マイケル・ジャクソンのホラーをテーマとした「Scream」は、ホラー路線の始まりである

これはマイケル・ジャクソンの無数のコンピレーション・アルバムの第一歩なのか?

マイケル・ジャクソンのような問題はいかにして売ればいいだろうか?晩年の14年間に唯一リリースされたスタジオ・アルバム「Invincible」、そして数十年間のスタジオの切れ端をまとめた「新素材」2作の死後のリリース。プリンスとは違い、冷たい倉庫には未発表マイケル・ジャクソン・アルバムが詰まった輝かしい保管庫が存在しないのは明白である。膝を振り、股間を掴むポップ・マジェスティーの激流にもまれたオーディエンスはヒットに飢えており、彼らに向かって解き放ちたいのは山々なのだが。

しかし、模造品を使ってでも有名人の亡骸はしゃぶり尽くすと説明されるこの業界のルールでは、マイケル・ジャクソンは永久に定期的な"イベント"アルバムをリリースしなければならない。あたかもそれは、ジャクソン・マネーのダムが決壊寸前で、4年ごとに圧力を抜くという公共サービスをエステートが提供しているかのようだ。「Scream」の合図は今月の初めに、既存の有名な曲のコレクションであることが鳴り物入りで公表され、リリース・パーティーと40分のレア映像「Ghost」の上映を世界の主要6都市で開催することが発表された。

それはホラーにちなんだジャクソンの楽曲や客演のコレクションになるという意味だ。そして、意図しない、ある種の恐ろしい側面もある。

ジャクソンは、ジョン・ランディスによるその伝説的ビデオ「Thriller」(ジャクソンは現在の保守党内閣の予告映画のような、ゾンビからヴァンパイア、オオカミ人間への変身を遂げている)と、作中のヴィンセント・プライスの笑い声および狼の遠吠えによって、B級ホラーの美学と永久に関連付けられるだろう。そして、そう、子供時代の悪夢への彼の強い興味という心理学的なルーツからは多くのものを作ることができ、「Scream」のようなコレクションを正当化する。だが、トラックリストをざっと見ただけで、このフランケンシュタイン・コンピレーションを不器用な生涯に追いやるために、あるきわめて狭くつじつまの合わない糸が引っ張られている。

実際にホラーの曲は?そう、「Threatened」はほぼ「Thriller」の続編だ。トワイライト・ゾーンのロッド・サーリングのナレーション。ジャクソンはライバルの周囲に付きまとうというイタリアスタイルの恐怖を具現化して歌っている。女の子の叫び声が出てくる1980年のジャクゾンズの「This Place Hotel」は、(映画)シャイニング風のイメージだ。「Blood On The Dancefloor」は殺意のディスコ・ガールがテーマだし、「Ghosts」では妬んだ幽霊がジャクソンのファミリーにつきまとう。ちょうど、映画「インシディアス」のエピソードで、「eee-he!」というけたたましい叫びとともに悪魔が食器棚の扉の向こうから現れるように。

その他については、ホラーのテーマというのは贔屓目に見ても薄っぺらい。「Somebody’s Watching Me」での幽霊的なコーラスはまさにストーカーである。しかしこれはロックウェルの曲だ。同様に、ジャクソンズの「Torture」の冒頭は、“邪悪“な、“暗闇の目に見張られている“ストリートというハマー・ホラー映画の要素だ。だがマイケルがヴァース2に登場するころには捨てられそうだ。

そこで編集者たちは、ホラーの要素をかき集めることに着手する。社会の偏執狂、ストーカーのファン、ゴールドディガー(金鉱を掘る人)などをテーマとしたものまで範囲を広げることで、「Xscape」や「Leave Me Alone」のようなあまりそぐわないものを数曲ひねり出した。「Scream」はねじれたシステムにおける制度化されたレイシズム、フラストレーションに向けてのものなのかもしれない。だが、「Scream」というホラー・シリーズがあった。だからこれは入れよう。ヴァンパイアは危険だ、マイケルには「Dagerous(危険)」という曲がある。ビンゴ。「Dirty Diana」はどうか?「Dirty Diana」?グルーピーの歌だが?正しくは、マイケルがいかに女性を恐れていたか、なのだが?

いや、ジャクソンのホラー映画への傾倒についての待望の調査結果、というよりは、音楽版ユニバーサル・スタジオ・ツアーという類のジャクソンを私たちが受け入れるか否かのテストであり、その結果、ふさわしいフックがいつ現れるかよくわからないコンピレーション・アルバムが次々に発売されるのである。彼は無意識に出る唸り声や叫び声、そして、世界選手権のセクシーなアスリートのように右腕を伸ばし、股間に手をやることで大変有名だ。次のオリンピックに因んで「Beat It: The Michael Jackson Sporting Anthology」というものになりかねない。収録曲は「Don’t Stop ‘Til You Get Enough」や「Speed Demon」か。テレビの焼き菓子ショーの決勝をヒントに「JAM」が収録された「The Great Jacko Bake Off Album(パン焼きコンテスト・アルバム)」にとうアルバムも?そしてだんだん関係なくなり、それがずっと続く?夜も眠れない・・・・。

■Michael Jackson’s horror-themed ‘Scream’ is the birth of a truly terrifying Jacko trend

Is this the first of a million themed Jacko compilation albums?

How do you sell a problem like Michael Jackson? With only one studio album, ‘Invincible’, released in the last fourteen years of his life and his two posthumous ‘new material’ releases cobbled together from decades of studio offcuts, there’s clearly no Prince-style Glitter Cellar full of unreleased Jacko albums in cold storage, itching to be unleashed upon a hit-hungry audience in a torrent of knee-waggling, crotch-grabbing pop majesty.

Yet the accepted industry rules laid out in Sucking Dry Famous Corpses For Dummies dictate that Michael Jackson must release regular ‘event’ albums in perpetuity, as though his estate is providing a public service by releasing the pressure, every four years, on a dangerously overloaded Jackson money dam. Cue ‘Scream’, announced earlier this year with all the fanfare of an actual, notable Jackson collection and released with parties and screenings of his rarely-seen 40-minute film Michael Jackson’s Ghost in six major cities around the world. It purports to collect together all of Jacko’s horror-related songs and guest appearances for Halloween, and it’s certainly a frightening prospect. Just not for the reasons intended.

Jackson will forever be associated with the classic b-movie horror aesthetic thanks to the Vincent Price cackles and werewolf howls of ‘Thriller’, and its legendary John Landis video wherein Jacko flits between zombie, vampire and werewolf scenes like a cinematic premonition of the current Tory cabinet. And yes, much can be made of the psychological roots of his fascination with the stuff of childhood nightmares to justify a collection like ‘Scream’, but the most cursory glance down the track-list reveals that some pretty narrow and incongruous threads have been drawn to bring this Frankenstein’s Compilation to awkward life.

Actual spooky stuff? Well, ‘Threatened’ is almost a ’Thriller’ sequel, with The Twilight Zone’s Rod Serling narrating a story in which Michael plays an It style embodiment of fear haunting a rival’s relationship. There are some girlish screams and The Shining-esque images on The Jacksons’ ‘This Place Hotel’ from 1980. ‘Blood On The Dancefloor’ concerns a murderous disco minx and ‘Ghosts’ has a jealous spook haunting Jackson’s family like an episode of Insidious where the demon appears from behind cupboard doors with a shrill, terrifying “eee-he!”

Otherwise, the horror theme is tenuous at best. Jacko’s haunted chorus on ‘Somebody’s Watching Me’ is fairly stalker-y, but that’s a Rockwell song. Likewise, The Jacksons’ ‘Torture’ opens with some Hammer Horror gubbins about streets being “evil” and being watched by “eyes in the dark” but by the time Michaels shows up on verse two the song is definitely about getting dumped.

From there the compilers set about really scraping Jacko’s barrel of spooks. By broadening the remit to include songs about societal paranoia, stalker fans and gold-diggers, they squeeze in another couple of incongruities like ‘Xscape’ and ‘Leave Me Alone’. ‘Scream’ might be about institutionalised racism and frustration at the twisted system but, y’know, wasn’t there a horror franchise called Scream? Bung that in. Vampires are dangerous, Michael had a song called ‘Dangerous’, bingo. How about ‘Dirty Diana’? ‘Dirty Diana’? The song about the groupie? How scared was Michael of women, exactly?

No, rather than a much-needed exploration of Jacko’s fascination with horror movie tropes, it’s a test of whether we’ll buy into Jackson as a kind of musical Universal Studios tour, releasing a series of themed compilations whenever a vaguely appropriate hook crops up. Since he was so well known for involuntary grunts and whistles, stretching his right arm and adjusting his testicles like a world championship sexual athlete, might the next Olympics bring on ‘Beat It: The Michael Jackson Sporting Anthology’ featuring ‘Don’t Stop ‘Til You Get Enough’ and ‘Speed Demon’? Might a televised baking show final inspire ‘The Great Jacko Bake Off Album’, led by ‘Jam’? And so on, increasingly tenuously, forever? Now that really is something to keep you awake at night…

Source: nme.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター