知られざる"Human Nature"ストーリー

デジタルの時代に”Human Nature”が生まれていたら、マイケル・ジャクソンが歌うことは決してなかっただろう。Totoのスティーヴ・ポーカロとジョン・ベティスの共作であるこのバラードが"Thriller"に収録されることになった経緯には、当時はアナログ・テープを使っていたということと、ポーカロの娘が学校の遊び場で遭ったという災難が関係していた。ポーカロ自身がこの曲にまつわるストーリーを、Nashville Songwriters Association Internationalのバート・ハービソンに語ってくれた。

バート・ハービソン: 私たちは、Story Behind the Songでは300のエピソードを配信していると思いますが、あなたのエピソードは初めて2回に渡って配信するものとなります。というのも、両方の結末から見ていこうとしているからです。面白いエピソードなんです。その"Human Nature"の裏話を教えてください。

スティーヴ・ポーカロ:スタジオに向かっていたんです。Totoの曲をレコーディング中でね。ミックスをもう一曲やる必要があったんです。"Africa"という曲です。スタジオに着くと、みんながブースでミックス作業をしていました。この少し前に娘に会っていて、彼女はその日、学校でひどい目に遭っていたんです。滑り台から落ちて、ある男の子が彼女を叩いたんですよ。彼女は「何で?何で?」と私に繰り返しました。2年生くらだったと思います。彼女が「何で」と何度も繰り返していたので、私の頭の中ではそれが鳴り響いていたんです。

BH:「何で、何で(why, why)」ですか。

SP:私は、その男の子が彼女のことを好きなのだと説明しました。スタジオに行かなければなりませんでしたからね。とにかく、私はすぐにスタジオへ出かけました。スタジオにはピアノがあって、すぐに思い浮かびましたよ。

BH:ふさわしい場所に自然に収まる曲というものがありますよね。さて、その後話は普通では考えられないことです。ちょっと信じ難いですね。

SP:私はアルバム「Off The Wall」でクインシー(・ジョーンズ)とマイケル(・ジャクソン)との仕事を始めました。デヴィッド・フォスターがシンセのプログラマーとして私を引き込んだのです。その後クインシーが自分自身のプロジェクトに私を起用しました。私たちは数多くの仕事をしました。「Thriller」の別のトラックでもシンセのオーバダブをやっていたんです。クインシーは、デヴィッド・ペイチ(TOTOのソングライターとして有名)に曲を依頼していました。私は彼を手伝っていたんです。レコードのグルーヴとかジャムとか、クインシーがやりそうなことです。クインシーはしばらくの間、毎日使いをよこしてきました。私たちがやっていることを採用するためです。彼は忙しそうでした・・・。それはともかく、"Human Nature"のデモを仕上げていて、すでにレコーディングもしていました。その時は手元に15分の足らずの短いカセットしかありませんでした。私はデモをそのカセットに録音しました。するとデヴィッドが私を呼んでこう言ったのです。「昨日の夜にやった2曲、テープに入れてくれないか?クインシーの使いがこっちに向かっていて、素材を持って帰るんだ」。その時、カセットはそれしかないことがわかりました。

ですから、私はそのカセットを裏返して巻き戻し、新しいラベルを貼ってA面に「デヴィッドの素材」と書きました。"Human Nature"をクインシーに聞いてもらおうなんて思っていませんでした。未完成のデモです。歌詞もできていませんでした。まったくもって未完成だったのです。あれをクインシーに渡すなんて、あり得なかったでしょう。彼はただ単にあのテープを再生し、オートリバース(反対の面を再生する)が作動したのでしょう・・・・。彼はとても興奮していました。デヴィッド・ペイチの曲だと彼は思ったのです。しばらくの間ね。デヴィッドが言うには、翌朝クインシーから電話があり、話が通じるのに20分かかったそうです。「あなたは話しているのはスティーヴの曲のことでは?」

それはともかく、私たちはこの曲に取り掛かりました。TOTOのツアーが始まるころ、クインシーが「歌詞が必要だ、今すぐ」と言いました。私はバスの中で出来うるかぎり最高の歌詞を仕上げ、送りました。あれはとても私的な曲だったのです。娘とのあのエピソードを書いたのです。クインシーがこう尋ねました。「歌詞の最初の部分を誰かに手直しさせてもいいかな?」彼はタイトルをとても気に入り、サビの部分も大変気に入っていました。クインシーは歌詞の最初の部分を誰かに直させたい、ということでしたし、自分の歌詞がいい、なんてことはこれまでもずっと主張したことはありませんでした。ジョン・ベティスと仕事もできましたしね・・・私はこの曲でたくさんお辞儀をすることとなりましたが、ジョンがよりよいものとしてくれたことを言わなければなりません。彼がこの曲に物語性を加えたのです。ストーリーを加えたのです。イントロとミドル、そしてエンドを加えたのです。彼はこの曲をグレードアップさせ、そして私は1音節も変更しませんでした。この曲は私の赤ん坊であり、彼のやることでなにかあったらすぐに文句を言って直そうと思っていましたが、直すところなんてなかったんですよ。

Story Behind the Song: Michael Jackson's 'Human Nature'

In the digital age “Human Nature” never would have made its way to Michael Jackson. The story of how the ballad — penned by Toto’s Steve Porcaro and hit songwriter John Bettis — ended up on “Thriller” is tangled up in analog tape, as well as a rough day Porcaro’s daughter had on the playground at school. Porcaro told the story behind the song to Bart Herbison of Nashville Songwriters Association International.

Bart Herbison: I think we're pushing 300 episodes of Story Behind the Song. Yours is the first we're going to do twice. Because we're going to look at it from both ends. It's just fascinating. What was the story of "Human Nature"?

Steve Porcaro: I was on my way to the studio. Toto was cutting. We had one more mix to do, which was the song “Africa.” I got to the studio, they were just putting the mix up in the booth, and I had just seen my daughter, who had a real rough day at school. She'd fallen off a slide and a boy had hit her, and she kept asking me “Why?” You know, she was like in second grade or something. And she kept asking me “Why?” and it was just ringing in my head.

BH: “Why. Why.”

SP: (I was) just trying to explain to her that the boy probably liked her. I had to get to the studio. Anyway, I went right out into the studio where the piano was and it kind of all came at once.

BH: You know, some songs are meant to find their home. What happens next is insane, it's almost hard to believe.

SP: I started working with Quincy (Jones) and Michael (Jackson) on the “Off the Wall” album. David Foster brought me in as a synth programmer. After that, Quincy just started hiring me by myself to work on his different projects. We've done a bunch together, and I was already in studio doing synth overdubs on different tracks on “Thriller.” He'd been asking David Paich, who is the well-known songwriter in Toto, for songs. … I was helping him record grooves and jams and something that Quincy might dig. Quincy would send a runner over every day for a while there to pick up whatever we'd been working on. He was looking hard. … So anyway, I had just kind of finished my demo of 'Human Nature' and I'd recorded it. We had, you know, all these little short 15-minute cassettes. I'd just thrown it down on cassette when David had called down to me and said, "Hey, those two grooves we're doing last night. Put those on tape. Quincy's guy’s on his way over here to pick up some stuff." So, it turned out that was my last cassette.

So I turned it over, rewound it, put a new label on it and put "David's Things" on the A side of the cassette. I had no intention of Quincy hearing “Human Nature.” That was unfinished demo. The lyrics weren't done. It was a completely unfinished song. I would have never handed that in a million years to a Quincy Jones. … I believe what happened is he just let the tape run and auto-reverse kicked in (playing the other side of the tape). … He was very excited about it. He thought it was a David Paich tune, you know, for a real long time. David said Quincy called him the next morning, and it took him 20 minutes to finally tell him, "I think you're talking about one of Steve's tunes."

Anyway, we started working on it, and Toto was on the road at one point and Quincy said, "I need some lyrics now." And I finished up the lyrics as best I could on a bus ride and sent them in. It was a very personal song. It was about this episode with my daughter and Quincy asked me, "Do you mind if I let someone take a stab at the first lyrics?" He loved the title. He loved my chorus. He just wants someone to take a stab at the first lyrics, and I was, you know, that's one thing I have definitely always had humility about that's my lyrics and I was wide open. He hooked me up with John Bettis. … I've taken a lot of bows for the song and it was definitely my baby and all that. But, I got to tell you, John just elevated it. He gave it this narrative. He gave it a story. He gave it a beginning, a middle and an end. He just elevated the song and I did not change a syllable. You know this was my baby, and I was all ready to jump all over it and fix whatever he did. And there was nothing to fix.

Source: tennessean.com
関連記事

Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

文字サイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

モバイルはこちらから

QR