テディ・ライリーがマイケルから学んだこと

先日Boomboxが行ったインタビューで、音楽プロデューサーでニュージャック・スウィングの創始者テディ・ライリーが、マイケル・ジャクソンとの仕事を通じて学んだことを語っている。テディ・ライリーはマイケルの楽曲「Jam」、「Remember The Time」、「In The Closet」等でマイケルと共同プロデュースを担当している。

音楽業界歴30年以上のライリーは伝説として認識されており、近年ではその才能を海を越えた韓国でも発揮している。 Girls Generation、EXO、 Jay Park、SHINee、RaNiaそしてf(x)といったK-popのアーティストたちが新たなヒット曲を生み出す手助けをしているのだ。

インスピレーションはどこから?という問いに対し、ライリーは、今でも聴かれ、愛される彼の曲を生み出したインスピレーションとなった一人はマイケルだと述べている。

「ビルボードのインタビューでマイケル・ジャクソンについて、彼の近くにいるとカレッジに通っているように感じた、なぜなら、多くのことを学んだからだ、と仰っていますね。マイケル・ジャクソンから学んだ中で最も大事なこととはあなたにとって何でしょうか?」と問われ、ライリーはこう答えている。

「学んだ中で一番大事なことは、ピアノやドラム・マシーン、シンセサイザーなんかを使ってどう書くか、ということだね。伝統的なやり方というのは、ピアノの前へ行き、あるいはバンドを編成し、アイディアを考えてそれをギタリストやベーシストに言ってプレイしてもらう。こんな風にやろう、とか、シンガーが数行歌ってみて、ギタリストやキーボードがそれに合うように考える。これが伝統的なやり方だけど、多くの場合、それをすでにやってもらっていて、それに向かって書くということがあるんだ。それは伝統的なやり方じゃないし、有機的でもない。書いてはいるけど、昔の人たちがシンプルにピアノや、もっといえば単にフレットに合わせて書いていたのと比べると有機的じゃないんだ。僕はそういうことをすべて見てきた。40人、60人、100人編成のオーケストラとのセッションも見てきた。『Heal The World』をやるときにはその場にいたんだ。フルオーケストラで、それを見たときに言ったんだ。『僕もやりたいよ、マイケル。どの曲でやる?』ってね。そしてやったんだよ、『Someone Put Your Hand Out』って曲で。ジェレミー・ラボックっていうすばらしいコンポーザーに恵まれてね、ストリングスやオーケストラのパートを書いてもらったんだ。そしてInvincibleでもう一回やったよ。『Don’t Let Go Of My Hands(Whatever Happensに改題)』、ともう一曲、『Don’t Walk Away』だ。この2曲はオーケストラとやったのさ。カレッジの授業だよ。最高だね。最高に有機的だ」。


■Teddy Riley Shares What He Learned From Michael

In a recent interview with Boombox, music producer and the man behind New Jack Swing, Teddy Riley, speaks about what he learned from working with Michael Jackson. He was the co-producer of Michael’s ‘Jam,’ ‘Remember the Time,’ ‘In The Closet’ and more.

Spending over thirty years in the music industry, Riley is classed as a legend. He has taken his talents overseas to South Korea over the past few years and has helped create new hits for some of the biggest K-pop acts including Girls Generation, EXO, Jay Park, SHINee, RaNia and f(x).

When Riley was asked who were some of his inspirations, he stated that Michael was one of the artists that inspired him to make all of his music that everyone is still enjoying and loving today.

When questioned; “You mentioned Michael Jackson in a Billboard interview, you said that when you were around him it felt like going to college because you were learning so much. What was the most important lesson you learned from Michael Jackson?” To this Riley replied;

“Well the most important thing that I have learned is how to write to piano more-or-less than a drum machine and synthesizers and all of that stuff. So the traditional way of writing is you get to a piano or you get a band in the room and you just come up with ideas and you tell the guitar player or the bass player to play this, let’s go this way or the singer will sing a few lines and the guitar player or the keyboard player would come up with something that will accompany the lines and the idea and that’s the traditional way of writing. Most times, people, have it already done and they start writing to it. That’s not traditional, it’s not organic. It’s still writing but it’s not as organic as how the traditional folks did it back in the day with just a piano or just writing it to frets and I’ve seen and I’ve witnessed all of that. I’ve witnessed having a session with forty to sixty to a hundred piece orchestra. I’ve been there when they did ‘Heal The World,’ and they had the whole full orchestra and when I saw that I said man, “I want that too Michael. Which song can we do that for?” And we wound up doing that for the song that we did called ‘Someone Put Your Hand Out.’ And it was just amazing having the composer, Jeremy Lubbock, just write the string parts and the whole orchestra parts for that song. We also did it again on the ‘Invincible’ album, song ‘Don’t Let Go Of My Hands’ [renamed ‘Whatever Happens’] and there’s another one, ‘Don’t Walk Away.’ These songs, you know, that’s college, working with an orchestra. You can’t get no better, you can’t get more organic than that.”

Source: The Boombox & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ