フリードマン:MJのドキュメンタリー製作者には悪いニュース

(要旨)ロジャー・フリードマンが自身のコラムShowbiz 411に下記の記事を寄稿している。

マイケル・ジャクソン・ドキュメンタリー映画製作者に悪いニュース: 曲の使用は許可されない


未承認のマイケル・ジャクソン・ドキュメンタリーを制作しようという考えを持つ者にとっては悪いニュースだ。いかなるジャクソンの曲もその中で使用することはできないだろう。

ソニー・ミュージックは、次のヒット作を、と考えている映画制作者に対し、いかなる曲の権利も承認していない。これら製作者には、スキャンダル発掘人イアン・ハルパリン、ジャクソンの元パートナーのマーク・シャフェル、そしてライザ・ミネリの元夫デビッド・ジェストらが含まれる。

ハルパリンのいわゆるドキュメンタリーは、TVガイドチャンネルに売られたのだが(まじめなドキュメンタリーが見たくて合わせるチャンネルだよね?)、6月25日、ジャクソンの一周忌に放映される。しかし、マイケル・ジャクソンの曲は使われていない。いい番組ありがとう。そしてジャクソンの交際範囲の外にいた人たちのインタビューだらけである。

昨日TheWrapで取り上げられた作品にもかかわらず、シャフェルは実際にはドキュメンタリーは制作していない。彼は所有していた映像を日本のあるグループに売ったのである。彼らはそれを日本向けに映画として編集し、日本語のナレーションを加えた。日本中の200の映画館で6月25日から上映される予定だが、やはりジャクソンの曲はなしである。

そして次に、映画だと言われているデビッド・ジェスト製作の作品がある。噂では、ジェストの作品は約4時間で、主に昔の映画スターとのジャクソンについてのインタビューから成る・・・・ジェストが得意とするところだ。素性が明らかでない過去のチャリティー募金パーティーの映像を使うかもしれない。ジャクソンもよく出席していた。加えてライザ・ミネリとの結婚式の映像も使うかもしれない。マイケルは付添人であった。ミネリがその映像の中で何か言っているかは不明だが、やはりジャクソンの曲なしだ。

4つ目は、「The Untold Story of Neverland」と呼ばれている映画だ。サンタバーバラの映画制作者ラリー・ニマーによるものである。2月のサンタバーバラ・フィルムフェスティバルで上映されたが、あまり注目を集めなかった。ニマーは裁判用の映画を作っており、2005年のジャクソンの児童虐待裁判の最中にネバーランドへの立ち入りを許されていた。(ところでTheWrapに、この裁判は2004年ではなく2005年だと誰か教えてやるべきだろう)
(参考:インタビュー:ラリー・ニマー
-以下原文。
70x53_73.jpg ■ MJ Docu Makers Get Bad News
15-6-2010) Roger Friedman posted the following today in his column, Showbiz 411:

Michael Jackson Documentary Film Makers Get Bad News: No Music Allowed


It’s bad news for anyone who’s got the idea to make an unauthorized Michael Jackson documentary. There won’t be any music in it by Jackson.

Sony Music isn’t clearing any music rights for filmmakers who think they’ve got The Next Big Thing. That includes sleaze digger Ian Halperin, former Jackson partner Marc Schaffel, and Liza Minnelli’s ex husband, David Gest.

Halperin’s so called documentary, which he sold to the TV Guide Channel of all places (that’s where we all go for serious docs, isn’t it?), airs June 25th – the anniversary of Jackson’s death. But it will free of Michael Jackson’s music, thank you. And full of interviews with people who are on the outer circle of Jackson’s world.

Schaffel, despite a piece yesterday on The Wrap, didn’t actually make a documentary. He sold footage he’d had to a Japanese outfit. They put together a film, just for Japan, and narrated in Japanese. It will play in 200 theaters around Japan starting June 25th, again, without music.

And then there’s David Gest’s purported film. The word is that Gest’s effort is around four hours long and is mainly interviews with old movie stars – Gest’s forte – about Jackson. Gest may have footage from his old sketchy charity fundraisers at which Jackson occasionally appeared, plus footage from his own wedding to Liza Minnelli. Michael was the best man. It’s unclear if Minnelli would have any say in that footage. But again, no music.

There’s also a fourth film, called “The Untold Story of Neverland,” by Santa Barbara filmmaker Larry Nimmer. It was shown last February at the Santa Barbara Film Festival, but it didn’t get much attention. Nimmer makes courtroom films, and was given access to Neverland during Jackson’s 2005 child molestation trial. (Someone should tell The Wrap, by the way, that the trial was in 2005, not 2004. )

Source: MJFC / showbiz411.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ