ローマン・バンクス、MJ the Musicalの米国ツアーで主演

ローマン・バンクス(ブロードウェイ「Dear Evan Hansen」、テレビシリーズ「High School Musical: The Musical: The Series」)が、MJの最初の米国内ツアでマイケル・ジャクソンを演じる。

キャスト発表時のビデオはこちら

監督のクリストファー・ウィールドンはこう述べている。「素晴らしい才能を持つローマン・バンクスがMJでマイケル・ジャクソンとしてアメリカ中のオーディエンスを圧倒するでしょう。とても興奮しています。ローマンは素晴らしいパフォーマーであり、最初の全米ツアーを彼に率いてもらえることは幸運なことです」。
MJは、2023年8月1日から9月2日まで、Broadway In ChicagoのJames M. Nederlander Theatreにて最初の全米ツアーを開始する。プレスへの公式なお披露目は2023年8月9日に予定されている。キャストの全容は後日発表される。チケット等の詳細やツアー・スケジュールはMJTheMusical.comで確認できる。
音楽、ムーヴ、象徴。史上最高のエンタテイナーの比類なき芸術性が、MJとして今、シカゴにやって来る。トニー賞を複数受賞の新作ミュージカルは、1992年のDangerousツアー前後が舞台であるが、このミュージカル自体がツアーに出ることになる。トニー賞受賞の監督/振付師のクリストファー・ウィールドンとピュリッツァー賞を二度受賞したリン・ノッテージが製作する本作は、マイケル・ジャクソンの唯一無二のムーヴや象徴的サウンドのみならず、伝説となったマイケル・ジャクソンが放った創造性やコラボレーション・スピリットを見せてくれる。

MJ制作チーム
舞台美術:デレク・マクレーン(トニー賞、エミー賞)、照明デザイン:ナターシャ・カッツ(トニー賞受賞)、衣装デザイン:ポール・タズウェル(エミー賞、トニー賞)、音響デザイン:ガレス・オーウェン(トニー賞)、プロジェクション・デザイン:ピーター・ニグニーリ(トニー賞ノミネート)、ヘアデザイン:チャールズ・ラポイント(エミー賞ノミネート)、ミュージック・スーパーバイザー:デヴィッド・ホルセンバーグ(トニー賞ノミネート)、オーケストレーション/編曲:デヴィッド・ホルセンバーグ、ジェイソン・マイケル・ウェブ(トニー賞)、音楽監督:ジェイソン・マイケル・ウェブ
ブロードウェイ作品、ツアー作品ともにプロデュースはリア・ヴォラック、ジョン・ブランカ、ジョン・マクレーンが務める。

ローマン・バンクス:俳優、ミュージシャン。ブロードウェイ作品「Dear Evan Hansen」でのエヴァン役を演じた最初の黒人俳優として知られる。この役の後、バンクスは「High School Musical: The Musical: The Series」のハウイ役でゲスト出演、そして、TikTokの初のライブストリーム・ミュージカル「For You, Paige」へ出演している。ステージや映画に加え、インスタグラム、TikTok、twitter(@romanwbanks)でデジタル視聴者を開拓している。

Source: broadwayworld.com
関連記事