「マイケルの息吹感じて」、一周忌前に名古屋・栄で遺品展

 昨年6月に死去したマイケル・ジャクソンの一周忌を前に、遺品展「MJ46 Keep on Loving」が5日、中区栄3の名古屋三越栄店で始まる。ステージ衣装や直筆の歌詞などをそろえ、一時代を築いた「キング・オブ・ポップ」の功績が堪能できる。8日まで。

 遺品展は東京、沖縄に続く3カ所目で、命日の25日に米国ラスベガスで開かれるオークションに掛けられる46点を展示した。

 ムーンウオークをした革靴、ヒット曲「BEAT IT」の宣伝ビデオで着た赤い革ジャンなど、マイケルの足跡に欠かせない逸品のほか、亡くなる前日の日付が入ったサインもある。

 4日の内覧会には親交のあったマジシャン、プリンセス天功さんが登場。「一緒の公演でアイラインをフェルトペンで描いたりと驚かされた。全世界に散らばってしまう前にマイケルの息吹を感じてほしい」と遺品を紹介した。入場料1500円。
mj46_nagoya.jpg ソース:中日新聞
関連記事