jackson’s big 3-D extravaganza.”

“Michael was a great teacher. He knew what he wanted, and he was adamant – not rude to people at all, ever – but he was adamant on what he wanted,” she says. “We’d do it over and over.”

Debbie Lee Carrington, who played one-half of a geex in Captain EO also has many fond memories from working on the film.

“I’m half of the three-legged, two-headed character called the geex,” Carrington said. “We are the navigator and the pilot for Michael Jackson, who is Captain EO.”

She went on to say that a body cast was made for her and another actor while they were lying down and “connected” at the hip. From there, a harness was made to keep them together while in the furry costume.

“It wasn’t very comfortable,” Carrington said. “It was actually quite challenging to coordinate and walk together with the other actor because we had to act as one.”
Director Francis Ford Coppola spent the first part of the rehearsal with the cast, including Michael Jackson and Anjelica Huston, doing improvs to get everyone to open up to one another and act like a team, just like in EO, Carrington said.

“Michael came out of his shell after the first day,” she says. That led to a fun, playful environment on the set, complete with practical jokes, Carrington said.

Collette and Carrington both had the chance to see Captain EO for the first time in many years when the film returned to Disneyland earlier this year in California.

“It brought tears to my eyes to see it again,” Collette said. “It really was emotional.” It reminded her of what an influence Jackson had been on her and others.

“He was an inspirer,” she said.

Collette saw Captain EO a few times at Disneyland, both back in the day and again in 2010.

“I smiled through the whole thing,” she said. “It just makes me feel so good when I see it because it’s a whole bombardment of emotions.”

Source: MJFC / thedailydisney.com
関連記事