ダイアナ・ロスのコンサートでマイケル・ジャクソンへのトリビュート

(要旨)ダイアナ・ロスは音楽の偉人の一人として40年以上を過ごしてきた。だから、フォックスウッズのMGMグランドシアターで日曜夜に行われた彼女のショーが、R&Bの歴史を網羅する旅となる、立派で華麗なものとなったということは頷けることである。

「More Today Than Yesterday」では、抱擁と間の組み合わせというロスの歌声に対して18人編成のバンドが彼女の伴奏を務めた。あるシーンでは古いビデオや写真のモンタージュを使ってシュープリームスの歌のパフォーマンスをハイライトし、自分のキャリアを振り返った。

「Theme From Mahogany (Do You Know Where You're Going To)」や1970年にチャートトップになった「Ain't No Mountain High Enough」で着ていた巨大な赤いガウンなど、彼女の五着の衣装はすべて大いに楽しめるものであった。

ダイアナ・ロスはまた、長年の友人マイケル・ジャクソンに対するトリビュートとして、「Missing You」から「You are Not Alone」への優しいセグエ(メドレー)を披露した。You Tubeの映像を見るにはこちらをクリック。 - 以下原文。
70x53_60.jpg ■ Diana Ross' Concert Tribute To Michael Jackson
(18-5-2010) Diana Ross has spent more than four decades as one of popular music's greats, so it was fitting that the 66-year-old's show Sunday night at the MGM Grand Theater at Foxwoods was a big, showy affair that served as a trip across R&B history.

An 18-piece band backed Ross in her vocal mix of caress and punctuation in "More Today Than Yesterday." She surveyed her career in segments, highlighting a run of Supremes songs with a montage of archival video and photos.

Ross' five outfits were all delightfully excessive, including an enormous red gown she sported while finessing "Theme From Mahogany (Do You Know Where You're Going To)" and while closing her set with the ebullient 1970 chart-topper "Ain't No Mountain High Enough."

Diana Ross also paid tribute to her longtime friend Michael Jackson with a soft segue from "Missing You" to "You are Not Alone." Click Here to watch a clip from YouTube.

Source: MJFC / Hartford Courant
関連記事