エステートとソニー、音源に関するパートナーシップを延長

ソニーはエステートと提携、「マイケルの音楽を未来の世代のファンたちに届けるための新しい革新的な方法を見出す」

ジャクソンの経済的絶対性が毎年数千万から数億ドルを生み出し続けている中、マイケル・ジャクソン・エステートはソニー・ミュージックとの関係を延長する契約書に署名した。

セールスが下降線を描いている中でさえ、ジャクソン(2009年6月に死去)の楽曲は過去3年間毎年100万回以上のダウンロードを記録しており、アルバム・カタログも毎年50万ユニットで推移している。ストリーミングについては今年は現在までのところ10億5000万回再生されており、うち4億4300万回がオーディオ、6億800万回がビデオである。ニールセン・ミュージックがストリーミングの追跡を開始して以来、ジャクソンの音楽は31億回のストリーミングがあり、うち12億がオーディオ、19億がビデオである。オーディオのストリーミングだけで、アルバムにしておよそ80万ユニットに相当する。

今回の契約は1979年にジャクソンが「Off The Wall」でエピックからデビューして以来の40年近くにわたる関係が続くというばかりではなく、ジャクソンの死後の2010年にエステートと交わした記念碑的契約の延長をも意味する。この契約は前金として2億5000万ドルを、そしておよそ10の音源に対して対価をエステートに支払うというものであった。以来、「Michael」、「Immortal」、「Xscape」、「Scream」の4枚のアルバムがリリースされ、129万ユニットが売れたが、これは2009年にリリースされて以来の「This Is It」のセールス180万ユニットに迫るものである。

「マイケル・ジャクソンは比類なき天才であり音楽エンタテイメントにおいてアイコン的な力をもっています」とソニー・ミュージックCEOロブ・ストリンガーは声明で述べている。「彼の音楽とビデオ・・・ソニー・ミュージックのファミリーのアーティストとして製作した音楽とビデオはポップ・カルチャー史になくてはならないものです。私たちはその歴史の一部になれたことを、そして未来の世代のファンたちにマイケルの音楽を届ける新しい革新的な方法を見出すということに誇りを感じています」。

本契約の一部として、ソニーは契約期間中にエステートが進めるプロジェクトについて共同で参加する。金額を含む契約条件については開示されていないが、情報源によれば、7年間延長となったという。その他のプロジェクトは明らかとなっていないが、もともとのアルバム10枚の契約を考慮すれば追加で6枚のアルバムということになりそうだ。

「ソニーとロブ・ストリンガー(ストリンガー個人のマイケルとの仕事の歴史は90年代までさかのぼる)以上のクリエイティブでイノベーティブなパートナーはいません」とエステートの遺言執行人ジョン・ブランカとジョン・マクレーンは同じ声明で述べている。「マイケルは以後登場したどの世代のアーティストに対しても刺激を与え続けています。そして、彼の音楽とメッセージはこれまで以上に重要になっているということを理解する新しいファンをひきつけています。私たちは、ソニーとともに彼の卓越した音楽の遺産を守り発展させることを楽しみにしています」。

マイケルの死去以降、ソニーを通じて行われたプロジェクトとしては、スパイク・リーが監督した2本のドキュメンタリーの「Bad25」と「Michael Jackson's Journey from Motown to Off the Wall」、クラウドソーシングで製作されたビデオ「Behind The Mask」(2010年)、ツイッターでプレミアとなった初のミュージック・ビデオ「A Place With No Name」(2014年)、「Scream」のARキャンペーン(2017年)が挙げられる(ソニーとの新たな契約についての発表資料より)。

こうしたプロジェクト以外に、エステートは単独でも契約を結んでいる。シルク・ドゥ・ソレイユと組んだトリビュート・ツアー「One」などだ。これは楽曲使用料という形でソニーの利益にもなっている。将来、使用料徴収を越えるこのようなタイプの契約がソニーの利益となるかもしれない、と情報源は示唆している。

発表資料にはこう書かれている。「この7年間にわたるソニーとエステートのクリエイティブなパートナーシップは、マイケルが生前に実現した記録的な業績と同様の業績によって特徴づけられます。彼の音源は「Thriller」によって打ち立てられた新たなセールスの基準(「Thriller」はRIAA史上初めてにして唯一の33xプラチナによるトリプル・ダイヤモンドに到達、「BAD」もダイヤモンドに到達)を満たし続けるでしょう。ジャクソンの最新作のコンピレーション・アルバム「Scream」は16枚目のビルボードTOP40アルバム、30回目のチャートイン・アルバムとなりました。そしてこのリリースは、世界規模のマイケル・ジャクソン・ハロウィン・キャンペーンの第一弾となります」。

今回の発表ではジャクソンが「2017年のオーディオとビデオのストリーミングについて全てのカタログ・アーティストの中でトップ5にランクし、2013年から2017年の期間のオーディオとビデオのストリーミングについても全てのアーティストの中でトップ5であった」ことが併せて記された。

■Michael Jackson Estate, Sony Music Extend Partnership for Recordings
Sony will partner with the Jackson estate to "find new innovative ways to make Michael's music available to future generations of fans."

The Michael Jackson estate has signed a contract extending its relationship with Sony Music as the Jackson economic juggernaut continues to generate tens to hundreds of millions of dollars in annual revenue.

Even in a time of declining sales, the songs of Jackson, who died June 25, 2009, still generates over a million track downloads a year for the last three years running, while his album catalog still moves over 500,000 units annually. Moving over to streaming, so far this year's Jackson music has been played 1.05 billion times, of which 443 million were audio streams and 608 million were video streams. Since Nielsen Music began tracking streaming, Jackson's music has generated 3.1 billion streams, 1.2 billion in audio and 1.9 million in video. The audio streams alone translate into nearly 800,000 album consumption units.

The signing not only continues a nearly 40-year relationship since Jackson released his Epic debut, Off the Wall in 1979, but also extends the landmark deal signed with the estate after the singer's death in 2010 that provided for the estate to reach up to $250 million in advances and other payments for about 10 recordings. Since then, four albums have been released, Michael, Immortal, Escape, and Scream which combined have scanned 1.29 million units; this is on top of the 1.8 million units that 2009's This Is It has generated since its release.

"Michael Jackson was an unsurpassed genius and an iconic force in music entertainment," Sony Music CEO Rob Stringer said in a statement. "The music -- and videos -- he made as an artist as part of the Sony Music family are essential to pop culture history. We're proud to be part of that history, and to find new innovative ways to make Michael's music available to future generations of fans."

As part of the deal, Sony will partner on additional projects that the estate may produce during the term of the agreement. While terms of the deal, including its valuation, were undisclosed, sources say it's for another seven years. While the additional projects weren’t spelled out, they likely would include the additional six albums implied by the original 10-album contract.

"We couldn't ask for more creative and innovative partners than Sony and Rob Stringer (whose history working personally with Michael goes back to the 1990s)," the Jackson estate executors John Branca and John McClain said in a combined statement. "Michael continues to inspire generations of artists who have come after him and attract new fans who understand that his music and message are more important than ever. We look forward to continuing to preserve and develop his remarkable musical legacy with Sony."

Other projects that have been issued through Sony since the singer's passing include the production of two documentaries directed by Spike Lee: Bad 25 and Michael Jackson's Journey from Motown to Off the Wall; a crowd sourced music video for "Behind the Mask" (2010), the first Twitter music video premiere for "A Place With No Name" (2014) and an augmented reality campaign for Scream (2017), according to the announcement on the new deal with Sony.

But beyond those projects, the Jackson estate also cut other deals on its own, like the one it did with Cirque Du Soleil for the “One” tribute tour, which also benefited Sony Music as a licensee. In the future, those type of deals may provide an avenue for Sony to participate beyond licensing, sources suggest.

Also according to that announcement, "the last seven years of the creative partnership between Sony and the Estate have been characterized by the same kind of record-setting achievements that Michael realized during his lifetime. His recordings continue to meet new sales benchmarks with Thriller [becoming] the first and only album in RIAA history to pass the triple Diamond mark with a 33X platinum certification; Bad also achieved Diamond status. Jackson's latest release, the compilation album, Scream, was his 16th Billboard Top 40 Album and 30th charting album and its release kicked off the worldwide, first annual Michael Jackson Halloween campaign."

The announcement further noted that Jackson "ranks in the top five of all catalog artists for both audio streaming and video streaming for 2017, as well as in the top 5 of all artists for the combined audio and video streaming for 2013 – 2017."

Source: billboard.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター