ラヴェル・スミスJr. 氏のマイケルとの思い出

前にネバーランドへ行った時のことを思い出します。マイケル・ジャクソンは僕をからかおうとしたんです。こう言ったんですよ。「ラヴェル、目を閉じてごらん」って。そしてペットのクモ(タランチュラ)を私の肩に乗せたんです。目を開けると、そのクモがもう片方の肩の方へ歩いていって、そして手から降りて行きました。「怖いだろ?」って彼は言いました。「平気さ!」と私は言いました。すると彼は別の手を打ってきたのですが、それはまた後で。

lavelle_smithjr_mj_1.jpg


2番目のイタズラはヘビのマッスルズを使ったものでした。彼は言いました。「もう一回目を閉じてごらん、ラヴェル」。すると彼はあの巨大でひんやりした爬虫類を私の肩に乗せたんです。これでも私は怖がりませんでした、あのヘビがクレイジーな舌を私の耳に入れるまでは。私は怖くて叫びました。「マイケル、ヘビをどけてくれ!」誓って言いますが、彼はひざまづき、そして笑っていたんです。ゲラゲラと!もう一度どけてくれと頼むとヘビを離してくれましたが・・・でも、そう、ヘビはクールだけど(そして冷たいけど)、耳に入れてはいけません!

lavelle_smithjr_mj_2.jpg


(原文)
I remember once I went to Neverland, Michael Jackson tried to prank me. He said: "LaVelle, close your eyes." and then he put his Spider (tarantula) in one of my shoulders. I opened my eyes and then the spider walked from one shoulder to other and then off of my hand. And then he said: "Aren't you afraid of it?", I said: "No!"... Then he tried another thing, which I'll tell you later.

And the second prank was with Muscles, the snake. He said: "Close your eyes again, LaVelle" and then he took that GIANT and COLD reptile on my shoulders. Again, I wasn't scared until... that snake put that CRAZY TONGUE in my ear!!! Then I was scared. I screamed: "Michael, get that snake away from here!". I swear for God: he was on his knees laughing loud. LOUDER! I begged him again and he took the snake off... But yeah, snakes are cool (and cold) but not in your ear!

ソース:LaVelle Smith Jr. / facebook.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター