レポート:ダイヤモンド・セレブレーション

ジェイン・ボスがラスベガスのマイケル・ジャクソン・ダイヤモンド・セレブレーションに参加した。これは彼女のレポートである。エステートとのQ&AセッションやMJ ONEのパフォーマンス、限定イブニング・パーティーの様子も含まれている。

マイケルの誕生日の8月29日の午後、私たちは「Michael Jackson ONE」シアターのロビーに到着した。エステートのジョン・ブランカとカレン・ラングフォード、音楽監督でキーボード奏者のグレッグ・フィリンゲインズ、衣装デザイナーのマイケル・ブッシュがお出迎えだ。とてもよい雰囲気で、マイケルのバースデー・ケーキを自分で手に取り、「MJ ONE」の階段で何度も写真を撮っていた。

3時になると、マイケル・ブッシュが著書「The King of Style」のサイン会を始めた。その一方で、エステートに質問したい者たちは、マンダレイ・ベイ・リゾート内のレストラン「RX Boiler Room」でのプライベート・ミーティングに招かれた。無料のドリンクやスナックが振舞われる中、MJオンライン・チームのジェフ・ジャンポールが、ファンやサイトからあらかじめ寄せられていた質問に対して答え始めた。

・ジョン・ブランカによると、イーグルスの「Greatest Hits」のセールスを調査するようRIAA(アメリカレコード協会 )に要請しているという。「Thriller」が全米アルバムセールスの2位だということが信じられないからだ。
・エステートはマイケル・ジャクソン・ミュージアムの開設や「Dangerous」、「HIStory」のドキュメンタリーの制作を考えているという。ブランカ氏によれば、「HIStory」の良好な映像が存在し、「Dangerous」のドキュメンタリーは「Dangerous」の製作過程に関するものになるとのこと。
・「Ghosts」の3D版はリリースされるが来年ではない。
・既発のショートフィルムやビデオのリリースについて・・・ブランカ氏によれば、技術が進歩すれば、その技術を使用してマイケルの作品をさらにパワーアップするだろうとのこと。
・MIJACは売らない。
・現在、マイケル・ジャクソンのブロードウェイ・ショーに注力している。2020年にオープンしたい。公式発表に先駆けてシカゴでトライアルを行う予定。
・「Don’t Matter To Me」についてはドレイクがそのアイディアをエステートに持ち込んだ。ポール・アンカとの「Love Never Felt So Good」と同じセッションからのものである。
・エステートが希望していることをするにはあと10年かかる。

私たちはマンダレイ・ベイのロビーの「HIStory」像へ。像の土台ではショートフィルムが流されていた。私たちが見た時には「They Don’t Care About Us」が流されていた。プレートにはこう書かれていた:

マイケル・ジャクソン
マイケル・ジャクソン・エステートより貸与
アルバム「HIStory」に向けてのマイケルのビジョンは巨大な像として現れることになった。彼は1994年にダイアナ・ウォルチャックに製作を依頼した。この像はアルバム「HIStory Past, Present and Future, Book 1」のカバー・イメージの基本となった。

この10フィートの像は「HIStory」ツアーで使用されたものだ。

私たちは「MJ ONE」の夕方の回を観に行った。劇場の私たちとは反対の側ではティトとジャッキーがファンたちと談笑し、セルフィーを撮っていた。ショーはこれまでと変わらず壮観だった。その後、同じマンダレイ・ベイ内のデイライト・クラブで開催されたダイヤモンド・セレブレーションに向かった。

会場やライティングが素晴らしい!プールには大きな玉がたくさん。会場を取り囲むようにキャビンがあり中ではマイケルのビデオが鑑賞できる。会場内にはマイケルのビデオを流しているテレビ・スクリーンがあり、いたるところマイケルだらけ!「Scream」のセットの一部がありそこで写真を撮ったり、ショートフィルム「Black or White」のラスト部と同様のモーフィング・ビデオを作ったり。「MJ Diamond Celebration」と点滅するフラッシュライトを手渡された。ドリンクは「#MJ Diamond Celebration」と書かれたカップに入っている。

エリザベス・テイラーの孫のクイン・ティヴィ がステージに登場し、遅れてダイアナ・ロスの息子のエヴァン・ロスも加わった。彼らはプリンスとパリスにエリザベス・テイラー・レガシー・アワードを授与した。プリンスとパリスは父の代わりとしてこの賞を受け取った。エリザベス・テイラー・エイズ基金における人道支援の功績を讃えた賞だ。

パリスは同基金のアンバサダーを務めているが、プリンスがスピーチを行った。「彼はいつも上手にしゃべるから」。賞を受け取り、プリンスは会場の人々に対してこう語った。

「ここに呼んでいいただき、そして賞をいただけることはこの上ない名誉であり栄誉です。この賞は父が情熱を注いだものに対してだけではなく、彼が心から大切にしていた皆さんに対して、そして目的を達成するために彼が心血を注いた基金に対して贈られるものです。今やその目的は達成されつつあります。父が生涯を貫いたそのやり方は、みずから範を示すことによって導き、自分が大物であるとは決して考えていませんでした。キング・オブ・ポップ、世界最大のエンタテイナー。彼は誰に対しても尊大にはなりませんでした。何を成した人か、どこから来た人か、そういうことは関係ありませんでした。この世界をよりよい場所とするためには、これは重要なことだと僕は考えます」。

最後にプリンスとパリスは、イタリアの靴デザイナーのジュゼッペ・ザノッティ(このイベントに出席しており、ステージにも上がった)がマイケルを讃えたスニーカーを製作し、10月には1999足のMJコレクションとしてリリースされると説明した。このスニーカーは1295ドルで、スワロフスキーが散りばめられた黒、白、そしてシルバーが用意される。このスニーカーはオンラインと世界のセレクト・ショップで、そしてUSではニーマン・マーカスで販売される。コレクションの2000足目となる一品については、120個のブラック・ダイヤモンドと55個のルビーで飾られ、バックルがシルバーのものとなっている。これは11月10日にニューヨークのタイムズ・スクエアにあるハードロック・カフェでオークションにかけられる。「Number One」と命名されたこのスニーカーは現在ジュリアンズ・オークションのウェブサイトに掲載されており、15000ドルスタートとなっている。売り上げは全額、エリザベス・テイラー・エイズ基金に贈られる。

エリザベス・テイラー・エイズ基金についての詳細はウェブサイトまで。

終盤にはアッシャーがステージに登場し、「Year!」などを披露してマイケルへのトリビュートを締めくくった。

このような素晴らしいパーティーを企画したエステートとソニー・ミュージックに対し、感謝を申し上げたい。今宵、マイケルはここにいる、とティトは言った。マイケルが私たちを見ていたとしても、がっかりはししないでしょう!

■Last Vegas Diamond Celebration

Jayne Ross attended the Michael Jackson Diamond Celebration in Las Vegas, and here’s her account of the day, which included a question and answer session with Michael’s Estate, the ‘MJ One’ performance and the exclusive evening party.

We arrived at the ‘Michael Jackson One’ theatre foyer in the afternoon of Michael’s Birthday, August 29th, where John Branca and Karen Langford of Michael’s Estate, musical director and keyboardist Greg Phillinganes and Michael’s costume designer, Michael Bush, had gathered to greet the public. There was a great atmosphere and everyone could help themselves to a piece of Michael’s Birthday cake and have their photo taken on the ‘MJ One’ step and repeat.

Michael Bush began his book signing of ‘The King of Style’ at 3pm whilst all those who wanted to ask questions to Michael’s Estate, were invited to a private meeting in the ‘RX Boiler Room’ restaurant inside the Mandalay Bay Resort. With free drinks and snacks on offer, Jeffrey Jampol of the MJ Online team began asking the questions that had been sent in previously by Michael’s fans and sites. Here are the answers to some of those questions:

John Branca explained that he is asking the RIAA (Recording Industry Association of America) to check the sales of the Eagles ‘Greatest Hits,’ as he doesn’t believe that ‘Thriller’ is now 2nd in album sales in the U.S.
The Estate would like to open a Michael Jackson Museum and release a ‘Dangerous’ and a ‘HIStory’ documentary. Mr Branca said there is some good ‘HIStory’ footage and the ‘Dangerous’ documentary will be about the making of ‘Dangerous.’
A version of ‘Ghosts’ in 3D will be released, but not next year.
Regarding previous short film and video releases – Mr Branca said that once the technology becomes available to better what they have, they will use this technology to enhance Michael’s work.
They will never sell MIJAC.
They are currently focusing on the Michael Jackson Broadway show which they are looking to open around 2020. There will also be some trials of the show in Chicago prior to the official release.
Drake approached Michael’s Estate with the idea for the song ‘Don’t Matter To Me.’ It was taken from the same session as ‘Love Never Felt So Good’ with Paul Anka.
The Estate has ten more years of things they would like to do.
We also came across a large ‘HIStory’ statue in the hotel lobby. On the plinth of the statue they were screening short films. ‘They Don’t Care About Us’ was showing whilst we were there and it also had a plaque on it which read;

Michael Jackson
On loan from The Estate Of Michael Jackson
For the HIStory album, Michael’s vision was to appear as a giant statue. He commissioned Diana Walczak to create the statue in 1994. The statue became the basis for the cover image of Jackson’s album HIStory Past, Present and Future, Book 1.

This 10′ statue was used on Michael’s HIStory Tour.

Early evening, we went to watch ‘MJ One.’ On the opposite side of the theatre, Tito and Jackie Jackson were speaking to some of the fans and taking selfies with them. The show was as spectacular as ever, then we headed off to the special ’60th Diamond Celebration’ at the ‘Daylight Club,’ still within the Mandalay Bay.

The venue and lighting looked amazing! Large globes in the pool, cabanas around the edge of the venue where you could watch Michael’s videos, also television screens airing Michael videos throughout the rest of the venue…Michael was everywhere! You could have your picture taken on a part of the ‘Scream’ set and make a morphing video of yourself, not unlike the end of the ‘Black or White’ short film. We were all given foam flashing light sticks too which flashed ‘#MJ Diamond Celebration’ and drinks were served in ‘#MJ Diamond Celebration’ cups.

Elizabeth Taylor’s grandson, Quinn Tivey, took to the stage and was later joined by Diana Ross’s son, Evan Ross. They both presented Prince and Paris with the Elizabeth Taylor Legacy Award, which they accepted on their fathers behalf, in recognition of his humanitarian work with The Elizabeth Taylor AIDS Foundation.

Paris is an ambassador for the foundation but explained that she would let her brother do the talking as “he’s always the most well spoken.” Accepting the award Prince told the crowd;

“It is extremely a privilege and an honour to be here accepting an award not only for something my dad was so passionate about, but someone he held so very near and dear to his heart and a foundation that he worked so hard to strive and make the goals that they are achieving right now. The way my father like to lead his life, he liked to lead by example and he never thought that he was too big. The King of Pop, the biggest entertainer in the world, he never thought he was too big for any person, no matter what it is that you did or where you came from. I think it’s important to do this to make this world a better place.”

Afterwards, Michael’s children explained that Italian shoe designer, Giuseppe Zanotti, who was also at the event and joined them on stage, had created some sneakers in honour of Michael and in October is releasing a 1,999 pair MJ collection. The sneakers will be priced at $1,295 and are available in black, white and silver with embedded Swarovski. They will be available online and at selected Zanotti stores around the world also at Neiman Marcus in the U.S. In addition to this, there will also be one pair, making the complete collection up to 2,000, which have 120 black diamonds, 55 ruby embellishments and silver buckles that will be auctioned at the Hard Rock Cafe in Times Square, New York on November 10th. The sneakers, which are called ‘Number One,’ are currently on Julien’s Auction website with a starting price of $15,000. 100% of money raised from the sale of all these sneakers, will go to The Elizabeth Taylor AIDS Foundation.

For more information on The Elizabeth Taylor AIDS Foundation visit their official website.

Later in the evening Usher took the stage and performed some of his own tracks including ‘Yeah!’ finishing with a tribute to Michael.

I’d like to thank Michael’s Estate and Sony Music for putting together such a brilliant party – Tito said he could feel Michael was with us on that evening and if he was looking down on us, he certainly wouldn’t have been disappointed!

Source : Jayne Ross on behalf of MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター