Leaving Neverland:フランスのファンたちが法的行動へ

フランスのMJファンの3グループ、The Michael Jackson Community、MJ Street、On The Lineが、マイケルの思い出を汚したとして、”Leaving Neverland”に登場する二人の男を訴えている。

彼らの弁護士、エマニュエル・リュドは以前、マイケル・ジャクソンを薬物投与で死亡させ、ファンに苦痛を与えたとしてコンラッド・マーレーを訴えている。リュドによれば、”ドキュメンタリー”でなされているのは、”極めて重大な告発という侮辱”であり、マイケルのイメージとすべてのファン・コミュニティーはこの告発によって影響を受けているという。

この裁判の審理は6月に北フランスのオルレアンで開かれる。

■French Fans Bring Legal Action

Three Michael Jackson fan groups in France; The Michael Jackson Community, MJ Street and On The Line, are suing the two men who featured in the recent documentary ‘Leaving Neverland’ for “sullying” Michael’s memory.

The fans lawyer, Emmanuel Ludot, previously sued Conrad Murray for causing distress to Michael’s fans by giving him the drugs that ended his life. This time Ludot said it was the “indignity of the extremely grave accusations” that were made in the documentary and that Michael’s image and the whole of the fan community has been affected by these allegations.

The case will be heard in Orléans, northern France, in July.

Source: The Guardian & MJWN
関連記事

Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

最新記事

文字サイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

モバイルはこちらから

QR