Dangerousアートワークに関する本が発売へ

「Dangerous – from Mark Ryden to Michael Jackson」は、マイケル・ジャクソンの音楽に詳しい作家のイザベル・プティジャンによる新刊だ。同書は画家のマーク・ライデンによる「Dangerous」のカバーの深部に迫る興じ深い本である。

イザベル・プティジャンは投げかける。
「あなたには、マイケル・ジャクソンとピーテル・ブリューゲル(父)、ヒエロニムス・ボスとの関係が見えるか?現代ポップカルチャーとファインアートはどのような相乗効果でリンクし得たのか?」

本書は、1991年にマイケル・ジャクソンの希望で人気シュールレアリズム・アーティストのマーク・ライデンが製作したアルバム「Dangeorus」のアートワークに込められた思いに迫る前例のない旅を提供するものだ。このアートワークに対するマイケル・ジャクソンの貢献により、このアートワークは彼とマーク・ライデンという2人の偉大なアーティストの真のコラボレーション作品となっている。

謎めいた、かつ体系化された芸術作品に対する深層の解読。本書は、レコード音楽の歴史上最も有名なアーティストについての、あまりに見過ごされてきた文化的な次元を目撃する。真に迫る分析。本書は、「Dangeorus」アートワークのまさに源である2人の偉人の作品のつながりを検証する。さらに音楽的分析を加え、読者を素晴らしいアルバムに見られるスタイルの折衷主義へと導く。その一つにおいてはベートーベンとラッパーのヘヴィ・Dを同じ会話に乗せ、マイケル・ジャクソンの素晴らしい創作・作曲能力、そして同時に彼が正確に歩んだアートとカルチャーの環境についての知識と審美眼についても明らかにしていく。

英語でのオーダーは出版元またはアマゾンから。

なお、同書についてイザベラ・プティジャンが語った内容がDVDに収録され、「Conference on Dangerous Mark Ryden – Michael Jackson」というタイトルでアマゾンUKよりフランス語版と英語版が発売されている。

■New Book About ‘Dangerous’ Album Artwork

‘Dangerous – from Mark Ryden to Michael Jackson’ is a new book by author and Michael Jackson musicologist Isabelle Petitjean. The book takes you on an in-depth journey behind artist Mark Ryden’s ‘Dangerous’ cover and is a very interesting read.

Isabelle Petitjean asks the question: “Do you see any relationship between Michael Jackson, Bruegel the Elder and Hyeronimus Bosch? What synergistic interaction could possibly link modern popular culture to the Fine Arts?

This book offers an unprecedented journey into the heart and soul of a painting by popular surrealist artist, Mark Ryden, conceived and executed to be the artwork sleeve of Michael Jackson’s iconic album, ‘Dangerous,’ in 1991 at the request of Michael Jackson, whose contributions to the painting make it a true collaborative effort between two great artists.

An in-depth decoding for an enigmatic and codified opus, this book witnesses the cultural dimension, too often ignored, of the most famous artist in the history of recorded music. A pictorial analysis, this book examines links to works of great masters who are at the very source of the painting. It also provides a musical analysis, plunging the reader into the stylistic eclecticism of an amazing album, one which invites both Beethoven and the rapper Heavy D into the same conversation, showing Michael Jackson’s incredible ability to create and compose as well as his knowledge and appreciation of the artistic and cultural environment he navigated with such precision.”

You can order the book in English from the publisher or via Amazon.com.

Isabelle has also done a talk relating to the book which is on DVD. It is called ‘Conference on Dangerous Mark Ryden – Michael Jackson’ and is available in French & English and from Amazon UK.

Source: Isabelle Petitjean & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ