フリードマン:キャサリン・ジャクソンの新しい本

(要旨)ロジャー・フリードマンが自身のコラムShowbiz411にて下記の記事を寄稿している。

マイケル・ジャクソンの献身的母、キャサリン・ジャクソンが、息子についての本を来週出版する

自費出版による大型本・・・個人的写真から構成されている・・・は「Never Can Say Goodbye: The Katherine Jackson Archives」と題されている。この本はウェブサイトwww.jacksonsecretvault.comを通じて販売される。

「彼女はこの本をとても誇りに思っています」とある情報源はいう。「お金のために出版されるのでもありません」。これは真実のように思われる。このような本は大きな利益を上げてきたのだが、しかし「Never Can Say Goodbye」は自費出版なのである。内容は、マイケルの母による回想のページに向かい合わせた写真のページというようになっている。

昨日、この本のプロモートのためキャサリンは、ジャクソンの元ビジネスパートナーで友人であるマーク・シャフェルから2時間のインタビューを受けている。シャフェルにとって、これはマイケル・ジャクソン三連勝単式である。彼はマイケル・ジャクソン、デビー・ロウ、そしてキャサリンとの公式ビデオインタビューを行った唯一の人物だ。

マイケル・ジャクソンの一周忌を前にして、キャサリンはシャフェルの家へ車で行き、インタビューを受けた。彼らはこの1年がどのようであったか、子供たちのこと、マイケルの思い出などを語り合った。彼女は夫ジョー・ジャクソンのことは直接は語らなかったが、ファミリーの発言をメディアが捻じ曲げているということについて心配していると語った。

キャサリンは数年間にわたりマイケルにかけられていた児童虐待容疑について語った。彼女はシャフェルに対し、人々がマイケルをやっつけようと躍起になっていると感じていたと語った。1993年の事件について、あの少年の父親と継父が少年をそそのかしたと思っていると語った。キャサリンが言うには、あの少年(ジョーダン・チャンドラー。彼女は名前を挙げない)は昨夏、あの話を撤回したがっていると彼女は思っていたという。特に、父エヴァン・チャンドラーが自殺をした後は。 - 以下原文。

mj-12.jpg

■ New Book By Katherine Jackson
(20-6-2010) Roger Friedman posted the following article yesterday in his column, Showbiz 411:

Michael Jackson’s devoted mother, Katherine Jackson, will publish a book next week about her son.

The self published coffee table book – consisting of personal photographs – is called “Never Can Say Goodbye: The Katherine Jackson Archives.” The book will be sold through a website called www.jacksonsecretvault.com.

“She’s very proud of the book,” says a source. “It’s not being done for money, either.” This much seems true, as such a book could have fetched a big advance. But “Never Can Say Goodbye” is being self-published. Its content is a picture page facing a page of reminiscences by Michael’s mom.

To promote the book, yesterday Katherine gave a two hour interview to Marc Schaffel, Jackson’s former business partner and confidante. For Schaffel, this was the Michael Jackson trifecta. He’s the only person who has done authorized video interviews with Michael Jackson, Debbie Rowe, and now Katherine.

On the eve of the one year anniversary of Michael Jackson’s death, Katherine was driven to Schaffel’s home, where they conducted the interview. They talked about what the last year has been like, the children, memories of Michael over the years. She did not talk about husband Joe Jackson directly, but she did say that she was concerned that the media twisted what the family said.

Katherine talked about the child molestation charges against Michael over the years. She told Schaffel she felt people were out to get Michael. She said that in the 1993 case she felt the boy’s father and stepfather put him up to it. Katherine says she thought the boy, Jordan Chandler, - whom she doesn’t name - wanted to recant his story last summer, especially after his father, Evan Chandler, committed suicide.

Source: MJFC / showbiz411.com
関連記事