子供たちはデビー・ロウと過ごしている

(要旨)ロジャー・フリードマンがコラムShowviz411に下記の記事を寄稿している。

マイケル・ジャクソンの子供たち、プリンス、パリスは実母デビー・ロウと過ごしている。

ロウは、プリンス・マイケル2世の別名でも知られるブランケットとも一緒にいる。複数の情報提供者が明かした。ブランケットの実母は知られていない。

これはマイケル・ジャクソンの死去以来出てきたニュースの中ではもっとも良いものかもしれない。6月25日金曜日の一周忌はたくさんの話で火花を散らしているが、ジャクソンの子供たちとマイケル・ジャクソンに関することについては、大部分はウソである。ワイルドな週になるだろう、これは間違いない!

実は、ロウ(プリンスとパリスを生んだ時はジャクソンと結婚していた)は子供たちばかりでなく、子供たちの保護者でマイケルの母であるキャサリン・ジャクソンとも関係を築いている。今回の訪問は静かに、宣伝も公開されることもなく行われた。

ロウ(彼女は南カリフォルニアで馬を育て売っている)はジャクソンと離婚した時、親権は保持したままとしていた。家庭裁判所が2006年にこのことを再確認している。

しかし今週、今回の話のメンバーは全員、町を出るだろう。ファンらがマイケル・ジャクソンの命日を記念して様々な場所に押し掛けるからである。

私の情報源によると、ジャクソンの子供たちは元気でやっているようである。彼らはこの秋から私立学校に入学することになっている。

しかしまた、私はこう言われた、つまり、英国のメディアが日曜日に報じたのだが、子供たちには「友だち」がいない、というのは正しくないと。彼らは同年代の従兄たちの中に友達がたくさんいる。そして一度学校に行けば、子供たちは間違いなく友だちを作るだろう。

そもそも、彼らにとっては容易ではなかっただろう。2005年6月から昨年6月までの4年間、子供たちは一つの場所から他の場所へ、ジャクソンに連れられていた・・・バーレーンからアイルランド、日本、フランス、ラスベガス、北バージニア、ニュージャージーの郊外、そして最終的にはビバリーヒルズの借家まで。 - 以下原文。
mjj_51.jpg ■ Children Spending Time With Debbie Rowe
(21-6-2010) Roger Friedman posted the following article this morning in his column, Showbiz 411:

Michael Jackson’s kids, Prince and Paris, have been spending time with their biological mother, Debbie Rowe.

Rowe has also included Blanket, aka Prince Michael II, in the visits, according to sources. Blanket’s biological mother is unknown.

This might be the best news to come out of the long year since Michael Jackson died. The anniversary, on Friday, June 25th, is sparking dozens of stories, mostly false, about the Jackson kids and anything to do with Michael Jackson. It’s going to be a wild week, that’s for sure!

The reality is that Rowe, who was married to Jackson when she gave birth to Prince and then Paris, has forged a relationship not only with the children but with Katherine Jackson, their guardian and Michael’s mother. The visits have happened quietly, with no fanfare or publicity.

Rowe – who raises and sells horses in Southern California – retained her parental rights when she divorced Jackson. A family court judge reaffirmed that in 2006.

This week, however, all members of this saga will be out of town as fans descend on various locations to commemorate the anniversary of Michael’s death.

According to my sources, the Jackson kids are doing fine. They will, indeed, attend private school this fall.

But I am also told that it’s incorrect, as was reported Sunday from the British press, that the children have “no friends.” They have plenty of friends among their similarly aged cousins. And once they’re in school, they will undoubtedly make friends.

It wouldn’t have been easy for them in the first place. From June 2005 until last June – four years – the children were dragged by Jackson from one locale to another–Bahrain, Ireland, Japan, France, Las Vegas, northern Virginia, suburban New Jersey, and then finally a rented house in Beverly Hills.

Source: MJFC / Showbiz411.com
関連記事