Thriller 40周年、マイケル・ジャクソンがビルボード・チャートへ帰ってきた

マイケル・ジャクソンの最も重要なアルバムの一つにして、そのリリースが大きな影響を与えたThrillerに関するヘッドラインやSNSのスレッドを見かける機会は想像以上である。その理由は、同アルバムが発売40周年を迎えているからだ。最初にリリースされたのは1982年11月30日である。

クインシー・ジョーンズのプロデュースによる同アルバムは、MJとジョーンズが作ったからというだけでなく、このアルバムが表すカルチャーの変化という意味で伝説である。1982年に生きていた人なら、最初にThrillerやBillie Jean、Beat Itを聴いた時どこにいたか、何をしていたかを答えることができる。これらの曲のために製作されたビデオもまた、ミュージック・ビデオの歴史を生み出した。ベビーブーム世代やX世代はテレビで流されていた"お断り"を忘れているかもしれない。なぜなら、Thrillerは不安や恐怖そして万人にとって心地よいものではないものと噂されていたからだ。

今ではThrillerはYouTubeのトップビューであり、ハロウィンの時期には大量のフラッシュモブを生み出している。そしてこのアルバムに収録されている曲はどれもこの40年間、ずっとヘビーローテーションのままである。

さあ、Thrillerについて型どおりに、そしてこのアルバムの歴史の中で特筆すべきポイントを指摘しつつ見ていこう。

1 史上最大、最高売り上げのアルバムであると見なされている。RIAAによるプラチナ認定を受けている。
2 1982年のリリース以来、世界で7000万枚以上を売り上げている。
3 このアルバムは1984年に最高記録の数のグラミー賞を獲得している。最優秀アルバム賞、最優秀男性ポップボーカル賞などトータル8部門である。
4 2008年、レコーディング・アカデミーのロックの殿堂入り。
5 2009年12月、史上初、そして現在も唯一のアメリカ国立フィルム登録簿に登録されたミュージック・ビデオとなった。アメリカ議会図書館は「文化的、歴史的、あるいは美的に重要なレコーディングである」との栄誉を授与した。
6 ビルボードは「Billie Jean」を1983年のナンバー2の曲とした。この曲は9か国でトップとなり、ソロとしてジャクソンの最高売り上げのシングルとなった。
7 当時、Thrillerのミュージック・ビデオは制作費が史上最高額で、制作予算でおよそ100万ドルだった。
8 Thriller40周年記念アルバムにはオリジナルのトラックリストに加え、機会が少ないかあるいは未発表の制作時に製作された曲やデモが収録されている。Thrillerのオリジナル・バージョンの「Starlight」や「The Toy」、「Got the Hots」、「Sunset Driver」等である。
9 オリジナルのアルバムが今週ビルボードのトップ200に復帰した。7位を獲得している。
10 40周年アルバムはアルバム単位相当で37000枚を売り上げ、上記ビルボード・チャートでの急上昇につながった。このうち27500枚が伝統的アルバム・セールスであり、前週比820%増を記録している。

40周年記念は、祝日のショッピングやお祝いのシーズンに合わせて多岐にわたり考えられている。例えば、マイケル・ジャクソン・エステートはソニー・ミュージックと共同で、ニューヨークやソウルなど世界中のいくつかの都市で11月18日から20日までの間、没入体験のできるイベントを開催した。それは無料一般公開で、ライブ・パフォーマンスやミュージック・ビデオ観覧、レクリエーションなどがあり、リマスターされた記念アルバムのリリースで最高潮を迎えた。記念アルバムには以前から取り沙汰されていた未発表曲も収録されている。Thriller40のドキュメンタリーも公表されている。

リマスターされた2枚組記念アルバムはマイケル・ジャクソンのウェブサイトで13.98ドルで販売されている。

■‘Thriller’ Turns 40, Michael Jackson Returns To Billboard Charts

More than likely you have been seeing a lot of news, headlines and social media threads about Thriller, one of Michael Jackson’s most important albums and one of music’s most influential releases. The reason for the celebration is because of the 40th anniversary of the collection, which originally released on November 30, 1982.

The Quincy Jones-produced album is legend not only because MJ and Jones created it, but because of the culture shift it represents. Folks alive in 1982 can tell you where they were and what they were doing when they first heard “Thriller,” “Billie Jean” or the seminal “Beat It.” The videos for those songs also created music video history. What Baby Boomer or Gen Xer can forget the disclaimer that ran on television because Thriller was rumored to be disturbing and scary and perhaps not suitable for all audiences.

Now “Thriller” is a top view on YouTube and racks up plenty of flash mob dancing every Halloween season. And every song on that album has remained on high rotation for four decades.

Let’s look at Thriller by the numbers and by noting significant points in the album’s history.

1 It is is considered one of the biggest albums and best-selling albums of all time, having been certified platinum by the Recording Industry Association of America.
2 It has sold more than 70 million copies worldwide since its release in 1982.
3 The album took home a record-breaking number of Grammys in 1984: 8 in total, including Album of the Year and Best Pop Vocal Performance, Male.
4 In 2008, Thriller was inducted into the Grammy Hall of Fame by the Recording Academy.
5 In December 2009, Thriller became the first - and still, the only - music video into the US National Film Registry. The Library of Congress gives this honor to "culturally, historically, or aesthetically significant recordings."
6 Billboard ranked “Billie Jean” as 1983’s No. 2 song. It topped the charts in nine countries and went on to became Jackson's best-selling solo single.
7 At the time, the music video for “Thriller” was the most expensive video ever made, topping at around $1 million in production budget.
8 The Thriller 40 anniversary album includes the original track list plus a handful or previously unreleased tracks and demos from the original album sessions, which include “Starlight,” the original version of “Thriller,” “The Toy,” “Got the Hots” and “Sunset Driver.”
9 The original album went back to the Billboard top 200 this week by snagging the No. 7 spot.
10 The 40th anniversary album moved 37,000 equivalent album units, which helped it make that leap on the Billboard chart. Of that number, 27,500 come from traditional album sales that mark a sales increase of 820% over those of the previous week.

The celebration is multi-pronged and designed to work well with holiday shopping and celebration season. For example, Jackson’s estate paired with Sony Music to celebrate an immersive experience that ran from November 18 - November 20 in several cities around the world, including New York City and Seoul. It was free to the public and included live performances, music video viewing and set recreations and culminated with the re-mastered release of the anniversary album, including the before-mentioned unreleased music. The documentary Thriller 40 was also released.
The remastered, anniversary double CD retails for $13.98 on the Michael Jackson website.

Source:forbs.com
関連記事