Leaving Neverland : LAの小学校の講堂のマイケルの名前は残る

マイケル・ジャクソンが有名になる前に一時通っていたロサンゼルスの小学校が、講堂(オーディトリウム)に冠せられた彼の名前を残すかどうかの投票を実施し、世界から注目された。

土曜日に学校区の担当者がその結果を発表した。投票は、ハリウッドのガードナー小学校(生徒数400)の保護者と関係者が行った。投票の集計値については現在公表されていない。

今回の投票は3月に放映されたドキュメンタリー「Leaving Neverland」を受けた行われたものである。同番組はHBOで放映され、子供の時にジャクソンから性的虐待を受けたと主張する二人の男、ウェイド・ロブソンとジェームズ・セイフチャックの視点からジャクソンを描いたものだ。ジャクソンはどちらに対しても虐待では起訴されていない。

放映により多くの学校関係者は不安に陥り、ある保護者のグループがカレン・ホリス校長にジャクソンの名称を外すよう要望した。一方、ジャクソンは有罪判決を何一つ受けておらず、また弁解も不可能だと指摘する保護者もいた。

ジャクソンは2009年に誤った薬物過剰投与で死亡した。

マイケル・ジャクソン・エステート(ジャクソンの子供たちの利益の代弁者)の広報担当者は、学校のコミュニティーに対し、ジャクソンの権利、すなわち、有罪が証明されるまでは無罪と推定する、を他の人と同じように尊重するよう要請した。

学校側はこの問題で学校コミュニティーでの投票を実施することを決定し、投票は木曜日に終了した。

「投票に参加した人の過半数が、マイケル・ジャクソン・オーディトリウムという現在の名称を維持する方に投じました。学校の上層部、教師、そしてサポート・スタッフは、これ以上の学校の混乱と授業への影響を避けることに注力し、生徒たちの勉強と安全を注視していきます」と、ロサンゼルス統一学校区が発表した声明には記されている。

今回の学校の決定についてのニュースは週末にかけて話題となった。

アトランタ在住の牧師ガブリエル・ディーは、LA訪問時に周囲の旅行者たちがこのオーディトリウムについて話しているのを聞いたと振り返り、電子メールにこう記している。

「私はその学校を見つけて、見知らぬ人に写真を撮ってくれるよう頼んだんです。その人は後に夫となりました。はっきり言って、世界中で祝日にして彼(の慈善活動)を称えるべきです。一体どうしようというのでしょうか?無実の黒人男性の遺体を掘り返して裁判にかけますか?これは、社会として下ってはならない危ない坂道です。私たちの子供たちはこれから何を学ぶでしょうか?」

意外にも、ロブソン(今回の告発者の一人)は今週タイムズ紙に対し、彼もまたガードナー小学校に通っていたと語っている。90年代初頭、ジャクソンが少年に対する不適切な行為で訴えられる少し前のことだ。この件ではジャクソンは示談としている。

「ハリウッドのガードナー・ストリート小学校のそばに住んでいたのです。だからそこへ通っていたんですよ」とロブソンは語っている。彼の家族はオーストラリアからアメリカに移住した。子供のパフォーマーとしてのキャリアを積むためだった。「マイケル・ジャクソンがアメリカへ来ることを支援してくれた直後のことでした。そのころ彼は私に性的虐待を加えていました」。

ジャクソンは別の少年に関わる2005年の性的虐待裁判ではすべての罪状で無罪となった。その裁判でロブソンはジャクソン弁護の立場で証言し、性的に不適切な行為は何一つなかったと証言している。彼はジャクソンの死後に違う説明を始め、少年時代にジャクソンから性的虐待を受けていたと主張している。

「私はガードナー・ストリート小学校にお任せしました。オーディトリウムのマイケル・ジャクソンの名前をそのままにするかどうかを保護者に決めてもらおうということです」とロブソンは投票結果が公表される前に語っている。

ジャクソンは6年生の時にガードナー小学校に通っていた。1969年に家族でインディアナ州ゲーリーからロサンゼルスへ引っ越してきたためだ。通っていた期間については様々な報道がなされている。元校長のケン・ウービナが調べたところによると、ジャクソンはほぼ1年間在籍していたという。

ジャクソン・ファイヴ(マイケルと他の4人の兄弟たちで結成)はロサンゼルスへ移住後間もなくヒット・シングルを記録した。ジャクソンはガードナー小学校以降、公的な学校には戻らなかった。

問題となったオーディトリウムは彼を称えて1989年に命名された。その時点でジャクソンの評判はまだ基本的には損なわれていなかった。ジャクソンの招待は、遅々として進んでいなかった、水準以下のガードナー小学校の近代化問題の解決に奔走していた保護者のグループの思い付きが発端だった。

「金曜日の夜、やり遂げたことを祝っていた時ですが、自分たちの仕事に対して自分たちで報いなければ、と言ったんです」とジュディス・ドゥルーリー・マルライアンは言う。「ガードナー小学校がマイケル・ジャクソンが最後に受けた正規の教育だったということは知っていました。記憶では、私たちがオーディトリウムをマイケルに捧げようと決めたのです。私の元夫がマイケルのマネージャーに連絡を取ったんです。そのマネージャーは、マイケルはとても喜んでいると言っていました」。

近代化計画はマネジメントが不全のまま1年以上経ち、生徒たちは暖房なし、閉鎖されたトイレ、入れない図書室に我慢していた。しかし教育区はセレモニーに向けて学校を最新式にすると約束した。

ジャクソンは終始丁重で、6年生の担任の先生への愛を表明し、去り際には黒板にサインをした。

ウービナは2003年の校長だった。ジャクソンが性的虐待で起訴された時だ。学校はジャクソンの名前をベニヤ板で覆い隠した。ウービナは2010年(ジャクソンの死から1年後)時点でも在職していた。ロサンゼルス教育区がジャクソンの文字(30センチほどの大きさ)を再度掲示することを許可した。

「学校区にとって、芸術的インパクトと人道主義への貢献を評価することが重要なのです。それはマイケル・ジャクソンの永遠の遺産なのです。マイケルがロサンゼルス統一学校区に在籍していたことを評価し、感謝できることを幸せに思います」と、当時教育委員会の委員だったスティーブ・ジマーは述べていた。

学校は黒板を白板に置き換えたが、ウービナはジャクソンがサインした黒板を保存し、小さなサイズに切り取って「100周年記念にレプリカ黒板のように枠にはめました」と今週振り返っている。

同じ時期、ジャクソンの支持者たちは、ジャクソンを称えた音楽室を同学校に設置するための資金集めに協力した。生徒たちが楽器の演奏を学び、作曲のソフトウェアを使うことができるように、というものだった。しかし後任の校長が音楽室の計画をひっそりと中止した。

ロサンゼルス統一学校区では、他の誰かを称えたオーディトリウムのある小学校は把握していないという。

高校では少なくとも二校で、改修のために寄付をした人物の名称を冠したオーディトリウムが存在する。しかし、これはジャクソンとガードナー小学校の事例とは異なるものだ。

キャリアを通じジャクソンは慈善団体に数百万ドルを寄付しているが、学校関係者によると、ガードナー小学校その他の地元の公的学校に寄付をしたという記録はないという。

1995年のある記事で、ジャクソンがガードナー小学校に提供したバラの花壇について触れられている。ウービナは、額に入ったジャクソンの写真を見かけたことを記憶している。ジャクソンあるいは彼のチームが学校に贈ったものだった。

ロサンゼルス統一学校区では、万一にも不名誉とならないよう「命名」の方針を有している。すなわち、故人かつよい評価が確立した人物を称えるということが基本とされている。しかしながら近年はこの方針からしばしば外れており、建物の名称に関して混乱をもたらす危険性に学校をさらす事例が散見されている。

■Michael Jackson’s name to remain on L.A. school auditorium despite sex abuse claims

A Los Angeles elementary school that briefly counted pop star Michael Jackson as a student before he skyrocketed to fame has voted to keep his name on the auditorium in a decision that generated worldwide interest.

School district officials announced the result Saturday after a vote by parents and staff members at Gardner Street Elementary in Hollywood, where about 400 students are enrolled. A vote tally wasn’t immediately available.

The vote took place in the wake of the March broadcast of the documentary “Leaving Neverland,” which aired on HBO and portrays Jackson through the eyes of Wade Robson and James Safechuck, two men who allege Jackson sexually abused them when they were children. Jackson was never charged with abusing either.

The broadcast was deeply unsettling for many at Gardner, and a group of parents told Principal Karen Hollis that they wanted Jackson’s name taken down. There also were parents who felt otherwise, noting that Jackson was never convicted of wrongdoing and cannot defend himself.

Jackson died in 2009 from an accidental drug overdose.

A spokesman for Jackson’s estate, which represents the interests of Jackson’s children, had urged the school community to respect the right of Jackson — like anyone else — to be presumed innocent until proven guilty.

Officials decided to put the matter to a vote of the school community in balloting that ended Thursday.

“A majority of those who participated voted to maintain the current name as the Michael Jackson Auditorium,” according to a statement issued by the Los Angeles Unified School District. “School leaders, teachers and support staff will focus on preventing any further disruptions to the school and further impact to classroom instruction, student learning and safety.”

News about the school’s decision spread rapidly over the weekend.

Gabrielle Dea, 30, a youth pastor in Atlanta, recalled visiting L.A. and overhearing other tourists talking about the auditorium.

“I found the school and the stranger I asked to take my picture would later go on to become my husband,” she said in an email.

“Quite honestly, there should be a world holiday celebrating this man,” said Dea, referring to Jackson’s charitable work. “What are we going to do? Dig up the body of a dead innocent black man and try him? This is a slippery slope that we dare not go down as a society. What lessons do our kids learn from this?”

In a twist, Robson — one of Jackson’s accusers — told The Times this week that he, too, had attended Gardner. That was in the early 1990s, not long before Jackson was accused of improper conduct with another boy. Jackson settled that case out of court.

“We lived in Hollywood close to Gardner Street School, which is why I went there,” said Robson, whose family came from Australia to the United States so he could pursue a career as a child performer. “This was right after Michael Jackson sponsored me to the U.S. and while he was still sexually abusing me.”

Jackson was charged and acquitted in 2005 in a separate sexual abuse case involving another boy. During the criminal trial, Robson testified in Jackson’s defense that the singer had never been sexually inappropriate with him. He came forward with a different account after Jackson’s death, claiming he’d been sexually abused by Jackson as a boy.

“I commend Gardner Street School for allowing the parents to decide whether or not Michael Jackson’s name should remain on the auditorium,” Robson said before the results were announced.

Jackson attended Gardner as a 6th-grader after his family moved to Los Angeles from Gary, Ind., in 1969. Reports vary on how long he remained at the school. A former Gardner principal, Ken Urbina, who is retired, said his research indicates that Jackson was enrolled at the school for the entire year or close to it.

The Jackson 5 — comprising Michael and his four older brothers — scored a hit single not long after arriving in Los Angeles. Jackson did not return to public school after leaving Gardner.

The auditorium was named in his honor in 1989, a point at which Jackson’s public reputation was still essentially intact.

The invitation to Jackson came on something of a whim, from a group of parents who had worked hard to address substandard conditions at Gardner during a botched and long-delayed modernization project.

“On a Friday night, celebrating what we had accomplished, I said that we need to reward ourselves for all of our work,” said Judith Drury Mulryan. “We knew that Gardner Street was the last formal education Michael Jackson had, and as I recall, we decided to dedicate the auditorium to Michael. My ex-husband got in touch with Michael’s manager, who said Michael was thrilled.”

For more than a year during the mismanaged project, students had endured a lack of heat, closed bathrooms and an inaccessible library. But the district made sure the school was in tip-top shape for the ceremony.

Jackson was gracious, expressing his love for his 6th-grade teacher and autographing a chalkboard before he left.

Urbina was principal in 2003, when Jackson was charged with sexual abuse — and the school system covered Jackson’s name with plywood. Urbina was still at the school in 2010 — a year after Jackson’s death — when L.A. school district officials authorized displaying the foot-high letters of Jackson’s name once more.

“It’s important for the district to value the artistic impact and humanitarian contribution that will be the lasting legacy of Michael Jackson,” school board member Steve Zimmer said at the time. “I’m happy that we will be recognizing and appreciating Michael’s LAUSD moment.”

The school had converted its chalkboards to whiteboards, but Urbina saved the one Jackson had written on, trimming it to a smaller size “framed like a replica chalkboard for our 100-year celebration,” Urbina recalled this week.

During that period, Jackson’s supporters also contributed funds to create a music lab at the school — in the musician’s honor — where students could learn to play instruments and use software to compose. A subsequent principal quietly dismantled the lab.

Los Angeles Unified officials this week could not think of another elementary school auditorium that was named in honor of someone.

At least two Los Angeles high school auditoriums are named after donors who contributed to their renovation. But that was not the situation with Jackson and Gardner.

Over his career, Jackson donated millions of dollars to charity, although school district officials say they have no record of him making contributions to Gardner or other local public schools.

A 1995 article referred to rose bushes that Jackson had provided to Gardner. Urbina remembers coming across framed pictures of Jackson that Jackson or his team had sent to the school.

L.A. Unified used to have a “naming” policy that was calculated to avoid embarrassment — it basically focused on honoring figures who already were dead and had well-established positive reputations. But the district frequently has strayed from the policy in recent years, sometimes exposing the school system to potential embarrassment regarding the names on its buildings.

Source: LA Times
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター