ヴァニティ・フェア最新号にMJの新しい記事(その2)

グリフィンによれば、莫大な富を得て男女問わずの大勢のファンがいるにも関わらず、ジャクソンはとても孤独な、典型的な「ロックスター」の生活とは似ても似つかぬ生活を送っていた。

「ジョージ・フォルシーの13歳の息子ライアンが、打ち合わせのためにジャクソン家を訪れた父に連れられて来た時、マイケルは大人と一緒にいるのが飽きた子供のような振る舞いを見せ、ライアンにいろいろ見せて回った。二人はラマにエサをやり、フロッガーというビデオゲームで遊び、庭でおもちゃのT型フォードを運転して遊んだ。『マイケルは25歳でしたが、13歳だったと言ってもいいかもしれません』とライアンは言う。『メンタルでは彼は12歳か15歳くらい遅れていました。彼は精神的に私と同じ歳だったので、私と遊ぶことができたのです』」

「スリラー」のコラボレーターたちは、セックスに対する子供のようなナイーブさ、と表現して彼の性的関心について感じ取っていたとグリフィンは書いている。

「『スリラー』で振付を手伝っていたヴィンス・パターソンは、ジャクソンがよくセックスに関する無知な質問をストレートに彼にしていたと語っている。『単純な、生物学的な、無知の12歳がするような質問』だと彼は続けた。『僕はマイケルに性欲があるように見えたことはないんだ。彼はいつもセックスに興味がないように見えたよ・・・・そういう人いるよね。僕は彼が持つダイナミックで刺激的でパワフルな感覚をそのことでは感じたことが無いんだ。僕が会った人の中で彼のような人はいないね。社会的には未熟な一方で、彼は創造の天才だったよ』」

グリフィンは、彼と話をしたことのある者、一緒に仕事をしたことのある者からの聞き取りだけに基づいてこのスーパースターを描写している。記事全文を読むには、ヴァニティ・フェア2010年6月号を参照のこと。 - 以下原文(終わり。参考:MJ振付師、ディッキンソン・カレッジで語る)。

Griffin says that in spite of his enormous wealth and millions of fans both male and female, Jackson lived a very solitary, non-typical 'rockstar' life.

"When George Folsey’s son, Ryan, 13, accompanied his father to meetings at the Jackson [family] home, Michael behaved like a kid who was bored hanging out with the adults, jumping up to show Ryan around. They would feed the llamas, play the video game Frogger, and drive toy Model T’s around the grounds. “Michael was 25, but I’d say that he was 13,” says Ryan. “Mentally, he was 12 to 15 years behind. He could relate to me because he was my age.”

Jackson's 'Thriller' collaborators would also gain some insight into his sexuality, describing something of a child-like naïveté about sex. Griffin writes,

"Vince Paterson, who helped with the choreography in “Thriller,” says that Jackson would ask him startlingly ignorant questions about sex—“simple, biological, stupid 12-year-old questions.” He adds, “I never saw Michael as a sexual creature. He was always sort of asexual to me—some people are like that. I never had one vibe, as dynamic and electric and powerful as he was. He was like nobody I had ever met in my life. On the one hand he was so socially retarded, and on the other hand he was a creative genius.”

Griffin paints a picture of the superstar that could only come from speaking with those who knew him and worked with him. To read the full article, pick up a copy of the July 2010 issue of Vanity Fair.

Source: MJFC / vanityfair.com
関連記事