Leaving Neverland: エステートからファンへのメッセージ

Hello, again, #MJFam:

マイケル・ジャクソン・エステートからのメッセージを以下に共有したいと思います。

1月9日に「Leaving Neverland」のことを最初に知った時、皆さんもそうだったと思いますが、HBOのような立派な企業がそれに関わっているなどということは想像できませんでした。HBOの企業価値は、公平であること、誠実であること、高潔であることを反映したものであると私たちは考えていました。

悲しいことに私たちは間違えていました。「Leaving Neverland」は、マイケルの家族やエステート、友人、関係者、ファンの皆さんの監視の目を逃れるためにサンダンス映画祭の最後にアナウンスされました。これは2年にわたるコソ泥的手口の一環であり、計画された奇襲に他なりません。HBOはアナウンスの際に二人の告発人の名前すら隠そうとしました。 私たちがよく知る、訴訟に負けた二人であると暴露する最初の私たちの声明を受け、しぶしぶ明かしたのです。

HBOの目的は明らかです。すなわち、マイケル・ジャクソンを擁護する立場の人々や、二人の告発人の性格や信頼性の欠如をよく知る人々の大きな声を弱めたいのです。皆さんのお陰で、HBOと制作者らは、この映像に強烈な光が当てられることを避けることができませんでした。

彼らはこれが完全に一方的であるということに触れられたくないのです。彼らは、制作者が2年間、二人の告発人とその家族以外の、彼が敵視する人々、彼が道徳的倫理的にコンタクトをとるべき人々に全く話を聞いていないということを知られたくなかったのです。そしてHBOも、二人の告発人が繰り返し話を変えてきたこと、筋金入りの偽証者であること、ひた隠しにする金銭的動機があることを知られたくなかったのです。むしろHBOは、事実と映画製作者の(損なわれるであろう)信ぴょう性についての厳格な調査を避けるべく、コソコソことを運ぶことを希望したのです。しかし、このような不誠実さに対しマイケルを守ろうという皆さんの粘り強い情熱がHBOの透明性の欠如に穴を開けました。これは勇気づけられることであり、心温まることであり、私たちは皆さんに大変感謝しています。

最も重要なことは、HBOとパートナーのチャンネル4は、これが故人であり自分自身で弁護できない無実の男に対する攻撃であるという事実、故人を中傷することに対する法的責任を負う可能性がないからこそできることであるという事実から注意をそらしたがっているということです。HBOからの反応は、映像はマイケル・ジャクソンに関するものではないという不誠実で不条理な主張を加える一方で、公平さは無関係であるということを繰り返しています。明確にしておきましょう。これは完全にマイケル・ジャクソンに関するものです。14年前にこうした告発のために法廷で過ごし、洗練された陪審団により全ての訴因について全員一致で無罪評決を受けた、同じマイケル・ジャクソンなのです。

しかしHBOの法廷には陪審員はおらず、証言者に対する反対尋問もなく、弁護士もいないのです。自分自身が最終判決であり陪審員であると宣言した、故意にセンセーショナルを狙った制作者による無実の男に対する初めから決められた有罪評決です。そしてHBOは、告発人が真実を言っているかウソを言っているかを全ての証拠から視聴者自身で判断させるよりも、制作者の筋書きを視聴者に押し付け、4時間もの視聴時間の中で、矛盾する証拠を微塵も明かさないのです。

マイケル・ジャクソンは生涯を通じて、同世代のアーティストが誰も我慢を強いられることがなかった悪意あるスポットライトにさらされました。マイケルが「Thriller」という世界的現象を起こしていた1985年、ジェームズ・ボールドウィンは書いています。「マイケル・ジャクソンに関する雑音は、それはジャクソンに関することでは全くないという点で興味深い。彼がそれを知る分別を持ち、口を開けた肉食的成功から自分の人生をつかみ出す幸運に恵まれることを願う。多くのテーブルをひっくり返し、成功を得たことについて彼はすぐには許されないだろう。そして、モンテカルロの銀行破りでさえマイケルの弱みを握っていないのだ」。

悲しいことに、彼の子供たちは、父親を失って以降、こうしたセンセーショナルなタブロイドのストーリーという余計な痛みに耐えることを繰り返し強いられてきました。それが父親の死に責任がある男の刑事裁判であろうと、この映像の二人の男の主張であろうと。マスコミは二人の告発人を新鮮で新たなものとして扱っていますが、実は彼らはメディアに対し同じわいせつかつ間違った訴えを6年間にわたって続けているのです。マイケルが亡くなってからの年月の半分以上です。しかしHBOの信頼を乗っ取ることで、彼らが手にしたものはより大きな土台であり、サウンドトラックであり、ドローンによる空撮であり、見事な編集技術であり、莫大なマーケティング予算です。彼らが買うことができないもの、それは真実です。事実はウソをつきません。人々はウソをつきますが。

こうした誤った主張が最初になされてから6年間、マイケルの音楽やレガシーは、シンプルな理由から発展しました。すなわち、マイケル・ジャクソンを黙らせることはできないからです。彼の天才性と芸術性は永遠であり、彼の回復力は広く行きわたっています。私たちは彼を訴える者たちとの益のない戦いを続けていきます。それは彼が無実だからです。彼のレガシーは、彼の弁護をしていたにもかかわらず大金を求めている二人よりも強力です。彼らの同じような思い付きは、そのタイミングや動機について数えきれない疑問を生んでいるのです。札付きの偽証者であり、証拠を隠しているというような繰り返される彼らの不誠実さは、「Leaving Neverland」の4時間というものがわざわざ隠している彼らの信頼性についてすべてを語っています。

最後に、1994年にNAACPイメージ・アワードに招かれた時にマイケル自身が語っていることを思い返すことは重要です。当時、彼のその後の人生につきまとうことになる無慈悲な迫害がすでに始まっていました。聴衆に対し、私たちが無罪の推定に対して有している権利について彼はわざわざ言及しました。

「今まで、僕は理想の重要さについて理解することに時間をかけることはありませんでした」とマイケルは語りました。「間違った訴えや、真実を聞くチャンスを得る前に悪いことを信じ、利用しようとする人々の犠牲に僕自身がなるまでは。なぜなら、僕は無実と推定されるだけでなく、僕は無実だからです。そして、僕は理解しました。真実こそが僕の救いになるということを」。

マイケル・ジャクソン・エステート

■Message from the Estate of Michael Jackson to his fans

Hello, again, #MJFam:

We’d like to share the following message from Michael’s Estate with you:

When we first learned of Leaving Neverland on January 9 it was inconceivable to us, as it must have been to you, that a respected company like HBO was behind it. We assumed that HBO’s corporate values reflect a commitment to fairness, honesty and integrity.

Sadly, we were wrong. Leaving Neverland is nothing short of a premeditated ambush, announced at the 11th hour at the Sundance Film Festival as part of a secretive two-year deception to escape scrutiny from Michael’s family, Estate, friends, associates and fans. HBO even tried to hide the names of the two accusers in announcing the film, only begrudgingly identifying them after our initial public statement revealed them to be two failed litigants we know well.

HBO’s goal is obvious: It wants to mute the voices of all who would speak up in defense of Michael Jackson and who know the lack of credibility of these allegations as well as the character of the individuals making them. Thanks to all of you, HBO and its filmmaker have been unable to prevent the harsh light they hoped to avoid from being directed at this film.

They do not want anyone noting that it is overwhelmingly one-sided. They do not want it known that the filmmaker, in two years, never so much as reached out to anyone other than his two subjects and their families, including those he maligned and was morally and ethically obligated to contact. Nor does HBO want anyone knowing that the subjects have repeatedly changed their stories, committed perjury and have financial motives hidden from the public. Rather, HBO hopes to sneak Leaving Neverland by any rigorous scrutiny of facts and credibility that it should have demanded of its filmmaker. But your tenacious passion to defend Michael in the face of such dishonesty pierced HBO’s lack of transparency. It is inspiring and heartwarming, and we are grateful to all of you.

Most important, HBO and its partner Channel 4, want to deflect attention from the fact that it is attacking an innocent man who is no longer with us to defend himself and that they can do this only because they cannot be held legally responsible for defaming a deceased person. The refrain from HBO continues to be that fairness is irrelevant while adding the disingenuous and absurd claim that its film is not about Michael Jackson. Let’s be clear: it is entirely about Michael Jackson. The same Michael Jackson who had his day in court on accusations just like these 14 years ago and was declared innocent unanimously on all counts by a sophisticated jury.

But in HBO’s court, there is no jury, no opportunity to cross examine witnesses and no defense; just a predetermined conviction of an innocent man by an intentionally lurid filmmaker who declared himself the final judge and jury. And rather than let viewers weigh all the evidence and decide for themselves if the subjects are telling the truth or lying, HBO forces the filmmaker’s storyline down every viewer’s throat, allowing no time in four hours of viewing for even a scintilla of the volumes of conflicting evidence.

Michael Jackson suffered during his life through a malicious spotlight no artist of his generation was forced to endure. As James Baldwin prophetically wrote in 1985, when Michael was coming off the global phenomenon that was Thriller, “The Michael Jackson cacophony is fascinating in that it is not about Jackson at all. I hope he has the good sense to know it and the good fortune to snatch his life out of the jaws of a carnivorous success. He will not swiftly be forgiven for having turned so many tables, for he damn sure grabbed the brass ring, and the man who broke the bank at Monte Carlo has nothing on Michael.”

Sadly, his children have had to repeatedly endure the additional pain of these lurid tabloid tales after losing their father, be it during the criminal trial of the man responsible for his death or the claims of the two individuals in this film. While the press has treated the allegations in this film as fresh and new, in truth these individuals have been making these same salacious and false accusations in the media for six years, more than half of the time Michael has been deceased. But having hijacked HBO’s credibility, what they have now is just a louder platform, a soundtrack, drone shots, skillful editing and a multimillion-dollar marketing budget. What they can’t buy is the truth. Facts don’t lie; people do.

In the six years since these false allegations were first made, Michael’s music and his legacy thrived for a simple reason: you can’t silence Michael Jackson. His genius and artistry are timeless, and his resilience prevails. We will continue to fight the meritless claims of his accusers because he is innocent. His legacy is stronger than two individuals seeking hundreds of millions of dollars after defending him for years and whose similar epiphanies raise countless questions about their timing and motives. Their repeated dishonesty such as committing perjury and hiding evidence says everything about their credibility that four hours of Leaving Neverland goes out of its way to hide.

Finally, it’s important to remember what Michael said himself in 1994 when he was invited to the NAACP Image Awards. At that time, the relentless persecution that would haunt him the rest of his life had started. In addressing the gathering, he went out of his way to note the right all of us have to the presumption of innocence.

“I never really took the time to understand the importance of that ideal until now,” Michael said, “until I became the victim of false allegations, and the willingness of others to believe and exploit the worst before they have a chance to hear the truth. Because not only am I presumed to be innocent, I am innocent. – And I know the truth will be my salvation.”

—-The Michael Jackson Estate

Source: MJOnline The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP
関連記事