スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs IRS: 著名人の遺産に対するIRSの方針

マイケルが遺したものは複雑で、ファンに対しても税務署に対しても様々な問題を提起した。その法律上の余波はまだ続いている。

彼の死去時の状況はファンらの同情を集め、そしてこのためにマイケルの遺産については、彼の名前や肖像の価値をめぐるIRS(アメリカ国税庁)との法的闘争に巻き込まれることとなった。

遺産税のためのマイケルの遺産評価において、遺言執行人のジョン・ブランカとジョン・マクレーンはマイケルの名前と肖像について200万ドルに過ぎないと算定し、傷ついた名声について言及した。IRSはこれを過小評価であると反論し、マイケル・ジャクソンの名前と肖像の価値は4億3400万ドルであると主張、税と罰金で7億ドル以上であると評価した。

マイケルの名前と肖像の価値をさらに複雑なものとしているのは、死後に遺産に加わる収入だ。遺言執行人による綿密なビジネス上の判断の結果、マイケルの遺産は拡大した。ドキュメンタリー「This Is It」は全世界で2億9000万ドルの収益、10枚のアルバムリリースの条件でソニーと2億5000万ドルの契約の合意、シルク・ドゥ・ソレイユとの2作品は興行収入3億6000万ドル以上、そしてソニー/ATVの株式のうちのマイケルの権利をソニーが買い取ることで7億5000万ドルの収入。

遺産税算定のための遺産の価値の評価は死去の時点でなされるべきものである。しかしながら、マイケル・ジャクソン・エステートの成功は、名称と肖像の当時の評価額が過少であるとの疑念を抱かせることとなった。IRSは、エステートが行った契約はどれも予見可能なものであり、評価に入れるべきであったと主張した。これに対しエステートは、成功は遺言執行人らのビジネス的先見の明によるものであると反論している。

エステートが遺産税とその結果としての罰金を支払うべきかどうかを決定する裁判は2017年2月に結審した。2017年12月、租税裁判所は、手続きの不備を理由にIRSが当初求めた罰金全額を請求することを禁じた。遺産評価と罰金についての租税裁判所の判断が残されているが、本裁判の結果は著名人の遺産管理について重大な影響を及ぼすだろう。

■What The IRS Means For Celebrity Estate Planning

When Michael died, he left behind a convoluted legacy that has presented issues for fans and tax collectors alike. The legal repercussions are ongoing.

The circumstances of his death have heightened fans sympathy and because of this, Michael’s estate is embroiled in a legal dispute with the IRS over the value of his name and likeness.

In valuing Michael’s estate for estate tax purposes, executors John Branca and John McClain valued his name and likeness at just over two million dollars, citing his tarnished reputation. The IRS has taken issue with this low value, arguing that his name and likeness should be valued at $434 million and assessing more than $700 million in taxes and penalties against the estate.

Further complicating the valuation of Michael’s name and likeness is the post-mortem influx of revenue to his estate. As a result of the shrewd business decisions bu the executors, Michael’s estate has flourished. The ‘This Is It’ documentary grossed $290 million globally; Sony agreed to a $250 million deal to release ten albums; two Cirque du Soleil tribute shows have gained over $360 million in box-office revenue; and the Sony Corp.’s acquisition of Michael’s stake in Sony/ATV Music Publishing earned the estate $750 million.

The value of assets for estate tax purposes should be determined as of the date of death. The success of Michael’s estate, however, calls into question the estate’s low valuation of his name and likeness at that time. The IRS claims that each of the estate’s deals was foreseeable and should have been taken into account. Conversely, the estate argues that its success was a result of the business acumen of the executors.

The trial to determine whether Michael’s estate owes estate taxes and the resulting penalties concluded in February 2017. In December 2017, the Tax Court determined that the IRS was barred from seeking the full amount of penalties initially sought because of failure to comply with certain procedural requirements. It remains to be seen how the Tax Court will value the estate and penalties, though the conclusion of this trial could have significant repercussions for how celebrities plan their estates.

Source: Greensfelder Hemker & Gale PC & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。