「Leaving Neverland」の"ウソ":「ウェイド・ロブソンはマイケル・ジャクソンの虐待以外にもウソをついている」

「Leaving Neverland」の告発者ウェイド・ロブソンは「マイケル・ジャクソンの虐待以外にもウソをついている」。そしてこれがその証拠だ。

2部構成のHBOの例のドキュメンタリーは意見を二分している。ロブソンとジェームズ・セーフチャックによる証言は真に迫っているが、その他の証人がいないという大きな反発が、支持する側、反発する側の双方にある。制作者のダン・リードは批判を退けてきた。「違う立場からのストーリーは?マイケル・ジャクソンは偉大な猿舘イナーで偉大な男だという立場からの」。リードはこう言う。ロブソンが2005年に虐待を否定した根本には自分のアイドルへの献身がある、と。しかし、ロブソンが過去に何度もウソをついているという証拠が存在するし、彼を信頼できない証人とみなした判事もいる。そして彼の最新の告発の一部は彼自身の記憶に基づいてすらいないのだ。

イギリスのジャーナリスト、マイク・スモールコムは伝記「Making Michael 」である。彼がExpress Onlineに特別にこう語っている。

「マイケル・ジャクソンのファンコミュニティーに属しているか、あるいはこの問題を取材しているジャーナリストでない限り、ジャクソンの弁護をなした公にされた情報について知ろうとはしないでしょう。ドキュメンタリーの視聴者は基本的に陪審員のようなものですが、『Leaving Neverland』はいわば検察側の主張しか与えてくれません」。

「2012年、ロブソンはノイローゼを発症しましたが、それは憑かれたように成功を求めたことが引き金となったと彼は言っています。彼の言葉で言えば、彼のキャリアが「崩壊し始めた」というわけです」。

「同じ年、ロブソンは、マイケル・ジャクソンに性的虐待を受けた主張する本を出そうと出版社をあたり始めます。しかしどの出版社も取り合いませんでした。その本の草稿では、彼は自身を『だます名人』と称しています」。

「2013年には15億ドルの民事訴訟/債権者請求を提訴します。当初彼はそれを封印して提訴(繊細な、あるいは関係者外秘の情報を、公の記録に残さずに裁判所に提出する手続き)しました。エステートとの金銭的示談を期待してのものです」。

「誤解のないように言うと、判事は、ジャクソンの会社はジャクソンの行動によるいかなる責任も負わないとの裁定を下しています。つまり、訴えの信ぴょう性については何も判断をしていないのです。しかし、エステートを訴えたロブソンの最初の訴訟の事実審判事は、略式判決の動議での彼の宣誓陳述書を無視しました」。

「エステートの弁護士ハワード・ワイツマンは、ロブソンはと棄却となった訴訟で”何度もウソがばれている”述べています」。

「ワイツマンはこう続けています。”事実審の判事は、ロブソンのウソの一つがあまりにひどいと判断し、ロブソンの宣誓陳述書を無視しました。そして、理性的な陪審員ならロブソンの宣誓陳述書を信じることはできないだろうと判断したのです”」。

「エステートを訴えた訴訟の中で、ロブソンは事実審裁判所より、彼の言う虐待に関する文書での人とのやり取りをすべて提出するよう命じられました」。

「ある電子メールでは、彼は母親に対して20以上の質問をしています。ジャクソンとのやり取りの具体的詳細について母親に尋ねているのです。その中にはこのようなものもあります。”ネバーランドでの最初の夜について思い出せること全部教えて。車で入っていった時どうだった?ネバーランドでの最初の週末は?”」

「ドキュメンタリーではネバーランドでの最初の夜についての詳細を自分の記憶であるかのように語ってるにもかかわらず、当夜の彼の記憶が、彼自身の記憶なのか、誰かに言われたものなのか”わからない”とロブソンは認めています」。

「別の電子メールでは、ロブソンが90年代初めころのあるストーリーを発見したことが示されています。彼と母親の名前が明確に出てくるのです。彼はそれを母親に送り、それが本当かどうか尋ねています。母親はこう答えています。『その話はデタラメよ』」。

「ワイツマンによれば、ロブソンは訴訟が棄却される前に証拠を隠そうとしていました」。

「ワイツマンはこう述べています。『ロブソンは宣誓証言でウソをつきました。そして、2012年の終わりころの短い電子メール以外、ジャクソンに虐待されたという新たなでっち上げの告発について他人(弁護士以外)との”紙でのやりとりはない”と述べています。これは完全なウソであることが判明しました。実際にはロブソンは、訴訟を起こす前に彼の告発に関する本を出版しようと動いていました」。

「ワイツマンによると、ロブソンの本は、ジャクソンから受けた最初の虐待に関して全く違ったストーリーを語っています。宣誓供述書でのこうした食い違いについて問われ、ロブソンは、2012年から2013年に本の草稿を執筆してから記憶が”進化”したと説明しています」。

「ダン・リードは、ロブソンとセイフチャックがドキュメンタリーに関してどんな形であれ金銭的利害はない”と言っています。しかし、両者はエステートにかなりの負債があります。ロブソンは訴訟費用としてエステートに7万ドルの負債があります。セイフチャックも同様にエステートに対して数千ドルの負債があります。ロブソンとセイフチャックは上訴を目指しています。今年中には審問がある予定です」。

■Leaving Neverland 'LIES' exposed: 'Wade Robson lied about more than Michael Jackson abuse'

LEAVING NEVERLAND accuser Wade Robson "lied about more than the Michael Jackson abuse" and here is the proof.

The two-part HBO documentary has divided opinions. The harrowing testimony from Robson and James Safechuck is compelling but there has been a huge backlash at the lack of any other witnesses, both for and against. Filmmaker Dan Reed has dismissed criticisms: "What is the other side of the story? That Michael Jackson was a great entertainer and a great guy?" He says Robson's original 2005 denial of abuse was rooted in his devotion to his idol. Yet, there is evidence Robson lied repeatedly in the past, was viewed as an unreliable witness by a judge and some of his latest allegations are not even based on his own memories.

UK journalist Mike Smallcombe is the author of the biography Making Michael and spoke exclusively to Express Online.

He said: "Unless you are in the Michael Jackson fan community, or a journalist who has researched the subject, you aren’t going to know about the publicly available information which would have formed part of Jackson’s defence. Viewers of the documentary are essentially the jury – but Leaving Neverland only gave them the prosecution’s side.

"In 2012, Robson had a nervous breakdown, triggered, he said, by an obsessive quest for success. His career, in his own words, began to “crumble.”

"That same year, Robson began shopping a book that claimed he was sexually abused by Michael Jackson. No publisher picked it up. In the draft version of the book, Robson called himself a 'master of deception.'"

"Robson filed a $1.5 billion civil lawsuit/creditor’s claim in 2013. He first filed it under seal (a procedure allowing sensitive or confidential information to be filed with a court without becoming a matter of public record), in the hope of reaching a financial settlement with the Jackson Estate.

"To be clear, the judge ruled that Jackson’s companies were not liable for any possible actions by Jackson; he did not rule on the credibility of the men’s allegations. But the trial judge in Robson’s initial case against the Estate disregarded his sworn statements on a summary judgment motion.

"Jackson estate attorney Howard Weitzman said Robson was “caught lying repeatedly” in the dismissed litigations.

"Weitzman added: 'The trial judge found one of Robson’s lies so incredible that the trial judge disregarded Robson’s sworn declaration and found that no rational trier of fact could possibly believe Robson’s sworn statements.'"

"During his lawsuit against Jackson’s Estate, Robson was ordered by the trial court to produce all documents about written communications with anyone about his supposed abuse.

"In one email, he listed over 20 different questions to his mother asking her about the specific details of his interactions with Jackson. Some of these included: 'Can you explain all that you remember of that first night at Neverland? What happened when we drove in what did we do? And that first weekend at Neverland?'

"Despite telling the detailed story of his first night at Neverland in the documentary as if it is his own memory, at his deposition, Robson admitted that he 'did not know' if his memory of that night 'came from (his) own recollection or it was told to (him) by someone else."

"Another email showed that Robson found one particular story from the early 1990s which specifically named him and his mother. He emailed it to his mother and asked whether it was true. She replied, ‘Wow, none of that is true.’

"Weitzman said Robson was also trying to hide evidence before his cases were dismissed.

"Weitzman said: ''Robson lied under oath and stated that, other than one brief email in late 2012, he had had “no written communications” with anyone (other than his attorneys) about his allegations that he was abused by Jackson. This turned out to be a complete and utter lie. Robson had actually shopped a book about his allegations in the year prior to filing his lawsuit—a book he tried to hide from the Estate.'

"Weitzman said Robson’s book told a completely different story of how he was first abused by Jackson. When asked about some of these discrepancies at his deposition, Robson explained that his memories had 'evolved' since writing the draft of the book in late 2012 and early 2013.

"Dan Reed said Robson and Safechuck “have no financial interest in the documentary whatsoever”. But both are in debt to Jackson’s Estate by significant sums. Robson owes the Estate almost $70,000 dollars in court costs, and Safechuck owes the Estate several thousand dollars as well. Robson and Safechuck are pursuing appeals of the judgments against them, appeals that will probably be heard this year."

Source: Express
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター