ボーナス・トラック:Behind The Mask

ボーナス・トラック:Behind The Mask

マイケル・ジャクソン・エステートとソニー・ミュージックは、Thriller40に収録されるボーナス・トラックについて、11月のリリースまでに順次公開していく。その最初の発表は「Behind The Mask」のオリジナル・デモだ。

元々「Behind The Mask」はイエロー・マジック・オーケストラがリリースした曲だ。80年代初めころ、クインシー・ジョーンズがこの曲をマイケルに紹介した。マイケルは歌詞をメロディーを付け足した。「Behind The Mask」は「Thriller」への収録が計画されていたが、イエロー・マジック・オーケストラ側のマネジメントとの話し合いの末、ロイヤリティの問題で候補から外された。マイケル・バージョンのリミックスは2010年に死後のアルバム「Michael」で発表された。マイケル・バージョンはリリース前に何人かのアーティストによってレコーディングされている。最も有名なのは英国のロック・スター、エリック・クラプトンによるもので、1987年にシングルが英国チャートで15位となった。

マイケルの2010年バージョンにはサックスのソロと(1992年のDangerousツアーの)観客の歓声が取り入れられている。シングルはラジオ用とレコード・ストア・デー用の7インチ・ビニール盤のみがリリースされている。

behind-the-mask-2.jpg


■Bonus Track: “Behind The Mask”
Michael Jackson’s Estate, along with Sony Music, are announcing the bonus tracks for “Thriller 40” one at a time between now and its November release. Today they kick started their announcement with the original demo of “Behind the Mask.”

“Behind the Mask” was a song originally released by the Yellow Magic Orchestra. In the early 1980s Quincy Jones introduced the song to Michael. The singer then contributed more lyrics and added an accompanying melody. “Behind the Mask” was planned to be on “Thriller” but it was dropped due to a royalties dispute with Yellow Magic Orchestra’s management. A remix of Michael’s version was released on the 2010 posthumous album “Michael.” Several artists recorded Michael’s version and released it before his was made public. The most famous rendition came from British rock star Eric Clapton. His single hit number 15 on the UK charts in 1987.

Michael’s 2010 version included a new saxophone solo and crowd noise (taken from the 1992 Dangerous Tour). The single was released for radio only and as a limited 7″ vinyl for Record Store Day.

Source:MJWN
関連記事