【Leaving Neverland】 HBOに対する裁判の上訴審で勝訴

ドキュメンタリー「Leaving Neverland」の放映により批判禁止条項に違反したとして、HBOに対する仲裁を可能とするよう求めた上訴審で、マイケル・ジャクソン・エステートが勝訴した。

エステートはこれまでにHBOに対して1億ドルの損害賠償を求めており、同ドキュメンタリーが機密条項に反していると述べている。(下級審では仲裁を求めたエステートの動議を認める裁定が昨年下っていた)

その後、HBOが上訴していたが、第九巡回上訴裁判所の3人の判事は下級審の裁定を支持した。判事らは、この訴訟がHBOの主張するように"根拠不十分"となる可能性もあるが、仲裁人による判断が必要であると述べた。「本契約には幅のある仲裁条項があり、継続中の守秘義務にHBOが違反しジャクソンの名誉を傷つけているとする申し立てはこの仲裁条項の範囲内にある」。「このような申し立てに対する仲裁を両者が受け入れるか否かについてのみ裁判所では確認をする。申し立てが検討に値するかどうかを決定するのは仲裁人である」と判事らは述べている。

HBOには上訴あるいは仲裁に持ち込むという選択肢が残された。

■Estate Wins Appeal
The Michael Jackson Estate has won an appeal that will allow them to pursue arbitration against HBO, for breaking a non-disparagement clause with the airing of ‘Leaving Neverland’.

Michael’s Estate has previously sued HBO for $100 million saying the documentary breaks a confidentially clause they had with them.

HBO later appealed, but now a panel of three judges of the 9th Circuit Court of Appeal has upheld a ruling by the lower court. The judges agreed that the lawsuit may be “frivolous” but have said that it needs to be decided now by an arbitrator. “The contract contained a broad arbitration clause that covers claims that HBO disparaged Jackson in violation of ongoing confidentiality obligations, “ the judges said. “We may only identify whether the parties agreed to arbitrate such claims. It is for the arbitrator to decide whether those claims are meritorious.”

This leaves HBO to appealing or taking the case to an arbitrator.

Source: NME & MJWN
関連記事