マイケル・ジャクソンのアルバムの需要は大きい

(要旨)死後12ヶ月、マイケル・ジャクソンはアメリカ国内だけで900万枚のCDを売り上げた。ジャクソン・ファイヴとジャクソンズが80万枚、そしてダウンロード販売は1,290万曲である。

ビルボードのチャートマネージャー、キース・コールフィールドがアクセス・ハリウッドに語ったところによると、過去20年に亡くなった人気ミュージシャンは他にもいるが、マイケル・ジャクソンの死が人々に与えた影響は信じられないものだったという。

「昨年、ジャクソンのアルバムを買おうと待っている消費者の素早い反応は、比較するものがありませんでした」とコールフィールドは語る。「この特殊な状況はほかに例がありません。ファンからの反応、市場からの反応。すべては未知の領域です」

ジャクソンの曲への需要はこの一年間続いており、そのため、先週売り上げの急上昇を記録することにつながった。ファンらがキング・オブ・ポップの一周忌を讃え、追悼する準備をしたからだ、とコールフィールドは付け加えた。

この一年間の総計で、ジャクソンは世界中で推定3,500万枚のアルバムを売り上げた。ビルボードによれば、一人のミュージシャンの突然の悲報による反応としては空前のことだという。 - 以下原文。

mjj_52.jpg

■ MJ's Albums In High Demand
(28-6-2010) In the 12 months since his death, Michael Jackson has sold over 9 million CDs in the United States alone with 800,000 of that being releases of work done with his brothers as the Jackson5 or The Jacksons and another 12.9 million digital track downloads.

Keith Caulfield, Senior Chart Manager for Billboard, told Access Hollywood recently that while there have been other popular musicians that have passed away in the last 20 years, the trauma caused by the death of Michael Jackson was unbelievable.

“Last year, when we saw the instant response from consumers waiting to purchase Jackson’s albums, there was nothing to compare it to,” Caulfield said. “This particular situation is unique — the reaction from fans, the reaction of the marketplace — all of that was uncharted territory.”

Caulfield added that from the yearlong demand for Jackson’s music, last week there was an even higher spike in sales as fans prepared to honor and mourn the anniversary of the King of Pop’s death.

For the year in total, Jackson has sold an estimated 35 million albums worldwide. According to Billboard, that is an unprecedented response to the sudden death of a musician.

Source: MJFC / thecelebritycafe.com
関連記事