スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テディ・ライリーが語る「Dangerous」

「Dangerous」のレコーディング・セッションはマイケルがテディ・ライリーのためだけに作ったスタジオで完成された。彼の要求どおり正確に。彼は自分自身のために1年後に同じものをヴァージニアに作った。スタジオには小さなアパートメントが併設された。テディが「どこへも行く必要がないように」。レコーディングのペースが落ちてくると、テディは家族が恋しくなり、家へ帰りたがった。記事によれば、マイケルは懇願したという。「行かないで!他の人たちは好きじゃない。ダラスは好きじゃない」。こうして、マイケルはテディの家族のためにカリフォルニアまでの航空券を手配し、テディが帰ってしまうことを防いだ。そして彼はアルバムが完成するまでの間、家族をニッコー・ホテルに宿泊させた。

ある時テディはマイケルにこう言った。「君の形をもっと見せるべきだ。コートやジャケットの下がどうなっているか、ぼくたちは知らない」。だからマイケルは髪をポニーテルにして後ろに束ね、ジーンズをはいて「In The Closet」を製作したのである。

■Teddy Riley Shares ‘Dangerous’ Moments

The ‘Dangerous’ recording sessions were completed in a studio Michael built specifically for Teddy Riley. To his exact specifications, which he also recreated for himself one year later in Virginia. In addition to the studio, that was also a small apartment built onto it, meaning Teddy “wouldn’t have to leave, for anything.” As the recording slowed down, Teddy missed his family and wanted to go home. According to the article, Michael pleaded with him. “Don’t go! Not like the other guys. Not like Dallas.” As a result of this, Michael arranged for Teddy’s family to fly to California to keep him from leaving. He also put them up, in the Niko Hotel, until the album was completed.

At one point, Teddy told Michael; “you should show your form more. We don’t know what you look like under all those coats and jackets.” So, Michael pulled his hair back into a ponytail, put on a pair of jeans and made ‘In The Closet.’

‘Dangerous’ sold over 35 million units with 7 million in the United States alone during its original pressing. The album cemented Teddy Riley as an A-list producer.

Source: Okayplayer & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。