マイケルが甘いポートレートになる

(要旨)マイケル・ジャクソン、レディー・ガガそしてエルヴィス・プレスリーらは、お菓子でできたポートレートを与えられたミュージック・アイコンである。

「リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット!」が製作したレディー・ガガの似顔絵は、ガムドロップ、リコリス、M&M'sで出来ている。

マイケル・ジャクソンには死後作られた2つのポートレートがある。一つは全てM&M'sでできたもの、もう一つはリコリスとガムドロップでできている。

全て青いM&M'sで作られたエルヴィス・プレスリーの「キャンディー・ピクチャー」というものもある。ビヨンセやマリリン・モンローにも同じものがある。

すべてのポートレートは全米のリプリーズ・キャンディー・ストアに展示される予定。以下原文。

■ MJ and Others Get Sweet Portraits
(23-3-2010) Michael Jackson, Lady Gaga and Elvis Presley are among the music icons given portraits made entirely of sweets.

Created by 'Ripley's Believe It or Not!', Gaga's likeness is made from gumdrops, licorice and M&M's.

Meanwhile, Michael Jackson has two posthumous portraits - one entirely through M&M's and the other from licorice and gumdrops.

There's also 'candy pictures' of Elvis Presley made totally out of blue M&M's and images of Beyonce and Marilyn Monroe as well.

All of the portraits will be featured in Ripley's Candy Stores across the US.
mj_candy_1.jpg mj_candy_2.jpg

Source: MJFC / Gigwise
関連記事