マイケル・ジャクソン1983年のクラシック、"Beat It" その裏の意味

「Thriller」のリリース以降、ポップ・ミュージックはそれまでとは決して同じではない。

マイケル・ジャクソンの6作目のアルバムは、当時最も高価なミュージックビデオ(予算は100万ドル)を「Thriller」用に導入した。そしてその振付や衣装デザイン、そしてなによりゾンビをストーリーラインとした13分の短編(ショートフィルム)であるということに注目が集まった。そして「Thriller」はジャクソンに1枚のアルバムからの最多ヒットシングルをもたらした。「Billie Jean」、「Wanna Be Startin’ Somethin'」、「Human Nature」、「P.Y.T. (Pretty Young Thing)」、ポール・マッカートニーとのデュエット「The Girl is Mine」、そしてよりハードなロックの「Beat It」である。

反暴力のメッセージ

「beat」という単語には暴力行為の意味があるが、若きマイケル・ジャクソンと共同プロデュースのクインシー・ジョーンズによって書かれたこの曲の隠された実際の意味は、いかなる暴力も避け、争いから距離を置くということが中心に据えられていた。

出だしのヴァースでは勝者か敗者かという状況にいつもいる男について語られ、ジャクソンは、ギャングに加わり自分自身を証明しようとする若い男に対し、そこを離れるように語り掛けている。

奴らは言った。「このあたりをうろつくな、お前の顔なんか見たくねえ、とっとと失せやがれ」
奴らの目は燃え盛り、そして奴らの言葉にウソはない
だから逃げろ、ただ逃げろ

走れ、できることをやれ
血を見たいなんて思うな、マッチョになるな
タフになれ、できることをやれ
だから逃げるんだ、でも君はワルになりたがる

曲が進むにつれて、状況は善と悪の戦いになる。自分自身のために立つ(そして戦う)のか、あるいは弱いと思われてしまうのか。男が直面するこうしたプレッシャーというものを、そしてこうしたことで暴力の悪循環が続いてしまうということをこの曲は示しているのである。

奴らは君を捕まえようとしている。逃げた方がいい、できるなら。
男になろうとするな、ちゃんとした人になれ。
生きたいのなら、できることをするべきだ。
だから逃げろ、ただ逃げろ。

ブルっていないことを見せなければならない。
君は自分の人生をもてあそんでいる。これは真実でも挑戦でもない。
奴らは君を蹴るだろう、そして殴るだろう。
そしてそれがフェアなのだと君に言うだろう。
だから逃げろ、でも君はワルになりたがる。

とにかく逃げろ(逃げろ)、逃げろ(逃げろ)
負けたい奴なんかいない
自分のケンカがファンキーで強いということを見せているんだ。
誰が正しいとか悪いとかは関係ない。
だから逃げろ(逃げろ、逃げろ、逃げろ)
逃げろ(逃げろ、逃げろ)

平和が勝ち

誰も負け犬とは思われたくない。平和的に解決することが最善だ。ビデオでは最終的には両者は手打ちとなる(監督はボブ・ジラルディ。振付はマイケル・ピーターズ。ピーターズはヴィンセント・パターソンとともにリード・ダンサー(ギャングのリーダー)としてナイフの決闘を演じている)・・・そしてジャクソンとのダンスだ。

このビデオは音楽やアートが暴力を終わらせ得るということを示してもいる。

エディ・ヴァン・ヘイレン

ジャクソンの古典であるこの曲のヒットを決定づけているものの一つは、他ならぬ故エディ・ヴァン・ヘイレンによる最高に印象的なギター・リフである。ヴァン・ヘイレンは、スティーブ・ルカサーをはじめとするTotoのメンバーとともに、オフィシャル"Beat It"バンドを構成している。

ジャクソンのニューシングルのギター・パートを書いてほしいと最初に依頼された時、彼はいたずら電話だと思ったが、依頼が本物だとわかると彼はジャクソンとシェアすべくギター・パートをレコーディングした。「マイケルが加わった時にはセカンド・ソロを仕上げていたよ。アーティストっていうのはクレイジーな連中でね。俺たちはみんな少し変だった。俺がやったものに彼がどう反応するかはわからなかったから、聞く前に彼に警告したよ。『まあ聞いてみて。君の曲のミドルセクションを変えたんだ』って言ってね」と彼は2012年のインタビューで語っている。

ヴァン・ヘイレンは自分のギター・パートにジャクソンがどう反応するかわからなかった。

「曲を台無しにしたと言ってボディガードに俺をつまみ出させるか、気に入るかのどっちかだったろうと思うよ」とヴァン・ヘイレンは振り返る。「それで彼は曲を聴いて、俺の方を向いてこう言ったんだ。『すごいよ。ありがとう。熱意だ。ちょっと来てパッとソロをやるっていうんじゃなくて、曲のことをよく考えて良くしてくれたね』ってね」。

「Beat It」が遺したもの

「Beat It」はビルボードHOT100のトップに立ち、1984年のグラミー賞(最優秀レコード賞、男性最優秀ロック・ボーカル・パフォーマンス省)に加えてアメリカン・ミュージック・アワードでも2つの賞を受賞した。「Beat It」はマイケル・ジャクソンをポップのスターダムへと押し上げ、アルバム「Thriller」を史上最も売れたアルバムにしたのである。

■The Meaning Behind Michael Jackson’s 1983 Classic “Beat It”

Pop music was never the same once Thriller was released.

Michael Jackson’s sixth album introduced one of the most expensive music videos (with a $1 million budget) at the time for “Thriller,” and one focused more on choreography, and costume design—and the first to run like a short film at 13 minutes around a zombified storyline. Thriller also gave Jackson the most hits off a single album with “Billie Jean,” “Wanna Be Startin’ Somethin'” “Human Nature,” “P.Y.T. (Pretty Young Thing),” his Paul McCartney duet on “The Girl is Mine,” and the harder rocking “Beat It.”

Anti-Violent Message

Though the word “beat” can connote an act of violence, the meaning behind the song, written entirely by Michael Jackson and co-produced with Quincy Jones, is actually centered around avoiding violence at all costs and pulling oneself away from a fight.

Told from the perspective of a man who often finds himself in situations where he’s either the winner or loser, in the opening verses, Jackson is telling a young man, who has joined a gang and is still trying to prove himself, to stay away.

They told him, “Don’t you ever come around here”
“Don’t wanna see your face, you better disappear”
The fire’s in their eyes and their words are really clear
So beat it, just beat it

You better run, you better do what you can
Don’t wanna see no blood, don’t be a macho man
You wanna be tough, better do what you can
So beat it, but you wanna be bad

As the song progresses, it’s a battle of good versus evil, showcasing the pressure many men face to stand up for themselves (and fight) or be considered weak and how this can continues a vicious cycle of violence.

They’re out to get you, better leave while you can
Don’t wanna be a boy, you wanna be a man
You wanna stay alive, better do what you can
So beat it, just beat it

You have to show them that you’re really not scared
You’re playin’ with your life, this ain’t no truth or dare
They’ll kick you, then they’ll beat you
Then they’ll tell you it’s fair
So beat it, but you wanna be bad

Just beat it (beat it), beat it (beat it)
No one wants to be defeated
Showin’ how funky and strong is your fight
It doesn’t matter who’s wrong or right
Just beat it (beat it, beat it, beat it)
Beat it (beat it, beat it)

Peace Wins

No one wants to be considered a “loser,” but handling a situation peacefully is the way to go. In the video, directed by Bob Giraldi and choreographed by Michael Peters—who also performs along with Vincent Paterson as one of the two lead dancers (gang leaders) acting out a knife fight—by the end both sides reach a truce … and dance along with Jackson.

The video also shows how music, and art, can help end some violence.

Eddie Van Halen

Sealing the fate of Jackson’s classic hit was one of the most iconic guitar riffs provided by none other than the late Van Halen guitarist, Eddie Van Halen. Along with Toto guitarist Steve Lukather and other members of the band, Van Halen rounded out the official “Beat It” band.

When Van Halen was first asked to write a guitar part for Jackson’s new single he initially thought he was receiving a prank call, but laid down a guitar part to share with Jackson once he realized the request was real. “I was just finishing the second solo when Michael walked in,” said Van Halen in a 2012 interview. “And you know artists are kind of crazy people. We’re all a little bit strange. I didn’t know how he would react to what I was doing. So I warned him before he listened. I said, ‘Look, I changed the middle section of your song.’”

Van Halen was wondering how Jackson would react to his guitar parts.

“Now in my mind, he’s either going to have his bodyguards kick me out for butchering his song, or he’s going to like it,” remembered Van Halen. “And so he gave it a listen, and he turned to me and went, ‘Wow, thank you so much for having the passion to not just come in and blaze a solo, but to actually care about the song, and make it better.’”

The Legacy of “Beat It”

“Beat It” hit No. 1 on the Billboard Hot 100, and won the Grammy Awards for Record of the Year and Best Male Rock Vocal Performance in 1984, along with two American Music Awards. The song helped launch Michael Jackson into pop stardom and made Thriller one of the best-selling albums of all time.

Source : american songwriter
関連記事