レコード契約の詳細

(要旨)すでに周知の通り、マイケル・ジャクソン・エステート(以下エステート)の管理人とソニー・ミュージック・エンターテインメントは史上最大のレコード契約と呼ばれるものをアナウンスした : 今後7年間の10のプロジェクトに対する2億ドルを保証する契約。2017年までの記録破りの契約は、ある条件が整えば最大2億5000万ドルの価値となる可能性がある。

「生前のマイケルの契約は音楽業界のスタンダードとなっています」とエステートの共同管理人ジョン・ブランカは準備された声明の中で述べている。「すべての客観的基準において、ソニー・ミュージックとの今回の合意が既存の業界標準を上回るということは、マイケルの音楽の力が続いていることを誇示しています」。

ブランカは続ける、「私たちとソニーはマイケル・ジャクソンの未来は無限であると感じています」。

ソニー・ミュージックのコロンビア・レーベルのチェアマン、ロブ・ストリンガーは準備された所感で述べている。「私たちはこのアイコンの遺産を守ることに献身します。そして今後、彼の音楽を世界へお届けすることが続けられることに感激しています」。

今後のプロジェクトには、ビデオを編さんしたDVDと翌年の「オフ・ザ・ウォール」(オリジナルは1979年発売)の再発売が盛り込まれるかもしれない。再発「オフ・ザ・ウォール」には新しい独占的マテリアルが多く収録されるだろう。

「私たちがレコードに関連して保有している素材は魅力的で注目に値します」とストリンガーは言う。「私たちはドキュメンタリーとともに全体の土台を築きます。アウトテイクはファンタスティックなものです!私たちは(ジャクソンのキャリアの)全ての時代からの大量の素晴らしい素材を保有しています。私たちは、保有しているものを理解するための全てのことに今取り組んでいます」。

エステートの共同執行人ジョン・マクレーン - ジャクソンの40年来の友人で2001年のアルバム「インヴィンシブル」の一部をプロデュースした - は、今年遅く(おそらく11月)に発売されるであろうアルバムのための未発表素材の選別の指揮を執っている。

「ジョン・マクレーンは私に、候補となる未発表音源が60曲以上にもなる、と言っています」とブランカは言う。「ファースト・アルバムは10曲程度の収録曲となるでしょう。最近のものからヴィンテージものまで、マイケルのファンと共有するのにふさわしい素材です」。

ストリンガーはこの契約をレコード業界の画期的出来事と表現している。「オーディオの権利は異なったプロジェクトへ広がります。それは演劇かもしれないし、映画かもしれない。コンピュータ・ゲームかもしれない、もしくは、2015年には起こるだろう、私が知らないマルチメディア・プラットフォームかもしれない」。

ソニーは、アルバム・セールスの急落と音楽業界の縮小というこの時期に今回の新規合意の契約を結んだが、特にジャクソンの場合のいわゆる「レガシー・アクト(遺産の活動)」と呼ばれるセールスは、この合意についての潜在的利点を示唆している。ジャクソンの死以降の9ヶ月間、3100万枚以上の彼のアルバムが世界で売れ、その3分の2が海外である。

これらのセールスと最近のライセンス契約は2億5000万ドル近くをエステートにもたらし、死去時に金融機関に対して負っていた5億ドル近くの負債のかなりの部分を軽減することとなった。

エルヴィス・プレスリー・エステートは年間5000~6000万ドルを音楽セールスとライセンス契約で稼いでいる。ビートルズは解散後40年たち、2人のメンバー、ジョン・レノンとジョージ・ハリスンが亡くなっているにもかかわらず、市場で繁栄を続けている。実際、1991年にニールセン・サウンド・スキャンが調査を開始して以来、6000万枚以上のビートルズのアルバムがアメリカで売れている。

「エルヴィスやビートルズを見れば、そして彼らのブランドがいかに繁栄しているかを見れば、これらはマイケルに将来待ち受けているものを示しているでしょう」。以下原文。

■ More Details On Record Deal
(16-3-2010) As you have probably heard by now, administrators of Michael Jackson's estate and Sony Music Entertainment, have announced what is being called the biggest recording deal in history: a $200 million guaranteed contract for 10 projects over seven years. The record-breaking contract through 2017 could be worth up to $250 million if certain conditions are met.

"During his life, Michael's contracts set the standard for the industry," said John Branca, the co-administrator of Jackson's estate, in a statement prepared for release Tuesday. "By all objective criteria, this agreement with Sony Music demonstrates the lasting power of Michael's music by exceeding all previous industry benchmarks."

Branca went on to say, "We and Sony feel that the future for Michael Jackson is unlimited."

Rob Stringer, chairman of Sony Music's Columbia Epic Label Group, said in prepared remarks, "We're dedicated to protecting this icon's legacy and we're thrilled that we can continue to bring his music to the world for the foreseeable future."

Future projects may include a DVD compilation of videos and a re-release of "Off the Wall" (originally issued in 1979) next year that will contain a treasure trove of new, exclusive material.

"The stuff we have in the vaults around that record is fascinating and remarkable," Stringer said. "We're going to build a whole platform with a documentary. The outtakes are fantastic! We have a lot of great stuff from around every time period [in Jackson's career]. We're plowing through everything now to understand what we've got."

Jackson estate co-executor John McClain - a 40-year confidant of Jackson's who produced part of his 2001 album "Invincible" - is spearheading the selection of previously unreleased material for an album that could hit shelves later this year; possibly in November.

"John McClain tells me they've got over 60 unreleased recordings that they're choosing from," Branca said. "The first album will have around 10 [tracks]. There's some very recent stuff and vintage stuff that deserves to be shared with Michael's fans."

Stringer went on to describe the deal as a landmark for the recording industry saying, "The audio rights span across different projects. There may be theater. There may be films and movies. There may be computer games -- or multimedia platforms that I don't know about today that will happen in 2015."

Although Sony enters into the new agreement at a time of plummeting album sales and widespread music industry contraction, sales of so-called "legacy acts" and Jackson's in particular, suggest the potential upside of the agreement. In the nine months since Jackson's death, more than 31 million of his albums have been sold worldwide with two-thirds occurring overseas.

Those sales and recent licensing deals have brought in close to $250 million to the estate, easing a substantial portion of the nearly half-billion dollars of debt Jackson owed to financial institutions at the time of his death.

The Elvis Presley estate takes in between $50 million and $60 million annually through music sales and licensing deals. The Beatles continue to thrive in the marketplace four decades after their breakup and despite the deaths of two members, John Lennon and George Harrison. In fact, more than 60 million Beatles albums have been sold in the US since Nielsen SoundScan began tracking retail sales in 1991.

"If you look at Elvis and the Beatles, and how their brands are thriving, they only hint at what the future holds for Michael," Branca said.

Source: MJFC / latimes.com / AP
関連記事