ハウステンボス:野外体験強化 新年度、清水国明さん起用

旅行業大手エイチ・アイ・エスが新たな支援企業となった「ハウステンボス」(HTB、長崎県佐世保市)は、アウトドア愛好家のタレント、清水国明さんを新年度から起用し、子どもも楽しめる野外体験プログラムを強化する方針を決めた。マイケル・ジャクソンがお気に入りだったが、経営難から閉鎖していたアミューズメント地区を今夏にも再開し、経営改革を進めて、11年度の黒字化を目指す。いずれも26日に発表する経営計画に盛り込む。

 HTBは園内に大村湾の海水を引き込む全長6キロの運河が流れており、現在もカヌー体験ができる。清水さんのアイデアを取り込み、これまで弱点とされた子ども向け対応を充実して集客を図る考えで、目玉として、大村湾に釣り堀を設ける。今秋には世界的庭園デザイナー、石原和幸さんも参加した大規模なガーデニング大会も催す。

 再開するアミューズメント地区は、昨年の経営改善策で閉鎖した地域。マイケル・ジャクソンが92、93年にHTBを訪れた際、特に気に入ったという水と光のアミューズメント施設「クリスタルドーム」があり、有料ゾーンの一画として全面再開する。

 また、閉鎖中のホテルを、婚礼や「医療」をテーマにアジアからの誘客を図る「医療ツーリズム」に特化した施設として活用する案も検討する。既に開設すると表明しているアウトレット施設については、複数の大手商社系のアウトレット関係者らの意見を聞きながら、運営方法などを詰める意向だ。
(参:HISがハウステンボス支援合意、閉園回避へ

ソース:毎日新聞
関連記事