アッシャー:僕にとってマイケル・ジャクソンが意味するもの

(要旨)スタジオアルバムの新作「Raymond v. Raymond」を見据え、5度のグラミー賞受賞者であるアッシャーは「ナイトライン」に出演し、思い出話や影響を受けた音楽について語った。

そして、マイケル・ジャクソン追悼式典で歌うことがどれほど精神的に辛いことだったのか、初めて口を開いた。

「I Saw Mommy Kissing Santa Claus・・・・・これは僕が最初に聴いたマイケル・ジャクソンの声さ。その時から僕はマイケルについて勉強するようになったんだ。彼がどのようなタイプのパフォーマーなのか知るようになったんだ。僕も見たことあるけどいくつかテレビ番組があってね、テーマ音楽を聞いただけでみんな彼を褒め称えるんだ。

僕はとてもとても若かったけど、テレビ画面をじっと見つめてそれを観ていたこと覚えてるよ。マイケルは本当に今までで一番偉大なエンタテイナーだよね。彼の音楽全てが僕のインスピレーションになってるんだ。彼の全てが僕のインスピレーションなんだよ。

彼の早すぎる死、僕は追悼式典に招待されたんだ。パフォーマンスしてくれって。これは僕の音楽のキャリアのなかで一番辛い瞬間になるとわかってたよ。世界の前に立ち、みんなが観ていて、世界中の何千もの人たちがテレビで観てるんだ。上手く出来るかどうかわからなかったし、リハーサルでは上手くいってなかったんだ。胸が一杯になっちゃってね。だけど、ある意味これはマイケルを追悼するための機会だということはわかってた。こう考えることが助けになったよ。

もう一人のマイケル・ジャクソンは僕が生きている間には現れないだろうね。彼が音楽についてやったこと、博愛主義者としてやったこと、一人の個人としてやったことは、最も偉大な功績として存在している、そして単にインスピレーショナルとしても。だってマイケルが受けていたような期待に応えられる人なんてそうはいないよ。彼は優れたものにするために努力し、そしてエンターテインメントにおいて彼はそれほど優れていたんだ」。 - 以下原文。

mjj_40.jpg

■Usher: What Michael Jackson Means to Me
(26-3-2010) In anticipation of his new studio album, "Raymond v. Raymond," five-time Grammy winner Usher sat down with "Nightline" to share personal reminiscences and talk about musical influences.

And for the first time, Usher opened up about how hard it was emotionally to sing at Michael Jackson's funeral.

"I Saw Mommy Kissing Santa Claus' -- that was the first time I had heard Michael Jackson's voice. That's when I began to study and inquire about Michael. I began to know the type of performer he was, and there were programs I had seen, and just the fanfare on television -- you admired him.

I was very, very young, but I can still remember looking at the screen and seeing it. Michael, you know, the greatest entertainer to ever live simply. All of these songs became inspirations for me, and all of what he is became an inspiration for me.

Upon his untimely death I was invited to perform at his memorial. This, I knew, was going to be one of the hardest moments of my musical career, to stand in front of the world, everybody's watching, as well as the thousands of people who were in the room. I didn't know if I was going to make it. I didn't make it through rehearsal because I really got choked up. But I knew this was an opportunity to pay tribute to Michael in a way that was very helpful.

There will never be another Michael Jackson in this lifetime. What he did in music, what he did as a philanthropist, what he did as an individual stands to be some of the greatest work ever, and only to be inspirational because there just aren't many people who can live up to what Michael was. He strived for excellence, and in entertainment he was that."


Source: MJFC / ABC
関連記事