音楽業界の関係者:ソニーの契約は妥当である(その1)

(要旨)ソニー・ミュージック・エンターテインメントがマイケル・ジャクソン・エステート(以下エステート)と結んだレコード契約の大きさは、当然の疑問を引き起こすだろう:このレーベルにとって賢明な契約なのか?

ジャクソンのスーパースターとしての地位、影響力の大きい創造的遺産そして市場でのMJ商品への貪欲な需要。亡くなった音楽スターの仕事をした経験のある業界幹部たちの一致した見解は、圧倒的に「YES」である。

エステートに対して2億ドルから2億5000万ドルを保障している契約下で、ソニーは2017年までに10のジャクソンの音楽のリリースを行う。2枚組CD「This Is It」はこれらの第一弾としてカウントされている。すでに、未発表曲集の11月発売と、エピックから1979年にリリースされたジャクソンの独創性に富んだ作品「オフ・ザ・ウォール」の2011年の再発売が調整中である。

ジャクソン/ソニーの契約は、最近大々的に報じられたライブ・ネイション・エンターテインメントがマドンナ(1億2000万ドル)やジェイ-Z(1億5000万ドル)と結んだ契約を凌ぐものである。そしてこの契約は、死後も売れ続ける選り抜きのアーティストのグループ(エルヴィス・プレスリー、レイ・チャールズ、フランク・シナトラそしてジミ・ヘンドリックス)にジャクソンを位置づけるものとなる(ジミ・ヘンドリックスの「Valleys of Neptune」はビルボード200で4位を記録した)。ニールセン・サウンドスキャンによれば、6月25日の死去以来、彼のカタログはアメリカで870万枚、全世界で3100万枚を売り上げている。現時点で、2枚組CD「This Is It」はニールセン調べで全米150万枚、ソニーによれば世界では500万枚が売れた。

長期的目標

コロンビア/エピックレーベルのチェアマン、ロブ・ストリンガーによれば、映画そしてサウンドトラック「This Is It」を協議するために集まった昨年夏以来、ソニーはエステートと話し合いを続けている。新しい契約は、1979年まで遡る30年に渡るジャクソンと同レーベルとの提携関係を更新するものである。
ストリンガーは言う。「長期的に何かをしたいと思うための第一の前提は、私たちの契約期間後に作られた曲があるということでした。そして、私たちとエステートとの将来へ向けての体制の一部として完成された曲を希望していました。例えば、もし私たちがエステートと交渉をしなければならず、その上「インヴィンシブル」後のマテリアルについて他のレコードレーベルがサインしていたら、それはとても奇妙なプロセスとなっていたでしょう。すべての環境が整っているということは、両者にとって必要なプロセスだったのです。「This Is It」のサウンドトラックとDVDの両者は私たちの期待以上のものでした。ファンタスティックなアーティストの遺産という意味で、私たちは信じられないほどの浮揚力を持ったものを所有していることが分かっていました」。

ジョン・マクレーンとともにエステートの特別管理人として働いているジョン・ブランカは、この契約は彼とジャクソンがジャクソンの生前に話し合っていた将来のプロジェクトに沿ったものであると言う。「ジョン(マクレーン)と私がしようとしてきたことは、マイケルが気に入ったであろう計画を実行することです」とブランカは言う。「私たちはたくさんの企画を却下してきました。私たちはとても選択的だったのです。そして私たちはとても積極的でもあります。マイケルが誇りに思うであろうことをすることに関しては」。

レイ・チャールズ・マーケティング・グループの代表、トニー・グミナは、ジャクソン/ソニーの合意を音楽業界メジャーにとっての偉大な契約と呼んだ。「2億5000万ドルという数字は信じられないものですが、映画「This Is It」で使われた映像にコロンビア・ピクチャーズが保証した6000万ドルという数字も信じられないものです」とグミナは言う。「この映像は公開以来世界中の興行収入とDVDの売り上げで2億ドル以上を生み出しました」。

プレスリー・エステートを監督しているCKXのチェアマン/CEOのボブ・シラーマンは、ジャクソンのユニークなアピール力という点からこの契約をギャンブルだとは見ていない。「もしジャクソン・カタログでの彼らの経験が私たちのエルヴィス・カタログでの経験と同様であれば・・・・エルヴィス・カタログでは未発表素材、そして再パッケージ化可能な素材の宝の山があった・・・・ソニーとエステートは何かユニークなことを行ってきたでしょうし、大成功となるでしょう」。以下原文(その2に続く。関連:レコード契約の詳細)。
70x53.jpg ■ Music Biz Insiders Say Sony Deal Makes Sense
(19-3-2010) The magnitude of Sony Music Entertainment's landmark recording contract with the estate of Michael Jackson raises an inevitable question: Is it a smart deal for the label?

Given Jackson's superstar status, his influential creative legacy and the market's seemingly insatiable appetite for all things MJ, the consensus of executives who handle works of other deceased music stars is an overwhelming "yes."

Under the contract, which guarantees the estate between $200 million and $250 million, Sony will issue 10 releases of Jackson's music through 2017, with the double-CD "This Is It" soundtrack counting as the first of these. Already in the pipeline is the planned November release of a collection of previously unreleased tracks and a 2011 reissue of Jackson's seminal 1979 Epic album, "Off the Wall."

The Jackson/Sony deal eclipses such recent headline-making unions as Live Nation Entertainment's pacts with Madonna and Jay-Z, pegged at $120 million and $150 million, respectively. And it places Jackson among a select group of artists who posthumously remain major wage earners: Elvis Presley, Ray Charles, Frank Sinatra and Jimi Hendrix, whose new album of unreleased material, "Valleys of Neptune," debuted at No. 4 on the Billboard 200.
Since Jackson's June 25 death, his catalog has generated sales of 8.7 million albums in the United States, according to Nielsen SoundScan, and a reported total of 31 million worldwide. To date, the "This Is It" double CD has sold 1.5 million units domestically, according to SoundScan, and more than 5 million worldwide, according to Sony.

LONG-TERM GOALS

Sony has been in talks with the estate since late last summer, when they came together to discuss the "This Is It" movie and soundtrack, according to Columbia/Epic Label Group chairman Rob Stringer. The new contract renews Jackson's 30-year association with the company, which dates back to 1979.
"My first premise for wanting to do something long-term," Stringer says, "was there was music that was out there post the term of our contract, and I wanted that wrapped up as part of our forward-going structure with the estate. For instance, it would have been a very strange process if we had to deal with the estate and then another record label signed the material post the term after 'Invincible.' It was a much-needed process for both sides to have everything in place. Both the 'This Is It' movie soundtrack and DVD exceeded our expectations. We knew we had something incredibly buoyant in terms of the legacy of a fantastic artist."

John Branca, who with John McClain serves as special administrator for the Jackson estate, says the contract is in keeping with future projects and other ideas he and Jackson had discussed before his death. "What John (McClain) and I have been trying to do is execute a game plan Michael would have been comfortable with," Branca says. "We have turned a lot of things down; we have been very selective. And yet we're also very aggressive about wanting to do these kinds of deals that Michael would have been proud of."

Tony Gumina, president of the Ray Charles Marketing Group, calls the Jackson/Sony agreement a great deal for the major. "The $250 million figure sounds incredible, but so did the $60 million that Columbia Pictures guaranteed for the footage used in the 'This Is It' film," Gumina says. "It has since grossed more than $200 million in worldwide box office and DVD sales."

Bob Sillerman, chairman/CEO of CKX, which oversees Presley's estate, doesn't view the contract as much of a gamble because of Jackson's unique appeal. "If their experience with the Jackson catalog is anything like our experience with the Elvis catalog -- where ... there has been a treasure trove of unreleased material and the ability to repackage material -- then the label and the estate have done something unique and will be immensely successful."
関連記事