Let It B

ウェブサイトDen Of Geekに「ビートルズはセサミストリートを訴えたのか?」と題された記事が掲載されている。同記事では、セサミストリートの音楽プロデューサーのクリス・サーフが”Let It Be"のパロディー”Letter B”を作ったいきさつが紹介されている。彼は”Hey Jude"のパロディー”Hey Food"も制作したが、これらのパロディー制作について、ビートルズにではなく、ノーザン・ソングスに訴えられた。

サーフによれば、
「でも幸運なことに、マイケル・ジャクソンがカタログ全部をまるごと購入したのです。彼はこの訴訟は馬鹿げていると考えました。彼は50ドルですべて示談としたのですよ」。

キング・オブ・ポップになる前の1978年10月24日のセサミストリート・クリスマス・スペシャルで、彼はオスカーと共演していた。つまり彼は贈り物を持って帰ってきたのだ。

sesamestreet.jpg

「面白かったのは、私はマイケル・ジャクソンに50ドルの小切手を切る必要があったのですが、これは得をするな、と思ったのです。マイケルがその小切手にサインをすれば、そのサインを50ドル以上で売れるな、と思ったからです。でも残念ながら、彼はゴム印を使いました。だから儲からなかったのです」。



■‘Let It B’

On the Den Of Geek website there is a story titled ‘Did The Beatles Really Sue Sesame Street?’ In the story, they explain how Chris Cerf, who was the music producer for Sesame Street, wrote a parody of ‘Let It Be’ for the show called ‘Letter B’. He also wrote a ‘Hey Food’ parody for ‘Hey Jude’. He was then sued for doing these parodies by Northern Songs, not the Beatles directly.

Cerf explains;
“But luckily for us, Michael Jackson bought the entire catalog and he thought the lawsuit was ridiculous. He settled the entire suit for $50.”

Cerf continues to explain. “The humor for me was that I had to write out a check to Michael Jackson for $50 and I figured I would come out ahead because he would endorse the check and then I could sell the autograph for more than $50, but unfortunately he used a rubber stamp, so that didn’t work out.”

Read the complete article here.

Source: Den Of Geek & MJWN
関連記事

Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

文字サイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

モバイルはこちらから

QR