Leaving Neveland : エステートの声明

Hello, MJFam:
この数週間は、マイケルを愛するすべての皆さんにとって試練でした。多くの皆さんからエステートからの最新の発信を求めています。以下にエステートからの声明をシェアさせていただきます:

まず初めに、マイケルのファンの皆さんにお礼を言いたいと思います。そして、マイケルの甥のタジ、姪のブランディ、兄弟のジャッキー、マーロン、ティト、それにグレース・ルワランバ、アーロン・カーター、ブレット・バーンズ、ステファニー・ミルズの諸氏ほか、マイケルに代わって発言してくれた世界中の皆さんに感謝し、お礼を言いたいと思います。また、事実を精査し、マイケルのレガシーを中傷するという一方的な制作者の意図に沿わない事実がいかに無視されているかを指摘してジャーナリストとしての仕事をしてくれたメディアの皆さんにもお礼を言いたいと思います。

さて、ここに、私たちの動きの最新の情報と、この二週間あまりに考えたことを手短にお話しします。私たちはフラストレーションと怒りを皆さんと共有しています。彼がもはや自分で自分を守れないからといって種々の主張をしている企業や個人たちによって、裁判で無罪を確認されたにもかかわらず彼が攻撃され、食い物にされ、名誉が傷つけられているのですから。

Leaving Neverlandについての私たちの立場に関する公の声明に加え、私たちの法律的行動は続いています。戦略と公にし、取り掛かっていることを列挙することは分別があるとは言えないかもしれませんが、私たちは、マイケルのレガシーに対し裏付けのないままひどい中傷を行っていることに対する説明責任をHBOとチャンネル4に引き続き求めています。ご安心ください。多くの皆さんから、なぜ私たちが公開の仲裁という形をとっているのかという質問をいただきます。理由は簡単です。「Leaving Neverland」制作の真の経緯、対立する意見に対する配慮がないのはなぜか、なぜ多くの事実が無視されるのか、立場の違うストーリーを持ち、最低限でも意見を聞くべきだった人々がなぜ中傷されるのか。こうしてことが公になるべきだと私たちは信じているからです。抗弁の機会なくこのような一方的中傷が放映されるなど言語道断です。マイケルが存命であれば決して放映されることはなかったでしょう。

私たちは法律的ではない取り組みも行っていますが、適切な時期にそれは公表します。私たちにとって今もこれまでも重要なことは、この10年間と同様に長期的視点を維持することです。これが意味するところは、HBOやチャンネル4、監督、そしてとくに主役の二人が最も欲しているものを軽率に与えないということです。視聴者への売り込みにあらゆる手段を講じていることを考えれば標準以下であることが明白な映像に対し、彼らはもっと注目を集めるようなやり方をしたいのです。しかしながら、彼らがこの映像に注いだ大々的な労力と無料の宣伝活動を考えれば、パート1だけを見て視聴をやめた視聴者が多かったという事実と併せ、この映像がオンエアされた市場向けになされた誇大広告と視聴率が見合っていません。

マスコミはしばしばこの映像に関連する無礼な事象を誇張しています。しかし、私たちの見方では、このドキュメンタリーが一般に与えたインパクトやそれを見た反応については、彼らが期待したほど大きくありません。そうは思わないという見方もあるでしょうが、このドキュメンタリーが公になって以降もマイケルの音楽の売れ方は減っていませんし、ストリーミングの回数も減っていないことを私たちは確認しています。このことは、マイケルの真実を知っている私たちに以外にも、マイケルのエキセントリックな一面や社会の規範を外れて生きることを選択したことを理解はできない人々でも、マイケルが創ったアートを評価し楽しんでいるということを物語っています。マイケル・ジャクソン関連商品を誇りをもって扱っているライセンス使用者は世界中にいます。私たちはファンの皆さんが見ることはない膨大なデータを見ていますし、情報と活動を適切かつ総合的に扱うために舞台裏では年中無休で仕事をしています。

視聴者と主流メディアの間にはこの映像に対する受け止め方に大きな相違があることにも着目しています。あからさまなプロパガンダにもかかわらず、多くの視聴者は、一方的で度を越したわいせつな主張や、やらせ的セリフや演出を見透かしているのです。Leaving Neverlandはつまるところ、マイケル・ジャクソンは多くの人々が理解し、愛したような人(二人の主役とその家族も莫大な賠償金を求めて提訴するという選択をするまではそう思っていた)ではないということを視聴者に納得させることを狙った営業活動である、と視聴者は見ているのです。人々がLeaving Neverlandを理解し事実を精査し始めるにつれて、これが額面通りには受け取れないと多くの人々が気付き始めています。映像の中の数々の矛盾や問題点を指摘してマイケルの味方をしてくれたファンやその他の皆さんを私たちは誇らしく思います。今回の件であらゆる側面から検討を加えてくれた多くの皆さんは、二人の主役のストーリーに多くの穴があることを突き止めてくれました。ファクト・チェックの結果、映像に対する見方が180度変わったと勇敢にも公に認める人批評家もいます。

マイケル・ジャクソンを黙らせることはできません。ファンの皆さんを黙らせることもできません。支持を表明するために広場で彼の音楽を流す方、Leaving Neverlandに抗議するために自ら経営するコーヒーショップで彼の音楽を流すニュージーランドの経営者の方、街中にポスターやサインを掲げて彼の無実を宣言している方。マイケルが25年前に予言した通り、真実こそが彼を救うのです。

マイケル・ジャクソン・エステート

マイケルと彼のレガシーへの変わらぬサポートに感謝いたします。

■Statement from the Estate of Michael Jackson

Hello, MJFam:
The last few weeks have been a challenge for everyone who loves Michael. Many of you have been asking for an update from the Estate, and I have the following statement to share.

We want to start by again thanking all of Michael’s fans and acknowledge and thank Michael’s nephew, Taj, his niece, Brandi, and his brothers, Jackie, Marlon and Tito, Grace Rwaramba, Aaron Carter, Brett Barnes, Stephanie Mills and all of the other individuals around the world who have spoken out on his behalf. We also want to acknowledge those in the media who have done their job as journalists by reviewing the facts, noting how they were ignored in Leaving Neverland because it didn’t fit into the filmmaker’s one-sided agenda of denigrating Michael’s legacy.

We also want to provide a brief update on our efforts, as well as share some thoughts with you from the past two weeks. We share your frustration and anger that a man who was found innocent in a court of law in life is being attacked, financially exploited and smeared by corporations and individuals who are only making claims now because he is no longer here to defend himself.

In addition to our public statements regarding our position on Leaving Neverland, our legal efforts continue. While it would not be prudent to publicly divulge our strategy and list our efforts, rest assured we are committed to holding HBO and Channel 4 accountable for their egregious, uncorroborated smear of Michael’s legacy. Many of you have asked why we are seeking open arbitration. The answer is simple: we believe the public deserves to know how Leaving Neverland really came about, why no counter opinion was ever sought, why so many facts were ignored and why individuals were smeared who should have at a minimum been contacted to get the other side of the story. It is outrageous that such a one-sided smear was ever allowed on the air without challenge. We all know that if Michael was still alive it would never have been aired.

We also have other non-legal initiatives that we will disclose at the appropriate time. What is important for us, and always has been, is that we continue to take the long view as we have over the last decade. That means not doing anything rash that would give HBO, Channel 4, the film’s director and, especially, the subjects of the film, what they most crave now. They want to engage in a way that focuses more attention on a film that has no doubt underperformed given that the media did everything in its power to sell this film to viewers. But given the enormous attention and free publicity the media gave this film, the numbers have clearly not matched the hype in the markets where it has aired, with many viewers opting to stop watching after the first part.

We recognize that the press often magnifies each affront related to this film. But from our view the actual impact of this documentary on the public and their behavior has not been as significant as the media want people to think. While some would like you to think otherwise, we can confirm that the consumption of Michael’s music has not declined and his streaming numbers have not decreased in the wake of this documentary. This tells us that in addition to those of us who know the truth about Michael, those who may not understand Michael’s eccentricities and the way he chose to live his life outside of society’s norms are still choosing to appreciate and enjoy the art he created. We have licensees worldwide who are proudly selling Michael Jackson merchandise. We have insight into a significant amount of data that the fans do not see and we are working 24/7 behind the scenes to synthesize all that information and act accordingly.

We are also seeing a sharp disconnect between the reception of the film by everyday viewers and the mainstream media. Despite being outright propaganda, many viewers see through the one-sidedness, the over-the-top salacious claims, the staged dialogue and other dramatizations. They see that what Leaving Neverland boils down to is a sales job aimed at convincing viewers Michael Jackson isn’t the man millions of people know and love, including the two subjects of the film and their families until they chose to sue for hundreds of millions of dollars. As people have had time to digest Leaving Neverland and review the facts, many are recognizing they can’t take it at face value. We are especially proud of Michael’s fans and those who continue to stand up for him by pointing out the numerous inconsistencies and flaws in the film. Numerous individuals who have studied every facet of these cases has poked numerous holes in the stories of the two subjects. Some critics and individuals are now courageously admitting publicly that, having studied the facts, their view of the film changed 180 degrees.

Michael Jackson cannot be silenced, and neither can his fans, whether it is those who proudly play his music in public squares to show their support, the coffee shop owner in New Zealand who played his songs all day long in protest of Leaving Neverland or those who put posters and signs around cities proclaiming his innocence. As Michael predicted 25 years ago, the truth will be his salvation.

The Estate of Michael Jackson

Thank you for your continued support of Michael and his legacy.

Source : MJOnline The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター