エステートvsクインシー・ジョーンズ:エステート弁護士に訊く 裁判の展望

長年の友人にしてコラボレーターであるクインシー・ジョーンズが数百万ドルの訴訟を自分に対して起こしていると知ったら、「マイケルは墓の中でひっくり返っているだろう」とハワード・ワイツマン弁護士は語った。ワイツマンの弁護団は本裁判においてエステートの代理人である。

月曜日にロサンゼルス上級裁判所へ出廷する準備の合間に、ワイツマンとジア・モダバーがビルボードの独占インタビューに応じた。最終弁論では、ジョーンズがロイヤリティとして求めている追加の3000万ドルについて、彼には受け取る資格がないということを陪審員に納得させなければならない。本裁判では、84歳の伝説のプロデューサーと、8年前に専属医から混合薬物を致死量投与されて亡くなったキング・オブ・ポップの遺言執行人が争っている。

先週法廷で証言したジョーンズは、アルバム「Off The Wall」、「Thriller」、「Bad」、そして映画「This Is It」その他のプロジェクトからロイヤリティを受け取る権利があるとの主張を繰り返した。裁判中になされた証言によれば、ジョーンズはジャクソンの死後、すでにおよそ1800万ドルのロイヤリティを受け取っている。ジョーンズの弁護団はコメントを求められても答えなかった。

しかし、ジョーンズにはレコードの売り上げの分け前を受け取る資格があることを証明しようと3週間にわたり陪審員に示された証拠、証言、ロイヤリティに関する細かな議論ののち、ワイツマンは、ジョーンズの不満の一番の理由は、映画「This Is It」のクレジットから彼の名前がはずされていたということだと考えていると述べた。エステートはそれが手違いであることを認め、ジョーンズは謝罪を受け入れたという。

ワイツマンとモダバーは裁判の現在の状況と月曜日の最終弁論の見通しについて語った。そして「面白いこと」になると彼らは約束した。

現時点までで裁判についてどう考えていますか?
ワイツマン:私たちにとってはこの裁判はシンプルな契約違反の案件です。ミスター・ジョーンズは受け取る資格のないお金を受け取ろうとしています。彼は、彼のマスター音源が使用されるたびに報酬を受けています。彼はすべての彼のレコーディングに対して報酬を受けています。彼はさらに報酬をと求めていますが、私たちはその資格はないと考えています。彼は契約書の文言を気にしたことはないと証言しました。本裁判はマイケルの死後4年経って起こされました。証言からは、彼(ジョーンズ)は映画「This Is It」で功績を認められていないと怒っている様子が伺えます。

映画「This Is It」でジョーンズがクレジットされなかったのはなぜですか?
ワイツマン:あれはミスでした、率直に言って。彼はあの映画については関わっていませんが、間違いなく、彼は70年代後半から80年代半ばにかけての「Off The Wall」、「Thriller」、「Bad」のマスター音源をプロデュースしました。そしてこれらの音源について、彼はプロデューサーとしてクレジットされる資格があります。そう、彼はクレジットされるべきだった。しかし、それがどうして、マイケルの死後4年経って、そして「This Is It」がリリースされた後に訴訟を起こすことになるのか私にはよくわかりません。彼は契約書の文言に関心がないこと、1991年のマイケルのソニーとのジョイント・ベンチャーに加わるべきだったということを示唆しています。

モダバー:映画「This Is It」は(マイケルの)リハーサル映像で、公にするつもりはありませんでした。ボーカルやオーディオはパーフェクトではありませんでした。それらのマスター音源はマイケルのものです。そして彼所有のそれらの音源が頼りであり、映画でのサウンドをよりよいものとするため、こまごまと編集されたのです。

ワイツマン:そしてクインシーはこれについても報酬を受け取っています。

モダバー:彼はそれまでと全く同じ手順で報酬を受け取っています。映画の中でプロデューサーが作ったマスターが使用される場合に通常適用されるものと全く同じ手順です。彼は映画の中で使われているマイケルが作ったマスターについても報酬を受け取っています。40万ドルか50万ドルくらいです。ですが、彼(ジョーンズ)は裁判の中で、エステートが9000万ドルを生み出したということを知りました。彼はエステートがこれらの大金を生み出したことに腹を立てたのだと私たちは考えています。そして彼と弁護士は理解する能力がないように見えます。つまり、あの映画へのこれらのマスター音源の貢献度は、映画全体のごく一部なのです。

ワイツマン:私たち(エステート)がすべきことは、残された資産を活用することです。「This Is It」についてはとてもラッキーでしたが、誰がそのようなこと予想できますか?でもあれは音楽についての映画じゃない。マイケルの映画なのです。あのマスター音源の断片を聴きに映画館へ足を運んでチケットを買う人なんていませんよ。

モダバー:一歩下がって、「This Is It」の収益に対するマスター音源の貢献度を考えてみましょう。映画の中のマスター音源に対しては400万ドルあまり支払ったという証言がありました。クインシー・ジョーンズはこれらのマスター音源のすべてのプロデューサーではありません。2/3のプロデューサーです。彼はプロデューサーとしての取り分を受け取っていますが、比率に応じた分であり、全てではありません。そのお金はマスター音源の持ち主とソニーのところへ行きます。ソニー・ミュージックは配給元です。それは、断片集をプロデュースする一人のプロデューサーに対するトラック1台分のお金なのです。マスター使用料として支払われる額としては、おそらく映画史上最高額です。

ジョーンズはお金をいくらかでも受け取る資格があると思いますか?
ワイツマン:クインシー・ジョーンズにはプロデューサー料を名目としてレコード会社を直接監査する権利があり、彼は数十年間そうしてきており、そしてうまくいっていたのです。監査プロセスは今回の裁判の前に開始されており、レコード会社は、40万ドル足らずの支払い不足分があると計算しました。実際の社会では、レコード会社が「我々にミスがあった」と言ってそれが40万ドルであったら、おそらく、それに色をつけて手を打つでしょう。50万ドルでも60万ドルでも70万ドルでもそうなるでしょう。我々は陪審員に対し、こうしたミスがあって彼には支払われるべきお金があることを伝えました。数え切れない数のレコードを数え切れない手段で数え切れないくらいの異なる場所で売って来た人物です。そしてミスが起こりました。これはレコード・ビジネスですが、そのことについて争う人はいませんよ。(音楽専門弁護士の)ジョン(・ブランカ)は、彼に200万か300万ドルを提示するようハワードに言った、と証言しました。レコード会社の調査で明らかとなった彼に対する未払い金の5倍です。そしてそれでも十分ではなかったのです。

マイケルが亡くなってからエステートはどれだけ稼いだのですか?
ワイツマン:何億ドル、です。
モダバー:すべての負債を支払ってさらに、です。

彼の子供たちはそこから恩恵を受けているのですか?
ワイツマン:子供たちは唯一の受取人です。

今回の裁判を一族はどう捉えているのですか?
一族はこの裁判に関わっていません。なぜなら、一族は相続人ではないからです。ミセス・ジャクソンの世話をするのはエステートの責任ではありますし、そうしていますけれど。子供たちはミスター・ジョーンズのことをよく知りません。子供たちは驚いていますけど、関わってはいません。子供たちと彼は関係ありませんから。「This Is It」が作られた時はまだ幼すぎましたしね。

ジョーンズが大金を受け取るということになった場合、どうされますか?
ワイツマン:もしゼロなら、弁護士費用を払わなければならないということと、腹立たしさと不安に耐えなければならない、ということだけですが、彼が大金を受け取るということになれば、裁判後のプロセスというものがあり、我々はそれを十分に活用するでしょう。そして将来、もし減額されなければ、彼は受け取ることになるでしょう。

今回の裁判の法的費用はどの程度ですか?
モダバー:多額です。両者ともに。高額な裁判です。

マイケル・ジャクソンはどのように記憶されてほしいと思いますか?
ワイツマン:史上最も偉大な音楽のエンタテイナーとして歴史に残ってほしいと思っています。
モダバー:それに尽きますね。

最終弁論に向けてどのような準備をしていますか?
ワイツマン:それはお話したくありません・・・少しばかり意外なことを考えています。ジアと私は最終弁論を分けるつもりですが、これだけは言わせてください。面白いものになりますよ。

■Michael Jackson Estate Lawyers on What to Expect as Quincy Jones Trial Closes: Exclusive

If Michael Jackson could see that his longtime friend and collaborator Quincy Jones was suing him in court for millions of dollars, “Michael would be rolling over in his grave,” says entertainment attorney Howard Weitzman, whose team is representing the Jackson estate in the case.

Weitzman, along with attorney Zia Modabber, spoke with Billboard exclusively as they prepared to head to Los Angeles Superior Court on Monday to convince a jury in their closing arguments that Jones is not entitled to receive the additional $30 million he is seeking in royalties. The case pits the legendary 84-year-old producer against the estate of the King of Pop, who died eight years ago after his doctor administered a fatal cocktail of medications.

Jones, who testified in court last week, maintains that he’s owed the royalties for the use of the songs from Off the Wall, Thriller, Bad and the film This Is It, among other projects. Jones has already received about $18 million in royalties since Jackson’s death, according to testimony given during the trial; his legal team did not respond to a request for comment.

But after nearly three weeks presenting a jury with evidence, testimony, music and line-by-line royalty summaries in an effort to prove that Jones is only entitled to a share of record sales, Weitzman says that he believes that the primary reason Jones is unhappy is because his name was left out of the credits for the film This Is It. The estate acknowledged that the omission was an error and said Jones received an apology.

Weitzman and Modabber spoke to Billboard about the trial so far and what to expect from their closing argument Monday, which they promise will be “entertaining.”

What are your thoughts about the trial up to this point?
Weitzman: For us this case is kind of a simple breach-of-contract case, and Mr. Jones wants money that he's not entitled to. He's been paid every time his masters have been used. He's been paid his fees for all the recordings and he wants additional money, and we don't think he's entitled to it. He has testified that he doesn't care what the contract says. This case was filed four years after Michael died. It appears from the testimony that he [Jones] became upset because he did not get proper credit in the film This Is It.

Why didn't Jones get credit for the film This Is It?
Weitzman: We made a mistake, to be that blunt. He wasn't involved in anything about the movie. Obviously he produced the masters in the late '70s and through the mid '80s on those three albums, Off The Wall, Thriller and Bad, and he's certainly entitled to credit as a producer on those masters. Yes, he should have gotten the credit, but I'm not sure how that gets you on a platform to jump off and file a lawsuit four years after Michael died and after This Is It was released. He basically suggested that he didn't care what the contract says and that he should [be part of] Michael's 1991 joint venture with Sony.

Modabber: The movie This Is It was rehearsal footage [from Michael] that was never intended to be publicized. The vocals and the audio weren't perfect. Michael owned these master recordings and so they went to those recordings that he owned, and they were edited in bits and pieces in the movie to make it sound better.
Weitzman: And Quincy got paid his fees on that.

Modabber: He got paid his fees using the exact same formula that is always used when masters that a producer produces are used in a movie. He got paid for Michael's masters being in the movie, something like $400,000 or $500,000, but he [Jones] has learned through this lawsuit that the estate has made something like $90 million and we think he's really upset that the estate made all this money, and he and his lawyers don't seem to have the ability to comprehend that the contributions of those masters for that movie is really a tiny little piece of what it was.

Weitzman: What we [the estate] are supposed to do is exploit the assets post death, and we got pretty lucky with This Is It and who knew? But it wasn't about the music. It was about Michael. Nobody would be buying tickets to the theater to listen to snippets of the masters.

Modabber: Take a step back and think about how much of that money is attributable to the snippets of the masters. The testimony came in that they paid a little over $4 million for all the masters in the movie. Quincy Jones is not the producer on all the masters. He's the producer on two-thirds of the masters. He gets his producer's share, which is a fraction. He doesn't get all that money. The money goes to the owner of the masters and Sony. Sony Music is the distributor. That is a truckload of money for one producer to make for snippets. It's the most amount of money that has ever been paid for master-use fees, maybe in the history of movies.

Do you believe that Jones deserves to receive some money?
Weitzman: Quincy Jones had the right to audit the record company directly for his producer royalties and he has done that for decades and it's always been worked out. That audit process was started before this lawsuit was started and the record company has calculated that Quincy has been underpaid by just under $400,000. In the real world when a record company says, "Okay we found these mistakes," and it's $400,000, it probably settles for a little bit more than that. Maybe it settles for $500,000 or $600,000 or $700,000. We told the jury that mistakes were made and he's owed some money. You've got a guy with a zillion different records sold in a zillion different ways in a zillion different places. Mistakes were made. It's the record business, but nobody is fighting about that. [Music attorney] John [Branca] testified that he told Howard to go offer him $2 or $3 million, five times what the record company found that he was owed by these mistakes and that was not good enough.

How much has the estate made since Michael's death?
Weitzman: It's been hundreds of millions of dollars.
Modabber: On top of paying all of the debt.

His children benefit from that?
Weitzman: They are the only beneficiaries.

How is the family dealing with this case?
The family is not involved because they are not beneficiaries although part of the estate's responsibility is to take care of Mrs. Jackson for her life, which we do. The children don't really know Mr. Jones and they are just aghast but they are not really involved because they didn't deal with him, and they were young when the This Is It film was made.

What are your plans if Jones receives a significant amount of money?
Weitzman: If it's zero the only impact is that we had to spend money for the lawyers to defend the case and go through the aggravation and anxiety. If he gets [major] money obviously there is a process post-trial, and we'll take advantage of all that, and sometime in the future if there is no relief there, then he'll get paid.

What are the legal costs for this case?
Modabber: A lot. These are on both sides. It's an expensive case.

How do you want Michael Jackson to be remembered?
Weitzman: I want him to continue to be remembered as one of the great musical entertainers of all time.
Modabber: That sums it up.

How are you preparing for the closing arguments?
Weitzman: We don't want to share that ... we would like a little element of surprise. Zia and I are going to split up the argument, but let me say this: It will be entertaining.

Source: MJOnline, The Official Online Team of The Michael Jackson™ / billboard.com / MJJFANCLUB.JP
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ