CR FASHION BOOK パリスのインタビュー

18歳になったマイケルの娘パリスには人生におけるグランドプランはまだない。製作中のアルバムがあるわけでもないし、モデル契約をしているわけでも、出版契約をしているわけでもない。テレビの出演が決まっているわけでもない(このインタビュー後にはあるかもしれないが)。その代わり、史上最も有名で成功したミュージシャンの娘として与えられた立場というものをよく知っている彼女は、自身の創造性を表現する手段を作り上げつつあり、また、関心は高いものの実際に行動に移す人が少ない大義のため、今でいえばノース・ダコタのスタンディング・ロック先住民居留地におけるダコタ・アクセス・パイプラインの建設中止を求める運動のために戦っている。受け継いだものとは無関係に、無限の可能性を秘めた思慮深いティーンとして、彼女は自分が正しいと思ったことに忠実に行動せずにはいられないのだ。去る1月、彼女はロサンゼルスで映画監督のリー・ダニエルズと会った。ゴールデングローブ賞に初めて出席した次の日のことだ。彼女は音楽やマイケルについて語った。

リー・ダニエルズ(LD):それでは、パリス・ジャクソンのご職業は?

パリス・ジャクソン(PJ):今はモデルのようなことをしています。

LD:その瞳と身長ですからね。

PJ:私は常に、やってみるということを考えています。ここ数年くらいは。私は行動主義というものを信じていて、もっと大きなことをやりたいのです。

LD:今の世の中でそれが可能だと思っているんですか?

PJ:ええ。大勢の人々が本当に怒っていると私は思っています。可能性は2通りあります。事態が悪くなる、または「あの人」、政府がするべきことをしない、だから自分たちの手でやる、ということです。ミレニアル世代の私たちはこの国の今後数年間を動かしていこうという気持ちがあります。私たちはこの国を自分たちがそうであってほしい国にすることができるのです。

LD:こう聞きたかったのかもしれません。つまり、時間はありますか?

PJ:今年は私たちの年代が立ち上がるところまでこぎつける年になることを願っています。暴力的な方法ではなく、リベラリズムを後押しするのです。これは同性婚から始まりました。私たちは平等を力強く推し進め、その結果こうなったのです。

LD:あなたが特に力を入れている大義とは?

PJ:私は動物虐待にとても怒りを感じています。

LD:そうすると毛皮禁止とか?

PJ:そう、私は本物の毛皮とか革製品は好きじゃありません。

LD:私はファーのハンモックを持っていますが、ぞっとするんです。

PJ:ファーのハンモックですか?(笑)

LD:どうか私を追っ払ったりしないでください。

PJ:とんでもありません!重要なことは、私は個人的に所有するということはないということです。持っているからと言ってあなたを嫌いになるということはありません。

LD:スタンディング・ロックを支持するタトゥーを入れましたね?

PJ:ええ、くるぶしのところへね。スー族の方が、パイプラインに反対する活動家の方ですが、デザインしてくれたんです。

LD:どのような媒体ででもいいのですが、あなたに語りかけているのは、あるいは語りかけたのはどのアーティストですか?

PJ:ジョン・レノンです。腕に彼の顔と「Imagine」の手書き歌詞のタトゥーを入れています。"Imagine all the peace"って入れてます。

LD:ソングライティングについて聞かせください。

PJ:自分のために書いています。つまらないものを吐き出す手段です。自分のキャリアのためとかそういうものではありません。私の家族にはすばらしいアーティストがたくさんいます。キャリアとして私がその道に進めば、私が音楽に対して感じていることを変えてしまうでしょう。それを望んではいません。

LD:治療的に使うということですか?

PJ:そうです。ただ聴き、書き、プレイするだけです。

LD:私は映画作りしかできません。詩を書くというのは私にとってとても美しいものです。いつ、どこで書くのですか?

PJ:計画するようなものではありません。車に乗っているときに歌詞を考えて書きとめておいて、後でメロディーを乗せる、という時もあります。

LD:一人で書くのですか?

PJ:バンドを結成しています。楽しむためにやっているんです。ボーイフレンドがドラマーで、ベーシストとバックアップ・ボーカルが他にいます。

LD:どんな音楽なんですか?

PJ:フォークのような感じです。ルミニアーズとジョニー・キャッシュを混ぜたような。

LD:歌詞を紹介してもらえますか?

PJ:私の歌にはメタファー(暗喩)がたくさんでてきます。「骨ばった指のようなあなたの冷たい氷の言葉がスケルトンのように私の首にまとわりつく」みたいな。

LD:ダークなガールだ(笑い)。これ、フォークですか?ちょっと暗いですよね?この先がどうなっているのかちょっと怖いです。間違いなくディープ、ディープです。

PJ:超ハードコアのヘビメタ風にも作れたんですけど、私に浮かんだメロディーは寒々しいものなのです。父はTOP40を聞きながら私を育てたのではないんですよ。

LD:どこか好きな時代に生き、アートを作ることができるとしたら、どの時代がいいですか?

PJ:たぶん60年代、それとも80年代中ころかな。

LD:80年代中盤は全てでしたね!でもどうして60年代なのか、というところに興味があります。

PJ:さっき、人々が立ち上がって平等を推し進める時だ、ということを言いましたよね。60年代は、アーティストが立ち上がって愛を生み出すという時代だったんです。戦争の代わりにね。アートして私がやりたいのはそういうことなんです。

LD:インスタグラムにお母様のデビーの化学療法のことを投稿しましたね。

PJ:化学療法は終わりました。あとは放射線治療だけです。

LD:ガンは無くなったんですか?

PJ:明日、放射線の治療の予約をしています。でも治療はそれが最後だと思っています。その後は寛解期に入り、2週間でタトゥーを自慢し合えるくらいに免疫システムが回復する見込みです。

LD:どんな種類のものですか?

PJ:彼女は首の後ろに私の星座牡羊座のタトゥーを入れるんです。私は彼女のいて座です。耳のところに。私は父のためにピアス穴を7つあけています。父のラッキー・ナンバーだからです。そしてここに、彼女のサインを入れるつもりです。いっしょにいるみたいに見えるから。

LD:これだけは言わせてください。あなたのお父様のことがなければ私はこの場にはいなかったでしょう。若いときに彼を見ていなければ、今の私のようなアーティストになるという勇気を持つことは私にはできなかったと思うからです。お父様を受け継ぐとしたら、どんなところを受け継ぎたいですか?

PJ:間違いなく強さです。知る限り、父は強い人でした。ありったけの愛と親切で何でもやろうとしていたのです。

LD:彼の影響は?

PJ:私のすべてのインスピレーションです。私のインスピレーションの99%は父のものだと言ってもいいと思います。父は私の世界にいつもいてくれます。私のルーツなんです。

CRF10_COVER_A.jpg


■With an interview by Lee Daniels

Paris Jackson, 18-year-old daughter of Michael, has not yet architected a grand life plan. She does not have an album in the works or a modeling contract signed or a book deal inked or a television cameo confirmed. (Well, maybe she will after this interview.) Instead, keenly aware of the platform afforded her as the daughter of the most celebrated and successful musician of all time, Jackson is focused on developing a vehicle for her creativity and fighting for bleeding-heart causes like, most currently and pressingly, halting the construction of the Dakota Access Pipeline at the Standing Rock Indian Reservation in North Dakota. Heritage aside, Jackson is compelling in her normality as a thoughtful teen with vast potential. Last January, she met with director Lee Daniels in Los Angeles, the day after her first Golden Globes, to talk about music and Michael.

LEE DANIELS So what does Paris Jackson do?

PARIS JACKSON Right now I’m doing the modeling thing.

LD Well, you got the eyes and the height.

PJ I’ve always wanted to try out acting, but maybe in a couple years. I really believe in activism and I want to do bigger things.

LD Do you believe that’s even possible in the world today?

PJ Yes. I think right now a lot of people are really, really angry. And there are two ways that things can go: it can go really bad, or we’ll see that the “man,” the government, is not doing what it’s supposed to do, and we’ll take it in our own hands. Millennials, people my age, we’re going to run the country in the next few years. We can make this country what we want it to be.

LD I guess my question to you is: is there time?

PJ I’m hoping that this year my generation will get to a point where we will rise up, not in a violent way, but start pushing for more liberalism. This happened with same-sex marriage. We pushed so hard for equality and it happened.

LD What is one cause you are extremely passionate about?

PJ I’m very against animal cruelty.

LD So does that mean fur is a no-go?

PJ Yeah, I don’t like real fur or real leather.

LD I have a fur hammock and I feel horrible about it.

PJ A fur hammock? [Laughs]

LD Please don’t make me get rid of it.

PJ No! See the thing is that I wouldn’t own it personally, but I’m not going to hate you for having that.

LD I know you have a tattoo in support of Standing Rock.

PJ Yes, it’s on my ankle. A member of the Sioux tribe, who is an activist and was protesting the pipeline, made the design.

LD Who is or was an artist, in any medium, who speaks to you?

PJ John Lennon. I have his face tattooed on my arm, and the lyrics of “Imagine” in his handwriting. It says, “Imagine all the peace.”

LD Tell me about your songwriting.

PJ I write music for myself. I use it as a way to get stuff out. It’s not something I see myself following career-wise. There are so many amazing artists in my family. If I were to do it as a career, it would change how I feel about music and I don’t want that to happen.

LD Is it therapeutic?

PJ Yeah, just listening to it, writing it, and playing it.

LD I can only write movies and stuff. The idea of making poetry is so beautiful to me. When and where do you write?

PJ I never plan it. Sometimes I’m in the car and I think of some lyrics and write it down and then maybe put a melody to it later.

LD Do you write alone?

PJ I’m in a band. We’re doing it for fun. My boyfriend’s the drummer and we have two others, a bassist and a backup vocalist.

LD What kind of music?

PJ Kind of like folk, like the Lumineers mixed with Johnny Cash.

LD Can you share a lyric?

PJ Most of my songs are just a bunch of metaphors. “Your ice cold words like bony fingers around my neck like a skeleton.”

LD Dark, girl. [Laughs] Is that folk? I mean, that’s sort of dark. I’m sort of scared where that’s going. It’s definitely, definitely deep.

PJ I could make it like a super hardcore heavy metal song, but the melody I have is more chill. Hey, my dad didn’t raise me listening to the Top 40.

LD If you could live and create art, music in any era—

PJ Probably the ’60s or the mid-’80s.

LD Mid-’80s was everything! But I’m curious as to why the ’60s?

PJ Earlier, when I mentioned people rising up and pushing toward equality, the ’60s was the time where even the artists were rising up and creating love instead of war. That’s what I want to do with my art. I want to do what they were trying to do in the ’60s.

LD You just posted on Instagram about your mother Debbie [Rowe]’s chemotherapy.

PJ She just finished. She only has radiation left.

LD So is she cancer-free?

PJ Tomorrow she’s getting marked for radiation, but I’m pretty sure that’s the last thing she has to do. And after that, she’ll be in remission and in two weeks her immune system will be strong enough for us to get matching tattoos.

LD What kind?

PJ She’s getting my zodiac sign, Aries, on the back of her neck and I’m getting her sign, Sagittarius, on the inside of my ear. I have seven piercings there for my father because that was his lucky number, and right here I’m going to get her sign so it’ll be a like they’re together.

LD Let me just say that I would not be here if it weren’t for your father. Because I don’t think I would have had the courage to be the artist that I am if I didn’t see him at a young age. If you could take a quality of your father’s, what would it be?

PJ Definitely his strength. He was the strongest person I know and tried to do everything with as much love and kindness as possible.

LD How does he inspire you?

PJ All of my inspiration, I would say 99 percent of my inspiration, comes from him, because he has always been my world. He is my roots.

Source: CR Fashion Book
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ