論争となったカシオ・トラックが削除される

2010年にマイケル・ジャクソン・エステートがリリースした死後初のアルバムはファンの間で注視され論争となってきた。
同アルバムはシンプルに「Michael」というタイトルがつけられ、エイコンとの"Hold My Hand"(2008年にリークされている)など10曲が収録された。2004年の「Ultimate Collection」に収録されたものの別バージョンの"(I like) The Way You Love Me"も収録された。
しかしながら3曲が非難を浴びた。"Keep Your Head Up"、"Monster"、"Breaking News"は、本当にマイケルが歌っているのか、物まねの達人が歌っているのではないかとの疑問が投げかけられてきた。MJのファン・コミュニティの間ではこれらの3曲はフェイクであるというのが一般的な見方だ。
私たち(MJWN)はエステートが意図的にフェイク素材をリリースしたとは考えないが、エディ・カシオらカシオ兄弟によって騙されたと信じられている。カシオ兄弟は生前のマイケルと親しく、これらの曲はカシオ兄弟が作ったものだ。現在はカシオ・トラックとして知られている。
ファンたちはカシオ・トラックに対して不満を表明し、エステートは、虚偽広告だと主張するファンたちから訴訟を起こされた。驚くべきことに、今これらの3曲はアップル・ミュージックなどの主要ストリーミング・プラットフォームから削除されている。Spotifyはまだ配信しているが、まもなく追従するものと思われる。
制作から12年、これは大ニュースであり重大な日となった。
追記:世界最大のストリーミング・サービスであるSpotifyもカシオ・トラックを取り下げた。

■Controversial Cascio Tracks Removed

Since it’s release in 2010, the first posthumously released album from Michael Jackson’s Estate has come under scrutiny and controversy from fans.

The album simply entitled ‘Michael’ included 10 tracks including ‘Hold My Hand’ with Akon, which was leaked in 2008. It also included ‘(I like) The Way You Love Me,’ an alternate version of which was released on the 2004 ‘Ultimate Collection’ multi disc album.

However three tracks have come under fire. ‘Keep Your Head Up,’ ‘Monster’ and ‘Breaking News’ have all had doubt cast over them as to whether or not it’s actually Michael singing or a sound alike. General opinion across the MJ fan community is that these three songs are fake.

While we don’t believe the Estate would intentionally release fake material, there is belief they were misguided by Eddie Cascio and his brothers. They were close friends of Michael during his life, and the songs were written by them. The tracks are now known as the Cascio tracks.

While fans have been vocal about their displeasure over the Cascio tracks, the Estate has also been hit with a lawsuit from fans claiming false advertising of a product. Amazingly today those three tracks have now been removed from most major streaming platforms including Apple Music. Spotify still have them on there, though we assume they will follow soon.

This is huge news and a monumental day 12 years in the making.

Source: MJWN

Update June 30th: Spotify, the largest streaming service in the world, has now also taken down the offending tracks.
関連記事