"Thriller"のジャケットはどのようにして生まれたか

"Thriller"の設定とマイケルの体型が、彼を象徴する赤いレザーのジャケットに影響を与えていた。衣装デザイナーのデボラ・ランディスが語った。

「誰かにこう言ったんです。『私、マイケル・ジャクソンの"Thriller"をデザインしたんだけど、それが信じられない』って」とランディスは語る。「自分がウソをついているような感じでしたよ」。

ランディスはテレビや映画の衣装デザイナーである。彼女が関わったものには、「レイダース/失われたアーク」、「星の王子 ニューヨークへ行く」、「ブルース・ブラザース」、「アニマル・ハウス」などがある。

彼女は、マイケルの"Thriller"のジャケットの外見があのようになった理由をリダクティブ・デザインによるものだと考えている。「『リダクティブ・デザインとは何ですか?」ではないんです。『リダクティブとはどういう意味ですか』といのが的確です」と彼女は説明する。「リダクティブという言葉が適当なのは・・・衣装とはなり得ない衣装とは?ということなんです。

彼は映画館にいる。彼はデート中だ。そして映画館を出る。彼は暗闇の小道でダンスする。その瞬間を真に捉えるのは何色か?ホラー・フィルムの真髄を捉える色とは?ゾンビに囲まれた中では、本当にそれらしいのは何か?
それこそがそれらしい、です。物語るもの、視覚に訴えるものとして私たちが最も使うものさし。これがリダクション・デザインです。私は、あの赤と、そして赤いルックスを思いつきました。隅から隅までこれが機能していると私は思います。

当時は80年代で、私は彼の体を作り上げたい、そんな風に思っていました。彼はそれほど大きくはありません。私に言わせれば、彼の体重は99ポンドだった。ウェストは27~28インチ。肩幅はとても狭かった。体重は実質ゼロでした。体を作ることを検討しました。

彼らが映画館を後にし、そして彼は彼女にいちゃつく、ダンスをする。彼女が踊って前へ、そして二人はチェーンでつながれたフェンスまで来る。私はビデオのこのシーンをとても気に入っていました。彼はとても魅力的でした。シルエットと集団でのダンスは、特に先頭部分を際立たせました。彼は矢の先端にいました。ゾンビを従え、三関係の隊形で墓地の裏のストリートを進みます。V字の隊形であること、そしてヘソから型にかけてがV字になっていたこと、グラフィックです!アクティブです!緊張感があります!これらは、彼を際立たせるあの色と組み合わされました。ダンス中のカメラの動きさえも。BOOP BOOP BOOP BOOPの部分も。すべてが組み合わされました。外見、スタイル、形、シルエット、音楽、そして才能が組み合わされ、そしてあの振り付けがマイケルに絶対的正当性をもたらしているのです。あなたの鼻の先で」。

■How Michael’s ‘Thriller’ Jacket Came To Be

Costume designer Deborah Landis has explained how the setting for ‘Thriller’ and Michael’s physique, influenced the style of his iconic red leather jacket design.

“There are moments when I say to someone, ‘Oh yeah, I designed Michael Jackson’s ‘Thriller,’” and I don’t believe it,” Deborah Nadoolman Landis said. “I feel like I’m lying!”

Landis is a TV and film costume designer. Her credits include ‘Raiders of the Lost Ark,’ ‘Coming to America,’ ‘The Blues Brothers’ and ‘Animal House.’

She attributes the look of Michael’s ‘Thriller’ jacket to reductive design.

“It’s not, ‘What is reductive design?’ The right question is, ‘What do you mean by reductive?'” She explained. “Where the word reductive comes in is…what cannot the costume be?

He was in a movie theater. He was on a date. Then he left the movie theater. He danced in a dark alley. What was a color that really captured that moment, that captured the spirit of a horror film? Surrounded by zombies, what would really, really make sense. And that’s the making sense is the criteria we use the most narratively and visually. That’s reductive design. I came up with that red, and that red look, I think it just works on every level.

It was the ’80s and I really felt like I wanted to build out his body. He was not a very big person. I like to say he was 99 pounds ringing wet. He had a 27-28 inch waist. His shoulders were extremely narrow. He weighed practically nothing. There was some deliberate bodybuilding on my part.

When they’ve first left the theater and he’s flirting with her and dancing around her and she’s dancing forward and they’re by that chain link fence, I love that part of the video. He’s so appealing and attractive. The silhouette and the mass, especially up top, really work in the dance. He’s the tip of the arrowhead, that triangle pushing forward on that street in the back alley by the cemetery with all the ghouls. The fact that he has that V, the fact that his body is a V from his navel out to the edge of his shoulders, it’s graphic! It’s active! There’s a tension there! That combined with the colour just pulls him forward. Even the camera movements in that moment in the dance. When it goes BOOP BOOP BOOP BOOP. Everything combined. The look, the style, the shape, the silhouette and the music, and the talent were combined, and the choreography is bringing Michael absolutely right at the tip of your nose.”

Source: Newsy & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター