マーロン・ブランドの息子、父がマイケルを泣かせたとの報道を一蹴

マーロン・ブランドの息子のミコが、有名人である彼の父がディナーの席上で性的な話題でマイケル・ジャクソンを泣かせたとの報道に反論している。

「僕はマイケル・ジャクソンとは27年も友達でした。僕の父は彼を敬愛していました。マイケルが誰かを傷つけたと示唆しえいると曲解された父の言葉を僕は信用していません」と彼はPage Sixが入手したLAタイムズに宛てた手紙中で書いている。

同紙は今週、ブランドン・オグボーンのポッドキャスト「Telephone Stories: The Trials of Michael Jackson」が、1994年にジャクソンが捜査を受けた際にブランドが検事に対して行った宣誓陳述書を発見したと主張している、と報じている。

日曜日に配信されたエピソードで、オグボーンは記録を読み上げており、そこでは伝説の”ゴッド・ファーザー”が、ネバーランドでジャクソンと交わしたという会話の内容を詳述されている。

LAタイムズ紙は、オグボーンは当時ロサンゼルスの検事(現在は判事)としてジャクソンを捜査したローレン・ワイスに宣誓陳述書の真偽を確認したと報じている。

オグボーンは同紙に対し、その証言は「とりとめもないもので、ふざけたものだ。(ブランドは)今この場にいたらおそらく”取り消された”だろう」と語った。

オグボーンによればブランドはジャクソンにこう尋ねたという。「友人は?と聞くと、彼は”同年代ではいない、同年代は好きじゃない”と言ったんだ。どうして?と聞くと、”わからない、わからない”と答えて泣き始めたんだ。激しくね。慰めようとしたよ。できることはすべてやった」。

そしてタイムズ紙は衝撃的に締めくくっている。「ブランドは検事に対し、最初ジャクソンはゲイだと思っていたが、”子供と何かしているのかもしれないと考えるのが妥当だ”と今では信じていると語った」。

ジャクソンの運転手を務めたこともあるミコは、手紙でこう反論している。「これは有料ポッドキャストの聴取者数を稼ぐためのチープな売名行為に過ぎません。もし彼が子供を虐待している可能性があると思ったら、父はマイケルとは友人にはなっていなかったでしょう。そして、マイケルに関して悪いことは何も言わないでしょう。どうか記事を訂正してください」。

オグボーンはコメントをしていない。


■Marlon Brando’s son slams report of dad making Michael Jackson cry

Marlon Brando’s son, Miko, is firing back at a report that his famous father reduced Michael Jackson to tears during a dinner conversation about the late pop star’s sexuality.

“I was friends with Michael Jackson for over 27 years and my father adored him. I don’t appreciate my father’s words being twisted to imply that Michael hurt anyone,” he wrote in a letter to the LA Times that was seen by Page Six.

The newspaper this week revealed that Brandon Ogborn’s podcast — “Telephone Stories: The Trials of Michael Jackson” — claimed it unearthed a sworn statement by Brando to prosecutors when Jackson was under investigation in 1994.

In an episode streaming Sunday, Ogborn reads a transcript in which “The Godfather” legend detailed a conversation he once had with Jackson at the singer’s Neverland Ranch.

The Times reported that Ogborn verified its authenticity with Lauren Weis, who investigated Jackson as an LA prosecutor and is now a judge.

Ogborn spoke to the paper and described the document as “quite meandering, pretty loosey-goosey. [Brando] probably would be ‘canceled’ if he was around now.”

Ogborn claims Brando asked Jackson: “‘Well, who are your friends?’ He said, ‘I don’t know anybody my own age. I don’t like anybody my own age.’ I said, ‘Why not?’

“He said, ‘I don’t know, I don’t know.’ He was crying hard enough that . . . I tried to assuage him. I tried to help him all I could.”

And in an explosive conclusion, the Times reported that, “Brando told prosecutors he originally thought Jackson was gay but now believed it was ‘pretty that he may have had something to do with kids.’ ”

Miko, who once served as Jackson’s driver, shot back in his letter: “This is just someone’s cheap publicity stunt to promote their paid podcast. My father would never have been friends with Michael if he thought he was capable of doing harm to kids, and he would never imply anything negative about Michael. Please correct your story.”

Ogborn didn’t comment.

Source: Page Six
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター