ライオネル・リッチー We Are The World製作時の思い出

ライオネル・リッチーがCBSの番組「The Talk」に出演し、マイケルと「We Are The World」を作っているときの"ワイルドな"時間について語った。

リッチーはこう語った。
「マイケルは動物や爬虫類を集めるのが大好きだった。で、この曲を書いている最中、下の階で食事をしていると、犬が激しく吠えていて、「静かに!静かに!」という声を聞いたんだ。僕は思った。『マイケル、どうかしたのかい?」彼はこう言ったよ。「鳥だよ、犬とケンカしてる」。もっとすごいのもあるよ。僕は床に寝転んで「We Are The World」の歌詞を書いていた。すると「シューッ」という音が聞こえた。僕はマイケルの方を見た。すると突然、壁に立てかけてあったアルバムが倒れ、アルビノのパイソン(にしきへび)が僕の視界に飛び込んできた。「そこにいたよ、ライオネル。見つかったよ!見つかった。この部屋のどこかにいるのは分かっていたんだ、ライオネル。彼は君と遊びたがっているよ」。僕はホラー映画のラストで女の人が叫ぶような叫び声をあげたよ。とてつもなく大声でね」。

lionel-and-michael-768x432.jpg

■Lionel Richie On Writing ‘We Are The World’

Lionel Ritchie recently was on ‘The Talk,’ which is a show on the CBS Network. He spoke of the “wild” time he had whilst writing ‘We Are The World’ with Michael.

Richie explains; “Michael loved to collect animal and reptiles, so right in the middle of writing this song, we were eating downstairs and there’s this dog barking hysterically and we heard… ‘shut up, shut up’ so I’m thinking… ‘What’s going on, Michael?’ He said, ‘That’s the bird having an argument with the dog.’ Now it gets worse. I’m lying on the floor working on the lyrics to ‘We Are The World’ and I hear ‘hssss…’ and I’m looking at Michael and all of a sudden I’m looking out the corner of my eye and the albums against the wall are falling down and there’s an albino python. And he goes, ‘There he is Lionel, we found him, we found him! We knew he was in the room somewhere, Lionel. He wants to come out and play with you.’ I was screaming like the last woman in a horror movie. I was screaming so loud.”

Source: The Talk & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター