エステートからのファン向けの声明

下記は、昨日のサンダンス映画祭に出品された映像についてのファン・コミュニティーに向けて出されたエステートからの声明です。
ファン・コミュニティーの皆さんへ:
何よりもまず、マイケル・ジャクソンは私たちの友人です。私たちにはマイケルとともに歩んだ長い歴史があります。そして、彼の優しさやスピリチュアルで途方もない才能を世界に理解してもらいたいという情熱が私たちにはあります。アーティストとして、一人の人間としての彼について世界が楽しんでいただく、また正しい知識を持っていただくという私たちの努力の推進力はマイケルへの愛です。

マイケルの友人として、ファンとして、友人である彼の評判を貶め、彼との些細なかかわりに拠って利益を得ることを目的とした彼に対する誤った非難に対して私たちが嫌悪感を抱くのはマイケルへの愛のためです。

昨晩メディアに対して発表した声明(第三者による確認済み)で指摘したように、このいわゆる"ドキュメンタリー"はウェイド・ロブソンとジェームズ・セイフチャックを取り上げています(恨みを抱いたこの二人は嘘つきであり、不適切な行為は一切なかったと法廷で宣誓証言まで行っています)。彼らはこのプロジェクトに参加していますが、それはエステートから金品を得ようとした試みが失敗したあとのことです。そして、エステートの弁護団の尽力により、エステートに対する彼らの訴えは棄却されています。これは、注目を集め金銭的利益を得ようする人々による、マイケルの巨大なレガシーと巣晴らしい人柄に対する日和見主義的な攻撃の一つです。哀れなことです。

皆さんと同じように、私たちも、攻撃的なストーリーやドキュメンタリー、書籍、中傷的非難を全て無くしたいと思っています。しかしながら、エステートは順法的行動をとらなければなりません。裁判所に訴えうる主張でなければならないのです。法律はマイケルの肖像権をある程度守ってくれますが、残念ながら、ドキュメンタリーや映像までその保護は及びません。エステートはマイケルに対する誹謗・中傷を訴えることはできないのです。なぜなら、法は死去した人物を中傷する民事訴訟について規定していません。彼に関する嘘がいかにひどくても、です。

エステートが保有する素材に対する権利の侵害を止めることはほとんどの場合可能です。今回の創作物についてこれに該当する事案を発見した場合、ディズニーを訴えたABCの番組に対して行った様に、エステートは同様の要求を行います。法によって認められていない訴訟を起こし、したがって勝つ見込みがない場合、私たちがすることは、こうした嘘を公の場にさらし、法廷ですでに棄却された誤った主張であると繰り返すことではないでしょうか。

遺言執行人として、私たちは出来ることは全て行うということを続けていきます。ファンの皆さんもそうするべきであると思います。サンダンス映画祭に関わる人々、監督兼プロデューサーのダン・リード、HBOと英国チャンネル4(金銭目的のこの映像の製作を後押ししている)に対し、怒りの声をぶつけてください。皆さんの考えた想いを表明してください。ドキュメンタリーと自称する創作物で偽証の場を設けるというのは不名誉なことです。

エステートの提案に則り電子メールを送りたいファンの皆さん、下記がメールアドレスです。

Sundance – programming@sundance.org and Institute@sundance.org
HBO – general@hbo.com
UK Channel 4 – Tweet to director of programming Ian Katz @iankatz1000
Or contact team coordinator Ethel Mercedes: emercedes@channel4.co.uk
Dan Reed – jojo@amospictures.co.uk


■Additional Statement from the Estate of Michael Jackson

The following is an additional statement from the Estate to the fan community about the film that was added to the Sundance Film Festival yesterday:

To the fan community:
First and foremost, Michael Jackson is our friend. We each have a long history with Michael and are passionate about making sure that the world sees the compassionate, spiritual and extraordinarily talented man that we know. It is our love for Michael that fuels our efforts to both entertain and educate the world about him as an artist and a human being.

It is also why we, as Michael’s friends and fans, are disgusted by the false accusations that continue to be repeated in an attempt to denigrate the reputation of our friend and to cash in on some small interaction with his life.

As we pointed out in our statement to the media last night and which has now been confirmed by others, this newest so-called ‘documentary’ features Wade Robson and James Safechuck – two disgruntled individuals who are admitted liars and who have testified under oath that Michael Jackson never did anything inappropriate to them. They are participating in this project only after their veiled attempts to extort monies from the Estate failed and, thanks to the efforts of the Estate’s legal team, their lawsuits against the Estate were dismissed. This is one more opportunistic attack on Michael’s vast legacy and stellar character by people looking to gain attention and benefit financially. It is pathetic.

Just like you, we want to shut down every single offensive story, documentary, book, and scurrilous accusation. However the Estate has to base its legal actions on what kind of claim it can make in a court of law. The law offers certain protections for Michael’s right of publicity but unfortunately, those protections do not extend to documentaries or other films about him. The Estate cannot sue for these libels and slanders of Michael because the law does not provide for civil lawsuits defaming a deceased person, no matter how malicious the lies about him are.

In most cases, we do have the ability to stop the infringement of copyrights in the materials owned by the Estate . If we find that is the case with this production, then as we did with the program that recently aired on ABC-TV where we filed a suit against Disney, the Estate will pursue those claims. If we file a lawsuit that is not permitted by law and thus we have no chance of winning, all we would be doing is giving these liars a public forum to repeat the false claims that have already been dismissed in court.

We will continue to do everything in our power as executors of the Estate. And fans should too. Voice your outrage to the people that run the Sundance Film Festival, the director/producer, Dan Reed, and/or HBO and UK Channel 4 who helped create this exploitive film . Share your thoughts and feelings. It is a disgrace that they are giving a platform to these to perjurers in a production that calls itself a documentary.

For any fans looking to send emails as suggested by the Estate, here are email addresses for you:


Sundance – programming@sundance.org and Institute@sundance.org
HBO – general@hbo.com
UK Channel 4 – Tweet to director of programming Ian Katz @iankatz1000
Or contact team coordinator Ethel Mercedes: emercedes@channel4.co.uk
Dan Reed – jojo@amospictures.co.uk

Sincerely,

The MJ Online Team

Source: MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™/ MJJFANCLUB.JP
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター