エステートからの声明

先週、ジョン・ブランカとエステートの弁護士がハーバード大学へ招かれて講演を行いました。ブランカらはこの機会に、「Leaving Neverland」が公平という概念をいかに侵害しているかという問題提起を行い、ストーリー中の嘘や穴の数々を指摘しました。さらにビルボード等のイベントに出席していたメディア関係者らとの会談も行いました(こちらを参照)。今後数週間以内にエステートよりの更なるニュースをお知らせします。

さて、私たちは長期プロジェクトについても注力を続けています。ブロードウェイのミュージカル等、マイケルのレガシーをより発展させると信じているプロジェクトです。このミュージカルに関わっているトニー賞受賞歴のあるクリストファー・ホイールドン監督とピュリッツアー賞受賞歴のある脚本家リン・ノテージはマイケルの大ファンです。だからこそ、私たちは彼らをこのブロードウェイ・ショーに起用することに決めたのです。

もし間違えなければ・・・間違えませんが・・・劇場に足を運んだ観客はマイケルの創造的天才に対する深い理解を得られることでしょう。そう、10年ほど前のThis Is Itを観た時のように。実際、素晴らしい経験となるでしょう。観客とマイケルを結び付け、個人として、そしてアーティストとして彼は評価されるのです。リンとクリスの役割は数ある中でももちろん楽しませることですが、マイケルの生涯と苦闘について、内面と外面の両方から描くこともその一つです。これらが彼の個性、アーティストとしての彼、そしてこのミュージカルが讃えるべき創造的天才を形作ったのです。要するに、リンとクリスがマイケルについて正義を為すと信じていなければ、私たちは彼らと仕事をすることなどあり得ないのです。

ファンの皆さんが、感情としては、リンとクリスに「Leaving Neverland」に対する公開闘争に加わって欲しいと望んでいることは十分理解しております。しかし、理性的視点から、マイケルの生涯におけるあらゆる問題についてリンとクリスがいかなる公的立場にも現時点では立つべきではない、それはミュージカルの崇高さを守るためだ、ということを理解することは重要だと私たちは考えます。このステージにおいては彼らは対象を公平に観察しストーリーを作り上げるために選ばれた伝記作家なのです。彼らの役割は楽しませることもさることながら、マイケルが生涯を通じて直面していたあらゆる出来事や個人的な問題がいかに彼を形作り、ステージで見せたキャラクターを形成したのかを理解することなのです。彼らが発表しているように、ストーリーは現在制作中です。

シルク・ドゥ・ソレイユやスパイク・リーのドキュメンタリー同様、私たちは共同制作者です。ショーの最終的な形についてはいろいろな意見があり、また言いたいこともあります。しかし、クリエーターたちに、この場合で言えばマイケル・ジャクソンのステージでの多彩で深いキャラクターを作り出すために、マイケルが経験したことを自由に使ってもらうことは重要だと私たちは考えます。そのために私たちは、マイケルについての個人的知見や彼との経験を共有し、マイケルの生涯に欠くことのできない人々を紹介することに時間をかけています。とても複雑で才能のあるアーティストであること、そして彼そのものを完ぺきに理解できるように。

マイケルは生涯を通じて・・・死してもなお・・・常に判断されていました。その内面を見ようともしない人々によって。リンとクリスはそんなことはしません。彼らは、観客がマイケルの生涯を、そしてスポットライトから離れてマイケルが直面していた問題や痛みを理解し、それが、亡くなって10年経ってもいまだ世界の注目を集めるほどに社会の規範というものを避けていた人物像をいかに作り上げたかを理解する手助けをするという目的を持ってマイケルの生涯を見つめています。私たちは彼らに、うわべのマイケルを見せるのではなく彼の人間性や彼の良いところ、彼の生涯の様々なステージにおいて出くわした確執や困難などの彼の失敗を掘り下げてくれるよう依頼しました。彼の唯一無二の創造的天才の火をつけたのはものとは何だったのか観客が理解できるように。ドラフト原稿を読み、台本読みの場に居合わせ、そしてミュージカルが完成していく様子を見学する中で、マイケルがそこに居るように私たちは感じました。リンやクリスほどの才能がなければ不可能だったであろう形で。

私たちが自信もってお届けするこの優れたミュージカルは現在制作中ですが、これはマイケルの天才性に敬意を表し讃えるというだけでなく、観客を感情の旅へと連れ出します。彼の魔法のような複雑な世界を見れば、ファンでもファンでなくても驚くことでしょう。自分で経験したことがないことの良し悪しを判断することは不可能です。だから私たちは、皆さんが自身が劇場でこのミュージカルを経験していただければと思っています。その時の皆さんの反応が楽しみです。

マイケル・ジャクソン・エステート


■STATEMENT FROM THE ESTATE

Last week, John Branca, along with Estate attorneys, were invited to speak at Harvard University. They used the opportunity to raise issues about how Leaving Neverland violates every notion of fairness, while pointing out the gaping lies and holes in its narrative. They also spoke with members of the media, such as Billboard, who were present at some of the events [https://www.billboard.com/articles/news/8507510/michael-jackson-estate-hits-back-leaving-neverland]. And you can expect more news from the Estate in the coming weeks.

We also remain focused on long-term projects that we believe will enhance Michael’s legacy moving forward, including the Broadway musical. We can assure you that all those involved in this production, including the Tony Award-winning director, Christopher Wheeldon, and the Pulitzer Prize-winning writer, Lynn Nottage, are devoted MJ fans. That’s why they are committed to bringing this show to Broadway.

If we get this right – which we will – theater audiences will have an even deeper appreciation for Michael’s creative genius, just as they did when they watched This Is It nearly 10 years ago. In fact, we believe this will be as poignant an experience, one that connects the audience to Michael in a way in which he is appreciated both as a person and as an artist. The role for Lynn and Chris, among other things, is of course to entertain, but also to depict the events of Michael’s life and his struggles, both internal and external, that molded him into the person, the artist and the creative genius that this musical celebrates. Simply put, if we didn’t trust Lynn and Chris to do justice to Michael, we would not be working with them.

While we appreciate that, on an emotional level, fans want Lynn and Chris to join the public battle against Leaving Neverland, from an intellectual perspective we believe it is important to understand why Lynn and Chris, to protect the integrity of the musical, should not take a public position at this time one way or another about any issues in Michael’s life. They are biographers who at this stage have been assigned to dispassionately observe their subject’s life and craft their story. Their role is to entertain as well to understand how all of the events and unique personal challenges Michael faced throughout his life shaped him, and molded the character they ultimately present on stage. The story is still a work-in-progress, as they have stated.

As with the two Cirque du Soleil shows and with Spike Lee’s acclaimed documentaries, we are collaborators. We have significant input and say in the final show. But we believe it is important to give all of our creators the freedom to draw upon Michael’s experiences, in this case, to create a well-rounded and in-depth stage character of Michael Jackson. To that end, we have spent a significant amount of time with them sharing our personal knowledge of Michael and our experiences with him as well as introducing them to others who were an integral part of Michael’s life, so they can fully understand the very complicated and talented artist and man that he was.

Michael was constantly judged throughout his life – as he continues to be in death --- by those who never bothered to look below the surface. Lynn and Chris will not do that. They are looking at Michael’s life with the goal of helping audiences understand the challenges and pain he faced away from the spotlight and how it shaped a man who shunned society’s norms to such an extent that 10 years after his passing he still commands the world’s attention. We have asked Lynn and Chris not to give us a superficial Michael, but to delve into his humanity, his goodness and his faults along with the conflicts and difficulties he encountered at different stages of his life, so people can understand what fed the fire of this incredibly unique creative genius. With the benefit of having read drafts of the book, being in the room for readings and being present at labs at which we see the musical coming to life, we see and feel Michael’s presence in a way that we do not think would have been possible with anyone less talented than Lynn and Chris.

A musical of the caliber that we are confident is now taking shape will not only pay tribute to and celebrate Michael Jackson’s genius but take audiences on an emotional journey that will surprise fans and non-fans alike as they witness his magical, complex world. Since we all know it is not possible to judge something that you have not experienced yourself, we hope you will all have the opportunity to sit in the theater and experience this musical for yourselves and we look forward to your reactions once you have that opportunity.

THE ESTATE OF MICHAEL JACKSON

Source: MJOnline, The Official Team Of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター