クインシー・ジョーンズ、BAD製作を振り返る(その2)

マイケルのデモを仕上げていった過程について教えてください
建物の完成形を見通している必要があります。どう建設するかは問題ではない、でも、最終的な姿は見ていなければなりません。わたしたち二人のコンビネーションはパーフェクトでした。私はダンスはできないし(小さいころはダンスもしていましたが)、でも、私はダンサーでもシンガーでもない。マイケルはこれらの天才です。彼は注意深い。彼は細かいところまで見逃さない。彼はサミー・デイヴィスやジェームズ・ブラウン、フレッド・アステア、ジーン・ケリーを研究している。彼は何一つ見逃さない。これが本物のプロです。注意深く観察し、全てに目を配る。プロの心構えです。どうなっているのか知りたい。好奇心。シナトラもそうでした。

私にはオーケストラのバックグラウンドがあります。だから私たちには必要なものがすべてあったのです。もし足りなければ雇いました。コーラスのアンドレ・クラウチみたいにね("Man In The Mirror")。私はオーケストラ・ジャンキーですから。何が足りないかわかるでしょ?ベースラインのハーモニーが足りない。そこでジョン・ロビンソンに話をした。一小節分のドラムをやってくれないか?世界中でハミングできるようなやつを。私には共感覚というものがあって、ちょっと変わっているのですが、音楽を聴く前に見るんです。突拍子もないことでしょうが、それでうまくいくんです。シルバーだったり、パープルだったり、ベビー・ブルーだったりするんです。

音楽と言うものは感情的な構造物です。忘れてはならないのは愛と尊敬と誠実さです。それがなければ何も起こりません。それがリアルでなければならないのです。もし、安全ネットもなしに飛べとチームに頼むのなら、十分な信頼が必要です。やろうとしていることを信じてもらえるほどにね。

スタジオの何もかもを愛していました。それがほとんどです。ノッているときは5日間徹夜とかありましたね。セカンド・エンジニアが担架で運び出されたり。私は一日に180本もタバコを吸っていましたよ。もう止めましたけど。

新しいテクノロジーはBADのレコーディングに影響しましたか?
私はこれまでずっと、最新のテクノロジーに関わってきました。映画でフェンダー・ローズ(エレキピアノ)を使ったのは私たちです。フェンダー・ベースは1953年に使いました。1939年のエレキギターとフェンダー・ベースが組み合わされなければロックやモータウンはなかったでしょうね。ジャズのレコードで最初に使ったんですよ。アート・ファーマーの「Work of Art」と呼ばれているやつです。プレスティッジ・レコードから出したやつですね。私が作った「鬼警部アイアンサイド」のテーマはシンセサイザーを大々的に使った最初のものです。38年前にアラン・ケイに会いにシリコン・バレーにも行きました。MAC ONEやMAC TWOを創った人です。

そんなのはバッハやベートーベンのころからですよ。ハープシコードはどこから生まれたか知ってますか?彼らは鍵盤と同じ感覚を違ったやり方で得られないか試行錯誤したのです。

BADのシングルの選考基準を教えてください
曲自身が決めることになるね。私は(アルバムに良曲を)たくさん入れるのが好きなんです。とれからはずしたらよいかわからなくなるほどにね。曲というのは工芸品です。魂の工芸品。私は最後の大切な友人に接するようにどの曲に対しても取り組みます。曲選びは結構こだわります。曲に対しては注意深くなければなりません。私たちのビジネスとは一曲の偉大な歌を扱うものなのです。歌と言うのはパワーなんです。歌うアーティストはメッセンジャー。偉大な曲というのは、最悪なシンガーを世界的スターにしうるものなのです。出来の悪い歌は世界3大シンガーをもってしても救えません。何年も後でこのことを学びました。知っておくべきことですよ。

プロデューサーがレコードを作るとき、その順序が最も重要です。最初から最後まで動きを止めてはいけません。15秒で掴めなければ耳は寝てしまいます。耳に心地よい曲が求められるのです。偉大な曲にはそのような素晴らしいものがあるのです。現在そういうのはあまり多くはありません。シャンパンだらけ、ノイズを売っています。でも、ケンドリック・ラマーやザ・ウィークエンド、ドレイクはすごくいいね。

今の人は宿題をやらなければなりません。右脳を鍛えるのです。特に今では誰も楽譜を読みません。目の前で起こっていることを知りません。コード・シートを求めることさえしない。耳で歌っています。それはクールですが、全ての音楽が楽譜なしなのです。自分がやっていることが理解できていれば苦しいことではありません。ハービー・ハンコックも苦しまなかったし、スティーヴィー・ワンダーも。私はスティーヴィーとは彼が12歳の時に出会いました。アレサも12歳、マイケルも12歳です。12歳で習得していれば、ずっと続けることになるのです。

レコードを製作するということについて普通の人は何も知りません。どんなだと思いますか?タフな仕事です。スタジオや、エンジニア、バック・シンガー、バンド、ふさわしい曲、ふさわしいテンポ、ふさわしいキーが必要です。休みがありません。面倒を見なければならないのです。「休憩しよう」といつ言うべきか、「もう一回やろう」といつ言うべきかをわかっていなければなりません。普通とは違います。そして私はそういう人たちと仕事をしてきました。ビリー・ホリデイ、エラ(・フィッツジェラルド)、サラ・ヴォーンといった人たちとね。でもいつも同じやり方でした・・・マイケルは・・・彼にとって何が正解かを理解し、彼にとって生涯最高のキャンバスを用意するということでした。

何が起こるかなんてわからない。神のみぞ知る、ですよ。鳥肌の立つような音楽を作る、それだけです。

(おわり)

Source: rollingstone.com / MJJFANCLUB.JP
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター