完成しなかったマイケルのテーマパーク

Disney and Moreというブログに「Peter Pan's Neverland」の写真が掲載されている。これはマイケルがアル=ワリード王子と建設しようとしていたテーマパークである。

1997年、 Kingdom Entertainmentを設立したアル=ワリード王子はディズニーランド・パリの筆頭株主であり、そしてKingdom EntertainmentはLandmark Entertainmentの50%の株式を購入した。これにより同社には多額のキャッシュが流入することとなった。マイケルが5%、アル=ワリード王子が45%を保持していた。

マイケルはLandmark Entertainmentに対し、ディズニーランドのようなテーマパークを設計できないか打診した。それが「Peter Pan’s Neverland」と名付けられた。

パークに入るとそこはロンドンのような眺めとなっていただろう。ケンジントン・ガーデンズやビッグ・ベン、国会議事堂などのヴィクトリア時代の建造物のレプリカが配置されている。ピーター・パン像もある。

「Neverland Island」へ行くには2つのアトラクションが用意されている。空から行くか、ボートで行くか。

空から行く場合、ビッグ・ベンを飛び越えて離陸し、ティンカー・ベルに導かれて島へ向かう。マーメイド・ラグーンやスカル・ロックが見え、森の中のロスト・ボーイズの家の近くへ着陸する。

「Neverland Island」へボートで行く場合は、ミステリアスな洞窟を通り、滝があり豊かな草木が生い茂る「Neverland Island」へ到着する。

「Neverland Island」には6つのエリアがある。

ロスト・ボーイズ・エリア
ジェット・コースター、木の家、プレイ・エリア

マーメイド・ラグーン
マーメイド・ショー、地下レストラン、ボート・ライド

インディアン・ヴィレッジ
ラフト・ライド

ピクシー・キングダム
巨大マッシュルームやカーニバル・ライドがある子供用プレイ・エリア

スカル・ロックとパイレーツ・ヴィレッジ

この計画は1999年5月に手が加えられ、さらにアトラクションが追加された。タワー・ヴィレッジには屋内コースターや3Dシアターがあった。国会議事堂にでは「Salute to J.M. Barrie」というショーが上演されることになっていた。

このプロジェクトの完成予想図つきの記事全文はこちらを参照(英文)。全ての絵図はLandmark Entertainmentに著作権があることに注意願います。


■Michael’s Theme Park That Never Was

On a blog called Disney and More, you can see pictures of ‘Peter Pan’s Neverland,’ a theme park that Michael wanted to create with Prince Al Waleed.

In 1997 when Kingdom Entertainment was created and Prince Al-Waleed was Disneyland Paris’ largest stockholder, Kingdom purchased 50% of Landmark Entertainment, which gave the company a large cash infusion. Michael had 5% of this with Prince Al-Waleed having the remaining 45%.

Michael then asked Landmark if they could design a theme park, like Disneyland, that would be named ‘Peter Pan’s Neverland.’

On entry to the park you would have been greeted by a grand view of London. There were replicas of Kensington Gardens, Big Ben and the Houses of Parliament set in Victorian times. The set included a Peter Pan statue.

After entering the park you would then make your way to ‘Neverland Island’ via one of the two attractions on offer…either to fly or travel via boat.

If you chose to fly you would take off over Big Ben and then Tinker Bell would lead you to the island where you could see ‘Mermaid Lagoon’, ‘Skull Rock’ and you would land close to the ‘Lost Boys’ home in the woods.

If you selected to travel via the boat to ‘Neverland Island,’ your journey would include a trip through mysterious caves arriving on the island to waterfalls and lush vegetation.

Once at ‘Neverland Island’ you would have had the choice of six different areas:

Lost Boys Area
This included a roller-coaster, a tree house and a play area.

Mermaid Lagoon
This included a mermaid show, an underground restaurant and a boat ride.

Indian Village
This included a raft ride.

Pixie Kingdom
This was another play area for young children with giant mushrooms and carnival rides.

Skull Rock & Pirates Village

These plans were revised in May 1999 and contained even more attractions. Tower Bridge had been added, which included an indoor coaster and 3D theatre. In addition to this the Houses of Parliament now housed a ‘Salute to J.M. Barrie’ show.

For more details read the full article with drawings of the project before and after. Please be aware that all drawings are the copyright of Landmark Entertainment Group.

Source: D&M Entertainment & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター