MJ:the musicalはグローブのように輝く

「もしこのアイディアを受ける場に僕がいなければ、神はそれをプリンスに与えるかもしれない」。マイケル・ジャクソンはかつて言った(悲運に終わった彼のツアーのリハーサルを描いたドキュメンタリー「This Is It」の監督に向けての言葉)。新作ブロードウェイ・ミュージカル「MJ:the musical」ではこの言葉が印象的なフレーズとして形を様々に変えて登場する。インタビューや歌詞から直接引用されるいくつかのダイアログの一つである。これは本物だ。

プリンスとマイケル・ジャクソンは、ホイットニー・ヒューストンと並び、80年代から90年代のブラック・ポップ・スターの頂点である。だが、プリンスがファースト・アルバムをリリースした時、ジャクソンはすでにナンバーワン・ヒットを連発し、9年間でビートルマニアに匹敵する名声と人気を得ていた。MJ:the musicalは、1992年のDangerousワールド・ツアーのリハーサルを通じて、波乱に富んだ彼の歴史的キャリアを描いている。「Motown: The Musical」や「Ain’t Too Proud: The Life and Times of the Temptations」以来の、有名なアフリカン・アメリカン・ミュージックのブロードウェイでのステージ化だ。

ピュリッツァー賞受賞歴のあるリン・ノッテージによる脚本のMJ:the musicalは、ダンサーを引き連れた「Beat It」のダイナミックなランスルーを行うシーンから始まる。そしてこのプロットへとストーリーは進む。すなわち、メディア嫌いのジャクソンが繰り返した返答よりも深いストーリーを探し求めるMTVのリポーターだ。主演のマイルズ・フロスト(NetflixのFamily Reunionに出演)は、数々の振り付けを生き生きとこなして30代中盤のMJを演ずる。両の拳は握りしめ、頭を前に(頭は下げ、上目遣い)、羽のようにソフトに話す、という具合だ。

MJ:the musicalのストーリーはジョー・ジャクソン(Lifetime制作の近年のジャネット・ジャクソンのドキュメンタリーが試みたように、本作でも彼の名誉を回復している)にそのペーソスを見る。本作では4年前に亡くなったパパ・ジョーを悪名高い厳しい親方として描くが、ノッテージは、マイケル・ジャクソンの完ぺき主義(ダンサーたちに完ぺきにコピーさせる)と父親の容赦のない期待をリンクさせるというひねりを加えている。

制作側は、MJ:the musicalの振り付けはマイケル・ピーターズやグレッグ・バージ
、ヴィンセント・パターソンのオリジナル・ビデオの振り付けであると認めているが、毎年のハロウィンの「Thriller」のフラッシュモブがこうした素晴らしいムーヴに対する感覚を鈍らせている中で、(特に"Thriller"に対して)監督で振付師のクリストファー・ウィールドンによって加えられた変更は新鮮だ。

過度にドキュメンタリー化されたマイケル・ジャクソンの生涯の主なマイルストーンがここでは説明されている。すなわち、モータウンからの逃避、プロデューサーのクインシー・ジョーンズによるニックネーム"Smelly"、"Off the Wall"のグラミー賞落選と"Thriller"でのリベンジ、ペプシCMでの負傷、果てはデメロール中毒の悪化まで。唯一ぼやかされているのは児童性的虐待疑惑だ(HBOの"Leaving Neverland(2019年)"で最近再び浮上した)。

Playbillによると"マイケル・ジャクソン・エステートとの特別な取り決め"のもとにプロデュースされており、彼の有名な衣装(デザイナー、ポール・テイズウェルが協力)や彼の有名なソロ・ヒット曲("Thriller","Bad")、ジャクソン5のヒット曲("ABC","I'll Be There")、The Wizのヒット曲("Ease on Down the Road")、アウトテイク("Price of Fame")、ファンの人気曲("Smooth Criminal")、それほどでもない曲("Tabloid Junkie")などに手を加えることも制限されていない。時折、全体的に通路でダンスをすることの言い訳のように感じることもあるが、マイケル・ジャクソンのファンががっかりしたまま置き去りにされることはないだろう。

■MJ the Musical Glitters Like a Glove

“If I’m not there to receive these ideas, God might give them to Prince,” Michael Jackson said once (to the director of This Is It, the documentary about rehearsals for his ill-fated farewell tour). A variation of the line plays as a punchline in the new Broadway musical MJ The Musical, one of several pieces of dialogue taken straight from his interviews or song lyrics. Score one for authenticity.

Prince and Michael Jackson are the highest tentpoles of Black pop superstardom from the ’80s and ’90s this side of Whitney Houston. But when Prince released his first album, Jackson had already been used to number one hits, Beatlemania levels of fame and popularity for nine years. MJ shares the dramatic highs and lows of Jackson’s historic career up through 1992 rehearsals for the Dangerous World Tour, staging some of the most well-known African-American music on Broadway since Motown: The Musical or Ain’t Too Proud: The Life and Times of the Temptations.

MJ, written by Pulitzer-winning playwright Lynn Nottage, begins with the star doing a dynamic run-through of “Beat It” with his dancers and quickly settles into the plot: an MTV reporter searching for a deeper story than Jackson’s media-averse, soundbite answers reveal. Lead actor Myles Frost (of Netflix’s Family Reunion) nails all of the vigorous choreography and plays a mid-30s M.J. mainly by balling both fists, leading with his forehead (head down, eyes up) and speaking soft as a feather.

The MJ story finds its pathos in Joe Jackson, the late patriarch of the Jackson family, whom the play largely redeems as much as Lifetime’s recent authorized Janet Jackson documentary attempts. The play paints Papa Joe—who passed away four years ago—as a notoriously unforgiving taskmaster, but Nottage serves a twist by making the link between Michael Jackson’s demanding perfectionism (running his dancers through the motions) with his father’s unrelenting expectations.

The production acknowledges the original video choreography of Michael Peters, Gregg Burke and Vincent Paterson in MJ’s program. But with Halloween’s annual “Thriller” flashmobs desensitizing us all a little bit to those amazing moves, it’s refreshing that a few alterations were made (to “Thriller” in particular) by the musical’s director-choreographer Christopher Wheeldon.

Most major milestones of Michael Jackson’s overly documented lifespan are accounted for here: the Jacksons’ flight from Motown; producer Quincy Jones nicknaming him “Smelly”; the Off the Wall Grammy Awards snub and Thriller retribution; the Pepsi commercial disaster; even his growing addiction to Demerol afterwards. What’s only alluded to (predictably) are his child molestation allegations, which resurfaced even recently as the subject of HBO’s Leaving Neverland (2019).

Produced “by special arrangement with the Michael Jackson estate” according to the Playbill, no holds were barred reproducing his famous wardrobe choices (courtesy of designer Paul Tazwell) and his even more famous discography—solo hits (“Thriller,” “Bad”), Jackson 5 hits (“ABC,” “I’ll Be There”), The Wiz hits (“Ease on Down the Road”), outtakes (“Price of Fame”), fan favorites (“Smooth Criminal”) and not-so-favorites (“Tabloid Junkie”). Though the whole enterprise sometimes feels like an excuse for dancing in the aisles, Michal Jackson’s fans certainly won’t leave disappointed.

Source: ebony
関連記事