フェイクと噂されているマイケル・ジャクソンの3曲がストリーミングから除外される

フェイクのボーカルだと根強く噂されているマイケル・ジャクソンの3曲が、Spotifyやアップル・ミュージックなどのストリーミング・サービスから除外された。
ソニー・ミュージックとマイケル・ジャクソン・エステートは木曜日、エンタテイメント・ウィークリーに対して"Breaking News"、"Keep Your Head Up"、"Monster"(マイケル・ジャクソン死去後の2010年のコンピレーション・アルバム"Michael"に収録)が下げられたことを認めた。ただし、この動きはこれら楽曲の正当性とは無関係だと強調した。

「マイケル・ジャクソン・エステートとソニー・ミュージックは、"Breaking News"、"Keep Your Head Up"、"Monster"を除外することを決定しました。これらの楽曲に関係する会話を乗り越えるためのシンプルにしてベストな方法だからです。重要なことは原点、すなわちマイケル・ジャクソンのレガシーを讃えるエキサイティングな既存のそして新しいプロジェクトです・・・。これらの楽曲の正当性に関する今回の措置についてはこれ以上の説明がなされるべきではありません。今はただ、これらの楽曲を取り囲む騒動を乗り越えるべきなのです」と共同声明では述べられている。

こうした論争は2014年にさかのぼる。あるファンがエステートとソニーを訴え、これらの3曲・・・2009年にジャクソンが亡くなる2年前にレコーディングされたとされる・・・は実際はジャクソンのボーカルではないと主張した。エステートとソニーはその主張を否定し、控訴裁判所の判事はエステート側に有利な裁定を下した。すなわち、エステートとソニーはジャクソンがその歌を歌ったかどうかについては知らなかったため、責任はないというものだった。

この訴訟でエステートの弁護士ハワード・ワイツマンは、エンジニア、ミュージシャン、ボーカル・ディレクター、業界の重鎮、音楽学者ら大勢がボーカルの正当性の判断に関わったと述べていた。Variety誌によれば彼はこう語ったという。「大規模な調査の結果や、マイケルとスタジオで仕事をしたことのある人々によるニューアルバムのボーカルは彼のものであるとの説明もあり、私たちには完ぺきな自信があります」。

■3 Michael Jackson songs removed from streamers amid rumors of fake vocals
Jackson's estate and Sony Music say it's "time to move beyond the distraction surrounding" the songs.

A trio of Michael Jackson songs have been removed from streaming services including Spotify and Apple Music amid persistent rumors that they feature faked vocals.

Sony Music and Jackson's estate confirmed to EW on Tuesday that the tracks "Breaking News," "Keep Your Head Up," and "Monster" — all from the late singer's posthumous 2010 compilation album Michael — had been pulled, though they stressed that the move had nothing to do with the music's authenticity.

"The Estate of Michael Jackson and Sony Music decided to remove the tracks 'Breaking News,' 'Monster' and 'Keep Your Head Up' as the simplest and best way to move beyond the conversation associated with these tracks once and for all," the parties said in a joint statement. "The focus remains where it belongs — on the exciting new and existing projects celebrating Michael Jackson's legacy… Nothing should be read into this action concerning the authenticity of the tracks — it is just time to move beyond the distraction surrounding them."

The controversy dates back to 2014, when a fan sued Jackson's estate and Sony and alleged that the three songs — reportedly recorded two years before Jackson's 2009 death from cardiac arrest — don't actually feature his vocals. Jackson's estate and Sony denied the allegations, and appeals court judges ultimately ruled in their favor, determining that the estate and Sony didn't know for certain whether Jackson sang the songs, so they weren't liable.

In the lawsuit, Howard Weitzman, an attorney for the estate, cited numerous engineers, musicians, vocal directors, executives, and musicologists consulted to determine the authenticity of the vocals. According to Variety, he said, "We have complete confidence in the results of our extensive research as well as the accounts of those who were in the studio with Michael that the vocals on the new album are his own."

Source: Entertainment Weekly
関連記事