没後10年、マイケル・ジャクソンが遺したものはどこへ?

ラジオ・プレイは微減、しかし「Leaving Neverland」放映後もラスベガスのショーは続き、ブロードウェイは引き続き検討中である。

フェドラに片方だけの白いグローブ、キラキラ光るミリタリー・ジャケット。ムーンウォーク。4人組による完ぺきにシンクロした「Smooth Criminal」のダンス。

世界中から集まった60人のスーパーファンたちが月曜日にハリウッド通りのゲームセンターに集まった。彼らのヒーローを称えるダンスと歌と祈りの2日間の始まりだ。

子供の時に「A-B-C-1-2-3」を歌っていたことを思い出している者、「Thriller」を聴いていた者の中には50代、60代になっている者もいる。しかし、このショーの主役は、ジャクソンが亡くなった時にはほんの幼児だった子だ。10歳の少年ルーディー・パーラがローファーと白いグローブを身に着けてゲームセンターの床を滑っていく。YouTubeで勉強したムーヴの完全コピーだ。もう一人のダンサー、ガワーディー・ホートン(38)がルーディーにフェドラを手渡した。このパーティーのマイケルの戴冠だ。

亡くなって10年となる火曜日、数多のマイケル・ファンやライト・リスナーたちは、あのニュースをどこで、いつ聞いたかを振り返った。睡眠補助に処方された薬物の過剰投与によりジャクソンが50歳で亡くなったことは、世代を超えたショックの出来事であった。一方でこの出来事は、矛盾する一般大衆が、彼の幼児との振る舞いに対する不適切な噂を棚上げにすることにつながった。

しかし、この記念日のほんの数か月前、HBOのドキュメンタリー「Leaving Neverland」が放映さ、ジェームズ・セイフチャックとウェイド・ロブソンの二人が7歳の時に始まったジャクソンによる性的虐待を語った。2005年、ジャクソンは別の少年に対する性的虐待の容疑について無罪評決を受けた。しかし、性的虐待に対する注目が高まっている中での二人の男からの新たな証言に、多くの人々はジャクソンのレガシーが色あせるのではと思った。

その答えがわかるには10年かかる可能性もある。

HBOの広報によると、二部構成の「Leaving Neverland」の前半部の視聴者数は920万人で、HBO史上最多のドキュメンタリー視聴者数だという。しかし一方で、ジャクソンの楽曲のストリーミング数や売り上げ数は、ニールセンによれば年初より微減だ。3月の放映直後にはラジオ・プレイの回数は急減し、ラジオ局の一部は放送禁止にすると表明したが、1月時点でのものよりは少ないものの、プレイ回数は徐々に回復している。

マイケル・ジャクソン・エステートは他の手段でも収益を上げ続けている。ラスベガスのシルク・ドゥ・ソレイユ「Michael Jackson ONE」は上演を続けている。彼の楽曲「Don’t Stop ’Til You Get Enough」を元にしたミュージカルもブロードウェイでの上演に向けて計画が進められている。プロデューサーらは労働争議に言及してドキュメンタリー放映前にテスト上演を延期したが、依然として今夏のオープニングを目指している。

ジャクソンの評価についての、小さいが重要な住民投票について、ジャクソンが一時通っていたハリウッドのガードナー・ストリート小学校が、同校のオーディトリウムからジャクソンの名前を外すかどうかと問う投票を、保護者や職員を対象に今春行った。保護者らは現状を維持した。

ニューヨーク・タイムズの元演劇評論家マーゴ・ジェファーソン(ジャクソンについての「On Michael Jackson」という著書がある)は、自身はいまだに彼の音楽を聴いているものの、それは複雑さと葛藤が山積みになった状態だという。

「私が思うに、買っているのか、観ているのかという問題ではなく、それをどう思っているのかという問題なのです。例えば彼が父親から虐待されたこと、時には、それが才能に磨きをかけることになったとはいえ、過酷な仕事で酷使されたこと、などを考えると、私の中の気分は変化します。彼が止めることができなかった虐待と痛みのサイクルに対する憎悪で一杯になることもあります」と彼女は書いている。

「Leaving Neverland」の監督のダン・リードは、「モラル・ポリスが文化的遺物や、歌、書籍、詩などを入念に審査するなどというものは見たくありません。最後には大部分を排除してしまうであろうからです。マイケル・ジャクソンの音楽をどうするべきかの決まったやり方があればよかったのですが、それはないのです」と述べている。

エステートの共同遺言執行人のジョン・ブランカは、ジャクソンは、モータウンの創設者のベリー・ゴーディ・Jrに、「史上最大のエンタテイナーであると称賛されたと指摘している。

「10年経っても彼はその地位を維持しています。彼の文化的貢献と、常に変わらない情熱を湛えたアートの優雅さいうレガシーを受け継いだ新しい世代とともに」とブランカは言う。

このドキュメンタリーの二人の男はエステートを訴えていた(今のところうまくいってない)ということを挙げ、ブランカは「存命中に無罪評決を受けた人物に対して起こされた誤った訴訟に関する怪しげな情報が、その無罪評決を変えることなどあり得ないのです」と述べた。

ロサンゼルス地区に月曜日と火曜日に集結した多くのファンの間では、ドキュメンタリーに言及すると反射的な拒否反応が見られた。ニュージーランドの幼稚園教諭レイチェル・ジラード‐テュー(32)は、「正直言って、あれが命日を前に人々をより団結させたのだと思います。ファンは調べていますし、私たちはあれがゴミ屑だと確信しています」と語った。

ジラード‐テュー氏は月曜日のダンス・パーティーを企画した。このパーティーにはドイツや日本、ロシア、アルゼンチン、イスラエル、オーストラリアなどからファンが集まった。ブラジル・サンパウロから来た59歳の女性は、マイケル・ジャクソンをテーマとしたホステルを運営しており、そのプールの底にはマイケルの頭部のシルエットが描かれているという。

オーストリア・グラーツのペギー・ウルフ(61)はマイケル・ジャクソンのダンス・チーム、Dancing Dangerousを運営している。彼女の衣装はマイケルのステージ衣装や普段着が元になっている。すべて手作りだ。

「彼が亡くなった時、昼食の準備をしていたんです。ショックでした。立ち直るのに数年かかりましたよ」と、キラキラ光る青いジャケットを着た彼女は語った。

彼女は「Leaving Neverland」の公開について前向きに捉えている。ファンの団結を強め、「マイケル・ジャクソンに興味がなかった人々が彼を注目するようになった」と彼女は語った。

■Where Is Michael Jackson’s Legacy 10 Years After His Death?

Radio play is down slightly, but the King of Pop’s Vegas show goes on and Broadway is still in the air despite HBO’s “Leaving Neverland.”

LOS ANGELES — There were fedoras and single white gloves and sequined military jackets. There was lots of moonwalking. Four people danced the choreography of “Smooth Criminal” in perfect sync.

Five dozen Michael Jackson superfans from around the world had come to a gaming arcade on Hollywood Boulevard on Monday, the beginning of two days of dancing, singing and prayers in honor of their hero.

Some remembered singing “A-B-C-1-2-3” as children; others listened to “Thriller” well into their 50s and 60s, but the one who stole the show was just an infant when Jackson died: a 10-year-old boy named Rudey Parra who glided across the arcade floor in his loafers and white glove, a flawless re-creation of moves he’d studied on YouTube. Another dancer, Gowardy Horton, 38, gave Rudey his fedora, crowning him the party’s reigning Michael.

On Tuesday, the 10th anniversary of his death, millions of Jackson’s fans and casual listeners recalled where they were when they heard or saw the news. Jackson’s death at age 50, from an overdose of drugs he had been administered to help him sleep, was a generational moment of shock. It also allowed a conflicted public to put off dealing with the uncomfortable rumors about his behavior with children.

But the anniversary came just months after the airing of the HBO documentary “Leaving Neverland,” in which two men, James Safechuck and Wade Robson, described years of sexual abuse at Jackson’s hands, beginning when they were as young as 7. Jackson had been acquitted in 2005 of charges he molested a different boy, but the fresh accounts from the two men, at a time of heightened awareness of sexual abuse, made many wonder whether Jackson’s legacy would be tarnished for good.

It could easily take another decade to learn the answer.

A spokeswoman for HBO said the first of the two parts of “Leaving Neverland” has been watched by 9.2 million viewers, making it the most-seen HBO documentary ever. But at the same time, streams and purchases of Jackson’s music are down just slightly from the beginning of the year, according to Nielsen. And while his radio play dropped off significantly right after the documentary aired in early March, and a few stations said they would ban his songs from their airways, his plays have crept back up, though to lower levels than in January.

Jackson’s estate continues to earn money in other ways, too. “Michael Jackson ONE,” a Cirque du Soleil show in Las Vegas, is still going. A musical based on Jackson’s songs, “Don’t Stop ’Til You Get Enough,” continues working its way toward Broadway. The producers postponed a development session just before the documentary aired, citing a labor dispute, but are still aiming for an opening next summer.

In a small but telling referendum on Jackson’s reputation, a school in Hollywood that Jackson briefly attended as a child, Gardner Street Elementary, held a vote among parents and staff members this spring on whether to remove his name from the auditorium. They kept it.

Margo Jefferson, a former theater critic at The New York Times who wrote a book about the singer, “On Michael Jackson,” said that she still listened to his music, but she described it as a process stacked with complexity and conflict.

“The question is, I think, less a question of are we buying or watching, but what are we making of it?” Jefferson said. “My mood changes when I think about the way he was mistreated by his father, for example, and sometimes just by the sheer power of the work that went into developing the talent.”

“And sometimes,” she said, “I’m overwhelmed with horror by a cycle of abuse and pain that he didn’t stop.”

Dan Reed, the “Leaving Neverland” director, said he “wouldn’t like to see some kind of moral police vetting every single cultural artifact we have, every song, every book, every poem, because I think we’d end up eliminating a large part of it.”

“I wish I had a formula for what we should do with Michael Jackson’s music,” he said. “But I don’t.”

John Branca, co-executor for the Jackson estate, noted that Jackson had been eulogized by Berry Gordy Jr., the founder of Motown Records, as “the greatest entertainer that ever lived.”

“Ten years later he remains just that,” Branca said, “with new generations embracing the legacy of his cultural contributions and the elegance of his artistry as passionately as ever.”

Noting that the two men in the documentary had sued the estate (so far, unsuccessfully), he added: “No discredited infomercial for a failing lawsuit against a man declared innocent in life is ever going to change that.”

Among many of the fans who gathered on Monday and Tuesday in the Los Angeles area, any mention of the documentary was met with reflexive dismissal. “To be honest, it’s made people more determined to celebrate,” said Rachel Gillard-Tew, 32, a pre-K teacher from New Zealand. “The fans have done the research and we’re quite convinced it’s rubbish.”

Ms. Gillard-Tew organized Monday’s dance party, which drew fans from Germany, Japan, Russia, Argentina, Israel, Australia and elsewhere. There was a 59-year-old woman from São Paulo, Brazil, who runs a Michael Jackson-themed hostel with a silhouette of his head at the bottom of its pool.

Another visitor, Peggy Wolf, 61, runs a Michael Jackson dance troupe, Dancing Dangerous, in Graz, Austria. Her entire wardrobe is inspired by Michael’s stage costumes and his everyday wear. She makes it all herself.

“When he died, I remember I was preparing lunch,” said Ms. Wolf, who was wearing a blue-sequined jacket. “I was broken. It doesn’t get better over the years.”

She even managed to put a positive spin on the release of “Leaving Neverland.” She said it brought his fans even closer together, and “a lot of people who were never interested in Michael Jackson are starting to look into him.”

Source : New York Times
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター