LIBERIAN GIRL

LIBERIAN GIRL

作詞曲:マイケル・ジャクソン
プロデュース:クインシー・ジョーンズ(クインシー・ジョーンズ・プロダクションズ)
共同プロデュース:マイケル・ジャクソン(MJJプロダクションズ)
1987年8月31日リリースのアルバム「BAD」収録
シングルリリース、1989年7月4日

ショートフィルム
監督:ジム・ユキック
一次ロケ地:カリフォルニア州ロサンゼルス

マイケル・ジャクソンの「Liberian Girl」のショートフィルムは、史上最高売り上げのアルバムの一つ、「Bad」用に製作された9つのショートフィルムの一つである。「Liberian Girl」はアメリカではシングル・リリースされていないが、イギリス、オランダ、フランス、スイス、アイルランドのヨーロッパ5カ国でトップ20入りを果たした(アイルランドでは1位獲得)。イギリスでは「Liberian Girl」は「Bad」からの9曲目のトップ40シングルとなり、一つのアルバムからの新記録となった。

ユーモアあふれる本作のショートフィルムは、アフリカのとある港町のモノクロ映像から始まる。カラー映像に移る直前、製作アシスタントのクラップボードによって、その“町”がスタジオ内であることが明らかとなる。セットでは大勢のマイケルの友人やコラボレーターたちが談笑し、そしてある疑問を抱いたまま待っている。マイケルはどこ?ショートフィルムの最後、全員がセットに集まってくる。そして、マイケルは始めからずっとカメラを構えていたことが明らかとなる。カメラクレーンが下りてきて笑っているマイケル。そしてこう言う。「オーケー、みんな。終わったよ!」

ショートフィルムには大勢のミュージシャンや著名人の姿が見える。マルコム・ジャマル・ワーナー、ポーラ・アブドゥル、ウーピー・ゴールドバーグ、「Bad」のプロデューサーのクインシー・ジョーンズ、ジョン・トラボルタとオリヴィア・ニュートン・ジョン(映画「グリース」(1978年)以来の共演)、スティーヴン・スピルバーグ、“ウィアード・アル“・ヤンコビック、スザンヌ・サマーズ、ルー・フェリグノ、ドン・キング、奇術師デビッド・カッパーフィールド、リチャード・ドレイファス、ダニー・グローヴァー、そしてダン・エイクロイド。ビデオの中で包帯を巻いた謎めいた人物が登場するが、ショートフィルムのエンド・クレジットでは彼は単に「?」とクレジットされている。

2011年のインタビューで監督のジム・ユキックは本ショートフィルムの撮影を「素晴らしいものだった」と振り返り、マイケルは「信じられないほどの好人物、愉快なナイスガイだった」と回想している。

(原文)
LIBERIAN GIRL

Written and Composed by Michael Jackson
Produced by Quincy Jones for Quincy Jones Productions
Co-Produced by Michael Jackson for MJJ Productions, Inc.
From the album Bad, released August 31, 1987
Released as a single July 4, 1989

THE SHORT FILM
Director: Jim Yukich
Primary Production Location: Los Angeles, California

Michael Jackson’s short film for “Liberian Girl” was the eighth of nine short films produced for recordings from Bad, one of the best selling albums of all time. While “Liberian Girl” was not released as a single in the United States, it was released as a single internationally and reached the Top 20 in five countries throughout Europe, including the United Kingdom, the Netherlands, France, Switzerland and Ireland (where it reached No. 1). In the United Kingdom, “Liberian Girl” was Michael’s ninth Top 40 single from Bad, a record for one album.

The song’s humorous short film starts with black and white footage of an African port town, before a transition to color, where a production assistant’s clapboard reveals the “town” is a soundstage. On that set, dozens of Michael’s friends and collaborators make small talk, joke and wait around with one question on their minds: where is Michael? At the short film’s conclusion, when everyone converges on the set, it is revealed that Michael was behind the camera the whole time, laughing as he descends from a camera crane and saying, “Okay everyone, that’s a wrap!”

Three dozen actors, musicians and celebrities can be seen in the short film, including Malcolm-Jamal Warner, Paula Abdul, Whoopi Goldberg, Bad producer Quincy Jones, John Travolta and Olivia Newton-John (making their first on-screen appearance together since 1978’s Grease), Steven Spielberg, “Weird Al” Yankovic, Suzanne Somers, Lou Ferrigno, Don King, illusionist David Copperfield, Richard Dreyfuss, Danny Glover and Dan Aykroyd. During the video, a mysterious person wearing bandages can be spotted; in the short film’s end credits, he is credited simply as “?”

In a 2011 interview, director Jim Yukich called shooting the short film “incredible,” remembering Michael as “unbelievably nice…such a pleasant person and a nice guy.”

ソース:michaeljackson.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター